カテゴリ:ブリュッセル2012( 11 )


ブリュッセル(11)マグリットが描いた青空

王立美術館に隣接する、ルネ・マグリット美術館にも入ってみました。20世紀初頭~前半に美術界を席巻したシュールレアリズム(超現実主義)画家マグリットの作品が、約200点もあるんだって!!!

a0123372_7135378.jpg

若い頃のマグリットさん、割とハンサムで俳優さんみたいだねー☆

館内の展示室は全て真っ暗で、一点一点の絵にスポットライトが当てられた手法。それに各コーナーに館員が常駐していたので、「きっとここ撮影不可ね。」と瞬時に察知して、おとなしく観賞に集中いたしました!

a0123372_8124465.jpg

だから、これらの写真は入口手前のホールや廊下などで撮れたもの。これだけでも、彼の世界が垣間見れると思います。

a0123372_8234667.jpg

イタリアの先駆者ジョルジュ・キリコによる形而上絵画に触発されて、マグリットが中心となってベルギーで「神秘協会」という芸術家集団を結成したのは、1925年。

a0123372_983570.jpg
(↑ チョコレート屋さんの美装缶にあったマグリットの絵。青空やハトって彼が好んで多用したモチーフですねー。)

「現実の世界は謎だらけ。私はそういう世界の真相を表現しているのであって、空想したものは一切描いていない」と言っていたそうです。

a0123372_842443.jpg

それに1898年生まれで1967年没て事は、生涯のうち二度の世界大戦があったわけだし・・・・何よりもマグリットの精神世界に後々まで大きな影響を与えたのは、彼が13歳の時に母親が川で入水自殺を遂げた事だとも言われてるんです。

a0123372_8292363.jpg

でも興味深いことに、同時期に活躍してて彼とも親交のあったサルヴァトール・ダリのように派手なパフォーマンスや発言・奇行とは全く無縁で、奥さんと一緒に庶民的な家で地味~に暮らして「午前中に制作、午後は犬と散歩などして、毎晩10時には就寝」という、、、、ごくフツーの一般市民みたいに暮らしてたんだって。

a0123372_8492769.jpg

ガイドブックとウィキペディアだけじゃよく判らなかったけど、彼について特集したNHK番組のユーチューブを見て、「へぇ~~なるほど!」と納得しました。42分の長編だけど、ゲストでマグリット・ファンだという藤子不二雄Aセンセイの話も良かったし、晩年のマグリット本人がインタヴューに答えた映像もあるので、お好きな人は見てみてね♪

a0123372_10205655.jpg

マグリット美術館を出たら、もう11時半過ぎてて・・・これにてブリュッセル・カードが利用できる24時間が終了~~☆ いやー、けっこう頑張ったよね私たち!って互いの健闘を讃えるY子ちゃんと私なのでした。笑

24ユーロで購入した、24時間有効のカード。では、どんだけ活用したのか確かめてみましょうか・・・?

ブリュッセル市立博物館 3ユーロ
ベルギー漫画センター 8ユーロ
プラネタリウム 6ユーロ
ベルギー王立美術館 8ユーロ
マグリット美術館 8ユーロ

以上で33ユーロ、そして地下鉄も漫画センター⇒プラネタリウム⇒中央駅まで乗ったから、4ユーロくらいかな?合計37ユーロってとこでしょうか。やったぁ!勝ち負けで言えば、勝ちでしょう。。。^^

何かのイベントで貸切になってて入れなかったビール博物館(3ユーロ)、楽器博物館(5ユーロ)も体力が尽きて諦めたけど。他にも30以上のミュージアム&アトラクションに入れるパスだから、48時間34ユーロや72時間40ユーロのカードなら、マジお得に観光三昧できてお勧めっ!!!

a0123372_9513857.jpg

なーんて喜んでるうちに、もうすぐ正午12時になるから・・・初日と同じ場所でランチ♪ 楽器博物館の最上階にあるカフェ&レストランを再訪しましたーー。

a0123372_95422100.jpg

「いや~、楽しかったねぇブリュッセル」
「ほんと一杯見どころあったし・・・」
「オルタもタンタンもマグリットも見た!」
「それじゃ、乾杯~~☆」

ここでランチした後は、ホテルに預けてた荷物を取りに行って、ブリュッセル中央駅から列車でデュルブイに移動だから、、、たっぷり滋養を摂らなくちゃ!笑

Y子ちゃんは、初日に私が食べて感動してた極上ステーキをお召し上がり。そして私は、

a0123372_100518.jpg

ベルギー風ミートボール!!実は前回お隣のご婦人方が頼んでたのを見て、その巨大なミートボール(というより丸い小型ハンバーグ)2個がででーん!と載ったお皿に注目してたのさ。うふ。

a0123372_102413.jpg

でかい。ジューシー。ハーブやスパイスの塩梅もグー!お~い~し~~い。。。

a0123372_104234.jpg

見晴らしのいい窓際のテーブルで、こんな青空を見て、ああー幸せ。この空の水色、マグリットが描いた空の色に似ているよね・・・。

しばし、時間を忘れてうっとり・・・つーか午前中のハードな観光で、ぐったり?いやいや、まだ今日はこれからの移動が勝負よ。がんば!

a0123372_1081883.jpg

それでは、まずはホテルに戻りましょう~。

a0123372_1085114.jpg

正時に通りかかる事がなくて、人形が動いてるのを一度も見れなかったカラクリ時計。小さな鐘楼もついてるから、人形とともに鐘もリンゴ~ンと奏でられるんでしょうね・・・。ちょっと見たかったなぁ。

でも、きっとまた来るから!そう決めたから、ブリュッセル!このカラクリ時計も楽器博物館の展示室も、次回に持ち越しですー。^^

a0123372_10124136.jpg

ホテルから荷物を引き取って・・・・いざ、ブリュッセル中央駅へ!世界で一番小さな町っていうデュルブイを目指して・・・出発~。進行~~っ!!!


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-10-01 10:18 | ブリュッセル2012 | Comments(0)

ブリュッセル(10)周遊カードで王立美術館へ

ブリュッセル3日めの朝。前日に来て気に入ったので、ホテルからすぐ近くのオーガニック・カフェEXKIで朝食たっぷり・・・いただきまーす!

a0123372_1414419.jpg

カフェ・ラテ、フルーツ&野菜ジュース、クロワッサンにチーズ&ハム、、、を食べたらお腹一杯になったので、レーズン・デイニッシュは後でおやつにとっとこう♪

その後はホテルに一旦戻って、身支度と荷物のパッキング。今日の午後は列車に乗って、ワロン地方にある小さな町デュルブイに移動するんですー。

a0123372_1482384.jpg

格安ブッキングのWEBサイトで破格の料金(一人一泊35ユーロ)だった、5つ星の「ロイヤル・ウィンザー・ホテル」をチェックアウト☆

お部屋やアメニティははシンプルながら居心地良かったし、グラン・プラスや中央駅も至近距離なのが便利!それにジム&サウナを使えたのは、ポイント高かったなぁ。

a0123372_14155852.jpg

チェックアウトしてから荷物をフロントに預けて、午前中は最後のブリュッセル観光です!何しろ24時間有効のブリュッセル・カードが午前11時半まで使えるんだから、フル活用しない手はないよね~。

a0123372_14202093.jpg

土曜日の朝だったから、その前の二日間より交通量が少なくって静か・・・青い空が気持ちいい!寒くも暑くもなくって、観光者にはありがたい気候でした♪

a0123372_14233321.jpg

初日に切符の買い方が分らなくって、「オルタの家」ミュージアムへの往復を無賃乗車した、思い出深~いトラム。笑 

ブリュッセル・カードを買ってからは地下鉄しか乗らなかったから、正々堂々と胸を張ってトラムに乗るチャンスがなくって残念だなー。また今度ね。。。

a0123372_14302585.jpg

朝食後の腹ごなし的に、ぶらぶら歩きながら・・・目的の場所に到着ぅー。ここには、何カ国もの言語で名称を表記していて、

a0123372_14333874.jpg

日本語もちゃんとあった・・・ベルギー王立美術館です!

a0123372_1435124.jpg

名前のとおり、ベルギー最大の王立美術館。古典美術館と現代美術館に分かれてるんだけど、あんまり時間をかけられないので古典のほうだけ、サクッと行ってみよう~~☆

a0123372_14382080.jpg

a0123372_157628.jpg

地上3階、地下8階の広大なミュージアム。地下にまで自然光が差し込む設計なんだって。広々として、とても気持ち良い空間でした。

a0123372_14404359.jpg
a0123372_1441288.jpg

15世紀から18世紀の絵画と彫刻がメインの、古典美術館。大ブリューゲル、ルーベンス、ヨルダーンスなどが有名どころみたいです。

a0123372_14434488.jpg

この真ん中の絵、テーブルの下にご注目!

a0123372_14444199.jpg

足フェチの女性?@@ 実はどうも、キリスト様の足をマッサージかお手入れしてるようです。毎日の辻説法で足が疲れるジーザズですもんねぇ。ヨーロッパのリフレクソロジーってのは、ここら辺が原点だったりして??

a0123372_14474814.jpg

こっちの絵の女性も、やってますね。。。しかも彼女、三つ編みにした自分の髪の毛でジーザズの足をお掃除?くすぐってる?更に謎の行動に及んでいました。

a0123372_1450994.jpg

ブリューゲルは、やっぱり大人気。「イカロスの墜落」や「ベツレヘムの幼児虐殺」などなど、点数も多くて見応えあります!

a0123372_1457987.jpg

↑ 「反逆天使の失墜」・・・右上の隅っこに、ゴマちゃんが・・・!!ゴマちゃんが宙に浮かんでいます。凄いな、大ブリューゲル。もしかして、ベルギー漫画の伝統はここから始まったのかしらん。

a0123372_14523247.jpg

「ベツレヘムの戸籍調査」。これは大ブリューゲルが描いた作品と、息子がそれを模写したのと、両方あります。ちょっと絵本の挿絵みたいで、ほのぼの系かな~と思えば、

a0123372_1515585.jpg

ブタを解体しようとしてる人なんかも。

a0123372_155685.jpg

小一時間ほどで駆け足だったから、古典美術館だけでも全部は見れなかったけど・・・ブリュッセルにはきっとまた来る予感がするので、次回に持ち越し~☆

a0123372_1582295.jpg

その後は、王立美術館に隣接するもう一つのミュージアムへ行きました。一番右手にあるポスターの絵は、「天空の城ラピュタ」を想像させますね~。でもこの作品「ピレネーの城」は1959年に描かれたから、こっちが元祖って感じ?

そう、これは・・・・。

a0123372_1592655.jpg

シュールレアリズム絵画の代表作家、ルネ・マグリット!!!という訳で、次はマグリット美術館に突入ですー


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-28 15:24 | ブリュッセル2012 | Comments(0)

ブリュッセル(9)鍋一杯のムール貝&フリッツ

ブリュッセルの地下鉄は、パリやローマよりも清潔・整然とした印象でした。通路やプラットフォームに殆どゴミが落ちてなかったから、ロンドンよりもベターかもしれません。

a0123372_9475532.jpg

窓も、ちゃんと向こうが見えます!それでこそ窓。透けて見えてこそガラスですよ、ローマ地下鉄の皆さん!!!

ローマでは白か灰色のペンキでも塗ったのかと思うほど窓が汚れてる車輌に何度も乗って、停車してドアが開くまでプラットフォームに表示された駅名が読めなかった事が何度もありましたからねー。笑

「窓ふき掃除をすると縁起が悪いとか、何か理由や信念や意地があるんですかぁ~??」と、問いただしたくなるほどウルトラ級に汚かったわ、、、ってのも、麗しきローマの妙味でしょうか。^^

a0123372_1075396.jpg

それにブリュッセルの地下鉄は、駅ごとに全く違ったアートが施されてて面白かったです。

a0123372_1094520.jpg

カラフルな管で立体的なアートワークがあった駅。一見するとロンドンや東京の地下鉄マップみたいだけど、ブリュッセルの地下鉄はこんなに本数が多くなくてシンプル☆

a0123372_10151512.jpg

こっちの駅は、壁一面がベルギー伝統のタペストリーか絨毯みたいな模様。

a0123372_10163212.jpg

さて、地下鉄を出て私たちが次に目指した場所は・・・。

a0123372_10175571.jpg

プラネタリウムでしたー。072.gif

a0123372_10223735.jpg

その前に行ったベルギー漫画センターは、私の希望チョイス。そしてこっちのプラネタリウムは、Y子ちゃんが「懐かしい~~。ここでリラックス・タイムを過ごそう!」と強力プッシュしてたのです。

確かに暗くてゆったりシートに座って、天空の星ふる空間で優雅なクラシック音楽を聴いて・・・もう~リラックスしまくり。ついウトウト寝そうになって、まるで昼下がりの漫喫でサボる会社員のような心地良さ(?)。

a0123372_10303117.jpg

とはいえ基本、真っ暗闇なので・・・ここで撮った写真は、玄関ホールくらいです。笑

プラネタリウムの隣りには、

a0123372_1034748.jpg

こーんな目立つモノが建ってました。まるで原子模型みたいで、大の苦手だった教科を彷彿とさせます。。。><

a0123372_10393713.jpg

これは「アトミウム」といって、1958年の万博で建てられたみたい。岡本太郎の「太陽の塔」とタメ張る’58ブリュッセル万博の象徴なんでしょうねー。

a0123372_10424356.jpg

中に入るとベルギーの建築史など展示されてて、上のほうは展望台でブリュッセル市街を見晴らせるんだって。

でも私たちのブリュッセル周遊カード規定を参照したら、ここはフリーパスじゃなくって割引きのみ。入場料11ユーロから3ユーロ引き・・・じゃあ、8ユーロも払うのね~。という事が判明したので、即座に却下!!爆 

a0123372_10513992.jpg

24時間有効で24ユーロのブリュッセル・カードを最大限活用するのが、私たちのミッションですもんねぇ。

それにロンドンの主要な博物館&美術館は殆どがタダなのに慣れてるから、「何が悲しくって理科の模型に大枚8ユーロも払って入るわけ~~?」って。展望台は好きだけど、だったら又あの素敵な楽器博物館の最上階でランチした方がずっと良いよね!

という事で、理科より食い気に落ち着く我々でしたが・・・それもその筈、この日はランチ抜きだった!!!つーか昼前に食べたワッフルで、かなりエネルギー補給になったから空腹を感じなかったんです。。。。

a0123372_1142131.jpg

でも夕方になったら、さすがにお腹ぺこぺこ!グラン・プラスに戻って、早めのディナーにしちゃいましょう。今宵も勝負だベルギー料理、かかって来ーい!!

a0123372_1121992.jpg

で、「マネケン(MANNEKEN)」というレストランに入ってみました。あ~ほらほら、ココも人形が宙吊りでしょう?未だに由来が謎。@@

a0123372_11261897.jpg

一日たっぷり観光したし・・・気温も暖かかったから、冷たいドリンクが旨いねー♪ Y子ちゃんのビールは、ツボルグって読むのかな?私は白ワインに氷を一杯入れて、乾杯~。お疲れさんっ!

a0123372_1131118.jpg

どどん!バケツみたいな鍋一杯のムール貝。色んな風味のメニューがあったので、私は「カレー&ガーリック・クリーム風味」を選んでみました。Y子ちゃんは牛肉のビール煮。

でもムール貝はカレー粉が申し訳程度にかかってただけで、普通のガーリック・クリームのと大差なかったかな。とはいえ新鮮ぷりぷりムール貝、誠に美味しゅうございましたー。

a0123372_11361435.jpg

付け合せはフリッツ(ポテトフライ)。こういう「ムール貝&フリッツ」ってベルギーでは定番メニューみたいで、何とそれ専門のファストフード・チェーンもあるらしいです。どんだけ好きなのー?!

お腹も満ちて、終日観光のあと心地よい疲れに身をゆだねて、、、ホテルへ戻る途中、

a0123372_11384790.jpg

Y子ちゃんが、地元の人達で賑わうバーを目ざとく発見!彼女は2杯目のビール、私は一応病人なのを思い出したので、おとなしく食後のコーヒーを楚々といただきましたー。^^

a0123372_1143329.jpg

おお~、ベルギーってばビール・サーバーも宙吊りタイプだよ。英国パブじゃあカウンターのテーブルからにょきにょき立ってるんだけど。

でも考えてみたら、下にあるビールを上に汲み出すよりも、上から流し落とす方が物理的に省エネなんではないかしらーん。あ、物理はニガテなんだけどさ。

ホテルに戻っても、まだ8時ごろ。寝るには早過ぎるから、宿泊客は自由に使えるらしいサウナに入っちゃお!

でも普段は電源を入れてないらしく、レセプションの人に「サウナ使いたいんですけど~」と言うと、スイッチ入れてくれます。「10分ほどで熱くなるからね」って。

a0123372_11471541.jpg

「せっかくだから、その間マシーンで運動するわ!たっぷり食べて飲んだから、カロリー消費しなくっちゃ」というY子嬢。私は隅にあったカウチで、食休み~♪

a0123372_1153237.jpg

わーい、サウナサウナ!ちゃんと本格的なサウナです。じわーっと熱くなるまで入って、冷水槽がないので冷シャワー浴びて、またサウナに入って・・・・を3回くらい繰り返し。汗や老廃物と一緒に、疲れも取れた気がします!気持ちいいねーサウナ

でも、ジムもサウナも私たち以外は誰もいなかった。貸しきり状態ですっごいラグジュアリーなんだけど、じゃあ他の宿泊客は今どこに・・・??

a0123372_11572793.jpg

その週末は、グラン・プラスで大々的なビール祭りをやってたから、きっと皆そこに行ったんじゃないかなぁ~。笑

a0123372_11593874.jpg

大繁盛してましたー。どんだけ好きなのよ、ビール!?賑やかなお喋りと笑い声がグラン・プラスを満たしていて、見てる私たちも楽しくなっちゃう光景でした。068.gif

翌日はホテルをチェックアウトしてから、午前11時半まで引き続きブリュッセル・カードで美術館巡り。その後ランチしてから、列車でワロン地方のデュルブイに向かいますー!!!


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-26 12:10 | ブリュッセル2012 | Comments(2)

ブリュッセル(8)「タンタン」を訪ねて

ブリュッセル周遊カードで入れる施設には、「ベルギー漫画センター」も含まれていました。何たって少年記者タンタンの生まれ故郷ですしねー、他にも青い小人スマーフなどベルギー漫画って伝統あるみたい。

私もジャパニーズMANGAで育った生粋の漫画好き。幼少時の「鉄腕アトム」や「リボンの騎士」、「ジャングル大帝」など手塚アニメから始まって、小学校では「りぼん」「マーガレット」の少女漫画、中高と進んでも漫画を読まない日は一日もなかったと思う・・・。

そんな漫画大好き日本人を代表する(?)勢いで、入ってみよう!いざ、ベルギー漫画の世界に突撃~。

a0123372_8482365.jpg

入口への階段脇に、のっけから「タンタン」の赤いロケット

a0123372_8505056.jpg

宇宙服に身を包んだ、タンタンやスノゥイーがお出迎えしてくれましたー。単純なんで、もうこの時点で気分が盛り上がっちゃいます♪

a0123372_8533411.jpg

この「ベルギー漫画センター」、建物からして素敵なんです。何たってコレも、ベルギーのアール・ヌーヴォー建築で有名なヴィクトール・オルタのデザイン。1906年に、服地卸商のために建てたんだって。

a0123372_8575246.jpg
a0123372_8581758.jpg

古今のベルギー漫画が中心だけど、世界中から集めた漫画コレクションも有名なんだそうです。図書室では、そんな漫画を好きなだけ読むことも出来るみたい。

、、、、おおー!あそこに居るのは、、、、

a0123372_911696.jpg

「ドラゴン・ボール」の悟空~!!!

かと思えば、また別の一角にも、

a0123372_925611.jpg

ジブリの、「紅の豚」~~~っっ!

んまー、感激ぃ。日本の漫画が人気なのを実感できて、自分のお手柄じゃないのに嬉しくなっちゃうもんですねー。それにイギリスよりもヨーロッパ大陸側のほうが、日本のアニメの人気が高いと思う・・・今回のベルギー滞在中には、「アルプスの少女ハイジ」放映してたの見ちゃったし!^^

a0123372_9162826.jpg

とはいえ、ここの主役は何てったってエルジェ作の「タンタン」ですー♪ 若い頃のエルジェさんを見て、Y子ちゃんがいみじくも名言を吐きました。「あれ~、タンタンて自分じゃん!雰囲気そっくりだよねぇ」・・・あはは、ホントだー。笑

a0123372_9203163.jpg

子供の頃から熱狂的な「タンタン」ファンだったX君が言ってたけど、エルジェさんは徹底的な現場取材をして描きこんだそうで、風景など実際に自分で見たり写真を撮ったものを参考に緻密な描写をしていたのが、子供心にも凄くエキサイティングだったって。

a0123372_9311290.jpg

現地での取材をモットーとしていたエルジェさん・・・タンタンが少年記者だという設定と被るから、Y子ちゃんの何気ない言葉は図らずも核心をついてます☆

a0123372_931566.jpg

「タンタン」を連載していた雑誌・・・1946年9月26日号!

そういえばアフリカが背景だった一話では、骨のアクセサリーに腰みの姿で思いっきり「人食い人種の土人」みたいなのを描いていて、読んでて「どひゃあ~~」と驚いたけど、、、当時の西洋人にとってはそれが常識だったんだろなぁ。日本だって昔は「ちびくろサンボ」が出版されてたんだし、時代の変遷ですねー。

a0123372_9423850.jpg

作品年表を見て、そんな点も深ーく納得しちゃいました。

a0123372_944481.jpg

アンティークな指人形、可愛い~~♪ 欲しい!

a0123372_9455119.jpg

やっぱし賢い忠犬スノゥイーが一番好き。もしタンタンだけだったら、ここまで人気にならなかったと思うなぁ。

a0123372_949429.jpg

この「ベルギー漫画センター」、お土産ショップも充実してて垂涎ものでした。特に来年のカレンダーは卓上や壁掛け用などサイズも豊富だったし、手帳もあったし、すっごく惹かれた・・・。

でも翌日はデュルブイに移動するしねー、既に沢山お菓子(チョコ&クッキー)を買い込んじゃったし、もうあんまり荷物を増やしたくない!

でも、、、何かこの博物館で、記念になる物を一個は欲しい~!!!!で、悩みに悩んだ末に、私が遂に買ったのは。

a0123372_9525518.jpg

特大サイズのエコバッグ~~★☆★

実はたーくさん買い込んだお菓子、キャリーケースには収まらないくらい多くて、無理矢理ケースに押し込んだら潰れちゃうかなぁ~と危惧していたんです。このタンタン&スノゥイーの特大エコバッグで、その悩みも解消!

3ユーロだったかなー。それとも3.5ユーロだったかも?とにかく実用的で後々まで使えてかなり満足できる、自分用のお土産になりました!^^


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-24 10:09 | ブリュッセル2012 | Comments(2)

ブリュッセル(7)老舗「ダンドワ」でワッフルを♪

市民博物館の中にコスプレ衣裳部屋まで持っていた、ブリュッセルの小さな有名人マネキン・ピス(小便小僧)。実物の像は確かに身長30センチほどで、ちょっと見は可愛らしいジュリアン坊やだけど・・・・。

a0123372_7462224.jpg

実物をシゲシゲと見ると、「何だかオジサンみたいな顔つきだなぁ~」と思ったし、心なしかお腹の腹筋が割れているのも幼児にしては不自然★

遠目には可愛いのに、よく見ると「・・・・・」な彼。そのブサカワ度がよーーっく分るのが、このポスターでした!

a0123372_7495298.jpg

顔が、、、誰かに似てる。誰だろう??しばらく考えてみたら、

そうだ、この顔は渥美清だわー。。。

という事に気付いてしまいました。ますます小便小僧はオジサン説を確信する私。考えてみたら城壁を爆破しようとしたバクダンの導火線におしっこかけて消火したっていう伝説のジュリアンも、そんな知恵があるのは幼児じゃない証拠だよねー。笑

とにかく、24時間有効のブリュッセル観光カード。この市民博物館を皮切りに、翌日の午前11時半まで思いっきり使うぞ~。トラムに乗っても今日は無賃乗車にならないよ! 

グラン・プラスには「ビール博物館」もあるらしいんで、そこも入ってみようかな?

a0123372_7572082.jpg

と思ったら、、、何やら妙な雰囲気です。@@

a0123372_831570.jpg

あらら、入口の立て看板に「プレス・オンリー」だって。この日は何かのイベントかセレモニー会場として貸しきられてて、関係者や招待客以外は入れないみたい。

ビール博物館には入れなかったけど、中世の衛兵っぽい衣装の人たちを見れたから、まあいっか。長~~い銃剣(本物かどうか不明)を杖みたいに立てて持ってたけど、怖さの微塵もない番人隊でした!

さて、そろそろグラン・プラスを離れて・・・次は何処に行こうか?

a0123372_830691.jpg

広場から通りに出る途中には、こんな聖人の像もありました。その昔ブリュッセルを守るために殉死した英雄で、彼の腕をナデナデさすると幸運が訪れるって言われてます。もちろん私たちも、思いっきり撫でまくってみましたー♪

それに、この聖人の足元には・・・・。

a0123372_8303266.jpg

わんこが!わんこが、お側にいるんです!!町を救うために斃れたご主人に、寄り添って・・・悲しみにくれたような、何とも言えない表情で・・・・。

a0123372_8275953.jpg

そんな忠犬の姿に感動するのは私だけじゃないようで、この子の鼻も聖人の腕と同じくらい塗装がハゲてたわん。

次に入りたい博物館へ向かう途中には、「ギャルリー・サン・テュベール」もありました~。

a0123372_8442062.jpg

ここは1840年代に建てられた、ヨーロッパで最初のショッピング・モール☆ 約170年も昔に、こんなおっ洒落~なショッピング・モールがあったなんて!

当時はどんなお店が並んでいたのかなぁ・・・。今は宝飾店にブティックにお土産屋さん、それと老舗っぽいチョコレート屋さんがずらーり。「ノイハウス」の本店もここ。

a0123372_8533543.jpg

おおー、「コルネ」!!!!前夜にスーパーの「カルフール」で買い込んだチョコ詰め合わせ、一応は有名ブランドのだったと知ってちょっと安心しました。^^

ショッピングには心惹かれる私達だけど、今日はブリュッセル・カードをフル活用する日!朝っぱらから買い物の荷物は持ちたくないしね。。。

じゃあ、次のミュージアムへ行こう!あ、ちょっと待って。その前に、そろそろお茶の時間で休憩したいわ~。お目当てのティールームも、既にガイドブックでチェック済み♪

a0123372_902087.jpg

はい、それがこの「ダンドワ」です。1829年創業のお菓子屋さんで、ティールームもあるらしいの。そこでベルギー到着以来、お初ワッフルを食べようって魂胆よ!!

a0123372_9414745.jpg

店内は、割と簡素なインテリアだけど・・・壁の所々に掛かってる表札みたいな板っ切れは、

a0123372_944096.jpg

ベルギーの伝統菓子スペキュラースという固焼きクッキーの、押し型でした。すっごい大きなクッキーも焼いてたのね~。日本でも人の顔くらい大きい煎餅とかあるけど、あのノリなんでしょーか?!

a0123372_947415.jpg

そして、待望のベルギー・ワッフルを注文!老舗のお菓子屋さんの本場ワッフル、期待が高まります。

まずはY子ちゃんの、ブリュッセル風ワッフル。シンプルに粉砂糖だけのを選んで、素材の味をほっこり楽しんでおりましたー。

a0123372_9512563.jpg

私のはリエージュ風と言うみたいで、ふっくら柔らか~いタイプ。たっぷりのチェリーとアイスクリームが添えられてて、ボリュームも満点!

a0123372_10194328.jpg

懐かしいような甘~い匂いのワッフル・・・でも甘さは強烈じゃなく、チェリーもさっぱり煮てあって味のバランス良し!まあヴァニラアイスは普通に甘かったけど。

a0123372_9594267.jpg

ダージリンの紅茶も、なかなか美味しかったです♪

滞在中に一度は食べなきゃ!と心に誓ったベルギー・ワッフルも無事に制覇。これで英気もカロリーも十分摂ったから、、、「ダンドワ」のティールームを出て、次なる目的地へGO!

私たちが、次に行った場所は・・・?

a0123372_1013366.jpg

じゃじゃーん、これがヒントです!もう分っちゃった人も多いかな?日本人にも人気あるもんねぇ~♪ それでは、この続きをお楽しみに~~


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-21 10:23 | ブリュッセル2012 | Comments(6)

ブリュッセル(6)花市とコスプレ部屋

24時間内で観光しまくり!!を目論んで、ブリュッセル・カードを買いました。24時間のは24ユーロ、48時間は34ユーロ、72時間は40ユーロ。

このカード提示で市内の公共交通機関はフリーパスだし、30以上の観光施設に入れるんですよー。各種ミュージアムだけじゃなく、プラネタリウムや水族館もリストの中に入ってる・・・うふふ、面白くなりそうです♪

そのカードを買った観光インフォ・センターは、大広場グラン・プラスにある市庁舎。そこを出たら、

a0123372_1548461.jpg

フラワー・マーケットがありました。平日だったけど、午前中は花市をやってるみたいです。

a0123372_15503480.jpg

色とりどりの、綺麗なお花だけじゃなく・・・

a0123372_15533975.jpg
a0123372_155407.jpg

カボチャや赤唐辛子も売ってましたー☆ そして、実物を間近で見たのは初めて!食虫花。↓↓↓

a0123372_15551176.jpg

「これ、飛んできた虫を食べるんだよね」
「そうだよ、きっと!」
「ハエ、飛んで来ないかなぁ~。パクっとやるんでしょ」

じ~~っと見つめる私達でしたが、あいにくハエは飛んで来ませんでした。笑

a0123372_15571741.jpg

グラン・プラスにもミュージアムがあるので、早速入ってみましたー。まず、市民博物館。タペストリーや絵画などの伝統工芸品や美術品などを通して、ブリュッセル史の一端を知ることができます。

a0123372_161992.jpg
a0123372_1614260.jpg

特に陶器、それも日常で使っていた食器などは興味深かったですねぇ。。。

a0123372_1632266.jpg

さ~すがグルメの国!魚には魚の形の、キャベツにはキャベツ型の入れ物で調理やプレゼンしてたみたい。@@ もちろん鴨とかアスパラガス型のもありました!

でも、この市民博物館で一番の見ものは・・・・

a0123372_1664737.jpg

マネキン・ピス(小便小僧)の衣装部屋!!!!

a0123372_1673926.jpg

各国から寄贈された衣装が、国別に並んでます。上の写真、左側はスペイン。闘牛士のスーツ姿はともかく、その上のカラフルなボールは??斬新な現代アーティストによるデザインかしらん。

a0123372_16111978.jpg

エルヴィスがいるかと思えば、

a0123372_16121618.jpg

カーニバル衣装に身を包んで、ご丁寧に仮面までつけてるのも。^^ 日本からも、サムライの衣装とか数種ありましたよー。中でも、コレは可愛かった・・・。

a0123372_16135556.jpg

日本一の、桃太郎~~~♪♪

a0123372_16155363.jpg

グラン・プラスに出店している、ハード・ロック・カフェからも寄贈されてました。民間企業や個人ファンからも受け付けちゃうんですねぇ。そしてその数ある中で、厳選された衣装が展示されているんだと思います。

という事は、日本の他企業もコレで宣伝効果を狙えるんじゃないかしら?斬新でアッと驚くような衣装を作って、ブリュッセル市に寄贈してみては如何でしょうか?!^^

それにしても小便小僧、やっぱり小さな親善大使だわー。彼のコアなコスプレ部屋を訪れて、改めてちょっと見直しました。

では市民博物館を出て、次のミュージアムへ。ビール博物館もこのグラン・プラスの一角にあるそうだから、見てみようかな?それに、そろそろお茶もしたい・・・。何より、一度は本場のワッフルも食べなくちゃ!

a0123372_16232190.jpg

じゃじゃん☆ 待望のベルギー・ワッフル!このワッフルを食べたお店については、、、また次回ご紹介いたしますー♪


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-15 16:27 | ブリュッセル2012 | Comments(0)

ブリュッセル(5)オーガニック・カフェで朝食を

ブリュッセル初日は午前11時に到着しただけあって、ランチも午後の観光も余裕~♪ 夕飯は早めの7時半ごろに食べたから、後はホテルへ戻ってシャワー&快眠するだけです。何せ朝は、6時に家を出たもんね、、、。

時差は1時間ベルギーの方が進んでいるだけ。西欧諸国内ならどの国も1時間か2時間しか違わないから、とてもラクです。そう考えると、同じ国の中で時差がある国(ロシアとかUSAとかetc.)って大変そうだなー。

a0123372_9545316.jpg

グラン・プラスにあったレストランから、ホテルへの帰り道。木曜の夜だったけど、まだまだ沢山の人達が晩夏の宵を楽しんでいました。

「明日から本格的に終日観光だから、今日は早く寝なくちゃね!」と意気投合してた私らも、そんな彼らを見たせいか道草ばっかり!ホテル、すぐそこだし・・・ついでにお店も冷やかしちゃおう~。

a0123372_103094.jpg

プレゼンも商品も一番そそられるのは、チョコレート屋さん。ノイハウス、高いから窓越しに見るだけ。まるでドラマや映画の一こま「トランペットの欲しい黒人少年」状態ですか?笑

a0123372_10104228.jpg

ごぢば。ロンドンもそうだけど、もう~何処でも買えるようになっちゃうと購買欲が湧かないもんですねぇ★

a0123372_10145581.jpg

逆に、聞いた事ないお店の方が現地っぽくてお土産には良い感じ。と言っても私とY子ちゃんは熱狂的な甘党じゃないから知らないだけで、実は人気のあるブランドだったりしてね。。。

a0123372_1018552.jpg

ベルギーの代表的シュールレアリズム画家、マグリットの絵がイケてる缶。パケ買いするなら、こんなのも良いかな・・・。でも私があげるのって、①会社の同僚 ②お留守番のAちゃん ③X君。みんな中身(特に量!)重視だから美装缶は不要だわ~。

(・・・で結局、上記三者にはスーパーのカルフールで「コルネ」のチョコ詰め合わせBOX&「デストルーパー」のクッキーを山ほど買って事なきを得ました☆)

a0123372_10352654.jpg

そういえば、ホテルでシャワーした後に何か一杯飲みたいよね!という事で数あるビールの中から1人1本ずつ物色して、Y子ちゃんはブルーベリーのビール。私は、、、

a0123372_104094.jpg

犬ビール!!!!爆 

パトラッシュみたいな、セントバーナードの味がするんでしょうか?ブロンドと書いてあって、確かに黄金色の液体で見た目はあっさり系。でもアルコール8度だって。@@ スイスの救助犬が首から下げてる、ミニ樽に入った「気付け薬」みたいなもん?

まずは、お先にシャワーを浴びさせてもらって・・・Y子ちゃんが次にシャワーしてる間に、飲んでみました。おいしい・・・けど、濃ゆーい味わい。半分ほど飲んだら、も~ほろ酔い。

a0123372_1048211.jpg

じゃあ、鏡の自分に向かって乾杯!シャワー後のノーメークなもんだから、この暗さが有難いやねー。^^

もちろんこの後は、快適に迅速に寝ちゃいました。私だけじゃなくY子ちゃんも普段より長く、たっぷり9~10時間は寝たんじゃないかなぁ。やっぱ、さすがに二人とも疲れてたし!

朝は、8時頃にやっとお目覚め~。さて、朝食は・・・?

この5つ星ホテルは一人一泊34.50ユーロと格安でブッキングできたものの、ビュッフェ形式の朝食が30ユーロと聞いて、キッパリ断った私たち。でもY子ちゃんが散歩中に見つけたオーガニック・カフェが良さそうだと言うので、そこに行ってみました。

a0123372_1133511.jpg

何て読むのか分らないけど、Exkiっていうお店。チェーン展開してるようで、ここ以外でもブリュッセル市内で他店舗を見かけた・・・。この店舗は、2階席が明るくて気持ち良かったです♪

a0123372_1171399.jpg

クロワッサンに、ハムとチーズを選んで。電子レンジが置いてあるので、クロワッサンを割ってハム&チーズを挟んだものを温めて・・・いただきまーっす!

あとミニ・カスタード・パイと、カフェ・ラテも。合計5ユーロちょっとで、とても満足な朝食です。すごく気に入ったから、実は翌日もここで朝ご飯しちゃいましたー♪ ジュースやフルーツ、サラダも充実していてお勧め!

a0123372_1113124.jpg

常連らしいご夫婦が連れてた、たれパンダみたいなわんこ。新聞を読んでたお父さんも、すごく優しい笑顔です。漫画「タンタン」の登場人物みたいな雰囲気がナイスなお父さんでしょ。^^

朝ご飯のあとはホテルに一旦戻ってから、身支度して再出発!まず最初に、グラン・プラスにある観光インフォセンターで、

a0123372_11155996.jpg

ブリュッセル・カードをGET!

24時間、48時間、72時間と選べるようだけど、その翌日午後にはワロン地方のデュルブイへ旅立つから、24時間のを買いました。地下鉄やトラム、それに指定のミュージアムやアトラクションのフリー・パスになるんです

ローマ・パスなんかは1日単位だったけど、これは正真正銘で時間単位。だから例えば午前11時に使い始めたら、翌日の午前11時まで使えるんです。さすがEU諸国の商売に口を出すEU本部のお膝元、正直商売を旨としているご様子!!!

そんな便利なカードをフル活用して、これから24時間びっちり観光しまくるつもり。カードと一緒にもらった地図と施設リストを参照しながら、、、アレも行きたい、コレも見たい!と打ち合わせ。

a0123372_11305562.jpg

では気合いを入れて、ブリュッセル終日観光へ・・・行ってみましょうー!!!


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-14 11:43 | ブリュッセル2012 | Comments(0)

ブリュッセル(4)サクランボや木苺のビール

主に17世紀~18世紀に建てられた壮麗な建物がぐるっと囲んでいる大広場、グラン・プラス・・・金ぴかバロック様式のコレは、「ブラパン公爵の館」って名前も貫禄たっぷりです☆

a0123372_1564188.jpg

私達がいた先々週末は広場中央にテントが並んでてビール祭りも開催中だったせいか、人出もハンパじゃなかったです。ベルギー人のビールに対する愛情って、イギリス以上かも?と思いました。

a0123372_1592758.jpg

観光の中心地だから、昼間はお巡りさんも常駐。ベルギーのパトカーは、この縞々模様が目印です!

a0123372_15123251.jpg

どの建物も見た目カッコイイだけじゃなく、博物館や観光インフォセンターや店舗などに使われてて、現役バリバリなんですよー☆

a0123372_15143426.jpg

そんな中、私とY子ちゃんは「何処でご飯にしようか?」ってうろうろ。。。「このお店、前に入ったとき結構よかったよ~」ってY子ちゃん。どれどれ、中を覗いてみよう!

a0123372_15162051.jpg

うふふ、悪くないじゃん?ここにしようか!と思ったら、、、彼女お勧めの2階席が、その日はクローズしてました。「ここは2階席からの眺めが良いのにな~~」と言うので、取り合えずココはやめとこ。

a0123372_15184339.jpg

それより、人形の宙吊りが気になる私でした。他のお店でも、こんな風に人形が宙吊りになってる店が幾つもあったし、、、、実は昼間に入ったノートルダム・デュ・サプロン教会でも十字架に掛けられたジーザズが天井から宙吊りだったんです。ベルギー人、そーゆーのがご趣味なんでしょか。

a0123372_15221354.jpg

とにかく、また別のお店を物色。7時をとうに過ぎてたけどまだまだ陽が明るいから、焦る事はないやね~~。

a0123372_15232782.jpg

で、次にトライしたのが・・・「ラ・ローズ・ブロンシュ」。ガイドブックにも本格的ベルギー料理と各種ビールがGOOD!て書いてあるし、ここも良さそう♪

a0123372_15262312.jpg

ウェイターさんが親切で、とても感じの良いお店です。

ベルギーでは基本的に、メニューはフランス語。オランダ語が併記されてる場合も多い・・・けど、どっちも読めない私達。>< でも外国人客の多いブリュッセルでは英語メニューを別に用意してるお店もあるし、ウェイターさんが英語で説明したりしてくれます。

そして、この「ラ・ローズ・ブランシュ」では・・・。

a0123372_1535196.jpg

じゃじゃーん!日本語メニューがあって楽々です。^^

a0123372_15364733.jpg

チキンのワーテルゾーイを頼んでみました。優しいお味のクリーム・シチューってかんじ。「何これ、初めての味覚だわー!!」という驚きはないものの、まったり美味。骨付きチキンも、とろとろ~に柔らかく煮込まれてました。

a0123372_15392143.jpg

木苺のビールで、乾杯~~♪ ほんのり甘くて、飲みやすーいビール。美味しいわぁ。。。他にもサクランボやブルーベリーなど、色んなフルーツ・ビールが揃ってます。全部飲んでみたくなって困る!笑

a0123372_15412664.jpg

窓際のテーブルに座ってたから、広場の様子がよく見えました。

朝8時にロンドンを出てから、これで約12時間経ってます。この日は第一日目だから、無理せずホテルで早寝しましょう!帰り道にチョコやビールのお店を物色しつつ、途中のスーパーで水など少し買い物して、ホテルへ戻る事にしました。

翌日は24時間有効のブリュッセル周遊カードを買って、張り切って観光三昧です。体力とガッツで勝負。おーっし、がんばりまっす!!!


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-11 15:46 | ブリュッセル2012 | Comments(3)

ブリュッセル(3)小便小僧はオッサン顔

ヴィクトル・オルタの家を出て、お茶した後は・・・私達のホテルも近い、ブリュッセルの中心広場グラン・プラスへ戻る事にしました。まだ到着初日なんで、後はゆっくり過ごすつもり。翌日からは本腰入れて観光しまくる予定だから、夕食やシャワーを済ませて早めに就寝したいもんね!

でもトラムを降りた所に華麗な教会があったので、ちょこっと寄り道。

a0123372_2330098.jpg

ノートルダム・デュ・サプロン教会という由緒ある教会で、今あるこの建物は1436年にゴシック様式で建て直されたんだって。築およそ600年!

a0123372_2326249.jpg

正面入口上の彫刻も、とても素敵でしたが・・・私のお気に入りは、

a0123372_23353143.jpg

こちら、左から2番目の女性!人差し指を頬にあてて、「今晩のおかず、何にしようかしらぁ~?」みたいな思案顔が、とても気に入ってます。^^

a0123372_23375578.jpg

中に入ってみましょう~。イギリス以外の欧州各国って、美術館も博物館も有料なところが圧倒的!だけど教会は無料だもんね。宗教心からじゃなくっても、美術鑑賞の為にじゃんじゃん入るに限ります☆

a0123372_23423777.jpg

ステンドグラスの美しさで有名な教会だそうで、確かに綺麗~♪ 特に目の覚めるようなブルーが多く使われているのが、印象的でした。

a0123372_23455389.jpg

あと、ここの聖母マリア様とベイビー・ジーザズが・・・・

a0123372_23461338.jpg

褐色の肌で、何となく東洋っぽい顔つき。マリア様はお若い頃の大屋政子を彷彿とさせるし、赤ちゃんジーザズも超オリエンタルなお顔立ちです。

ベツレヘム生まれって事は今のパレスチナだし、中近東ですもんねぇ。お顔はこの像よりももーちょい濃ゆかったと思うけど、多分ジーザズもお母さんもこんな褐色の肌だったんだろうなぁ。

a0123372_2354244.jpg

信仰の篤い人は、5ユーロ払ってこのキャンドルに点灯してます。でもお安いバージョンの、白くて小さなキャンドル1ユーロってのもありました。皆を平等に愛しているジーザズだから、ご利益もきっと同じでしょう。多分。

a0123372_2358510.jpg

ノートルダム・デュ・サプロン教会を出てから、繁華街へ。グラン・プラスで夕飯する前に、やっぱり一度は見ておきたい「小便小僧」を目指します!!!

「あんまり期待しないようにね。期待して見ると、ガッカリする人が多いから・・・」ってY子ちゃんに念を押されまくり。例えガッカリしてもY子ちゃんのせいじゃないんで、心配しないで!ここまで来たからには、拝見せねば★

グラン・プラスから広がる通りは何処も、観光客がたーっくさん。だからお土産ショップが充実してます。

a0123372_091064.jpg

一番多いのは、チョコレート屋さんかな。これみたいに、チョコが泉のように湧き出るディスプレイもちらほら見かけました。

a0123372_0124280.jpg

タンタンと並んで、ベルギー漫画の人気キャラ「スマーフ」。

a0123372_0141960.jpg

ベルギーは伝統的にレースも名産なので、レース屋さんもあちこちに・・・。

a0123372_015184.jpg

あと伝統手芸といえば、タペストリー。そんな大物をお土産に買うのはちょっと、、、という人向けに、クッションカバーやバッグも種類豊富に並んでました。そんなお店の一つで見た、ついでに売ってた犬将軍が私のツボでしたが。。。笑

a0123372_0185968.jpg

ワッフル屋さんも、そこら中にあります!どこも甘~い良い匂いを漂わせて、小腹の空いた観光客に「おいで、おいで~」と誘き寄せておりました。ううー、食べたい!でももうすぐ夕飯なので、ぐっと堪える私たち。涙

そんなお土産屋さんやお菓子屋さんの洪水を突破して、、、遂に!とうとう遂に、世界的に有名な「小便小僧」のある一角へ辿り着きましたーー。

a0123372_0214133.jpg

おおお~、まさしく噂のアレです!!!!確かに小さくて、観光客がワラワラと寄り集まってなければ、うっかり見過ごしてしまいそう。

体長、たったの30センチ。なのに永遠にオシッコし続ける小さな像。小さすぎて顔がよく見えないから、ZOOMしてみよう。

a0123372_0255755.jpg

身体は確かに幼児体型なんだけど、、、顔が、、、。どことなくオジサンみたい。

30センチって事は、新生児くらいの身長ですよねー。なのにシッカリ立って、お母さんの助けを借りずに堂々とオシッコ。一体このモデルだった少年は、何歳だったのかしらん??

この像の由来には諸説あるんだけど、面白いのは、

「侵略者が城壁を爆破しようとした時、導火線にオシッコをかけて消火して町を救ったジュリアンという少年がいたという伝説があり・・・」

というもの。だから今でも、この像は「ジュリアン坊や」という愛称でも呼ばれてるんだって!

a0123372_0342273.jpg

町を救ったご褒美に、ワッフルをぱくつくジュリアン坊や。^^

a0123372_0353842.jpg

グラン・プラスに戻ったら、7時を回る頃。そろそろ、今夜の夕飯をどこで食べるか決めなくちゃ・・・!

a0123372_0365362.jpg

天気が良くて暖かい日だったから、店内よりもテラス席のほうが人気みたい。どのお店からも、美味しそう~な匂いが・・・。それに、忘れちゃいけないベルギー・ビール☆

さーて、何処のお店でご飯食べようかなぁ・・・?!


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-09 00:47 | ブリュッセル2012 | Comments(4)

ブリュッセル(2)格安GET!5つ星ホテル

ブリュッセル到着早々、楽器博物館でぐるぐるグルメなランチを平らげたY子ちゃんと私・・・・。食後のお散歩みたいにの~~んびりとモン・デ・サールの公園を抜けて、宿泊するホテルへ向かいました。

a0123372_964487.jpg

天気予報では雨のマークも出てたけど、全然オッケーなお天気じゃん?ていう、爽やか~な午後1時。まあ、結局そのあと夕方はにわか雨もあったけど、、、ロンドンの不順な天候に慣れている私たちにとっちゃ、屁のカッパよーん☆

a0123372_9131357.jpg

やがて、ロイヤル・ウィンザー・ホテルに到着!グラン・プラスっていう、世界遺産になってる大広場のすぐ近くで観光至便なロケーションがええね。

a0123372_9191511.jpg

レセプションなど、公共スペースが麗しいホテルざんした。貧乏旅行ばっかの我々には不釣合いな、ファイヴ・スターざ~んす★★★★★

だってここ、Booking.comの限定セールで、激安だったんですもの!ツインルームに2人で泊まって、一晩一人あたり35ユーロぽっきりよ!!!!やっすー。@@

何でこんなに安くなるんだろ?って考えたらば、きっと広告代わりじゃないかって思います。正規料金より破格で時々こーゆーサイトに出せば、すんごい数のヒットがある訳で・・・色んなメディアに広告出すよりも、低コストで宣伝できますもんねぇ。

でも、朝食ビュッフェは別料金で一食30ユーロだって。

「何それ~?!レストランのランチやディナーより高いじゃん!いくらビュッフェだからって、朝っぱらからそんなに食べれないよねー」という事で、ホテルの朝食はパスして近所のカフェに行ってました。つまり素泊まり。笑

a0123372_937543.jpg

お部屋もバスルームも、まあまあ上品。でも広くはなかったな・・・。

Y子ちゃんは、「5つ星のくせにバスローブもスリッパもない。正規料金だったら絶対ここはNGね」って。でも無料でスポーツジム&サウナを使えたから、減点分を挽回したかも?^^

ではまず、荷物を解いてクローゼットに服を掛けて、一息ついたら午後は観光!いちばん最初に向かったのは、こちらも「世界遺産」マークが付いてたヴィクトル・オルタの家。

ベルギーに数多く残るアール・ヌーヴォー建築の代表者オルタが自分のために作った家が、今はミュージアムとして公開されてるんだって☆ そうと知ったら、中を拝見したくなっちゃいますよね?!

a0123372_10113465.jpg

でも歩いて行ける距離じゃなさそうだったから、トラム(路面電車)に乗って行こう!

しかし乗車券の買い方が分らず券売機の前で頭上にいっぱい「???」マークを浮かべてるうちに、トラムが来ちゃった。えーい、とりあえず乗っちゃえ!もし怒られたら、「外人旅行者なんで知りませんでしたー。ご・め・ん♪」で許してもらいましょ。

そして結果は・・・誰も何も言わないので、往復とも無賃乗車でバックレました。笑

a0123372_10444617.jpg

はい、ここがオルタの家だす。外観は割と地味め。でも中はさすがに、目くるめくアール・ヌーヴォーの世界で、、、しかし撮影禁止なんで、オルタさんの自宅インテリアは公式HPでどうぞ~。

a0123372_1023340.jpg

オルタ・ハウス、来てみて良かったーー。満足しました!じゃあ、次はグラン・プラスを散策しようかな?でもそろそろ、お茶したいよね。。。

a0123372_10261221.jpg

またトラムに乗ってグラン・プラス周辺に戻る前に、通りかかったカフェへ。

a0123372_1027315.jpg

ちょっと疲れてきたから、甘もんでパワー補給もしちゃいます。タルトレット・オー・タタンをY子ちゃんと半分こ。

私ら二人とも特別に甘党じゃないから、美味しかったけど半分でちょうど良い感じ・・・。だって夕飯バッチリ食べたいもんね!おやつで満腹になるのはご法度です★

この後は、ブリュッセルの必須科目グラン・プラスへ行きますよ~~。ブリュッセルは何と5回目のY子ちゃんと違って、何もかも初めて見る私。もう~何を見ても面白い!

特に、アレ。見た人が口を揃えて「大した事ない」って言うアレも、一度は見とかないと!それは何かと言いますと、、、。

a0123372_1032645.jpg

このチョコレート屋さんに並んでる、カラフルなものの本物ヴァージョン。どれくらい大した事ないのか、この目でシカと見届けたいのです!!!!爆


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2012-09-06 10:40 | ブリュッセル2012 | Comments(2)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line