グッゲンハイム美術館でもワンコ推し!笑


Fちゃんが行きたがったビルバオのグッゲンハイム美術館は、ニューヨークにあるやつの分館で完成したのは20年前。現代アートの美術館は、それ自体も新しいのでした!

つくづく実感したのですが・・・現代アートって作品一つ一つも大型のが多いから、


a0123372_04513636.jpg

それを入れる美術館も、大っきくないとムリなんですねー。↑これ、美術館の半分も写ってません。笑


a0123372_04562968.jpg

とはいえ高さ12メートルのお花ワンコが館前で「庭先の番犬」状態なのは、デカ過ぎるからって理由だけじゃなく、、、光合成が必要だからかと~~。
(*'ω'*)


a0123372_04585423.jpg

それでは、いよいよ中に入りまーす!


a0123372_05074521.jpg

大人1人につき€13の入場料を払って、中に入ったところ。

写真ポリシーについて係員さんに確かめたら、「館内の建物にあたる部分は撮ってもOKだけど、展示してある作品はNG。建物の外にある作品はOK」との事でした。

そりゃまあ外に置いてある番犬お花ワンコなんか、美術館に入らない通行人でも撮れちゃうもんねー。


a0123372_05254341.jpg

それに、ここ建物そのものが大作アートですから。米国人フランク・ゲリーの設計でチタニウム、ガラス、石灰石を駆使してて、すごく大胆なデザイン。


a0123372_05374966.jpg


常設展示の方はロスコやイヴ・クラインやウォーホール等もあって、その数日前に「サザビーズ」で観た作家と重なってるのもあったから、値札が付いてないのが新鮮だったり・・・。

「あー、あの絵はユニクロのTシャツになってた人のだよね!」って思った、ジャン・ミシェル・バスキアも♪



a0123372_05514104.jpg

とにかく巨大な建物だったから、そのうち歩き疲れて外側に出てみました。この「チューリップ」も、お花ワンコ「パピー」と同じくジェフ・クーンズ作品。


a0123372_05524992.jpg

芸術とは直接関係ないけど、彼は昔イタリアでポルノ女優から国会議員に当選したチチョリーナと3年ほど結婚してたそうです。あ、生き方もアートに関係あるって意味では関係あるのかな?


a0123372_06085454.jpg

これはアニーシュ・カプールの「大きな木と目」、という事はたくさんの目玉親父が組体操している感じ?


a0123372_06110206.jpg

六本木ヒルズにもいる、ルイーズ・ブルジョアの蜘蛛!


a0123372_06122070.jpg

卵を孕んでいるので、作品名は「ママン」です♡

ところで館内では、日本人作家のを見かけなかったのですが、、、


a0123372_06142135.jpg

外にあったーー!!!!しばらく外にいたら、中谷芙二子「霧の彫刻:#08025」がシュワシュワシュワ~~っと始まりましたよ♪

これ常時シュワシュワ出てないんで、タイミング悪いと見逃しちゃう。見れて良かったです。


a0123372_06202593.jpg

その後はホテルに戻る前に、館内カフェでお茶しました。すっごい歩いたから疲れちゃったよ~~。


a0123372_06211713.jpg

でもカフェの壁にあった、リリーちゃん似のワンコに癒されて


a0123372_06240986.jpg

やっぱり凄い存在感で圧倒される「パピー」のアゴと喉元を見上げながら、グッゲンハイム美術館を後にしました~~♪
U・ェ・U ワンワン!

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-10-13 06:01 | スペイン・ビルバオ旅行2017 | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line