カテゴリ:ケンジントン宮殿とその周辺( 2 )


ケンジントン宮殿:パレスでコスプレ編


ケンジントン宮殿ではオランジェリー(昔は温室だった別館・今はレストラン)に行った事はあるけれど、パレスそのものに入るのは初めて。

すっごーく昔にウィンザー城へ、そして何年か前にバッキンガム宮殿へ、それぞれ一度ずつ入った事はあるので・・・これで現在も王室メンバーが住んでる居城、3つ目になるのかな?

今ここをロンドンでの公式住居やオフィスにしているのは、ウィリアム王子&キャサリン妃と子供たち、ハリー王子、グロスター侯爵夫妻、ケント侯爵夫妻など。

結構な大所帯?!という感じだけど、それぞれロンドン郊外にも居城があるので全然オッケーなんだと思います。
(・∀・)


a0123372_23500807.jpg

一般入場者は、こちらから入りまーす。


a0123372_23555059.jpg

現在は故ダイアナ元妃の軌跡を、そのファッションとともに辿る展示なども好評を博していうようです。

私が行った時は午後だったせいか、この特別展へは長ーい行列があって「大体40分待ち」と職員さんが言ってました。だから今回は、あっさりパス!秋まで開催中らしいから、またの機会に持ち越しです。


a0123372_23552254.jpg

という訳で、衣装つながり。ケンジントン宮殿に入ると、数か所にこんなドレスを見かけます。でも本物じゃなくって、


a0123372_00021975.jpg

そのドレスの後ろに立って、顔ハメ写真を撮るため!爆 ドレスは偽物でもバックは宮殿内なのだから、なかなか良い記念写真になりますよね♪


a0123372_00072971.jpg

ガラスケースに展示されてる本物のドレス、圧巻!!!超ゴージャスだけど、あんまり着たくないですよね。笑 もちろん盛装用だけだったと思うけど・・・。


a0123372_00054970.jpg

上の画像にも、左下に白い衣装が見えるでしょ?あれは男性用です。^^


a0123372_00141581.jpg

ある一室には、各種の衣装から選んで着れちゃうコーナーもありました。
Σ(・ω・ノ)ノ!


a0123372_00154324.jpg

かなりユニークな肖像写真になりそう。子供用の服も色んなサイズがあったから、ファミリーや友だち同士で来たらオススメです♪


a0123372_00182102.jpg

ジョージ王朝時代(1700~1800年ごろ)の宮廷人になっちゃおう!というこのコーナー、午前11時~午後4時までやってます。

パレスdeコスプレやダイアナ元妃の衣装展など、観光者にアピールする企画に力を入れてるんだなぁ・・・という印象を抱いた、ケンジントン宮殿なのでした。
(*^_^*)



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2017-06-11 00:31 | ケンジントン宮殿とその周辺 | Comments(0)

英国王室、メディアからストレートにいじられますw


先日ヒマな時間があったので、サクッとケンジントン宮殿に行ってみましたー。

もちろん春に購入した、ロイヤル・パレス年間会員カード有効利用の一環。何度でも入れるっつーから買ったんだし、何度でも入らなくっちゃ女がスタルヒン!!!
( ー`дー´)キリッ

ってムキになる必要もないけど~。


a0123372_06364644.jpg

着いた着いた、ハイド・パークの中にあるケンジントン宮殿。あの彫像は、若き日のヴィクトリア女王ですよー。


a0123372_06461204.jpg

若くて美しくてスリム。^^

でも私としては、ヴィクトリア女王のイメージって・・・


a0123372_06393169.jpg

断然こっちー。ウィンザー城の前で「下々の者たちよ、頭が高ーいっっ!」と一喝しているような雰囲気がイメージ的にぴったり。

そのドッシリ貫禄ある姿は、威厳があるのを通り越して怖いくらい、、、うっかり失礼なこと言ったら、不敬罪で首チョンパ?!みたいな気がしちゃう。

その点は、今のイギリス王室と真逆な感じです。


a0123372_06564126.jpg

これ「ザ・スペクテイター」という週刊誌。やや保守よりで主に政治・文化に関する記事が中心です。

もう一か月くらい前の号だから、会社にあったのを捨てられる前にもらっといたんですよ。なんか表紙がツボに来たんで。笑


a0123372_07042805.jpg

まず表紙のイラストだけでも爆笑。右端からウィリアム王子&ケイト妃、アン王女と馬、ハリー王子とミーガン、「あちゃー」と手で顔を覆ってるエリザベス女王、チャールズ皇太子とカミラ皇太子妃、アンドリュー王子&エドワード王子・・・。


a0123372_07151239.jpg

本文中の挿絵にカットされた方は、下のほうにコーギーちゃんも入ってます。あ、それと表紙にもあったけど真ん中には、ミーガンさんの後ろでキョトンと見ている幼いジョージ王子まで!爆

目玉記事のタイトル「メイド・イン・ウィンザー」は、こちらのTV番組「メイド・イン・チェルシー」をもじったもの。

フレディ・グレイという筆者が「いかにしてロイヤル・ファミリーは英国最大のリアリティTV番組となったか」という副題で、かなりストレートに王室を揶揄した記事を書いてました。

記事内容ももちろんの事、こんだけ戯画化したイラストなんてねー。もし同じ事を日本のメディアが皇室に対して書いたり描いたりしたら、きっと出版差し止めでしょ。
^^;

それだけ身近な存在として親しまれてる??とも言えるけど、王室メンバーもやりたい放題なのが日本の皇室と決定的に違う!

最近の例だけでもハリー王子とアメリカ女優ミーガンさんのロマンスとか、ケイト妃がビーチでトップレスになった写真をフランスの雑誌が載せて訴訟になったり・・・そもそも日本の皇室メンバー、芸能人と付き合ったり海岸でトップレスになりませんしねぇ~。

「にんげんだもの」という意味では、英国王室の人々はとっても人間的。でも国民のお金(←過去に遡った分も含めて)で贅を尽くした生活をしてるんだから、やっぱ少しは慎めよ!とツッコミたくなっちゃいます。笑


a0123372_07582854.jpg

というワケで純粋な王室ファンじゃないけど、かな~り純度の高い単なるミーハー・不肖ロンパラ!ケンジントン宮殿に入りまーっす♪

でも最近、なんだかんだ身辺が慌ただしいので・・・(;´・ω・) この続きは、不定期にちょこちょこアップしますね~。


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-06-09 07:47 | ケンジントン宮殿とその周辺 | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line