「カーテン・ゲート」騒動の現場検証(?)してきました


ソーホー中華街で飲茶したあとFちゃんと行ったバンクサイドの「テイト・モダン」は、1800年代末期に火力発電所として造られた建物。

だから現代アートの美術館となった今も、その頃の面影を遺してるんですねー。


a0123372_04310466.jpg

正面玄関を入ってすぐの場所。


a0123372_04351459.jpg

展示作品は定期的に変わるけど、この時はでっかい金属の球がゆーっくりゆーっくり振り子のようにスィングしてました。


a0123372_04385042.jpg

スィングつながり??その奥にはブランコが幾つもあって、子供たち(と子供ゴコロを持つ大人w)が思い思いに乗ってました。


a0123372_04412425.jpg

そして、隣接する新館「スィッチ・ハウス」へ!


a0123372_04423703.jpg

と言っても展示品の方は、サクッと見ながら通り過ぎて・・・。


a0123372_05034570.jpg

エレベーターに乗って、最上階にある展望フロアーに行きました!何故なら私、ずっとここに来てみたかったから、、、


a0123372_05072906.jpg
a0123372_05074643.jpg

テムズの対岸にあるセントポール大寺院も、


a0123372_05083466.jpg

高層ビルの「ザ・シャード」や金融街シティのビル群も、よーく見渡せます♪

が、確かめてみたかった案件つーのはコチラ。
↓↓↓


a0123372_05104752.jpg

新館の目と鼻の先にある高級フラット(マンション)と、展望フロアーの位置関係なのです。

と言うのも新館がオープンして以来この、いわゆる億ションに住む一部の住人が「展望フロアーから我が家が丸見えで、プライバシー及び人権の侵害~~っ!!!」とクレームのうえ美術館に訴訟を起こしたんだって。


a0123372_05162760.jpg

でも美術館サイドの言い分では、「だって我々この展望フロアー込みで建築許可もらってるし、お宅のマンション建築時にそのプランも公開してたしー。そんなに嫌だったらネットのカーテンでも付ければぁ?」みたいな。
(;・∀・)

それで、この騒動はウォーター・ゲートをもじって「カーテン・ゲート」と揶揄されてるんです。

じゃあ、世論は・・・??

というと、概ね美術館サイド寄り。お金持ちしか買えない高級マンションに住んでる人々には、それほど同情が集まらなかった感じです。

(イヴニング・スタンダード紙のコラムニスト、サイモン・ジェンキンス氏が書いた辛口コラムなど良い例かも?英文ですがコチラ↓)



という一連の報道があったから、、、へええ~それって一体どんな状況なんだろ?という純100%野次馬根性・混じりっけナシ!爆 で見てみたかったんですよ。

という訳で噂のマンションです。(お部屋の中が見えちゃう所はピンク色で潰しておきました)


a0123372_05401311.jpg

でも訴訟を起こしたのは、展望フロアーから見える側のお部屋のうち5世帯。

つまり中には「ウチ見られても別に気にしないけど?」とか「訴訟なんて面倒だからブラインド付けちゃったさー」という方々もいるんですねぇ。

美術館にも、訴訟を起こした居住者5世帯にも、それなりの理屈があるなぁ~!というのが、私がこの現場検証(←誰も頼んでないって笑)をした感想。

とにかく今のところ、展望フロアーはそのまんま・・・以上、現場からロンパラがお伝えしました!


a0123372_06051901.jpg

なーんてやってる内に、月は東に日は西に。

お昼に食べ残した中華テイクアウェイが入った鞄を大事に大事に抱えつつ、コンサート会場に向かうFちゃんと私でありました~~♪
(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-11-13 06:09 | ちょっと可笑しい話 | Comments(0)

Fちゃんと中華街で飲茶「ダンプリングズ・レジェンド」


ビルバオからロンドンに戻って来たのが金曜日。Fちゃんは日曜夕方の便で東京へ帰るので、まだ土曜日は丸々フリーです!

あらかじめ土曜日の夜には、クラシック・コンサートのチケットを用意しておいたけど・・・じゃあ昼間はどうする?お昼とか何か食べたいもの、ある?

って訊いたら「飲茶したい~♪」と言うので、


a0123372_23015050.jpg

じゃあ中華街に行っちゃおうか!

実は近所の繁華街にも「ロイヤル・チャイナ」という飲茶の美味しいお店があるけど、そこはFちゃん以前にも行った事あるし。

それに夕方もコンサートあるんだから、どうせロンドン中心地に出るもんねー。


a0123372_23073271.jpg

その少し前にT子さんと一緒に行った「ダンプリングズ・レジェンド:Dumplings Legend」が美味しかったので、再訪しました!

小籠包はポークのと、ポーク&蟹のを2種類~♡


a0123372_23124391.jpg

チュルチュル食感の皮も、甘辛ダレも美味しい海老の腸粉だって外せない!更にシンガポール・ヌードルもチャーシューも野菜春巻きも、、、


a0123372_23150694.jpg

って、ちょっとちょっと~2人にしては多すぎない?って思うでしょ。笑 ところが我々には策略(?)があるんです!

その前夜ビルバオから戻ってきて家に着いたのが、夜11時ごろ。そしてこの日の夜もコンサートで、また夜遅くなっちゃう、、、しかも数日ほど留守にしてたから、食料の買出しもロクにしてなくて。


a0123372_23173769.jpg

じゃあ帰宅したらレンチンで食べれるよう、ここでの残りをお持ち帰りにしましょう!という案なのですよ。んもう、めっちゃ合理的~~♪
(≧▽≦)

でも汁気が多くて出来立てホヤホヤが命★の小籠包と腸粉はテイクアウェイに向かないから、そっち優先でランチ。なけなしの知恵、こーゆー場面で発揮し尽くしてますよねぇ。


a0123372_23411031.jpg

ゆっくり飲茶した後は、サウスバンクに行って・・・。


a0123372_23445528.jpg

Fちゃんは当然ながら、よーっく考えたら私も新館はまだ見てなかった(笑)テイト・モダンに行ってみました。

ここでは現代美術そのものよりも、一度はこの目で見て確かめたいと思ってた事柄があるのですよ。さて、それは一体・・・?!
(/・ω・)/ナンダロー

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-11-12 03:00 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

最後のランチもピンチョス!美味しくてリピした「エル・グローボ」


ビルバオ最終日は夕方のフライトでロンドンへ帰るので、ランチは遅めにしました。何だかんだ行って自宅に戻るのは夜11時くらいになっちゃうし、途中でお腹が空いたら困るもの~。
(;・∀・)


a0123372_08482746.jpg

この街では、すっかりピンチョスに魅了された私たち。最後のランチも当然ピンチョスですよ!

バスク地方が発祥と言われているピンチョス:串や楊枝に刺さった一口おつまみ。でも本来の枠を超えて、小ぶりの軽食としてビルバオ中のバルやカフェ至る所でお目にかかります。

お料理って1人分がドーンと一皿に盛られているのも嫌いじゃないけど、色んな味をちょこちょことバラエティ豊かに選べるのって楽しいですよねー♪


a0123372_08574456.jpg

そして私たちが短い滞在中のバル巡りで、一番おいしかった♡と思ったのが、このバル「エル・グローボ(El Globo)」でした。


a0123372_09002941.jpg

まぁこの街の全バルを制覇した訳じゃないから、他にも一杯グルメなバルがあるんでしょうけど・・・。

少なくとも私たちが体験した中では、この「エル・グローボ」と旧市街の食料マーケット内↓のが特に美味しく感じられました。




ただ、この「エル・グローボ」いつ行ってもメチャ混みです。


a0123372_09101413.jpg
a0123372_09103658.jpg

店の前には、こういう路上テーブルもありました。でもコッチは屋内じゃないから多分、喫煙OKじゃないかな、、、すると非喫煙者にはツライ場所なので、敢えてトライせず。笑


a0123372_09172060.jpg

揚げ物系では、アーティチョークの一口フライなんか特にお勧め!


a0123372_09182898.jpg

最初に2人でピンチョス6個&ドリンク2杯を頼んだ時、サービス料込み合計が18.10ユーロ。


a0123372_09213551.jpg

それでも、もう少しイケるかな?ってFちゃんがガスパッチョも追加して、


a0123372_09223893.jpg

更にピンチョスも2個ほど追加♪ 右にある細切り昆布は、なんと驚きのゴマ油風味!ナムルみたいな味付けで、その下にはシーフード・・・がパンの小片に乗っかってます。

意外~~@@;だけど不思議に美味しい~~~。

どれも美味しくてお腹一杯、これで思い残す事なくピンチョス三昧しました。


a0123372_09275622.jpg

その後は「ホテル・カールトン」に戻って、朝チェックアウトした後に預かってもらった荷物の引取り&ここのWiFiはサクサク早いから、ラウンジで快適に時間潰し~♡


a0123372_09393005.jpg

ビルバオ空港は小さいからセキュリティ・チェックも出国審査も一瞬でラクチンだけど、それに比例して免税店もキオスク並み。

実はX君からギリシャのブランデー「メタクサ」を頼まれてたんですよ。なのに売ってない!

そんなバカな、、、私が見つけられないだけかも??と思って店員さんに確認したら、やっぱり置いてない事が判明しました。


a0123372_09515715.jpg

代わりにスペインのブランデー「レパント」を買って、それはそれで喜んでもらえたから結果オーライと。笑


a0123372_09573350.jpg

ところで到着した日も、出発した日も、ビルバオ空港の前にはこんな車が常駐してました。きっとパトカーなんじゃない?という見た目です。

でも警察はスペイン語でPolicia、この車体に書いてあるのはErtzaintzaだから、やっぱり違うのかな。。。。と首を傾げていたところ、


a0123372_10083818.jpg

空港内のPolicia派出所に、Ertzaintzaの表示が筆頭に明記されているのを見て納得!バスク語の「警察」が、パトカーの車体に書かれていたんです。

カタロニアのように独立闘争で揉めてなくても、バスク人の誇りを端々に感じた街。

そんなビルバオへの小旅行でした!
( ・∀・)ノ

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




# by londepa | 2017-11-11 10:19 | スペイン・ビルバオ旅行2017 | Comments(0)

Aちゃん息抜き&ババ慰労?!お好み焼き「あべの」ランチ♪


今日はJS君が家にいて子守りしてくれるって事で、Aちゃんは息抜き!たまぁーにでも、そういう時間て新米ママには必要なんですよねぇ~~。

それで何をしたか?と言うと・・・。


a0123372_06174959.jpg

お好み焼きランチしよう!って、私を誘ってくれましたー。
\(^o^)/


a0123372_06241372.jpg

場所は、大英博物館のすぐ近くにある「あべの」。


a0123372_06283350.jpg

2人とも嬉し過ぎて、開店時間の正午キッカリに行ったら、、、、一番乗りの客になってたし!爆

「たかがお好み焼きに、どんだけリキ入れてんの??」って呆れられちゃうかしらん。
(〃▽〃)ポッ


a0123372_06404879.jpg

でもでも特に、このお店に関しては私かーなーりー長年の「心の友」ですから!!!

何たって大昔ロンドン西部コリンデールにあった、日系スーパー「ヤオハン」ビルの上階で操業してた頃からのお付き合い♡


a0123372_06522833.jpg

今は隆盛を極める「ジャパセン」はおろか、「らいすわいんショップ」も「ナチュラル・ナチュラル」もなかった25年ほど前・・・。

日本から移り住んだ私たちの心(そして胃袋)の拠りどころだった「ヤオハン」!

慣れないロンドン生活で右往左往する母子3人でしたから、そこで日本食料品を買って、日系本屋さん「旭屋書店」でAちゃんとE君にコミックや漫画月刊誌をねだられて、、、というのは、本当~~にホッとする時間だったのです。
(´;ω;`)ウッ…


a0123372_07082518.jpg

そして時間とお財布にヨユーのある時は、その上階にあった「あべの」で、この大阪風お好み焼きを子供たちと一緒に食べました。

やがて現在の場所に移転したものの、ここに来ると当時の思い出が蘇ってきちゃうので、ことのほか美味しく感じるのです♡

なーんて人生の走馬燈ブン回してても、あまり人の役に立たないね!爆


a0123372_07211938.jpg

じゃあ、少しはお役立ち情報を?!ランチタイムならば、こちらのセット価格メニューがお得ですよー。

私は豚・海老・イカの「東京ミックス」、Aちゃんは豚・海老・キムチの「大阪ミックス」。更に味噌汁&小鉢か、味噌汁&ご飯&漬物(←今日はタクアンでした)で£13.95なんです。

お好み焼き4種の他にはオムそば、焼きそば、牛丼のセットも♪


a0123372_07324092.jpg

私は味噌汁&小鉢を選んだところ、キュウリとワカメの酢の物。Aちゃんは味噌汁&ご飯&漬物にしてました!

久しぶりで美味しかったね~、お腹一杯になったよね~~、と2人で満足の笑顔を浮かべつつ・・・じゃあ、そろそろ出ようか?という時にAちゃんが、

「Billって『お買い得』だっけ?」と言うので、「いやそれは『お勘定』だよ~」なんて答えたら「とにかく私が払うよ今日は!いつも子守りしてもらってるお礼♡」だって。

「やだ嬉しい!ゴチになりますー」って喜んでたら、いつも通りスッピンAちゃんはお店の日本人女性さんから「高校生ですか?」なんて訊かれちゃって、更に上機嫌♪ 

「10歳ならともかくトシ半分は凄いね!」
「イヒヒヒ・・・」


a0123372_07593673.jpg

お腹一杯になった後は、まったりお散歩・・・ここまで来たからには入っちゃおうか~~と、大英博物館をウロつく私達でありました!
(≧▽≦)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





# by londepa | 2017-11-10 08:15 | 美食+B級ぐるめ | Comments(2)

ワイワイうるさくて爆笑★ビルバオ美術館


あの信号を渡ったところに、ちょっと立派そうな建物が見えますよー。あれ何だろう?


a0123372_07450779.jpg

なんか旗を揚げてるし、ホテルかなぁ。。。


a0123372_07471570.jpg

そしたらスペイン政府のビスカヤ県庁舎でしたー。白い部分の上にスペイン語、下にバスク語で、そう書いてあります。

そういえばビルバオ、街中の表示すべてがこういうスペイン語・バスク語のバイリンガル表示。イギリスだったらウェールズと同じノリで、地元文化の誇りに満ちてるんですよ!
( ー`дー´)キリッ


a0123372_07525624.jpg

その県庁舎は全体的に見るとクラシックだけど、一階部分の外壁が数種類の石を使ったモザイク状になってて結構モダンアートしてます♪


a0123372_07561057.jpg

そんな街での最終日は・・・グッゲンハイム美術館に次いで、バスク州で第2の規模!というビルバオ美術館にも行きました。


a0123372_07593333.jpg
a0123372_08000864.jpg

ここもグッゲンハイム同様ギャラリー内にある展示品は写真NGなので、エントランスホールと階段の踊り場にあったのだけ撮ってみましたよー。


a0123372_08042610.jpg

この時はスペインの大富豪アリシア・コプロウィッツの個人所蔵コレクション展が、鳴り物入りで開催中~~。ピカソ、ゴッホ、モディリアーニ、エゴン・シーレ等々・・・

この特別展は今年、パリのジャックマール・アンドレ美術館でも春から夏にかけて開催されてたもの。パリ大成功後のスペイン凱旋ってノリなのかしら?

私でも「あーコレ見た事ある!」って作品も多かったから、もちろん館内は大盛況。しかも外国人観光客より地元スペイン人の方が多かったせいか、、、

館内がお喋りでウルサイ!!!!爆

わいわいガヤガヤああだこうだ、へえええ~そうなの?うっそー!アハハハ♪って朝礼が始まる前に講堂へ集合した高校生集団じゃないんだから、というレベル。

あまりに騒音マックスになった頃に教頭先生、もとい職員の方が「シィィィーッ!」と注意したら、5秒くらいの間は低デシベルになったのですが、、、

「よく考えたら注意されたの私達じゃないわよねー、もっと声の大きい人いたもの!」と言わんばかりに、あっという間に喧噪が戻りました。
(;・∀・)

日本でも海外でも美術館巡りするの好きなFちゃんが、「こんなにウルサイ美術館に来たのって初めてだわぁ~」と感心(?)してたので爆笑!!!


a0123372_08331631.jpg

メインの展示を観たあとは、館内カフェでお休憩しました。


a0123372_08340584.jpg

カフェオレ2つで3.20ユーロ、やっぱ全体的にロンドンより安い。けどロンドンは殆どの美術館が入場無料(特別展は例外)だから、こと美術館においてはロンドンの勝ちかなー。。。


a0123372_08343036.jpg

カウンターでコーヒー飲んでたら、ここにもズラリと並ぶピンチョスが。


a0123372_08413520.jpg

見たところスモークサーモンとイクラ、という親子オープンサンド的なものとか。

a0123372_08422058.jpg

タコや生ハムのトッピングが見えて、どれも美味しそう~~。残念ながらまだランチするほどお腹が空いてなかったから、ここでは食べなかったけど。

その後はホテル方面に戻りつつ、グッゲンハイム美術館のお土産ショップにも立ち寄って。


a0123372_08504882.jpg

身体と顔つきはリリーちゃん似だけど、足の長さと耳の大きさがすごく違うね~という可愛いワンコにも会えて。

とても楽しいひとときでした♡
\(⌒▽⌒)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





# by londepa | 2017-11-09 09:02 | スペイン・ビルバオ旅行2017 | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line