珍しくイギリスでも報じられた、ある日本人俳優さんの訃報


明後日の金曜日に不動産屋さんのフォトグラファーが室内撮影に来るので、もう~焦燥MAXでテンパってます!!!
Σ(゚∀゚ノ)ノ★ドヒャー

細かい整理作業は一旦、中断するっきゃない、、、お部屋の写真映えだけを最優先させなくちゃね~。

まだ片付け途中のモロモロは見えないよう、クローゼットやタンスや物置や戸棚などに再度しまい込むっていう、まさしく「三歩進んで二歩さがるー」な事してます。トホホ。

食器などの割れ物を包むために積んでおいた新聞の束も、どっかに隠そう!と思って手に取った新聞を、何気なしに見たら。


a0123372_07132922.jpg

いきなり、この写真と見出しが目に飛び込んできたんですよ★ ゴジラの首を持った若々しい男性が日本人ぽい顔だったから「あれ?」って。

それは映画「ゴジラ」第一作から18年間ゴジラの着ぐるみを付けて、かの愛すべき怪獣を演じ続けた中島春雄さん(享年88歳)の訃報。その新聞の日付を見たら、8月8日付でした。

イギリスでは、日本の芸能人の訃報はあまり取り上げられません。たまに報道されるのは世界のアキラ・クロサワ監督やヤスジロー・オズ監督による名作映画で活躍した役者さんなど、かなり限られています。

日本では超ビッグで人気のある芸能人でも、一般的なイギリス人が「誰それ??」ってピンとこない場合は報道されないのは、まぁ仕方ないですよね。


a0123372_07372905.jpg

でもゴジラは別格の世界的スター。そしてそのゴジラに生命を吹き込んだ中島さんは、こうしてイギリスでも敬意を表されているのでした。

ゴジラは太平洋で行われた核実験によって突然変異した生物という設定の怪獣、そして世界で唯一の原子爆弾被災国・日本で戦後の人々の琴線を揺さぶった、という事も紹介されています。

永眠されたのが8月7日。広島に原爆投下されたのは8月6日、長崎では8月9日なのを考えると、やっぱりこの人は永遠のゴジラなんだと思いました。

合掌。

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-08-17 08:08 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

すっかり秋めいてきたイギリス…(*_*;


最近は週の半分は新居、また半分は今までの住宅でセッセとお片付け!という調子が続いてます。慌ただしい事この上ないけど、過渡期だから仕方ないですねぇ。。。

でも新居の方にいる時は必然的に(?)X君の料理を食べることが多いので、それは誠に喜ばしい限り!
\(^o^)/


a0123372_06010870.jpg

或る日のランチは、焼いたハルーミ・チーズのサラダ。

とはいえ私も一応スーシェフとして下働きしますので、この場合はタマネギ剥いて切って、トマトとパセリも切るとこまでは担当。あと肝心の味付け&ハルーミ焼いたり、はヘッドシェフX君です。笑


a0123372_06091235.jpg
a0123372_06093251.jpg

それにピタパンとギリシャのフィックス・ビールで、ご馳走ランチ!


a0123372_06103972.jpg

オリーヴやサンドライド・トマトも添えて・・・めちゃ旨~♪


a0123372_06114825.jpg

また或る時は、ディナーにギリシャ版ラザーニャとマカロニグラタンの中間?的パスティチオを焼いてもらいました。


a0123372_06133162.jpg

この時の私はタマネギ・ニンニク・パセリを刻んだだけじゃなく、それらを牛ひき肉と一緒に炒めるまでは遂行しましたから!爆 で、後半バトンタッチで仕上げはお任せ~~。

たまには私が日本のカレーや酢豚や焼きそば作ったりしてるものの、自分で言うのも何ながら全然フォトジェニックじゃない出来栄え。そもそも写真を撮る余裕すらないのが実情かな、、、
((+_+))


a0123372_06264018.jpg

相変わらずDIYショップや家具屋のハシゴしてから掃除やDIYの補佐をするのがメインだけど、お天気が悪くなければ合間に近所の運河や緑地を散歩する日も。

途中でたまたま近所の人と挨拶がてら話が弾んで、地元情報を収集する機会にもなってるから、こういう時間も貴重ですね♪


a0123372_06423192.jpg
a0123372_06424691.jpg

お散歩の道すがら、まだチョコチョコ咲いてる野の花を愛でたり・・・。


a0123372_06435059.jpg

でもアザミの花はすっかりタネと化しちゃったし、全体的には青々としてる木々の葉っぱだって、よーく見ると少し色が変わり始めてるのも。

日本はまだ残暑厳しい頃だと思うけど、ヒタヒタと秋が忍び寄っている今日この頃なのですー。
(;・∀・)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-08-16 06:51 | アラ還バカップルの同居生活 | Comments(0)

素敵な朝食ルーム@「オードリーウッド・ホテル」


ジェーン・オースティンゆかりの地ハンプシャーで過ごした3泊4日間は、前回の記事でもご紹介した「オードリーウッド・ホテル」に逗留。


a0123372_02542176.jpg

それぞれの個室も、ホテル全体の雰囲気も良かったけれど・・・最も印象に残っているのは、毎朝ここで頂くブレックファーストでした!


a0123372_02595857.jpg

特に、窓際のテーブルに着席できれば最高なんですよ。
( ´艸`)


a0123372_03014456.jpg

何故ならば、こんな庭園を眺めながらモーニング・コーヒー啜っちゃったりトースト齧ったりしちゃうんだもんね。も~にわかオサレで優雅な人。笑


a0123372_03053232.jpg

サクっと軽く済ませたい向きは、こちらでコンチネンタル・ブレックファーストを取分けられます。クロワッサンやペイストリー、シリアル、フルーツ、ヨーグルト等々。

でも私は、朝はガッツリ派ですので~~。
(つーか昼も夜も?^^;)


a0123372_03081943.jpg

最初の日は、スモークサーモンのエッグズ・ベネディクトを注文してみましたよ。


a0123372_03121400.jpg
黄身とろとろ~で美味!この黄身をねぇ、マフィンやサーモンに擦り付けながら味わいました♡


a0123372_03172702.jpg

2日目の朝は、かなり早めに行ってフル・イングリッシュ・ブレックファーストに挑戦です!もーどんだけ朝食好きかって話。


a0123372_03220767.jpg

しかもブラックプディングとベイクトビーンズと薄くて小型とはいえ4枚もあったトースト以外は、ほぼ完食しましたよ~~ホホホホ♪


a0123372_03171379.jpg

でも3日目は、前夜の就寝が遅かったため起床時間もそれなりで、、、チェックアウトもしないといけないし!ってコーヒー&クロワッサンで済ませました。

団体行動では集合時間厳守って何より大切ですよね。まぁ急病とか非常事態でない限り、他の方々をお待たせするワケにはいきません。^^

という素敵な朝食ルームでお腹一杯になった事だしっ!

ウィンチェスター2日目は、市街観光から始まります。


a0123372_03443467.jpg

市の紋章は、人面ライオンが目印?!!爆 大聖堂以外のウィンチェスターを、ガイドさんと一緒に見学しましょう~~。
(≧▽≦)




*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





# by londepa | 2017-08-15 04:33 | ジェーン・オースティンの街を訪ねて | Comments(0)

ハンプシャーのお宿「オードリーウッド・ホテル」


ウィンチェスター初日の夜が更けていき、もう10時ごろ・・・といっても一年で最も日が長い季節だったから、まだ少しだけ明るい♪


a0123372_02554463.jpg

「お・や・す・みぃ~~」って手を振って見送る(?)アルフレッド大王を後にして、ハンプシャーでのお宿に向かいました。


a0123372_02584728.jpg

それは「オードリーウッド・ホテル」という名前の、たいそう格好いいお屋敷だった4つ星ホテル。ハンプシャー州ベイジングストーク(Basingstoke)にあります。


a0123372_03001734.jpg

1880年代に初代のオーナーだったのは、トーマス・ペインという馬の競売会社で儲けてた人。その後も色んな富裕層が住んでたみたい。


a0123372_03024548.jpg

階段の手すり横の彫刻なんかも手が込んでて、往時のリッチな暮らしぶりが想像できますね~~★


a0123372_03042910.jpg

私のお部屋は、ここ!!!間取りにゆとりがあって快適でした♪
(#^.^#)


a0123372_03045578.jpg

宿泊ルームはモダンな設備が整っていて、抑えたシックな色調もオシャレね。


a0123372_03200480.jpg

バスルームは浴槽のあるタイプで嬉しかった!


a0123372_03203491.jpg

と言うのも、バースで泊まったホテルではシャワーのみの部屋だったんです。でも他の人は浴槽つきの部屋もあったようなので、全室が同じじゃないんですね。

ともあれ、このホテルには3泊するのでお風呂三昧にホクホク~~♡


a0123372_03312751.jpg

こちらはロビーやレセプションのエリア。


a0123372_03314820.jpg

19世紀のリッチなお屋敷に招かれた気分を、ちょこっと味わえるホテル。ご興味ある方は、下記のリンクで見てみてねー。
(((o(*゚▽゚*)o)))




*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;



# by londepa | 2017-08-14 03:38 | ジェーン・オースティンの街を訪ねて | Comments(0)

8月31日に20周忌 故ダイアナ元妃の衣装展(後半)


二十歳そこそこという若さで、皇太子の妻となったダイアナ。その美しさはその後お歳を重ねても益々、輝くばかりでしたよね!


a0123372_04470693.jpg

現在ケンジントン宮殿に展示されている25着のドレスやスーツなども、それぞれ彼女の艶やかな魅力を200%引き立たせるデザインが素晴らしかったです!


a0123372_04463875.jpg

こちらのドレスは、1985年にアメリカ合衆国を公式訪問した時に・・・。


a0123372_04521355.jpg


ホワイト・ハウスの晩餐会で、ジョン・トラボルタと踊った写真は世界中に報道されていたものです♪


a0123372_04551480.jpg

ワインカラーのビロード地にシルバー&ゴールドの花のドレスは、1990年にレスター・スクエアのプレミアム・パーティーに出席した時のものです。

それにしてもチャールズ皇太子と色々あって離婚した後も、スキャンダルで人気を落とすどころか更に一般女性の共感を集めたのは、やはり彼女の人間として・女性としての魅力に他ならないでしょう。


a0123372_04594770.jpg

こちらのヴェルサーチによるドレスを着た彼女は、1991年にハーパーズ・バザールの表紙を飾りました。


a0123372_05011820.jpg

そして、その写真は今回の衣装展ポスターにも起用されています。


a0123372_05022188.jpg

誰よりも美しく、誰よりも人々の注目を集め、そして突然の事故で散ってしまったダイアナ元妃。その20周忌ももうすぐです。

彼女に憧れていた人も、その存在を伝説でしか知らない若い方にも、とても感銘を受けることと思います。この展示は来年2月まで開催しているので、機会があれば是非どうぞ!!!



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-08-13 05:07 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line