おもひでぽろぽろ★大掃除は過去との再会


昨日&今日とシャカリキで奮闘した結果、、、やっと家の中が(表面上は)スッキリ見えるようになりました~~~。

怠惰な私ながら、あの雑然とした状態からよくぞここまで!と自分を褒めつつ、真っ白な灰。
(T_T)

それもこれも明日の不動産屋さん用フォトグラファー来訪の為なんで、もう整理整頓は途中放棄して一切がっさい物入れや戸棚やワードローブやベッド下に押し込んだだけですが。笑

だから彼らが帰った後は、またもや取捨選択およびパッキングの為に幾つもの段ボール箱と大袋を引っ張り出さないといけないんですけどね。。。

という荒ワザでしたけど、途中で処分したり取り分けたり出来たのも沢山あります。

ざっくりとした感触ながら、本や書類や日用品や衣類は、キープするのと処分するのが半々くらいかなぁ?



a0123372_07142564.jpg

逆に殆どすべてキープするのは、子供たちや家族の写真ですね♥ これは何と言っても、所持品の貴重度ナンバーワンだと思う。

何年か前にヴァージン会長のリチャード・ブランソンが所有するカリブ海の島で、彼の邸宅が火災で焼失したんですよ。推定50億米ドルの資産家だから家一軒なんて別にぃ~、でしょ。

でも「一番悲しいのは、大切な家族の写真など思い出の品々を失ったこと」と語っていて、それは嘘偽りのない本音だろうなーと思いました。

今はコンピューターとかクラウドとか色々あるけどご両親や祖父母からの紙焼き白黒写真や、形見のような唯一無二でお金では買えない物っていうのは、億万長者でも同じなんですよね。

あと私が「うっ・・・どうしよう~」と手が止まってしまうのは、元夫かつ亡夫の遺品。

理由があって離婚したわけだから、私としては自分で保管したくない。でもAちゃんE君にとっては血のつながった父親だし、何よりマゴ息子くんにとっては「一度も会えなかったお祖父ちゃん」です。

勝手に処分する事はできないから、まあ取りあえずAちゃんに託して取捨選択してもらおうって。
^^;


a0123372_07474776.jpg

ゲーマーだったE君から頼まれて保管してた、彼の宝物だったソフト各種とPS2なんかも。

「これ処分して良いよね?」ってLINEしたら、「とっといて!Aちゃんちに置いといてくれれば引き取るから」だって。どんだけ、、、

じゃあ、私にとって本当に大切な所持品て何なんだろう?って考える機会にもなりました。

気に入ってる衣類や品々はあっても、もし失くしたところで人生が変わるほどのダメージじゃない。パスポートなど身分証明や公的書類、なけなしの財産関連の書類とかは重要だけれど、紛失証明すれば何とかなりますよね。


a0123372_07530579.jpg

だからリチャード・ブランソンじゃないけど、本当に大切なのはリリーちゃんの遺灰とかこういう物だけ。

食べかけのバナナを口にくわえたままカメラ目線くれたE君とかね、そういう二度と戻ってこない時間なのだと思っています。
(*´ω`*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-08-18 08:10 | その他 | Comments(2)
Commented at 2017-08-18 08:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by londepa at 2017-08-31 07:43
鍵コメさん、お返事がすごーく遅くなって御免なさい!!!何か適切なアドバイスがないかと考えあぐねている内に、もう10日以上も経ってしまいました。
(。-人-。) ゴメンネ

実は元夫と東京で結婚してから6年後くらいにイギリス来たのが、かれこれ25年も昔。その頃は婚姻ビザも非常に容易でLife in the UKのようなテストすらなく、永住ビザ申請費用も今に比べれば破格の安さでした。

つまり現在のようにビザ申請が複雑かつ高額な状況に関しては、皆目わからない!というのが正直なところで、全然お役に立たなくて申し訳ありません、、、

最近になってからビザ取得した方々のほうが、きっと現在の状況に即しているでしょう。学生ビザ、ワーキングビザ、ワーホリビザも経験ないので条件など知らないのですが種類は色々ある筈なんですよね。

あとはUKビザサービスのような専門会社や、留学コンサルタントのような専門家?なら、詳しい知識があると思います。

イギリスに住むというご希望が叶うよう、がんばって下さいね!!!
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line