<   2017年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧


マゴ息子くん、満2か月になりました♪ baby


6月30日に生まれた初マゴ君、今日で生後2か月になりましたよ~~。


a0123372_05334574.jpg

とっても表情が豊かになったし、彼なりの言葉??で色んなお喋りをするようになりました。興に乗ると小一時間でも何やら言い続けてます。

それに時々・・・まあ偶然かもってタイミングなんだけど、笑顔にもなるの!で、「きゃ~~笑ったぁ」ってスマホやカメラを向けると、もう違う表情になってて笑った顔を撮れない。
(;・∀・)

もちろんお腹が空いたり眠かったりしたら泣くんだけど、今のところ全般的にご機嫌の良い赤ん坊です。Aちゃんも「この子は思ったよりラクで助かるの」って。

でも成長につれて「怖い」とか「キライ」などの複雑な感情も生じてくるので、これから先にどんな性格の子になるのかは、まだ分からないですねー!

という彼をベビーカーに乗せて、昨日は親子3代で近所の繁華街へショッピング。片道20分くらいバスに乗ってた間も、静かにしてて・・・。


a0123372_06100389.jpg

何軒かのお店で買い物を済ませた後、ファミレス風で子供連れにも入りやすい「ピザ・エクスプレス」でランチした時も、ほとんど泣いたりグズッたりしないから落ち着いて食べれたし!

まあ何かあっても抱っこしながら片手で食べれるようAちゃんはラザーニャ、私はシーフードのクリームパスタ頼みましたけどね。笑


a0123372_06241934.jpg

ほぼ食べ終わった頃にようやく少し泣き始めたので、用意してたミルクあげたらすぐに落ち着きました。
オッケー☆⌒d(´∀`)ノ

あと1か月したら、Fちゃんも会いに来てくれます。たった2か月でこんなに成長したんだから、その頃には益々目を見張るような変化があるのかも?!

今から楽しみです
(*´▽`*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-08-31 06:35 | 初マゴ君のバババカ話 | Comments(2)

Jアラートと明洞西鉄ソラリアホテル


昨夜は「さて寝ようかな~」と思って寝床に入ってから、、、スマホで起床時刻をセットしがてらネットもチェックしちゃったから、さあ大変!

「今朝はJアラートで起きて驚いた」
「私も。地下に避難しなさいって言われても、うち地下ないし」

などなど出てきて、ええええええーっそれ一体なんの事?!って当然もっと詳しい情報を見ちゃいます。で案の定、変なヘアスタイルの問題児がやってる国の威嚇ミサイル発射。

いくら実質的に被害がなくても、他国を威嚇射撃するだけで正気じゃないし。警戒地域には母ビビちゃんのいる北関東まで入ってるんだから、安らかに入眠できる筈がありません。

他にも色んなニュースやSNSを見まくって、すっかり眠れなくなっちゃいました。

でも一通り見て、取りあえず今回も大惨事には至らず済んだ事に胸をなでおろして、ああー今度こそ寝なくちゃ。と思った頃には、優に2時間以上が経っていました。

すっかり眠気が吹っ飛んだとはいえ、もう午前3時近い~~。寝なくちゃ寝なくちゃ。翌日はAちゃんと約束してるし、午後は芝刈りもする予定だし!

あ、その前にトイレ行っとこう。尿意で目が覚めたらイヤだもんねぇ・・・と起き出したら。

あれ?それに何となく、お腹も空いちゃった。夕飯は9時ごろ食べたとはいえアドレナリンのせいかしら(笑)すっかり空腹なんですけどー★

という事で、その後ゴソゴソと冷蔵庫から出したご飯&納豆なんか食べてるし!!!爆

夜半を過ぎてから食べるのはデブの元、すなわちデブ夜食ですよ。例の問題児、イギリスには威嚇ミサイルじゃなく強力デブ波を送ってきたに違いありません!!!!
( ー`дー´)

そんなこんなで結局、白々と夜が明けそうな4時近くにやっと寝ついて。

でもAちゃんち行く約束は午前11時だったから、今日は寝不足~。もちろんイギリスでも報道されてるからAちゃんともその話をして、我々にとってほぼ唯一のリアルタイム情報源Fちゃんにラインしたら・・・。


a0123372_05404718.jpg


「今日からソウル。お気に入りの明洞西鉄ソラリアホテルにチェックインしました」っていう無事のお便り~~♪


a0123372_05410432.jpg


「日本資本のホテルです。新しいので調度品がキレイ。日本の電源プラグがそのまま使えたり、広くて湯船の深いお風呂がトイレと別になってたり」と、日本人には嬉しいポイントが多いみたい。


a0123372_05405597.jpg


という事でFちゃんご夫妻、二泊三日の遅い夏休みを満喫中でした♡
(#^.^#)



a0123372_05401346.jpg

窓からは明洞聖堂っていうカソリック教会が見えるって・・・ついでに平和祈願もしてるかな?窓越しでもシッカリご利益ありますように~~
(*´ω`)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2017-08-30 06:00 | その他 | Comments(0)

グレイソン・ペリーの壺!Σ(・ω・ノ)ノ


ウィンチェスターでは文化会館みたいな場所「ディスカバリー・センター」で開催していたジェーン・オースティン没後200年の回顧展も訪ねました。


a0123372_05034786.jpg

a0123372_05031737.jpg

彼女の直筆書簡や原稿の一部、それに姉カサンドラが描いたジェーンの姿やそれから想像を膨らませた彼女の肖像画などは、まあ想定内の展示物だったのですが・・・。


a0123372_05065746.jpg
a0123372_05073396.jpg

コレは見れて良かったぁー!!!と感激したのは、ジェーンが実際に着ていたシルクの外套。
↓↓↓


a0123372_05092264.jpg

そして赤丸で囲った小さな小さなポーチは、彼女の手作り品です。

シルクの外套は、とっても小さなサイズで・・・日本規格ならばサイズ7、いやサイズ5かも?という小柄で華奢な体形だったのが分かりました。


a0123372_05132049.jpg

先ほどのポーチもそうだけど、当時の中流階級女性の生活といったら手芸やピアノなど一見優雅?でアクセク働かない、というかそんな下流な事するなんて許されませんでした。

あいにく結婚しなかったジェーンと姉カサンドラにとって、父親または兄弟など男性家族の余禄で暮らすしか選択肢がなかった時代。

そんな彼女が唯一、想像の羽根を伸ばして表現活動を出来たのが小説で・・・その成果である作品が、今も私たちに語り掛けてくるんですね。

それらが数々の映画やTVドラマや舞台、そして翻案された現代文学や漫画にもなっている事は、以前も書いたとおり。


a0123372_05240340.jpg

そしてイギリス現代アートの寵児、グレイソン・ペリーの陶芸作品にもなっているのでした!


a0123372_05273949.jpg

2009年の作品「E17のジェーン・オースティン」。E17というのは郵便番号で、グレイソン・ペリーの居住地だそうです。

・・・と、ここまで書いて「グレイソン・ペリーって誰よ?!」と首を傾げた人もいるかなーと思うので、ザックリ簡略にご紹介を。


a0123372_05315167.jpg

彼はイギリス現代アートの登竜門ターナー賞も授与している、第一線のアーティスト。特に陶芸、タペストリー、絵画などに代表作品があります。

更にズバ抜けて頭が良くて、観念的にも抜きんでてて。


a0123372_05353345.jpg

女性性をカリカチュアした女装でも有名です。女性と男性の性差通念とか社会格差とか、そういったテーマで問題提起する人。


a0123372_05431507.jpg


a0123372_05433932.jpg

そんな彼が全長1メートルくらいの大作「E17のジェーン・オースティン」で描いたジョージ王朝時代の淑女によるティータイム風景には、現代の新聞や雑誌からの記事や写真がコラージュされていました。


a0123372_05462509.jpg
a0123372_05464725.jpg

中流階級の女性として生まれて、その枠の中で過ごすしかなかったジェーンの生涯。

でも小説の中では主人公たちの恋愛感情だけでなく、家族など周囲の人々の見栄や滑稽さも余すところなく描写した彼女は・・・。

この壺を見たら、大いに喜ぶんじゃないかな!?という気がしました。
('ω')ノ



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-08-29 06:09 | ジェーン・オースティンの街を訪ねて | Comments(0)

ヴィクトリア女王の専用車両@てっぱく(鉄道博物館)


今週末は新居エリアも気温が上がってて、日中最高30℃くらいかな?ラジオでは「ミニ・ヒートウェーヴ」とか言ってました。笑

30℃くらいで熱波なんて日本や他の暑くなる国にいる人には、甘い!チャンチャラおかしい~と言われそうだけど、イギリスでは立派に熱波クラスの気温なんですよねぇ。

特に今週末は月曜日が祝日で三連休だから、近所の庭からはバーベキューの匂いが。こんな絶好のチャンス逃したら、もう今年は出来ないかもぉぉ!!!という焦燥感に駆られるんでしょう。

ホントもう~どんだけ日光浴とBBQが好きかって話。
( ´艸`)


a0123372_00501773.jpg

という今週も、金曜日から新居の方に来てますよー。これは、その晩にX君が用意してくれたディナー。カラマキっていう串刺しにしたソーセージみたいなのと、ギリシャ版の焼き飯。


a0123372_00545554.jpg

それにサラダとツァツィキ(ヨーグルト&ハーブのペースト)を添えて、美味しく頂きました♪


a0123372_01015741.jpg

暖かい日のランチは、サラダとパンで済ませる日も多いです。これはフェッタチーズのサラダ。


a0123372_01045883.jpg

あとは家の中でDIYしたり、DVDで映画を観たり・・・。昨晩は、ずーっと楽しみにしてた「ガール・オン・ザ・トレイン」を遂に観たし♡

小説を読んだ友人からは「やっぱ小説で感動しちゃうと少しガッカリするんだよね」と聞いてたけど、私もX君も読んでないので充分に満足できる映画でした。アル中の主人公を演じたエミリー・ブラント、お見事!


a0123372_01110568.jpg

トレインつながりって訳じゃないけど、近所にてっぱく(鉄道博物館)もあるので時々行ってます。

えっ、時々って??と驚かれちゃうかな。笑

実はここの年間会員になると、それに隣接したアウトレット・センターの駐車場が無料になるんです。年間会費£17くらいだから元は取れそう。


a0123372_01153177.jpg

これは、その中のひとつ。ヴィクトリア女王など王室メンバーの専用車両です。


a0123372_01173975.jpg


1897年~1930年に使われていたそうで、当時の車内写真もありました。


a0123372_01210098.jpg

ふかふかソファやカーペットは、もう無いのが残念。でもドアの彫刻やガラス窓に、当時の面影を遺してますよね♪


a0123372_01043820.jpg

昨日の夕方は、こんな綺麗な夕焼けでした。明日も良い天気になるんじゃないかな?
(#^.^#)


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-08-28 01:24 | お散歩てくてく | Comments(0)

楽しかったけど暑かった~!「酒蔵」でランチ


金曜日は女子4人でお喋りランチ!特にMさんには1年以上ぶりかな?って超久々だったので、すごく楽しみにしてたんです。わくわく~♪


a0123372_01524854.jpg

場所はピカデリー・サーカスから歩いて少しのヘドン・ストリートにある「酒蔵」。去年の11月にオープンしたそうだから、ロンドンでは新しめの和食レストランです。


a0123372_01551901.jpg

お店のインテリアとか素敵だし、このメニューの表紙なんか昭和(または大正?)レトロぽくて、すごく可愛い。


a0123372_02021519.jpg

久しぶりに暑いくらいの気温だったけど、お店の人が軒先の幌(シェード)を張り出してくれたので「じゃあ大丈夫かな~」と安心して、屋外のテーブルに着席しました。

が、しかし!!!!

これが大いなる誤算だったのですよ、、、
((+_+))


a0123372_01590042.jpg

軒先シェードの効果で、最初はこれくらい日陰になってたのですが・・・それから食事を注文して皆とお喋りしている間に、どんどん太陽の角度が変わってきて。

4人掛けの席で私のいる場所だけ、めっちゃんこ日当たりが強くなってしまいました!
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

でも他の3人にはシェードがちゃんと日陰を作ってて快適そうだし、、、大体ロンドンで天気が良くて気温が上がるのは喜ぶべきであって、暑いの嫌がるなんてご法度ですもんねぇ。笑


a0123372_02131507.jpg

やがてランチ・メニューのお弁当も運ばれてきましたよ♪ 下のが私ので、上のはMさんの。違いはお刺身⇒アボカド巻き、銀だら⇒牛肉になってる2点です。


a0123372_02180233.jpg

ごま豆腐の酢味噌がけと、天ぷら(海老・エリンギ・さつま芋)が美味しかった記憶は、あるのですが、、、

何しろ食べ始めた頃には更に太陽が移動しちゃって、後頭部と背中に容赦なくガンガン照りつけるもんだから暑くて暑くて~~。何これ修行?!みたいな辛さ。

ドリンクの段階では私もギリギリ日陰の中だったから、そのまま着席してたのが大間違いの元でした。でも食べ始めちゃったら、さすがにテーブル替えて欲しいなんて言えないよね。


a0123372_02241551.jpg

という訳で、味とか以前に「とにかく早く食べ終えて場所を移りたい!」の一念で。
(;´д`)トホホ

そしてお弁当を食べ終わって、ようやく日陰のある方に座り直したら。


a0123372_02332787.jpg

食後のアイスクリームが運ばれてきた頃には、更に太陽の角度が変わって全然モンダイないじゃーん★という快適さになったんですよ!!!爆 もうタイミング悪すぎ~~。

後頭部と背中がジリジリ焼けるような暑さから開放されて味わったので、アイスクリームは美味しかったです。私は酒かすバニラ。チョコ&ワサビと、醤油キャラメルも選べます♡


a0123372_02380637.jpg
a0123372_02382807.jpg

お店の中やバーは、こんな感じでオシャレ。それにお手洗いもすっきりモダンな造りで良い感じなのがマルでした。
(#^.^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-08-27 02:54 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

金で筋トレ!?イングランド銀行博物館


こちらの凛々しい女性は、ブリタニアさん。1694年にイングランド銀行の公式シンボルとなって以来、イギリスの紙幣や硬貨にあしらわれてます。


a0123372_01030152.jpg

a0123372_01043089.jpg

300年以上も昔に創立した頃は、今の場所じゃなくチープサイドにあったそうです。


a0123372_01063990.jpg

歴史が長いから展示品も一杯。沢山ありすぎて全部の説明を読んだりする根気はなかったですが、、、
(;´・ω・)


a0123372_01082379.jpg

小学生の課外授業でも利用されているらしく、お子様にも分かりやすいコーナーも豊富・・・どっちかつーと私も、こっち中心に見た方が理解できたかも?!爆


a0123372_01123635.jpg

a0123372_01100871.jpg

夏休み中だから、親子連れも結構いましたよー♪


a0123372_01132486.jpg
a0123372_01134354.jpg

美術品、または美術品のような実用品コレクションも色々。これは銀のワインクーラーで、中くらいのタライほどの大きさ。

銀食器だけでも高価なのに、でかワインクーラーも銀!なんてのは序の口で、


a0123372_01173424.jpg

純金の延べ棒も、うちら一杯あるからね!一個だけ実物を展示してあげちゃうよという事で。


a0123372_01194002.jpg

強化アクリルケース越しながら、触り放題&持ち上げ放題~~。

私もやってみたけど全っ然、片手で持ち上げるなんてムリ。うひゃー重い!何これ?って説明書きも読んでみたら「99.79%の純金・約13キロ」でした。

13キロを片手でなんて、もうバーベル並みでしょ。筋トレ出来ちゃう。
(・∀・)


a0123372_01245482.jpg

ルパン三世みたいな人が出来心を起こさないよう、もちろん警備万全!


a0123372_01263533.jpg

その隣では当銀行がどのように金を保管しているか、ショートフィルムを上映してました。あの女性の後ろにあるのは金保管室の写真です。

その後も色んなモノを見て、へぇーとかホホーとか生半可に感心して、、、最後にお土産コーナーも覗いたら。


a0123372_01290049.jpg

純金インゴットを模したチョコも売ってて、何となく笑っちゃいました~♪
( ´艸`)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2017-08-26 01:35 | お散歩てくてく | Comments(0)

イングランド銀行博物館★序章:Aちゃんに説教された件


今日はお片付けの合間に、近所の繁華街へ行きました。モノの整理が進むとともに出てくる不用品を又もやチャリティショップに置いてきて、それから銀行にも。

そういえば昨日だって不動産屋さんへ行って先日の写真撮影など諸費用を払ったり同意書に署名してきたし、毎日なんだかんだと野暮用がありますねぇ~。

でも私の場合は売るだけだから比較的簡単な筈で、これが自分ちを売ると同時に次の家を買うっていう、こちらで「チェーン」と呼ばれる状況だったらさぞかし複雑でストレス溜まるプロセスだろうと容易に想像できます。

そんな面倒臭い事を一昨年やってたなんて、Aちゃん&JS君て凄いかもー。まあJS君はともかく、Aちゃんは一体どこの誰に似たんだろう?決して私じゃないのは確か。笑

そんなAちゃんからは先日、私の将来に関するビジョンが曖昧すぎて心配だと言われました。

「会社辞めて郊外に引っ越して、この先どうするの?」
「多分どうにかなると思うんだけど~」
「それじゃダメでしょう!!!」
「来年あたりはパートとか探すかも」
「そんなの幾らにもならないよ」
「じゃあフルタイムかな」
「もう歳だから見つからないでしょ!」

まあ私も、老後破産とか死ぬまでに幾ら幾らの貯蓄が必要だとか、そういう事が全然気にならないワケじゃないんです。でもお金って幾らあれば安泰!というのも違うような気がしてて。

ガンみたいに大病したせいもあるのかな?生きてりゃ何とかなるような。でも計画性がなくて根拠もなく楽天的なのは、生来の性格かもしれません。
^^;

というお金の話で思い出したのが、何週間か前に行ったイングランド銀行。


a0123372_07202887.jpg

これはバンク駅の方から見た、建物の一部です。


a0123372_07213954.jpg

その裏側に行くと、併設された博物館の入口があるんですよ。平日だけとはいえ無料なので、いつか入ってみたいな~と思ってた場所。

今までは平日に来れる機会がなかったので、幸い無職になった身(←あっ!また怒られる)なんで超ラッキー♪


a0123372_07271130.jpg

ホホホ、まんまと入りましたー。内側から見た入口、博物館のドアとはいえ物々しい?


a0123372_07291483.jpg

入ってすぐの所、足元のモザイク床。東西南北が示されてるのは何のためなんでしょうね~、▲▲の方角に黄色い財布を置くとイイよ!っていう風水のアレは、恐らく無関係だと思いますが。

その後はバッグなど持ち物の検査と、空港にあるような金属探知機ゲートみたいなのを通ってから入館~~。

入場は無料です。だって、イングランド銀行だもの・・・


a0123372_07343769.jpg

お金が欲しかったら、自分たちでジャンジャン印刷できますしー。
(・∀・)


a0123372_07363869.jpg

これは1928年に、1ポンド紙幣と1シリング紙幣を刷ってた機械。


a0123372_07370820.jpg

こちらは現在の1ポンド硬貨、パーツの説明です。

この銀行とイギリスのお金の歴史だけじゃなく結構テクニカルな説明も多くて、それらを全て理解したとは決して思わないけどね、、、

それでも体験としては面白かった!というイングランド銀行博物館。この続きも、また後で~~♪
(≧▽≦)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-08-25 07:49 | ちょっと可笑しい話 | Comments(0)

少女漫画にもなってる!@@;ジェーン・オースティン


ウィンチェスターでは図書館で開催中の、ジェーン・オースティン没後200年を記念した特別展示なんかも観に行きました。

そこでは彼女の遺品や肖像画や直筆書簡などはもちろん、彼女の小説を原案にした映画やアートなどの派生作品も、いっぱい紹介されていて・・・。


a0123372_06282724.jpg

中でも「えっこんなバージョンもあるの?!」と驚いたのは、明らかに日本の少女漫画だったりイラスト付きの翻訳本でしたよー。


a0123372_06311042.jpg

図書館の詳細については、また別の時にご紹介するとして。


a0123372_06322344.jpg

映画だけでも、小説の内容をほぼ忠実に原案としたものから、大胆に飛躍した「クルーレス」「高慢と偏見とゾンビ」または翻案とされる「ブリジット・ジョーンズの日記」、そしてジェーン本人の人生を描いた伝記的映画なども。


a0123372_06365958.jpg

そして書籍のほうは各国語に訳された小説から、リライトされた出版物まであって・・・。


a0123372_06401839.jpg

その中でこういう少女漫画の絵柄を見つけたら、やっぱり手に取っちゃいますよね!!!爆


a0123372_06420559.jpg
a0123372_06422693.jpg

更にその日本の少女漫画バージョンが英訳されてるんだもの、逆輸入の極み~。嬉しいような、何だかコソバユイような??

ラブコメや少女漫画の王道ともいえる恋愛ストーリーだけではなく、主人公を取り巻く人々のアケスケな損得勘定や滑稽さも巧みに・・・というか時として辛辣に描写したジェーン。

時代背景が変わっても、人間そうそう変わらないもんね!

彼女の小説が発表されてから200年以上。これからも沢山の現代作品となって、私たちの支持と共感を得ていくのでしょう。
(*´ω`*)


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-08-24 07:17 | ジェーン・オースティンの街を訪ねて | Comments(0)

奈良や京都みたいな街・ウィンチェスター


私たちがウィンチェスターへ行ったのは、「自負と偏見」や「エマ」「分別と多感」などを著し今もイギリスそして世界で愛されている小説家、ジェーン・オースティンの軌跡をたどる為でした。


a0123372_05263897.jpg

そこでウィンチェスター2日目は、この街に詳しいブルーバッジ・ガイドさんと一緒に見学です!


a0123372_05280995.jpg

身振り手振りとともに、表情たっぷりで熱く語るガイドさん♡

彼女が私たちに伝えてくれたのは、古代から商業の地として栄えローマ人にも大いに活用され、アングロサクソン王朝時代にはイギリスの首都にまでなった、この街の魅力でした。


a0123372_05314225.jpg

そして中世には勢いを失ったものの、今また歴史あるイケてる街として人気を盛り返している!!!

というポイントが飲み込めてきたので、何だか奈良や京都に修学旅行へ行った中高生みたいな気持ちになりました。多分そんなにハズしてないと思うんだけど、、、どうかな?!
(・∀・)


a0123372_05333011.jpg

市の博物館には入る機会がなかったけど、コレ建物そのものが博物館クラスかも~~な感じだし。


a0123372_05373644.jpg

もう、そこら中に歴史の匂いがプンプン漂いまくります。


a0123372_05410318.jpg

ウィンチェスター大聖堂の司祭さん住居&オフィスなんかも見て、


a0123372_05422549.jpg

じゃあ、このウィンチェスター大学は京大みたいなモンかな??って仰ぎ見たりしたのですが、、、

それよりも、何よりも。


a0123372_05444623.jpg

その隣にある、この小さな家。今はここもウィンチェスター大学の一部になっているのですが、ここがジェーン・オースティンが晩年を過ごした家だったのです。

その症状から察するに、現代医学ではアディソン病またはホジキンリンパ腫とも推測されているものの、200年前の当時は「原因不明の難病」に罹ったジェーン。

ハンプシャー州チョートンの自宅から、それよりも医療が発達した同州の大都市ウィンチェスターに治療のため移り住みましたが・・・その甲斐もなく、2か月後に死去。

享年41歳で世を去った彼女は、そうしてウィンチェスター大聖堂に埋葬されました。


a0123372_05522707.jpg

その家の真向かいは、小さな小さな公園みたいになっていて・・・私たちが訪れた時は、白いバラが咲き誇っていましたよ。


a0123372_05545463.jpg
a0123372_05562493.jpg

そして、壁にはジェーンの小説「分別と多感」からの一説。「自分にとっての幸福が何なのか知りなさい。希望と呼んでもいいでしょう」

もっと正確に引用すると、これが原文です。

Know your own happiness. You want nothing but patience - or give it a more fascinating name, call it hope.

これは作品の中でダッシュウッド夫人が息子エドワードに言った台詞で、「貴方にとっての幸福が何なのかを考えないとね。辛抱が大切ですよ、もっと素敵な言い方をするならば希望と呼んでも良いでしょう」・・・って感じかな?

ジェーン・オースティンには、もっともっと書きたい事・表現したい事があったと思います。なのに病のために目がかすみペンを持つ握力も失せ、やがて立つことも出来ず衰弱して最期を迎えました。

でも、その短い生涯で遺した小説は今も人々に愛され、輝きを放ち続けています。


a0123372_06145539.jpg

古都ウィンチェスターの大聖堂は・・・そんな彼女が永眠する場所として、とても相応しいように感じたのでした。



*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2017-08-23 06:19 | ジェーン・オースティンの街を訪ねて | Comments(1)

ホワイト・ガーデン:ダイアナ元妃20周忌のメモリアル


先日ダイアナ元妃の衣装展を観に行った、ケンジントン宮殿。


a0123372_02193763.jpg

彼女の美しさを更に引き立たせた、25着のドレスやスーツなどがメイン。宮殿への一般入場料でこの特別展示にも入れるのは、割と良心的じゃないかな。


a0123372_02282152.jpg

でも宮殿や衣装展にも興味がない場合は、こちらの沈床式庭園などいかが?これはケンジントン宮殿の一部ながら、ハイドパークの一角として無料で観ることが出来るんですよ♡


a0123372_02322075.jpg

今年は20周忌を迎えるダイアナ元妃を偲んで、彼女に捧げた「ホワイト・ガーデン」となっています。


a0123372_02345066.jpg
a0123372_02351154.jpg

だから、清楚な純白の花がいっぱい。


a0123372_02360882.jpg
a0123372_02363750.jpg

所々にほんの少しだけ、ピンクや赤の花が差し色的にあしらわれていて、それらがまた白い花々を引き立たせていました。


a0123372_02412742.jpg

最近はめっきり涼しくなってきたロンドンだけど、、、まだ晩夏の名残りで花が咲いているうちに、ふらっと訪ねてみませんか?!
(#^^#)




*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2017-08-22 02:45 | お散歩てくてく | Comments(1)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line