カテゴリ:ウェールズ小旅行2016( 14 )


ウェールズで汽車ぽっぽ♪(オマケ:早朝ブログ更新してた件)

満開のヒースに覆われて薄紫ピンクに染まった丘に、ウットリ見とれながら散歩していたら・・・そろそろ私たちの乗る蒸気機関車が駅にやって来る時間になりました!

a0123372_5483559.jpg

わーい、来た来た!(((o(*゚▽゚*)o)))

去年は炭坑に潜っててそれどころの話じゃなかったし(笑)、昨日は到着したのが夕方で終業してましたからねぇ、、、今度こそ逃すまじ~~。

a0123372_5515043.jpg

こっちは普通車輌。日曜日だったけど、まだ午前中のせいか空いてます。

それに駐車場でのヴィンテージ・カー展示イベントを見てからって人が多かったらしく、午後には沢山の人が乗車していました。

a0123372_559571.jpg

ガラ空きの時間だったのが幸いして、

a0123372_605940.jpg

個室ゲットーー♪ 昔ならば「一等車」として別料金を払うとこですが、今はもう観光用なので均一料金です。^^

a0123372_652485.jpg

個室の壁には、暖房の調整ダイヤルが付いてました。

といっても動力が蒸気なんだから、暖房だってもちろん蒸気ですよ!足元に通風孔があって、そこから蒸気が送られたようです。ていうか、今も現役なのかな?

熱い蒸気じゃヤケドしそうって思うけど、パイプを伝ってこの個室に送られてくる頃には、ほど良い暖かさになってるんでしょうねぇ。夏だったから試すチャンスがなくて残念!

a0123372_622384.jpg

窓からの景色は、こんな感じがずーっと続いてて・・・ホント心から癒されます♡

a0123372_6282772.jpg

別の車輌には売店もあって、飲み物やスナックを売ってるようでした。

ところで私、今さら言うのも何なんですけど、メカニック的なこと全く分かりません!(キッパリ)お茶いれる時に沸かすケトルからぴゅーっと出てる蒸気が、列車を動かしてるなんて理解不能。

a0123372_635316.jpg

でも蒸気機関車の魅力っていうのは、それを操業する人々を間近に見れるのも、すごーく大きいと思うんです。

手作業や力仕事が多いから、停車時間も長くてねー。その間は見学し放題。

a0123372_6411634.jpg

なにしろ石炭くべるのだって、彼らがシャベルでゴウゴウ燃え盛るお釜に放り込むんだし!

a0123372_6432359.jpg

連結だって、いちいち誰かが線路に降りてって、、、機関車と客車に挟まれながら、くっ付けたり外したり。

a0123372_6542185.jpg

あの青年は屋根の上でサボってるんじゃなく(笑)、ホースの水をタンクに流し込んでるのですよ~。

それと、ここでは「車掌さんの切符バサミ」も活躍していました!

a0123372_702222.jpg

駅の改札じゃなく、乗車中に車掌さんが個室にやってきて・・・「切符を見せて下さ~い」と言うので差し出したら、パチッと穴を開けてね。もう嬉しすぎ。T_T

心や体がお疲れ気味だなーと思ったら、ウェールズ行ってみて。汽車に乗ったり運河ボートで橋を渡ったり羊やヒースを眺めたり、まあ元気がそこそこ残ってる人は炭坑跡に潜ったり運搬橋に上るのも良いでしょう(?)。

というX君と私のウェールズ小旅行、これでおしまい。楽しかったから、また行きたいな♪

+++++++

ところで先日のVisitBritainオフ会のあと、私が今も早朝ブログ更新をしてるって書いて頂いてしまい、焦りまくってますー。@@;

それ多分2年、いや3年前くらいの事なんですよ~。何しろその頃は、まだまだ半病人でねぇ、、、会社のあと帰宅したら、もうグッタリ撃沈してて夜8時にはベッドに倒れ込んで寝てましたから!

でも8時に寝ると、さすがに3時か4時には目が覚めるわけ。笑 そこで「まあ朝活も良いらしいしなぁ~」って早朝ブログ更新してた時期があったのです。

今はお蔭様でだいぶ元通りになって、体力どころか体重も(爆)回復した代わりに、夜更かし型もリターン★ もちろん8時出勤の週には朝5時半に起きてますけど、もう3時起きなんてマジ無理だから!!!

という訳で、カッコ悪い釈明をさせて頂きました~~。
誤解させちゃってゴメンね。(m´・ω・`)m


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-22 07:32 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(2)

パープル・ピンクに彩られた丘へ♪

ウェールズ最終日は、前日に時間切れで乗り損ねた蒸気機関車をめざして・・・午前中にブレナヴォンの駅へ行きました!

a0123372_559147.jpg

メインの駐車場は、やはり前日と同じくヴィンテージ・カーの展示イベントが催されてましたよ。

参加してる方々は皆、自分のクルマをこよなく愛してて誇りに思ってるのが伝わってきます。だから、ご自慢の愛車を沢山の人に見てもらいたい!というアピールにも、色んな工夫をしてて。

a0123372_613026.jpg

ぬいぐるみワンコを置いたり、レトロな雰囲気の音楽を流したり、は序の口。

a0123372_6103954.jpg

中には「えっ?今のライオンとトラ?!」って思わず立ち止まっちゃう、インパクトのある演出してる人もいるし、

a0123372_613252.jpg

ボンネットを開けて、エンジンをご披露してる人も!

a0123372_615935.jpg

トランク(イギリスではブーツ)のなかった時代には、こうして荷物を積んでたよ~と再現して見せてくれる人もいて、それぞれに深い愛情を感じます。

a0123372_6155414.jpg

以前アップした猫バスも。^^

a0123372_6231273.jpg

おっと、そうそう本来の目的を忘れたら大変!今日こそはちゃんと乗れるよう、蒸気機関車の切符を買って・・・。

a0123372_6252351.jpg

乗車時間まで30分ほどあったので、この周辺をお散歩してみました~~。

a0123372_6272363.jpg

8月最後の週末だったから、ヒースが満開。

a0123372_6274514.jpg

ところでヒースとヘザーには多少の違いがあるんだろうけど、私にはまーったく同じに見えるんですよ!爆 綴りだってHeathとHeather、二文字しか違わないし。

a0123372_635633.jpg

どちらもエリカ類と呼ばれてて、そのエリカ様ってば何とツツジ科。

a0123372_634985.jpg

へえ~~、ツツジ科なんだぁ・・・。とにかく酸性の泥炭地を好むそうで、炭坑跡の近いこの周辺でめっちゃ元気に生い茂ってるのは納得ね!

a0123372_652298.jpg

ピンクがかった紫色の花がもわ~っと丘を覆い尽くしてる様は、ちょっと夢のような景色です♡

a0123372_6504838.jpg

「オラオラおばさん、どいたどいたーっ」
「ハンパな感心する暇あったら、散歩せな!!!」

な~んて可愛いワンコ達にも出くわして(笑)、束の間だけど忘れがたいヒースの丘でした。

a0123372_715222.jpg

ずっと眺めていたいくらい、美しい景色だったけど・・・そろそろ汽車がやって来るから、駅に戻らなくちゃ!

そして名残惜しいヒースの丘を後にしました。
(TωT)ノ~~~


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-21 07:17 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)

実はまだ続きがある(笑)X君とのウェールズ旅行

先日のAちゃん達の結婚式には、X君も出席してくれました。最近ちょっとダウナー入ってたので心配したけど、晴れの日に相応しく明るく振る舞っていたのはさすが大人です!

X君とウェールズ旅行に行ってから、そういえばもう一カ月半くらいになるし、、、そろそろ最後までアップしなくちゃ。^^

a0123372_3544696.jpg

ニューポートで運搬橋に上ったり市街を一巡したあとは、炭坑跡のあるブレナヴォンへ行きました。去年はここで炭鉱夫体験をしたっけなぁ~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

a0123372_3572184.jpg

でも今回は、蒸気機関車に乗ろうって・・・にわか鉄ちゃん&鉄子、乗る気マンマン♪

a0123372_3581589.jpg

なのに、、、あらら、その日の最終運行が終わったところ。>< 

「仕方ないから明日ロンドンへ戻る前に、午前中にまた来よう!」と折れない心のX君。

a0123372_424690.jpg

でも丁度その週末は、駅前の駐車場でヴィンテージ・カーの展示集会もやってたんですよ。こちらも夕方で撤収し始めてたけど、な~に明日もまた来るさ!

a0123372_44556.jpg

ロンドンでもヴィンテージ・カーは時々見るけどね、、、この消防車みたいに働くクルマの旧式版は、特にグッと来ませんか?!笑

a0123372_412934.jpg

中でも今回は、1960~70年代のパトカー(愛称パンダ・カー)が白眉でした!!!

色も当時と同じブルー&ホワイト イギリスのパトカーは、白黒に塗られた事って一度もないんだって。

なのに「パンダ・カー」と呼ばれてたのは、当時のTVが白黒だったので、ドラマやニュースに出てくる塗り分けられた車体がパンダっぽく見えたから・・・というのも時代を映してて超ほのぼの♪

この旧パトカーも会場を出るとこなのですが、大サービスで「ぱぁ~ぽぉ~ぱぁ~ぽぉ~~」って全く緊迫感のないサイレンを鳴らしながら、まったり去っていきました。

a0123372_4222147.jpg

その後はホテルに戻って、夕飯はまた隣接する「ソイヤーズ」でチーズてんこ盛りナッチョズや、ハンバーガーをがっつり!

a0123372_4245589.jpg

暖かい日だったから、コロナ・ビールが美味しくってね・・・。
単純にシアワセ~♡(#^.^#)


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-20 04:30 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)

このブタちゃんは市場へお出かけ (This Little Pig Went to Market)

ニューポートでは、川沿いにあった古城の廃墟を後にして・・・もうちょっと市街を歩き回ってみました!

a0123372_6505776.jpg

この地下道、パッと見たところ別にどーって事のない感じだったんだけど、

a0123372_6533337.jpg

タイル壁に、こんなレトロなお店が幾つも描かれてるんですよ♪ 女の子が覗いてるのは、玩具屋さんかな?

a0123372_656091.jpg

あ、魚屋さんも!!!

a0123372_6593341.jpg

地下道から路上をつなぐ階段にも・・・

a0123372_711091.jpg

鮮やかな色彩で、お花屋さんが描かれていました~~♡

a0123372_75467.jpg

それもその筈。ここにはヴィクトリア時代に建てられた、(当時としては)巨大な屋内マーケットがあるからです!

a0123372_77347.jpg

威風堂々、どどーん★ 1854年に建てられた由緒あるマーケットで、今でも店舗やオフィスが入ってます。日曜日だったから、入れなかったのが残念だけど~。^^;

このマーケット建物、すぐ前にはバス停があってね・・・。

a0123372_7161421.jpg

バス停のベンチ近くには、お買い物してきたブタさん像があるのです!文字が彫られてたので読んだら、This Little Pig Went to Market...という童謡の一節が♪

a0123372_718397.jpg

This little pig went to market
This little pig stayed at home
This little pig had roast beef
This little pig had none
And this little pig cried
Wee-wee-wee-wee-wee
All the way home

このブタちゃんは市場へお出かけ
このブタちゃんはお留守番
このブタちゃんはローストビーフ食べて
このブタちゃんは何もなし
そして、このブタちゃんは
エ~ンエ~ンと泣きながら
お家に帰りましたとさ

っていうイギリス発祥(1728年には記録があるとか!)の言葉遊びで、赤ちゃんや幼児の足の指を親指から小指までクリクリ動かしながら適当に歌うんです。

大人もそうだけど、子供の足の指ってころっころ丸くて子ブタちゃんみたいだもんねー。笑 PigのところをPiggyにするバージョンも多いし、メロディは多種多様。

私のお勧めは、こちらの「セサミ・ストリート」版!

ポインター・シスターズをもじったオインカー・シスターズ(オインク=豚の鳴き声)が、ゴスペル風に熱唱してくれるんです!エルモ君と一緒にノリノリで聴こう~~♪(^◇^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-12 07:44 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)

ニューポートといえば、この歌~♪

ガテン趣味な運搬橋をエンジョイした後は、ニューポート市街をお散歩です。川沿いをタラタラ歩いていくと、

a0123372_1221556.jpg

なんか超古そう~~なお城が見えてきました!

a0123372_1233347.jpg

14世紀に建てられた城の、一部がまた残っているようです。今もブイブイゆわせてるカーディフ城に比べたら、往時の見る影もないけど、、、遺跡っぽさ満点という意味で、絵になりますねぇ。

a0123372_1284047.jpg

その近くには、こんな壁画があって。。。

a0123372_1312942.jpg

a0123372_132072.jpg

産業革命を中心に、石炭の出荷で栄えてた頃の様子が描かれていました。今では想像もつかないほど活気に満ちていたんだろなぁ~って感慨を誘う、なかなか素晴らしい壁画でした!

a0123372_1363414.jpg

そういえば私、ニューポートと聞くと必ず、真っ先に思い出しちゃう歌があるんですよ。

歌っていうか、アリシア・キーズの歌「ニューヨーク」のパロディなんだけど、「ニューポート」っていう傑作!!!

スゴイ良いですよ~これ。是非是非、上のリンクをクリックして聴いてみて!

a0123372_14372.jpg

「ワシらもニューポート市民として、絶賛お勧め!クルックー♪」


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-09 01:44 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(2)

ニューポート運搬橋(2)ハードコア編!?

はい、今回はX君の大冒険です!去年ここに立ち寄った時は夕方で終業しちゃってて、「うう~ん残念!次回こそは・・・」と悔しそうでしたからねー。

a0123372_620203.jpg

さあ、どうぞ~♪ 思う存分、上って渡ってちょうだい!!!と送り出して、私はさっさとゴンドラに向かいました。

a0123372_6234876.jpg

・・・すごく嬉しそうですー。^^

実は彼に続いて、30代後半かな~というカップル&12歳くらいの息子さんも、この階段を上って行ったのです。あらま、親子3人で高所体験なんてアクティブで微笑ましい♡

と思って見上げてたら、、、階段の半分くらいで少年とお父さんは、下に降りてきちゃった。私と目が合ったお父さんが、「まだ彼には怖かったみたいでね~。まぁ僕も降りれて正直ホッとしたし!」なーんて笑ってました。

結局そのファミリー、お母さんだけX君と一緒に初志貫徹したんですよ~~。少年の方はというと、挫折しちゃった敗北感のせいかションボリ肩を落としてて、ちょっと可哀そう。T_T

なーに、こんな小さな挫折へっちゃらだよ!君が大人になるまでには、まだまだデカい艱難辛苦が待っているから~。つか大人になった後も失業とか離婚とか色々あるからね、こんなん序の口~~ドンマイ、ドンマイ♡

それに、もし高所を克服できなくても、、、登山家になるとか、

a0123372_6415470.jpg

こんな職業の人になりたいって希望がない限り、実生活ではそんなに困る事ないと思うしー。笑

a0123372_647189.jpg

一方その頃、X君は・・・階段の途中から、私たちの乗るゴンドラを見下ろしていました。

a0123372_6523758.jpg

まだ彼が階段を上りきらないうちに、ゴンドラは向こう岸へ出発~~。

a0123372_653446.jpg

当然あっという間に、対岸へ行っちゃったそうです!

a0123372_6553926.jpg

やがて遂に、階段を上り終わったX君。左右どちらにも人が歩ける通路があるので、彼は右側へ。例の少年のお母さんは、左側を歩いてったようです。

a0123372_6592085.jpg

おお・・・見事にスケスケ鉄骨の足元!@@;やっぱ私、最初から棄権してて正解だったわー。

a0123372_713959.jpg

眼下らしいけど、川だけ写ってると距離感あんまり分からない。笑

a0123372_753952.jpg

あの小屋は、私が巨大な糸巻き状ケーブルを見てた運転室。確かにこう見ると、バードアイ・ヴュー(鳥の目線)かなぁ・・・。

a0123372_775446.jpg

「あっナマ言うんじゃねーよ、俺らこの数倍は上行くぜ?」
「そうそう!ちゃんちゃら可笑しい~~ワロタw」

a0123372_7145865.jpg

クルマは最初の岸にある駐車場に停めたので、帰りはX君もゴンドラに乗って・・・行きはスペクタクル体験、帰りは楽ちんゴンドラ。一粒で二度おいしい!?

a0123372_718494.jpg

この道標は何だろう?と思ったら、他にも現存する仲間たちを示してるんですね。スペイン、フランス、ドイツ、イギリスだけじゃなく、遠くはアルゼンチンにも!

日本では絶対に体験できないので、橋マニア&高所ファンにお勧めです~。
ヽ(^。^)ノ

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-07 07:28 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)

ニューポート運搬橋(1)ソフトアプローチ編

ウェールズのニューポートには、運搬橋(トランスポーター・ブリッジ)があります。そんな橋なんて日本にはないから、私は去年ここに来るまで存在すら知らなかったけど~。

a0123372_6442915.jpg

ざっくりウィキペディアで読んだところ、

「川を跨ぐ背の高い構造物からゴンドラが吊り下げられており、歩行者や自動車はゴンドラに乗って対岸まで移動する。船の航行を妨げないように工夫された形式である。」

a0123372_6585314.jpg

って書いてありました。1893年に初めて出来たスペインのビスカヤ橋(←今や世界遺産!)を含め、主にヨーロッパを中心に1900年代初期に20橋梁ほど建造されたんだって。

今じゃ解体されたのも多いけど、イギリスには4つも残っていて世界最多の現存数~~★って超ビミョーな世界ランキングNo.1でしょう!爆

しかも、ここゴンドラを吊るすレールの上を歩いて渡る事も可能なんです。でも予め画像を検索してチェックしたら、階段もレール両端の通路も足元が鉄骨スケスケ構造でねぇ、、、いくら何でも、私には無理そう。><

a0123372_70258.jpg

なのでX君とは別行動する事にして、あのゴンドラに乗って無難に川を渡りましたー。

a0123372_784684.jpg

同乗者の方々。すぐ近くには普通に渡れる橋もあるんだから、わざわざお金払ってこのゴンドラに乗るってのは観光・見学の一環という感じみたい。

a0123372_715464.jpg

ゴンドラの両側には、屋根とベンチも。この日は少し小雨がパラついてたものの、短い時間だし屋根の下に避難するほどじゃなかったけど・・・もし本降りだったら、やっぱ有難いですよね。

a0123372_7204989.jpg

先ほど発った岸が、どんどん遠くなってきて。

a0123372_721364.jpg

対岸に着いたら、あの運転室に入っても良いよ~と係の人に言われました。じゃあ、X君を待つ間に入ってみようかな!

a0123372_7235819.jpg

はい、ここが運転室でーす。ゴンドラを動かす時には、

a0123372_7305742.jpg

巨大な糸巻き状のケーブルが「ガァァ~~っ」と音を立てて回ります!なんか或る意味、凄いモノを見ちゃったような、、、さすが世界遺産のお友達ね。^^

a0123372_7392499.jpg

ところで、そろそろX君も橋を渡って来るかなぁ~?あの階段を上りきるだけでも、時間がかかりそうだけど。

あっ、あそこに見えてきた・・・かも?

a0123372_7451851.jpg

いたーーっ!!!@@;


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-06 07:49 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)

小さな村マゴールのパブで夕食★

ウェールズでの二晩めは、マンモス州にある村マゴールにある「ザ・ゴールデン・ライオン」というパブで夕飯を食べる事にしました。

(村の名前は「Magor」って綴りだからマゴールと書いたけど、もしかした~ら本場ウェールズ語読みだと違う発音かもしれません。。。)

a0123372_6501620.jpg


ローマ人も住んでた、古くからある村なんだって。村の規模は小さいながら、和める雰囲気が漂っていました。

a0123372_6541539.jpg

パブに入ると地元の常連客っぽい人達が殆ど。というのも皆、すれ違ったりする度に軽い挨拶や談笑を交わしてたから。^^

小ざっぱりした服装で、なかなか良い印象のお客さん層・・・これは期待できそう♪

a0123372_7123798.jpg

と思った通り、ちゃんと美味しいお店でした!サービス・スタッフの応対もキチンとしてるし、ここは「当たり」でしたよ~~。

a0123372_7163170.jpg

a0123372_7164553.jpg

私はシーフード色々ディッシュ、X君はステーキで幸せなディナー♡

a0123372_7215111.jpg

この日は一日中あちこち歩き回ったから、デザートにクレーム・ブリュレも半分ずつ食べて。ああ~お腹一杯!

じゃあホテルに戻って、早めに寝ようか~。明日はアレが待ってるしね、、、

a0123372_7275180.jpg

というアレとは、コレ。あの真ん中のレール両端にあるスケスケ通路を、足元から吹き上げてくる風を感じながら(笑)渡りたい!というX君です。正気の沙汰じゃないね。

でも本人がそう望むならば、仕方ないしっ!
ご無事で行ってらっしゃーい。(^.^)/~~~


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-05 07:45 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)

ロアルド・ダールはノルウェイ系なのでした★

カーディフ湾の港には、可愛らしい木造のノルウェイ教会がありました。

a0123372_482786.jpg

もっと正確に言うと、元はノルウェイ船員たちの教会だった建物。一時期は廃墟と化したものを修復・復元してあります。

a0123372_493872.jpg

今は教会としての機能はなく、アート・センターとカフェになっているんですよ♪

a0123372_4121275.jpg

この修復や保存運動には、カーディフ出身の作家ロアルド・ダールも多大な貢献をしたそうで・・・

a0123372_4134593.jpg

というのも、彼の父母はノルウェイ人。当時は世界一の石炭出荷量を誇っていたカーディフ港で、その仲介業者を営んでいたのです!だから彼も、ここで洗礼を受けました。

イギリスで最も愛されている児童文学作家の一人であるダール、出自はノルウェイだったんですねぇ~。

a0123372_4175213.jpg

私はノルウェイに行った事ないけど、素朴な木造の教会ってのも優しい感じですね~♡ 二階には地元アーティストの作品が展示されてました。

a0123372_423525.jpg

そしてスクリーンでは、ロアルド・ダールを含めカーディフの歴史や文化などが紹介されています。

a0123372_4253011.jpg

地階は半分がカフェになっているので、私たちもスコーンとコーヒーでひと休み♪

a0123372_4345440.jpg

ロアルド・ダール作品のファンはもちろんだけど・・・産業革命から1900年代前半に栄えていた港や、そこで活躍していた人々に想いを馳せて。

とても小さいのに、印象に残るノルウェイ教会でした♡

★~★~★~★~★

今週もAちゃん&JS君ちのインターネットを借りてましたぁ!ついでに↓↓↓こんなのもアップしたので、週末にお時間あれば読んでみてね~~。^^

「日曜日だけ入れる、ロンドン金融街のシークレット・ガーデン」
「新年を祝う音楽会♪『バービカン・センター』2017年ニューイヤー・コンサート情報」


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-10-01 04:49 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)

ロアルド・ダール広場で子供に混じって遊ぶ!?

カーディフ湾に到着したボートを降りたら、ロアルド・ダール広場という所でした。

a0123372_3343166.jpg

昔は石炭の出荷で栄えた港だけど、第二次世界大戦の後はだんだん寂れていって・・・1980年代に再開発で今のモダンな姿に生まれ変わって、カーディフ出身の作家にちなんだ名前の広場になったんですよ。

a0123372_3493580.jpg

広場には市民の公共施設が幾つかあって、このミレニアム・センターもその一つ。

a0123372_352048.jpg

BBCウェールズ交響楽団やウェールズ国立歌劇の本拠地にもなっている、複合芸術センターです。

ところでダール、私は短編集で「あなたに似た人」っていう、すっごく印象的な小説を読んだ事ありますよ~。でも児童文学のほうが有名で、「チャーリーとチョコレート工場」「マチルダ」「BFG」「父さんギツネ、バンザイ」等々・・・映画や舞台になったのも多いですよね♪

a0123372_3555196.jpg

a0123372_356201.jpg

そんなダール広場には、子供たちの遊び場もいっぱい!

a0123372_3585368.jpg

a0123372_3591957.jpg

結構フィジカルな遊具も多いんだけど、めっちゃ楽しそうに遊んでいるお子様たち。ちょっと羨ましい、、、

a0123372_422040.jpg

ので、マジック・ミラーで遊んでみました~!笑

a0123372_452183.jpg

この後は、ちょっと珍しいノルウェイ教会に行ってみます。えっ?何故こんな所にノルウェイの・・・??っていうのは、また続きにて~~。(・ω・)ノ


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容にしようと思ってますが・・・実は自分でも不安です!笑 週イチ更新の予定。たぶん。^^;


attraction_350x200_Japanese

by londepa | 2016-09-29 04:09 | ウェールズ小旅行2016 | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line