金の▲▲▲はどこ?フィリップ・スタルクを探して


ビルバオ3日目は、夕方の便でロンドンへ帰る私たち。ホテルから空港へはバスで30分くらいだし、昼間はもっと市街観光しちゃいます!

「歩いて行ける距離にフィリップ・スタルクがデザインした建物があるみたいよ」ってFちゃんが言うので、朝ごはんの後はそれ目指して出発~~♪

スタルクさんと言えば浅草のアサヒビール本社にある金のウ▲▲、もっとマジメな気持ちで見ても孫悟空の觔斗雲(ドラゴンボールでは筋斗雲w)が私の中では確立しちゃってます。

だからビルバオにあるのも、きっと凄いインパクトあるんだろうねぇ、、、と思いながら歩いてたら、


a0123372_07550919.jpg

わーーっ、なんか凄いビルが見えてきた!!!!きっとコレでしょ?どうにも普通じゃない雰囲気だし、コレに違いないよね??

と思ったけれど、大ハズレ。
((+_+))


a0123372_07575592.jpg

なんと、ここは「バスク保険衛生局」のオフィスでした。設計はスペイン人のホアン・コル・バロー氏。さすがグッゲンハイム美術館を誇るビルバオ市、お役所もリキ入れてますねー。

えーと、じゃあ本来のお目当てスタルクさんの建物は・・・?


a0123372_08081388.jpg

正解はコチラの建物でしたー。ええええ?嘘っ、超ジミじゃないのー。金の▲▲▲に匹敵するヴィジュアルの欠片もないし、


a0123372_08111427.jpg

何より、めちゃクラシックで年季入ってそう。本当にココなの?なんか妙だねぇ。。。



a0123372_08164651.jpg
と怪訝に思いながらも入ってみたら、中が凄かった!まず目につくのは、2階より上の部分を支えてる柱が一つずつ違ってカッコイイ事。


a0123372_08182876.jpg

この建物は昔、ワインなどの倉庫だったとか。それを再開発して今は市民文化センター的な複合施設になってるんだけど、その改築を担当したのがフィリップ・スタルクなんでした~~。


a0123372_08220761.jpg

光るベンチに腰掛ける人々。


a0123372_08232019.jpg

でも私たちが、もっともっと激しくビックリしたのは・・・上の画像、真ん中の奥に天井みたいのが見えるでしょう?


a0123372_08253002.jpg

それプールなんですよ、奥さん!!!!!
( ゚Д゚)

つまり私たちが見上げる天井が、プールの底。これは驚いた~~。まあ豪華リゾートホテルとかだったら、これくらいシャラ臭い事やっちゃうのかもしれないけど、、、市民文化会館でねぇ。

別件でちょっと職員さんとお話したFちゃんは、ついでに「あのプールも数ユーロ払えばアナタも泳げるわよ♪」と言われたって。笑


a0123372_08145369.jpg

人を外見で判断しちゃいけないって言うけど、この建物もなかなか。

金の▲▲▲のイメージを探してた私は、外見ですっかり拍子抜け、、、で中へ入ったら2度ビックリ!という、とても楽しい経験でしたー♡
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-11-07 08:49 | スペイン・ビルバオ旅行2017 | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line