黒鳥と大木ツツジも!(リージェンツ・パーク続き)



薔薇園として有名なクィーン・メアリーズ・ガーデンのような一角は別として、リージェンツ・パークはこんな感じに一見素朴?なエリアも多いです。↓↓↓


a0123372_07055039.jpg

とはいえ木々は適度な間隔で間引きされているから、森ってほどでもありません。子供やワンコが思いきり走り回っても、ピクニック的どんちゃん騒ぎをしても、他人の迷惑にならない程度に広々とした公園です。

薔薇園に代表されるような、手入れの行き届いた園芸エリアも沢山あるのですが・・・造園ってセンス次第なんだなぁ!と改めて思い知らされる例も。笑


a0123372_07105217.jpg

コテコテ。(;´・ω・) 一つ一つは作品として完璧なのにね~、ちょっとテンコ盛りすぎ?


a0123372_07193914.jpg

こちらは去年、私もミュージカル「ジーザズ・クライスト・スーパースター」を鑑賞した野外劇場の入り口。今年も5月中旬から9月中旬まで、ミュージカルや演劇を上演するそうです。

あの柵の向こう側に見える大木ほどじゃないけれど、


a0123372_07191036.jpg

6メートル以上あるかな?という高さの木に、白に近いくらい薄~~い紫色の花が咲いていました。桜でもモクレンでもないし、何の花なんだろう??

その時は正体が分からなかったので、家に帰って画像をズームして見たんですよ。


a0123372_07322957.jpg

そしたらビックリ!ものすごーく大きなツツジの木でした。@@;


a0123372_07374913.jpg

お天気が良いと、池や噴水もいっそう奇麗に映えますね♪


a0123372_07395459.jpg

あー、黒鳥さんだぁ!神秘的で麗しくて・・・まさにブラック・ビューティー★彡


a0123372_07450910.jpg

そしたら私の隣にいた親子(30代と思しきパパ&5歳くらいの男児)が皮付きピーナツを一掴み、黒鳥さんに進呈したのですよ。

黒鳥さん、そのピーナツを一個ためしにパクっとついばんだのですが、、、


a0123372_07493790.jpg

「私リスじゃありませんので、ピーナツは食べませんのっ!」とばかりに、プイッと去ってしまいました~~。


a0123372_07551595.jpg

あの向こう岸に、白っぽい三角屋根のテントが見えるかな?あれ、RSPB(Royal Society for the Protection of Birds)という野鳥保護チャリティ団体のテント。

そこには野鳥保護の呼びかけ&会員さん求む的なパンフレット各種が並んでただけでなく、望遠鏡が2台あったんです。

「わー、何が見えるんだろう?!」ってワクワクしながら覗き込んだら・・・ある木の上にある巣に照準が合わせてあって。しかも、よーく見たら巣にはデカいけど仕草がまだ子供?みたいなのが2羽!

RSPBスタッフの方に、「あの巣にいるデカいヒナは何の鳥なのですか~」と訊いたら、なんとなんと先日オトナの方にお会いしたサギ!!!

望遠鏡で見ただけだったので、実際の写真とか全然ムリなのが残念だったけど、、、この日に見たサギの子供に最も近い画像を、他所から借りてみましょう~。↓


a0123372_08075576.jpg

そう、こんな感じの子供たち2羽だったのです♪ いやー鳥って、さすが恐竜の末裔!まだ幼いのに、眼光の鋭さとか風格を感じますよねぇ。


a0123372_08122066.jpg

一方、はじめ人間ギャートルズの末裔である私たちは・・・ちょっと暖かい日が続いただけで、もうデロデロのびのび~~。


a0123372_08174614.jpg

楽しかったお散歩のあとはX君ちに戻って、おやつにアップルパイを。

結構いっぱい歩き回ったのに、そんなに疲れた気がしなくて・・・もしかしたら人間も、ある程度ソーラーパワーで充電しちゃうのかもね!と思ったりしましたー♡
(#^^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;



by londepa | 2017-04-11 08:33 | Comments(2)
Commented by T子 at 2017-04-11 09:42 x
こんにちは!
リージェント・パーク、懐かしいです。以前は6月頃にイギリスへ行ってたので、このバラ園へ行くのが楽しみでした。
野外劇場で「真夏の夜の夢」を観たこともあります。英語難しくて全然わかりませんでしたけど(!)、だんだん暮れていく空と周りの木々、妖精が出てくる雰囲気にぴったりでした。
最近は東京の猛暑を避けて8月に行くようになり、ロンドンにはもう10年もご無沙汰です。田舎でも物価高を感じるイギリスで、ロンドンは高すぎて行けないんです。でも、こういう写真を見るとまた行きたいなぁと思います。
Commented by londepa at 2017-04-12 22:44
T子さん、こんにちは!イギリスの6月は爽やかで良い季節ですよね~満開のバラ園の美しさ、そして芳しい香りに包まれると本当に幸せな気持ちになります♪

もちろんロンドン以外でも夏は過ごしやすいし、8月ならばヒースの丘も見事ですよね!確かにロンドンの物価は他の街より高い・・・昨日行ってみた恐竜イベント入場料金も、ロンドンだけ地方都市よりも£2.00高くて泣き笑いしました!^^;
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line