カテゴリ:アムステルダムの週末( 17 )


さよならアムステルダム(^.^)/~~~

アムステルダムでの、三泊四日ことりっぷ。最終日は午前中に国立美術館へ行ったあと、お宿に戻る途中で小さなバーに寄ってひと休み~♡

a0123372_8131237.jpg

そこの壁には、こんなデルフト焼きっぽいタイル画が飾ってありました。1800年頃の、ここら辺の風景らしいんだけどね、、、

a0123372_8151156.jpg

基本、あんま変わってないと思うんですけど~~。^^

a0123372_8162966.jpg

名前は憶えてないけれど、古くて小さくて雰囲気の良いバーでした。場所は中央駅前から運河を一本渡ってすぐの、交差点の角。

a0123372_818155.jpg

アムス最後のハイネケン飲みーの、

a0123372_8185362.jpg

別の店では、アムス最後のステーキ食べーの♪

(ステーキ屋さん詳細はこちら・2軒目のお店)

a0123372_823538.jpg

月曜の午後だったから、始発のアムステルダム中央駅を出た時はガラ空きのインターシティ列車だったけど・・・幾つもの駅に停まって、ブリュッセルに着く頃には7割方の乗車率でした。

何しろ急行のタリスが満席で買えなかった私たち。それに比べたら鈍行列車なみに3時間ほど乗るもんだから、途中でちょっと飽きたかな~という絶妙なタイミングで、

a0123372_829183.jpg

「おせんにキャラメルいらんかねぇ~」的な車内販売お兄さん登場!しかもトロリーなんて生易しいもん使わないのよ、全て手持ち。つーか背負い込んでる。笑

彼の前に見えるバスケット型バッグにはスナック類とホットドリンクの素など。そして背中には・・・何やら大型リュックが?

ともあれコーヒーを頼んでみました!すると青年、紙コップに顆粒コーヒーを一袋さらさら~っと入れて、

a0123372_833924.jpg

背中のお湯タンク・リュックから熱湯を注いでくれましたぁ~~。
すごっ。Σ(・ω・ノ)ノ!

a0123372_840189.jpg

ガジェット警部を思い出しちゃったよ。。。

a0123372_8342854.jpg

インスタントとはいえオランダ老舗ブランド「ダウ・エグバーツ」だしね、誠に結構なお点前でございました♡

アムステルダム、楽しかったなぁ・・・もっと滞在日数があればユトレヒトでミッフィーちゃん信号機を渡ってみたり、ロッテルダムでヒエロニムス・ボッシュのコワかわ悪魔キャラなんか鑑賞してみたかったなぁ。

な~んて事をボンヤリ考えてたら、ベルギーの国境に入る頃には雨が降ってきて。

a0123372_8425313.jpg

雨に濡れたアントワープ・ベルヘム駅を見ながら、Y子ちゃんが「やっぱりいつかネロとパトラッシュの大聖堂にも行きたいよね!」って。フランダースの犬・・・泣いたよねぇ~あれは。

行ってみたい場所は、まだまだ一杯!ご予算・有休・体力と相談しつつ(笑)、また小さな旅を楽しみたいと思います~~♪(*‘ω‘ *)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-09-15 08:48 | アムステルダムの週末 | Comments(0)

彼女はやっぱり牛乳を注いでました(フェルメール)

今晩は~。あわや瀕死状態かとハラをくくってた私のVaioちゃんは、週末の丸二日かけて何とか自動修復を終えて立ち直ってくれました!

ピンク色でチャラい見かけによらず、意外と根性あるのねぇ~。お蔭で会社にわざわざ持ってかなくて済みましたよ♡

ではアムステルダムの、国立美術館を続けます!

a0123372_5135333.jpg

この少年のピシッと背筋を伸ばした姿勢に、すごく感心した、、、このくらいの年だった頃、私はこーゆー所に殆ど興味なかったよなぁって。

感性や素養って一朝一夕では身に付かないからね!という事実を、この少年の背中が語ってた気がしますー。ううう。><

a0123372_5242481.jpg

あちらの大広間っぽいスペースには、レンブラントの「夜警」があるんですけど。

a0123372_5342391.jpg

そこでも小学生か中学生くらいの少女が、大人にまじってオーディオ・ガイドに聞き入ってるし!

a0123372_538936.jpg

アーフェルカンプの風景画も、

a0123372_541533.jpg

あり得ない格好のヴィーナスに言葉をうしなう、スプランヘルの「ヴィーナスとアドニス」もあったけど、、、

a0123372_5465611.jpg

私たちのお目当ては、フェルメールです!何しろ超のつく寡作な画家ですから、そのうちの4点があるってのは有難い♪

a0123372_551329.jpg

「牛乳を注ぐ女」も、

a0123372_5521739.jpg

「恋文」も・・・華やかでも何でもない日常の一場面なのに、ていうかそれだからこそ、永遠に物語を紡いでいるんだなーと思います。

(そういえば先日書き忘れたんですけど、ゴッホはアムステルダム市内に彼オンリーの美術館があります!ゆえにココでは2点しか見ませんでした〜〜)

絵画だけでなく家具や陶器などのコレクションも沢山あって、全部を観て回る時間がなかったのが残念!

a0123372_5572356.jpg

そんじょそこらの食器棚よりも大きい、ゴージャス系ドールズ・ハウス。

a0123372_6142100.jpg

こんな精巧な高級品じゃあ遊べないですよねぇ?!雛人形みたいに飾るのが主目的で、子供の遊び道具じゃなかったのかな。

a0123372_681174.jpg

海洋アートのお部屋には、

a0123372_692587.jpg

本物の船から引っ剥がしてきたに違いない、船首の彫刻っぽいのもあるし!「蘭学事始」とか、そういう時代の日本人が憧れてたオランダって感じがします。

a0123372_6112111.jpg

でも、やっぱり私は・・・この大砲の向こう側にある大作なんかを見てても、

a0123372_6241627.jpg

可愛いワンコの仕草に、目が釘付け♡

って先ほどの少年&少女の「爪の垢でも・・・」状態で。文明開化の足音は、まだまだ遥かに遠いのでありました~~。
(=゚ω゚)ノ

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese


by londepa | 2016-09-13 06:34 | アムステルダムの週末 | Comments(0)

エミール・ガレの・・・蚊取り線香ブタさん?

アムステルダムの国立美術館は、チケット買ったり荷物を預けたりする地階が0階。展示は1階~3階で、それを日本式に言うと2階~4階ってのはイギリスと同じです。

だから早速、階段を上って1階に行ったら。

a0123372_8221564.jpg

いきなり惜しみなくゴッホの自画像があったので、その唐突さに驚きましたー。オランダ人て勿体ぶらないんですねぇ。

a0123372_8234991.jpg

割と小さいサイズです。A4より少し大きいくらい・・・だったかな?

a0123372_8253967.jpg

これも「ヴィンセント」という署名が右下にあるから、ゴッホさんですね!

a0123372_8263180.jpg

こちらはモネ。なんかモナコ近くの風景らしい。

a0123372_828490.jpg

この階には他にも色んな絵画があったけど、マイセンなどの工芸品やレントゲン博士の書き物机なんていう家具まであるの。レントゲン博士、お父さんはドイツ人だけどお母さんはオランダ人だったんですよ~。

a0123372_8352934.jpg

日本や中国の花瓶などが展示されてるケースには、↑左下にアール・デコの巨匠エミール・ガレの花器もありました。

a0123372_84020100.jpg

日本の獰猛な獅子にインスピレーションを得た「ジャパニーズ・モンスター」という作品だ、と説明されています。でもこれ、どう見ても・・・

a0123372_8461359.jpg

獰猛な獅子っていうよりも、ブタさん蚊取り線香入れに近いと思うんですけどー!

という異文化体験も楽しく味わいつつ、次は2階に進撃しまーす♪
ヽ(^。^)ノ

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-09-09 08:58 | アムステルダムの週末 | Comments(0)

ゴッホの自画像(なんちゃってバージョン)

はい!お待たせしましたー。長い長い夏季休暇をいただいてた(笑)アムステルダムの旅れぽ、遂に再開です!ええっ別に待ってなかったぁ?・・・ふふふふ、そう仰る御仁には、

a0123372_6184571.jpg

スキニー・ジーンズが良くお似合いの、「真珠の耳飾りの少女」キーック!

あら、あんまり破壊力なかったかしら?じゃあ、必殺技。

a0123372_6221936.jpg

カフェでワインを傾ける「ゴッホの自画像」パーンチ!!!どうよ?!じわ~っと破壊力あったでしょ。^^

(2点とも、エッシャー美術館の近くにあったアート関連お土産屋さんで売ってました。)

a0123372_6311545.jpg

アムステルダムでの最終日は、午前中に時間があったのでトラム(路面電車)に乗って、国立美術館に行ってみまーす♪

a0123372_6335039.jpg

でも実は、私もY子ちゃんも外国のトラムって苦手。路線図も切符の買い方も、すごく悩んじゃうんですよ。。。

以前もブリュッセルか何処かで、トラム停留所で券売機の使い方にアレコレ思案しているうちに「あートラムが来た!逃さないよう乗っちゃお」って乗ってから、また車内にある券売機でも分からなくてモタモタしてたら、降りる場所に着いちゃって。

「ああああ~」と焦りながら降りて、結局は無賃乗車してしまった!でも、どの国だって時々は切符チェックする職員さんが来ますからねぇ、、、そしたら罰金を払わざるを得ないので、とてもハイリスク・ローリターンな愚行です。><

a0123372_6342991.jpg

という経験がある2人なので、今回は前日のうちに中央駅前の売り場でしっかりトラム往復切符を買って、乗るべきトラムの路線番号なども教えてもらっておきました!

a0123372_6462191.jpg

うふ♡いいですね~、車掌さんが来たらどうしよう??ってビクビクしないで乗るトラムは、のんびり車窓の風景も楽しめますよ。

a0123372_6492953.jpg

そうして、まもなく国立美術館に着きました!

a0123372_6502486.jpg

ここで切符を買います。

a0123372_6505397.jpg

アートな天井も素敵ですよー。

a0123372_6523528.jpg

a0123372_6521066.jpg

あのカフェもお洒落だよね~、後でここでお茶したいね~って話してたんだけど、美術館を出る頃には急いでお宿をチェックアウトしなくちゃ!って頃合いになってて、お茶パス。^^;

a0123372_6591987.jpg

ピンク色の表紙には、「フロアガイド ようこそ!」って書いてあるのが見えるかな?各国語の館内見取り図が用意されてて、日本語もあります♪

じゃあ、「なんちゃって」じゃない方のゴッホ自画像とかフェルメールも「真珠の…」とタメ張る有名作品を目指して、入ってみましょう~~。
(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-09-08 07:06 | アムステルダムの週末 | Comments(2)

アムス猫(=^・^=)

アムステルダムで泊まったお宿は、中央駅から徒歩3分という街中、つーか街のド真ん中!という立地だったのですが、、、小路に入った場所のせいか、

a0123372_8101428.jpg

お宿を一歩出ると、やたらニャンコに会いました。

a0123372_8154681.jpg

誰かの飼い猫なのか、地域で可愛がられてるコミュニティ猫なのかは、たった二泊の短期滞在者には判定不能な子が多かったけど・・・。

a0123372_8164254.jpg

健康食ショップのウィンドウにいた、この子は鉄板で飼い猫ですねー。微動だにしないので、最初は精巧な縫いぐるみかも?と疑ってウィンドウをコンコンと叩いたら、

a0123372_8215163.jpg

「あのね~アンタ、うち日曜日は休業ですので!」って顔されちゃいました。^^;

そう、二泊三日の最終日は日曜日・・・午後3時にはアムステルダム中央駅からブリュッセルへ向かう電車に乗って、更にユーロスターでロンドンへ帰る日です!

a0123372_826949.jpg

でも午前中は時間があるもんね~。と、朝っぱらから意気揚々と国立美術館に行きましたよ♪ 

お目当ては又もやフェルメール、それと今回まだ観てないゴッホ。もっと時間があったらゴッホ美術館にも行きたかったけどスケジュール的に無理だったので、国立美術館にある数点でヨシとします!

a0123372_831471.jpg

というアムステルダム旅れぽ。残念ながら今日で一旦、中断です。
(m´・ω・`)m ゴメン…

明日から一週間ほどVisit Britainさんのプレス・ツアーで、ヨークシャー&湖水地方に出発です。今回のテーマは、なんと文学!やや荷が重い感が拭えないけども、体当たりでレッツゴー!!!爆

それでは、行ってきまーす♡(^◇^)


★熊本地震の義援金・UK在住者に便利な受付窓口★
在英熊本県人会&週刊ジャーニー
在英国日本国大使館

★UK以外の海外居住者にはこちらも★
熊本地震59復興基金



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
 
★「地球の歩き方」特派員ブログ★も、何とかやってますー。
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


Offers_350X200_Japanese


by londepa | 2016-07-11 08:51 | アムステルダムの週末 | Comments(2)

スケベニンゲンとパンケーキ!(≧∇≦)

オランダは園芸農業が盛んなだけあって、どんな街角にも花が一杯。

a0123372_040438.jpg

レストランやカフェの店先には、イギリスでよく見かけるハンギング・バスケットよりも、

a0123372_0415910.jpg

こういう縦長バッグ型のプランターが多いのが印象的でした。

a0123372_0454534.jpg

お花屋さんの花や植木もリーズナブルな値段で、暮らしの中に溶け込んでいる感じでしたねぇ。

a0123372_050945.jpg

そんな街中を眺めながら、ぶらぶら歩いてデン・ハーグ駅へ。

a0123372_0515448.jpg

ここから、また電車に乗って宿泊先のアムステルダムへ戻ります!

ところでデン・ハーグへ行く事を決めてから、ガイドブックで街の周辺や見所をチェックしたところ・・・。

a0123372_0535796.jpg

スケベニンゲンという読み方で、かつて日本人の話題となりがちだった(笑)、スヘフェニンヘンも近郊にあるのでした~~。(=゚ω゚)ノ

SCHEVENINGEN、英語読みのスケヴェニンゲンが主流だった頃に子供時代を送った私ですからねぇ、、、小学生向けの雑誌とかで、よく「世界のおもしろ地名」みたいに取り上げられていたっけ♪

その、子供時代に憧れて(?)いたスケベニンゲン・・・もとい、スヘフェニンヘンも近郊にあるデン・ハーグを後にして。

a0123372_115696.jpg

アムステルダムに戻ってきたら、もう夜7時過ぎの夕飯どき。今回はオランダもう一つの名物料理、パンケーキを食べる事にしました!

a0123372_14077.jpg

ここはカジュアルなカフェっぽいお店で、チョコレートやクリームたっぷりの甘いパンケーキを食べているお客さんが多かったです。

a0123372_133379.jpg

でも私たちは夕飯なので、ハムとチーズのパンケーキ!生地は薄いけど、すごく大きい~。

a0123372_16518.jpg

黄色いのはチーズ。これが良い感じに焦げてパリパリ香ばしく、とても美味♡ でも大きいから、最後まで完食できない日本人は多いかも?

このパンケーキとスパークリング・ウォーターで一人11.90ユーロ。まあアムステルダム中央駅の近くで観光客めっちゃ多いエリアだから、地元に通じた人ならば「もっと安いお店があるのに!」って言われそう。^^;

a0123372_1104685.jpg

とはいえ、さすが観光客メインのお店?お会計をしたら、可愛い木靴の形のキーホルダーをくれました♪

a0123372_116431.jpg

パンケーキを食べ終わって、夜なのにまだまだ明るいアムスの街並みを満喫して・・・いよいよ翌日は最終日!ホント二泊三日なんて、あっという間ですよね。

ロンドンへ戻る電車に乗るのは午後なので、午前中もまた観光&美術館に行きまーす。
ヽ(^。^)ノ


★熊本地震の義援金・UK在住者に便利な受付窓口★
在英熊本県人会&週刊ジャーニー
在英国日本国大使館

★UK以外の海外居住者にはこちらも★
熊本地震59復興基金



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
 
★「地球の歩き方」特派員ブログ★も、何とかやってますー。
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


Offers_350X200_Japanese


by londepa | 2016-07-10 01:23 | アムステルダムの週末 | Comments(0)

オランダ名物コロッケと、不思議なエッシャーさんの美術館

デン・ハーグで第一のお目当てだったマウリッツ・ハイス美術館を出たら、もう午後2時すぎ。そろそろランチを食べとかないとマズイかな?という頃合いです。

美術館の近くにはちょっとした広場があって・・・その広場を取り囲むように沢山のカフェ、レストラン、バー等々が並んでいます。

a0123372_743094.jpg

どのお店も良さそうな雰囲気だったし、土曜日だったせいもあって皆それなりに盛況。

でも、この後はもう一つの美術館にも行きたいし、、、すっごく混んでてサービスの遅そうなお店は、ちょっとね~。

a0123372_713184.jpg

という判断基準もあったので、比較的そこそこ空いてる感じだった「Grand Cafe De Tijd Steakhouse」に入ってみました!

↑リンクしたウェブサイトはオランダ表記のみ★みたいですが、写真を見ると夜はクラブみたいにもなるのかな?でもまあ、私達が行った昼間は静かでまったり落ち着けましたよ♪

a0123372_723679.jpg

朝ご飯はコーヒーとバナナだけだったY子ちゃんは、がっつりチーズバーガー&フライドポテト。朝食にはコーヒーとバナナだけじゃなくチーズ入りパンも食べた私は、

a0123372_7325888.jpg

オランダの名物料理といわれる、コロッケ(クロケット)いってみましたー。やや小ぶりに見えるコロッケ2個に、サラダとパン&バター付き。

a0123372_7342278.jpg

中身はチーズたっぷりで、濃厚なクリーム・コロッケという感じで美味しかったです!ひき肉じゃなくって、牛肉の小片が少し入ってましたよ。

a0123372_7374586.jpg

飲み物は2人とも、「ヘルトックヤン」という銘柄の生を!!!世界的に有名なオランダ・ビールといえば「ハイネケン」だけど、こっちも旨い~~♡

a0123372_7422657.jpg

ほどよく満腹になったところで、次はエッシャー美術館へ・・・元は王族の館だったもので、これもマウリッツ・ハイスや広場から数分歩くだけ。

a0123372_7471299.jpg

a0123372_7474048.jpg

幾何学・数学・建築やモザイクなどの要素がギッシリ詰まっているのに、何故かロマンに溢れた不思議な作品がいっぱい~~。@@

a0123372_7512252.jpg

だまし絵の天才とか、視覚の魔術師とか形容されるエッシャーだけど、グラフィックデザインの先駆者でもあるんですねぇ。

a0123372_753822.jpg

a0123372_754293.jpg

自画像2点。

a0123372_7551388.jpg

遺作となった「蛇は」、1969年作。

私は知らなかったけど、長崎のハウステンボスには彼の作品が180点も所蔵されてるんですってねー。知的であると同時に「永久」「無限」という見果てぬ夢のような観念を表現したエッシャーさん・・・日本でも人気あるのは納得です!

a0123372_875235.jpg

この後は館内の小さなカフェで一休み。それから同ショップで、こういうの好きそうなX君にお土産を買ったりして。

やがてデン・ハーグ駅に向かったのですが、、、

a0123372_821507.jpg

その途中にあった道路工事現場には、こんな防護パネルもありました~~。エッシャー代表作のひとつ、「描く手」!

父親は土木技術者で、自らも美術と並行して建築を学んだ彼としては、結構お気に入りの展示場所なんじゃないかな?
( ̄▽ ̄)


★熊本地震の義援金・UK在住者に便利な受付窓口★
在英熊本県人会&週刊ジャーニー
在英国日本国大使館

★UK以外の海外居住者にはこちらも★
熊本地震59復興基金



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
 
★「地球の歩き方」特派員ブログ★も、何とかやってますー。
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


Offers_350X200_Japanese


by londepa | 2016-07-09 08:28 | アムステルダムの週末 | Comments(0)

怒涛のお土産ショップでミッフィーちゃんGET★

マウリッツ・ハイス美術館の展示品は絵画がメインなんだけど、ある部屋には真ん中にでで~ん!とテーブルが鎮座しておりました。

a0123372_5551911.jpg

傍らの説明書きを読んだら、ダニエル・マロっていう建築家&デザイナーによる1769年製のテーブル。この人オランダで活躍したけど、元はパリ生まれのフランス人だから、、、

a0123372_5584347.jpg

むっちゃベルばら!!!このテーブルの上にパンがなくてもケーキを並べちゃう、マリー・アントワネットの姿が見えるようです~~。

(とはいえ彼女と旦那サマは、このテーブルが出来る50年前には断頭台の露と散っておりますが。^^;)

ところで昨晩は、レンブラントの前フリして終わっちゃったんですよね。じゃあ続き~~。

a0123372_642738.jpg

はい、一発目は・・・ハリウッドの名優トム・ハンクスでーす!爆 みたいな自画像・若い頃バージョン。

a0123372_6143913.jpg

そして数十年後の、晩年バージョン。といっても彼、63歳で没してますからー。この絵だって、せいぜい50代後半か60歳くらい?どっちにしろ、角度がおんなじ!というのが定点観測みたいですよね♪

マウリッツ・ハイス美術館には「水浴するスザンナ」など幾つかの絵があったけど、

a0123372_635493.jpg

「テュルプ博士の解剖学講義」は、それぞれの人物が等身大にかなり近い大きさの絵で、なかなかリアルな雰囲気でしたよ!

「ええ~?解剖される遺体のある絵画なんて、キモっ!」という印象よりも、私がこれを見て真っ先に思い出したのは・・・

あ、これ蘭学だーっ!
平賀源内とかでしょ~~!!!


という事だったんです。オランダ、その当時は日本より遥かに最先端テクノロジーでしょ。たった200年前には、開国したての日本人が彼らから色んな事を教えてもらってたんだなーって。

そんな諸行無常を目の当たりにした、「テュルプ博士の解剖学講義」を描いたレンブラント。

彼を描いた映画では「レンブラントの夜警」というのがあるけれど、中年~晩年バージョンは是非ともトム・ハンクス主演で!コリン・ファースのフェルメールより、きっと良い作品になると思うのですが~。笑

a0123372_75221.jpg

さてミュージアムといえば、もう一つのお愉しみはショップとカフェ♪ あいにくカフェに入る時間はなかったものの、ショップは面白かったですよ!

a0123372_775156.jpg

なんてったって一番の稼ぎ頭は、あの娘さん。

a0123372_785267.jpg

つーか、あの娘さんオンパレード的な、、、笑 

a0123372_710796.jpg

お子様コーナーには、定番ミッフィーちゃんもいました♡ 可愛い~~。ユトレヒトのミッフィーちゃん信号機は断念したけど、やっぱオランダを代表するキャラクターですよねぇ?!

と思って、Aちゃんにはコチラをお土産に買いました。↓

a0123372_7143086.jpg

小さな缶の中に、ミニミニ・サイズのミッフィーちゃんが頭を出してるの。でも取り出してみると、ミッフィーちゃんがモモンガみたいに四角く広がる眼鏡&スクリーン拭き♪

さて、Y子ちゃん念願の「真珠の耳飾りの少女」を観れたマウリッツ・ハイスを後にして・・・次はランチ!そして、だまし絵で有名なエッシャーさんの美術館に行きまーす。
(((o(*゚▽゚*)o)))


★熊本地震の義援金・UK在住者に便利な受付窓口★
在英熊本県人会&週刊ジャーニー
在英国日本国大使館

★UK以外の海外居住者にはこちらも★
熊本地震59復興基金



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
 
★「地球の歩き方」特派員ブログ★も、何とかやってますー。
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


Offers_350X200_Japanese


by londepa | 2016-07-08 07:19 | アムステルダムの週末 | Comments(2)

ワンコとお花も一杯!「真珠の耳飾りの少女」を追ってデン・ハーグヘ(2)

実を申せば私、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」には少~しばかり偏見、、、というかニガテ意識があるんです。

それは以前、うっかりTVを点けたらやってた映画のせい。

a0123372_6383728.jpg

この名画を題材にした2003年制作の映画でね、美しい娘を演じたスカーレット・ヨハンソンは雰囲気ピッタリだったけど・・・肝心のフェルメール役、コリン・ファースが全然しっくり来なくて~。

そのロンゲのかつら似合わな過ぎて無気味だから、今すぐ脱ぎ捨てて下さいーっ!!!ってTVに向かって懇願したくなるほど違和感を抱きながら、結局は最後まで観てしまったんですよ。

で映画を観終わった後も、「あんなフェルメールだったら嫌だなぁ・・・」という感想だったので、それ以来「真珠の耳飾りの少女=コリン・ファースの変なかつら姿」が脳にインプットされちゃって。><

a0123372_6585263.jpg

だから本物の絵に会えた時は、とても奇妙な気持ちでしたね。

a0123372_721472.jpg

饒舌な瞳、艶やかで色香すら漂う唇・・・映画の中でフェルメールの奥さんが嫉妬して、この娘さん(←奉公に来てた農民の娘っていう設定でした)を追い出しちゃったのも、ムリないかなー。

ところでフェルメールって超のつく寡作な画家で、30点ほどしか作品が残ってないんだって。

a0123372_773663.jpg

こちらは、彼の故郷デルフトの風景。

a0123372_7111482.jpg

ダイアナ(狩猟・貞節・月の女神)と、お付きの精霊たちと、

a0123372_7154576.jpg

ワンコ!!!やっぱ狩猟の女神様だから、ハンティング・ドッグもお飼いあそばされてたんでしょうか~~♡

という訳で、フェルメール全作品の約10%が、ここにあります。^^

他にも可愛いワンコを見れたので、嬉しかったなー。

a0123372_7195392.jpg

a0123372_7223821.jpg

ヤン・ステーンの賑やかにドンチャン騒ぎする家族にも、

a0123372_724059.jpg

ダフィット・テニールスの台所風景にも、胸キュンのワンコ達が♪

a0123372_7275041.jpg

お花の絵も多かった!アンブロジウス・ボスハルトや、

a0123372_731349.jpg

ブリューゲルなど。オランダ人、花を育てるのも描くのもお得意なんですねぇ。

あっそうだ!オランダの画家っていえばレンブラントも外せないんだけど・・・今夜は時間切れ。明日も会社だし、もう寝ないと~~。

a0123372_737218.jpg

続きはまた次回にね♪ おやすみなさーい。( ̄▽ ̄)


★熊本地震の義援金・UK在住者に便利な受付窓口★
在英熊本県人会&週刊ジャーニー
在英国日本国大使館

★UK以外の海外居住者にはこちらも★
熊本地震59復興基金



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
 
★「地球の歩き方」特派員ブログ★も、何とかやってますー。
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


Offers_350X200_Japanese


by londepa | 2016-07-07 07:41 | アムステルダムの週末 | Comments(0)

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」を追ってデン・ハーグへ(1)

オランダへ二泊三日で行くと決めた時、さて真ん中の丸一日は何処に行って何をしようか?!という相談をしていたY子ちゃんと私でしたが・・・。

私:「ユトレヒトへ行ってミッフィーちゃんの信号機を見たい」
Y子ちゃん:「デン・ハーグでフェルメールの『あの名画』を見たい」

という2案を審議した結果、あえなくミッフィーちゃん信号機が完敗~~★

まあ信号機はいつか壊れちゃってもまた新しいのを作れるけど、フェルメールの絵はルパン3世に盗まれたり火事などで損失したら二度と見れないから、分別ある大人の選択としては妥当でしょうか。笑

a0123372_794092.jpg

デン・ハーグは政治の中枢なので、威厳ありそうな建物がいっぱい。ここは司法省みたいな所かなぁ、、、何故か下の方に、猫の顔が並んでるのが気になるんだけど。

a0123372_7161555.jpg

このオジサン顔も妙ですが、こんな所にくっ付いてるんだから多分エライ人だったのでしょうねー。

a0123372_7215132.jpg

その前にあった広場にも威風堂々っぽい銅像があって、建国の祖とかそーゆー感じの人?

って、いちいち気にしてたら目的地に辿り着かなくてキリがないから、、、さっさと行こう!と歩みを早めた矢先、

a0123372_7252113.jpg

「ハロ~~♪これ飲みませんかぁ?」ってリプトンのアイス・グリーンティー(微糖)を配っている人に出会ったので、これは有難くゲット!爆

早速グビグビ、ごくごく・・・ほほ~ぉ、結構イケるじゃん?まあ丁度、喉が渇いてたってのもあるけどね~~。と言いつつ、ドリンク片手にもう少し歩いたら。

a0123372_732210.jpg

じゃじゃーん!!!目的地の、マウリッツ・ハイス美術館に着きましたー。ヽ(^。^)ノ

17世紀にオランダ総督マウリッツ・ナッサウって人の私邸だった建物に、王室オラニエ家代々の美術品をギュギュっと詰め込んだ美術館らしいですよ。

フェルメールが大好きなY子ちゃんが、ここで観たかったのは「真珠の耳飾りの少女」!じゃあ早速、入ってみよ~う♪

と、その時。やおら数人の警官が私たちの行く手を遮ってしまったのです!@@;えっ?えっ??何これ通行止め~~?目の前に美術館があるのに!!!

a0123372_741727.jpg

そしたら、左手から軍隊のように見える方々がやって来て・・・。

a0123372_742942.jpg

近づいて来たら、兵器じゃなくって楽器を持ってる隊列なのでした。

a0123372_7431770.jpg

でも演奏は始めず、ただ楽器を携えて歩いて行くだけ~~。どっか重要な場所まで行ってから演奏するんでしょうけど、無言・無音の楽隊は几帳面に足並みそろえて通過するのみ。

a0123372_7462090.jpg

その間、ものの1~2分。

a0123372_7481135.jpg

よし、今度こそ入りますよーー。

a0123372_7501290.jpg

入館料は、大人14ユーロです。チケット買う時に係の人に訊いたら、フラッシュ使わなければ撮影オッケー(←その後に入ったエッシャー美術館もアムステルダム国立美術館も同様でした)。

a0123372_7543574.jpg

ハーヒトの絵の中には絵が一杯。

a0123372_7563675.jpg

a0123372_757233.jpg

↑2点ともルーベンス。

a0123372_7575649.jpg

この「エデンの園」はルーベンスとブリューゲルの合作なんだって。二大アーティストのコラボなんて、昔からあったんだねぇ・・・。

a0123372_81515.jpg

まだまだ一杯、名画が並んでますよー。外観は小さく見えたのに、なかなか濃ゆい美術館!でも一体いつになったら、あの絵が見れるのかしら~~?

って、一抹の不安を感じ始めた頃に。

a0123372_851857.jpg

い・・・いたよ~~♡ (次回に続く!!!)


★熊本地震の義援金・UK在住者に便利な受付窓口★
在英熊本県人会&週刊ジャーニー
在英国日本国大使館

★UK以外の海外居住者にはこちらも★
熊本地震59復興基金



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
 
★「地球の歩き方」特派員ブログ★も、何とかやってますー。
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


Offers_350X200_Japanese


by londepa | 2016-07-06 08:09 | アムステルダムの週末 | Comments(2)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line