マンチェスターという街


昨晩「マンチェスター・アリーナ」で起こったテロ事件については、イギリス国外でも大きく報道されていると思います。自爆した実行犯はリビヤ系両親をもつマンチェスター生まれのサルマン・アベディ(22歳)という事も、本日夕方には公表されました。

20名以上もの犠牲者の中には8歳の少女もいて、その理不尽な非道さに絶句するばかり。事件について私が語れる事など何もない、というのが真情です。


a0123372_05583827.jpg

でもマンチェスターには5年前に行った事があるので、この街で出会った素晴らしい思い出だけ書いておきます。上にあるのは市庁舎天井の一部。あの葉っぱ模様は、綿(コットン)の葉なんですよ。

ローマ人が築いた前哨地マンクニウムがマンチェスターの語源、という歴史の長い街だけど急成長したのは綿織物工業が栄えた産業革命時代。


a0123372_06074779.jpg

当時は綿の取引所だった美しい建物は、現在「ロイヤル・エクスチェンジ・シアター」となって市民に利用されています。


a0123372_06102007.jpg

ヴィクトリアン・ゴシック様式が重厚なこの図書館(今はマンチェスター大学が所有)も、一般市民が利用できるんです。


a0123372_06145479.jpg

高級ファッション中心の百貨店「ハーヴェイ・ニコルス」と、その向こうに見える古い街並みが対照的。どちらも気負いなく共存している感じが印象的でした。


a0123372_06181847.jpg

それからマンチェスターといえば、フットボールの強豪マンチェスター・ユナイテッド!!!彼らのホームグラウンド「オールド・トラフォード」もあるし、


a0123372_06210607.jpg

「国立フットボール博物館」まであります!同市にはマンチェスター・シティFCもあって、地元の人たちの人気を二分。フットボールへの並々ならぬ情熱を感じました。


a0123372_06334768.jpg

1980~1990年代には音楽ムーヴメントでも他都市を抜きんでたマンチェスター。この建物はその中心人物だったトニー・ウィルソンという「ファクトリー・レコード」創設者が住んでいたフラット。


a0123372_06391343.jpg

その相向かいにある倉庫のような場所をナイトクラブやスタジオにして、沢山のミュージシャンが育ちました。オアシスとしてデビューする前の、若きギャラハー兄弟もそう。

他にもストーン・ローゼズ、ザ・スミス、ザ・バズコックス、ジョイ・ディヴィジョン、ハッピー・マンデーズなど、その後のUK音楽を先導するバンドが次々に台頭した黄金期です。

フットボールと同じくらい音楽が大・大・大好きなマンチェスターの人々。今回コンサート会場で起こったテロ事件による衝撃は計り知れません。

犠牲になった若者たちの冥福と負傷者の快復を、心から祈ります。そして反骨精神旺盛なマンキュニアンが、この喪失と悲しみから立ち直りますように。


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





# by londepa | 2017-05-24 07:02 | VBトリップ2012・マンチェスター | Comments(0)

テロ事件から2か月 ウェストミンスター橋に立ち尽くす


「バンケティング・ハウス」や騎馬衛兵たちを見物していた場所は、ウェストミンスター。とても天気の良い日だったので、もう少しブラブラお散歩しちゃおかな?という気になりました。


a0123372_07240322.jpg

あっ、でもお腹も空いてきた、、、家を出る前にトースト&豆乳入りコーヒーを飲んだだけだったし、そろそろ何か食べとこう。

と言ってもここら辺、観光のメッカですからね~。パブや大手チェーンのカフェ&レストランがあるにはあるけど、日曜の午後なんて激混み必至。

でも駅の真横にある「カフェ・ネロ」は椅子がないテイクアウェイ中心の店舗なので、割と空いてました。


a0123372_07331646.jpg

窓際には細長いカウンターがあるので、そこで立ち食いソバならぬ立ち食いパン!

マッシュルームとマスカルポーネのホットサンド、なかなか良いじゃん・・・それに低価格&高カロリーだもんね、お散歩途中のエナジー補給に打ってつけ♪


a0123372_07471288.jpg

もうここまで来たら、あの信号の所を左に曲がればビッグ・ベンで有名な国会議事堂。


a0123372_07584545.jpg

歩道には沢山の人、人、人・・・ロンドン観光で外せないポイントだから、当然こうでなきゃいけないですし!


a0123372_08042234.jpg

そっからテムズ川に向かう歩道も、相変わらず大盛況です。


a0123372_08062039.jpg

私は一旦ビッグ・ベン側に道を渡っていたので、反対側を見渡して・・・大観覧車ロンドン・アイや旧カウンティ・ホール(今もオーナーは白山殖産)をバックに、いつもと変わらず観光者が沢山いるのを見て安堵します。


a0123372_08345385.jpg

橋の真ん中よりも、ちょっと手前でビッグ・ベンを振り返った時・・・ちょうどこの辺りが、2か月前にテロ事件があった場所なんだと認識して、不気味な違和感に襲われました。

日差しを浴びてキラキラ輝くテムズ川とビッグ・ベンを背にして、カメラに笑顔を向ける人々。かくいう私自身だって、何気に微笑みながらブラついてたと思います。

2か月前じゃなく、今、この瞬間だったかもしれない。

そう置き換えてみると、何とも言えない気持ち。絵葉書のように美しい風景の中で、途方に暮れてしまいました。

【追記】
この記事をアップして、さて寝ようか・・・とPCを消す直前、マンチェスターのコンサート会場テロ速報を知りました。現在の報道では犠牲者19名、負傷者50名。あまりにもショックで言葉が見つかりません。

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





# by londepa | 2017-05-23 09:17 | お散歩てくてく | Comments(0)

X君(とゆーかヨーロッパ人?)の常識


土曜日はX君の誕生日だったので、久しぶりに私が腕を奮ってご飯を作るからね!!!と申し出たら「じゃあ焼きそば。今まで君が作ったもので一番好きだから♪」と言われてしまったトホホな私・・・。
( ;∀;)

それじゃ納得できないので二番目は?!と迫った結果、「う~~ん日本のビーフカレーも美味しいね」という事だったので、ハウス・ジャワカレー辛口で絶品カレーを煮込みました!爆

しかし冷え冷えシャンパンの栓をポーンと開けて、いきなりカレーライスもないだろう、、、


a0123372_08072699.jpg

とナケナシの意地で、ランゴスティンをガーリック・バターで炒めてみました!

昨日コレのこと手長海老って書いたのですが、正しくは赤座海老らしいです。色々と間違っててスミマセン~~。
(m´・ω・`)m ゴメン…

とにかく殻付きとか尾頭付きとかって、なんか見栄えが良いかなーという単純な理由で。それに、こーゆーのって焼くか茹でるかのシンプル調理法がベスト!というのも、技量の伴わない私には天の恵み的な♡

シャンパン開けて食べ始めたのは良いけれど、殻を剥くのに真剣なあまり無言になりがちで笑えたわ、、、もう「かに道楽」状態。味は海老よりロブスターに近くて美味しかったし、まあ外さなくてホッとしましたー。

そしてメインのビーフ・カレーは??というと、写真ないんです。赤座海老は焼きたてのを間髪入れずキッチンで撮ったけれど、カレーは鍋ごとテーブルにどすんっ!ですもん。

で、そのテーブルが暗い。((+_+))

X君はディナーの際、間接照明とキャンドルのみっていう主義なんです。つーかイギリス人を含むヨーロッパ人にとっては、それが当たり前みたいな感じ?その徹底ぶりは、ほとんど掟というレベル。

もちろん夕食が8時ごろで夏だったら、まだまだ自然光で明るいのは全然オッケー。映写室じゃあるまいし、わざわざ遮光カーテンで暗くするって暗黒マニアじゃありません。

でも外が暗くなってからのディナーは、ぼんやり暗がりで中世的というか・・・太古の洞窟生活DNAの名残りというか?目の色が薄いからちょっと日差しが強くなるとグラサンかけちゃうくらいだし、暗くても見える体質なのかしらん。

とにかく私がX君の家で夕飯をいただく時は、それでも合間に写真を撮る事ができます。でも自分がおさんどんする時はやっぱ、そんな余裕ないから!!!

しかしてメイン・ディッシュの画像はないものの、まあジャワカレーと玄米ご飯ですしねぇ。笑 焼きそばと同じくらい、この際すっ飛ばしても全く問題ないかと~~。


a0123372_08474180.jpg

食後はイーリング・コモンの「和カフェ」で調達した、苺ロールケーキ♥ 

これは文句ナシで絶品!X君もすごーく喜んで食べてたから、この日のメインはケーキだったと言って過言じゃないでしょう。再びトホホ~~?いや、喜んでくれたから本望ですよマジでね。

いつもX君がしてくれる事にお返ししただけなのに、来た時にはお花を持ってきました。


a0123372_09015941.jpg

それには案の定、こちらの出来あい花束によく混じってる菊の花も入ってたんですよ。でも、もう慣れたから文句なく嬉しい。

実はすごーく前のバレンタインデーでもらった花束に菊の花が入ってた時、つい「この花って日本では仏前とか式典に多用されててロマンチックな花じゃないんだけど・・・」と言っちゃった事あって、それから何年間かX君は花束をくれなくなりました。
(''◇'')ゞ

あっ、マズイ事を言っちゃったなぁ。こっちじゃ菊の花も全然フツーの花じゃん?ボリューム出て良いっしょ!て感覚でブーケに入ってるもんね。

あれから数年後。

そんな事すっかり忘れたのか、菊の花入り花束を再びくれるようになったX君。「わぁぁ~綺麗なお花、どうもありがとう!!!」と心から感謝できるようになった私。

菊、日本でのTPOという偏見なく見れば綺麗な花です。つーか最近は花束に当然のごとく交じってるのに見慣れちゃって、「菊ぜんぜんオッケー!むしろ好きかもしんない♡」と思えるまでになりました。
( *´艸`)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-05-22 09:24 | ちょっと可笑しい話 | Comments(0)

X君のお誕生日!只今、準備中で大忙し~☆


今日はX君の誕生日なので、拙宅にご招待いたしました。「何を食べたい?」ってリクエスト訊いたら「焼きそば」って言うので絶句、、、@@;

「ええーっ?!そんなのシャンパンに合わないし、10分で出来ちゃうからお祝いのご馳走って気がしないよ」と猛反対したところ、「じゃあ日本のビーフカレー」。

今まで唐揚げとか牛肉のオイスターソース炒めとか、他にも作った事あるのに・・・ナンバーワンが焼きそばなんてショックを隠しきれない~~。そりゃ私、レパートリー少ないけど。笑


a0123372_02593009.jpg

という訳でシャンパンは冷蔵庫で冷え冷え待機してるし、ビーフカレーも煮込んでおきました。もちろんプレゼントも昨夜のうちにラッピングしたし、準備に抜かりはない・・・かな?

カレーだけじゃ余りにも情けないんで、手長海老も買っておいたんですよ!うふ、女の意地かしら♡ それは食べる直前にガーリックバターで焼いて、ディルを上に散らそうと思います。


a0123372_03051016.jpg

昼間のうちに、イーリング・ブロードウェイの「和カフェ」に行って、注文しといた苺ロールケーキも買ってきましたし!!!キャンドル点けるの楽しみ。

ここでは前回、E君の誕生日のとき抹茶ロールケーキを買ったらホント美味しかったのです。でX君には苺バージョン♪

そろそろ来るかな?じゃあ、手長海老の下準備でも始めまーす!
(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





# by londepa | 2017-05-21 03:12 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

近衛騎兵隊がサクッと交代してました♪


バッキンガム宮殿の衛兵の交代行進って、実は一度も見た事ありません。いつか見たい気もするけど、なんかタイミングとか合わせるの苦手で・・・せっかく行ったのに残念!ちゃんと見れなかった~~ってなるのが怖くて。^^;

そんな私ですが、近衛騎兵隊の兵舎あたりに行った時ちょこっと寄ってみました。どっちかつーと衛兵さんより、馬が目当て♡


a0123372_08250273.jpg

ここは兵舎の一部に、「近衛騎兵隊博物館」とお土産ショップも併設しています。


a0123372_08263204.jpg

入場料は大人£7(2017年5月現在)だけど、観光フリーパスの「ロンドン・パス」も使えます。

私も入っちゃおうかなー、どうしよっかなー、、、と逡巡。


a0123372_08323643.jpg

でもチケット買う所がお土産ショップも兼ねていて、そこにこんな軍事ファン垂涎グッズなどを置いてあるのを見てるうちに入る気が失せてしまいました。><

でも後で博物館の展示内容をチェックしたら、18世紀の軍馬厩舎と騎兵の暮らしぶりみたいなコーナーもありました。

18世紀ちゅーたらアレですよ、ベルばらのオスカル!!!もちろん国は違うけど、英仏なんて海を泳いで渡れる距離でしょ。笑 近衛隊長オスカル様の制服も、そういえばこんな感じだったような・・・。

やっぱ入れば良かったかも?まあ、又いずれ機会があるでしょう。
(*'ω'*)


a0123372_08471786.jpg

とにかく今日はお目当ての「バンケティング・ハウス」を楽しんだから、そろそろ家に帰ろうかな。

と、このアーチをくぐり抜けたら、、、武装警官が「今から騎兵隊の交代あるから、この真ん中には入らないように~~」って観光客を誘導中。


a0123372_08501472.jpg

2~3分ほど待ってたら、まず馬なしグループが交代。


a0123372_08540003.jpg

その次に、スキップスキップらんらんらーん♪のお馬さん2頭(と衛兵)が出てきました!


a0123372_08564135.jpg

左端に見えるのは、この交代式で号令かけてる隊長っぽい人(←実際の階級は分からないので「ぽい」です)。


a0123372_09003190.jpg

隊長ぽい人の「それでは位置につけーっ」という掛け声で、2頭&2兵ともそれぞれの定位置に向かって行きました。


a0123372_09032131.jpg

そして入れ替わりに、それまで護衛してた2組がシフト終了~~。お疲れ様♡


a0123372_09044197.jpg

また号令がかかって、騎兵が腰につけていた剣を外しました。


a0123372_09082250.jpg


それから下馬して、相棒おんまさんと一緒に兵舎に戻るんですよ。ホントお互いに相棒って言葉がピッタリの関係なんだと思います。

だって任務に就いてる間、殆ど動けないわけでしょ。騎兵さんだって「あーーお腹のあたりムズムズする!掻きたいっ!!」「鼻の中カユイ・・・指つっ込みたい」とか色々あるのに我慢するのって、実際やってみると想像以上に辛いですよねぇ。

馬のほうも時々つい足踏みしたり首を動かしちゃう以外は、静止状態。いくら訓練されてる賢い子たちでも、内心ストレスあるような?


a0123372_09183649.jpg

しかも「注意 馬は蹴ったりかんだりする事もあります!」って掲示があっても、ツーショット目当ての人々がじゃんじゃん接近しまくりますし・・・。

騎兵さん達に負けず劣らず、おんまさんも修行の賜物!その忍耐力に、つくづく感心しちゃいしたー。
(*''ω''*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-05-20 09:36 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line