ハマースミスで事前調査

来週の金曜に、Yちゃんと改めてマドリード旅行打ち合わせ。前回の会議場だった「炭焼き・土佐」はYちゃんの提案で大当たりでした!で、今回は私のお奨めPUBザ・グローブ@ハマースミスへ行く事に。でも1年くらい行ってないから今もクオリティが変わらず良いお店か、ちょい不安だったため…
a0123372_801785.jpg
メシ友Kを召集し、調査活動を行いました。研究熱心なワタシ(?)、お支払いはKにアウトソーシング。
a0123372_873939.jpg
もともとKとは一ヶ月ぶりくらいなんで、お互いの近況報告などしようかその内、という時期だったんですけどね。スペイン・アリカンテでの休暇から戻ったばかりの彼から旅行話聞いたり、共通の友人達の近況やら情報交換やら。
a0123372_8141097.jpg
喋りつつもザ・グローブ調査活動にいそしみます。前菜、私はムール貝でKはパルマハムとイチジクのサラダ。ムール貝の汁とガーリックバターと少々の生クリームが溶け合った濃厚スープ・・・むふふふふふ。
a0123372_821888.jpg
メイン、私のはサンドライド・トマトとモツァレラチーズ詰めポーク・ロインのロースト、旨し。Kはリブアイ・ステーキ。肉で見えないけど、その下には結構な量の厚切りチップスがみっちりです。
a0123372_8483658.jpg
お腹いっぱいで、デザートなんか無理でした。調査結果:来週のYちゃん会談、ここでオッケーです!良かった良かった。
a0123372_8331781.jpg
ハマースミス駅からザ・グローブに向う途中のビルに、宇宙飛行士がいました。何となくHONDAのロボット、アシモに似ている、、、というより、アシモがスペースマンに似ているのか。奇しくも今朝のMETROで、こんなの読んだばかりでしたよHONDAっていえば。
a0123372_8363817.jpg
社長みずから・・・って事は何か画期的なすごい事なんですねコレ?パワー・オブードリームズなんですね?足腰が弱っても老人歩行器やスクーターより格好いいかも!でも買い物カゴがないよ~。買い物袋は両手に持つのかな。そうすっと歩行困難な人なのに、腕力・握力はバッチリだぜ!という条件が要りますね。ダンベル買わないと。

# by londepa | 2009-09-26 08:55 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

ロンドン・ファッション・ウィーク&アーサーズ・デイ

今週はロンドン・ファッション・ウィークだったので、まずはクイズ:このBAクルーの制服をデザインした人も、もちろん登場。それは誰でしょうか~?正解はCMの後で!(?)
a0123372_7551912.jpg
久々にロンドンでコレクション発表したヴィヴィアン・ウエストウッドやら旬のハウス・オブ・ホーランドやら、更にはグッドタイミングで映画「セプテンバー・イシュー」封切となった主人公・アメリカンVOGUEの女帝アン・ウインターズやら・・・よりも目立っちゃったのがカナダ人デザイナーのマーク・ファスト。

彼は今回のショーで、Lサイズのモデル3人を起用。その結果「芸術的意見が一致しない」二人のスタッフを解雇⇒その内の一人は日本人スタイリストKURIHARA ERIKAさん。でも彼女の意見では、「モデルがLサイズだから反対したのではなく、3人のうち2人はモデルとしての歩き方が出来ていなかったから」なんですって。さすが国際的に活躍するレベルの人だなぁと感心しちゃった。雇い主にも堂々と意見を主張して、解雇も辞さず・・・かっこいいねえ。

あ、ところでこのBA制服デザイナーは、ジュリアン・マクドナルドです。サンドイッチとクリスプスを手にした、銀髪のパイロットも。ジュリアンにしては地味じゃん、と思うでしょう?ところが・・・
a0123372_8181614.jpg
a0123372_8192295.jpg

裏地の色がド派手な緋色。地下鉄ピカデリー線車内、↑のスチュワード君の左肘と青いポールの間にあるのが、その裏地です。座席の赤い肘掛じゃないよ。この裏地が、ジャケットの裾やスカートのスリットから、彼らが歩く度にひるがえってチラ、チラとすごく目立つんです。

LFW連日のショーが一通り終わった今日、ダブリンではアーサーズ・デイというイベントで盛り上がっているようです。ギネス・ビールの創始者アーサー・ギネスにちなんだ命名で、まあ商業的なモノだけど。。。1759年9月24日に創業されたギネス、なんと250周年!!!それを祝って大々的なコンサートをやっていて、レイザーライトやカサビアン、エナミーから大御所トム・ジョーンズまで・・・!土曜にはその実況もITVでテレビ放映されるみたい。

アイルランド独自の祝日セント・パトリックス・デイが春にあるけど、アーサーズ・デイもそれに等しい秋の祭日にしたいくらいの気概を感じます。でも宗教的な意味のある聖パトリックスと違って、民間製造業のギネスじゃ祝日までは無理だろうなあ。とはいえアイルランドという国にとって最大の名物というのも否めません、ギネス。

a0123372_8403820.jpg
サウス・ハロウ駅に帰ってきた7時半には、もうこんな夕暮れ。いよいよ夏は完全に過ぎ去りました。。。もうすぐ10月だもんねー。

# by londepa | 2009-09-25 08:47 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

行列のない、クリスピークリーム

会社帰りはいつも空腹。。。でも一応まだダイエットしてるので、ターミナル5駅で「夕方おやつ」を買う習慣は、封印中です。カフェNEROでもソーヤ・ラテのみで我慢っ!
a0123372_6514766.jpg
NEROのカウンターにあった、アーティチョークと乾燥させて皮に切れ目を入れた蜜柑のアレンジ。アーティチョークもこんな風に飾ると可愛いね。
a0123372_6581770.jpg
最近やっと、一階到着フロア南ウイングのいちば~ん端っこにクリスピークリームがあるのに気付きました。会社のバス送迎が北ウイング側最上階なので、北ばかり徘徊していたのです。イギリスではTESCO大型店でも売ってるし、大きな駅(ロンドンプリッジとか)にも店舗をよく見かけるので、多くても3~5人の列しか出来ないの。だから東京の第一号店舗で長蛇の列って聞いても信じられなかったなあ。。。
a0123372_73171.jpg
a0123372_733257.jpg
・・・おっと、いけねえいけねえ空腹でついつい見入ってしまった。誘惑されそうで危なかったよ!ふ~。
a0123372_783230.jpg
気分を変えてエコバッグ観察。マチ、というより底がすごーく広いんです。だって12個いりドーナツ箱が楽勝で平らに入れられるため。でも・・・このドーナツ用エコバッグを利用するほどのリピーターになったら、エルビスになってしまうのでは??まあ会社や子供のパーティーで配る用、なら納得できますが。
a0123372_714739.jpg
東京や川口まで行かなくても、ヒースローT5に来れば買えるので皆さんも来てね!って、日本からだともっと遠いか(爆)。目印は、巨大な電灯のカサみたいのが二つ、UFOみたいにライトアップされてる所ですよ。ライトアップといえば、もう一つ。この外の噴水も夕方からは照明効果で、ちょっとSFちっく★
a0123372_7191118.jpg
a0123372_7193610.jpg
さ、長居するとまた「夕方おやつ」のお誘いに負けそうになるから、とっとと地下鉄に乗らなくちゃ!

お肉が食べたかったので、帰宅して速攻でこんな夕飯を作りました。
a0123372_7225456.jpg
ポークソテー、みぞれポン酢がけ。発芽玄米と茹で野菜は沢山作りおきしてあるので、お肉焼いてトマトと万能ネギ切っただけで完成~♪ まいうー。

帰りの地下鉄で読んでたロンドンLITE紙で、今日はブルース・スプリングスティーン60歳の誕生日だって知りました。何つーかこの人、覚えている限り最初からオッサンぽかったので殆ど変わってないですねー!今となっては若い頃からの老け顔が、ある意味お得?Born to Runの入っているアルバムは1975年に出たようだけど、そのジャケット写真はとてもじゃないが26歳の若々しい青年というよりも、、、(笑) とにかく還暦おめでとう、ボス。

# by londepa | 2009-09-24 07:34 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

蒲田行進曲よりはソフトランディングな落下事故だけど…

ごっつう痛かったです。階段落ち事故からもう10日も経つのに、まだクシャミなどで突然、尾てい骨に衝撃や負荷があると痛みます。。。これが事故現場。大体この高さから6~7段、落ちたんですよぅぅ。
a0123372_825252.jpg
X君ちの階段は、普通のイギリス家屋もそうですがカーペット敷き。そこを「うっかり」、靴下履いたままで降りたら滑って落ちたんです。自分ちは地階のみなので、すっかりこのカーペット敷き階段のキケン度を忘れてた!!!

15年以上前に初めてイギリスで住んだ家では同じ状況で10段以上落ち、その時はお尻だけでなく背骨も強打して1週間は伝い歩きの重症を負ったのに、、、その時に「カーペット敷きの階段では、絶対にクツ履いているか裸足じゃないと~っ!」とあれほど心に誓ったのに、、、15年経って教訓を忘れた末のプチ惨事でした。とほほ。。。
a0123372_8414169.jpg
先日の土曜夕方、X君ち特設ミニシアター(ソファ前の椅子上ラップトップ+BOZEミニサウンドシステム)で観賞したのは「アバウト・シュミット」。女性の私からすれば、ビタースイートな、でも最後にはLife is Beautiful的希望に満ちたヒューマンコメディ。でも男性のXにとっては、もっと身につまされるモノがあるようでした。
a0123372_8573879.jpg
その後に続くXシェフ謹製ディナー。このサラダが前回ご紹介したのと違うのは、アボカド入りってとこです。旨みとコクが増します。そして鍋のまま熱々で供されるのは・・・
a0123372_904197.jpg
a0123372_9764.jpg
魚介スープ!タラ、海老、イカ、タコがたっぷり!玉ねぎ・セロリ・人参とパセリに白ワインをグラス一杯入れ、一掴みの米(ロング・グレイン)と共にスープを煮込んでから、魚介を入れるんだって。更に、食べる時にはレモン果汁を絞り入れます。
a0123372_973830.jpg
アテネの実家では庭先にレモンが成っているらしい。X君の料理には、レモン果汁もオリーブオイルと同じくらい使用頻度が高いです。日本人にとってのシソの葉や長ネギ・大根みたいな存在かな~と思います。あと、ケイパーは道端に野生で生えてるのを摘んできて家庭でピクルスするんだって(^^)。めちゃうま魚介スープは、三杯もお代わりしちゃいました・・・。だ、ダイエット?してますよもちろん!でも浅い皿だったしぃ~。殆ど水分だと思うしぃ~。パン食べなかったしぃ~。オッケーだよね、三杯?

日曜はV&A美術館から帰ってリリーちゃんのお散歩したあと、AちゃんとJ君にも食べられるベジタリアン・ディナーを作ろう。豆腐ステーキなんかいいなー、と思ったら豆腐を買い忘れてた、、、
a0123372_9132992.jpg
また野菜ローストとパスタで我慢してもらいました。二人ともベジーだけどヴィーガンじゃないので、乳製品や卵はOKなんです。だからパスタにはフェッタ・チーズも入れてみたけど、当然ワタシの皿には、別焼きのチキン・ソテーがありましたとも!

自分が肉食なので、菜食料理は苦手というか、何作ればいいの~?といつも悩む。日本食は要注意!「だしの素」にかつお節が入っていたり固形カレールーやラーメンスープに肉エキスや動物性油脂が入っていたり、、、と落とし穴が多いので、簡便な調味料なんか使えなくて面倒くさいの。ご飯に野菜炒めに豆腐なんかはOKです。で結局、材料がいつでも手軽に揃うパスタ&野菜料理でごまかしちゃう事が多い・・・というわけ。

バース産白ワインも三人で飲みました。香りはフルーティだけど、すっきり爽やかセミドライ。お風呂上りのさっぱり感に似ていると思ったのは、出自を知っている故の気のせいでしょうね?

# by londepa | 2009-09-23 09:48 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

V&Aわんこメモリアルプレート

ヴィクトリア&アルバート美術館の中庭では、こんなメモリアル・プレートも見ました。何故か壁の低い位置にあるので、かがみこんで読んでみます…どれどれ。
a0123372_841853.jpg
右側の黒いプレート、「1879年に15歳で逝ったジムを偲んで。当美術館創設者ヘンリー・コール卿の忠実な愛犬であった」・・・分かりやすいワン。でも左側の緑のは、、、「忠実だった犬、タイコへ。亡くなったのはホニャララララ~」どうもラテン数字みたいです。家に帰ってから一応は歴史の学生J君に訊いたら、「1875年に5歳で死んだ、って書いてあると思う。たぶん」と60%位の信頼度で答えてました。ホントかなぁ?

で、面白いと思ったのは、美術館にうやうやしく犬の記念プレートがある事よりも、その位置です!私の膝くらいの、低ーい高さなの。
a0123372_818871.jpg
この低い位置はどういう意味なんだろう?普通のプレート(先般お話したマイケル・ケインのブループラーク等)は人間の背丈かそれより上にあるのに、、、私なりに推理してみました。
①犬の目線である。
②犬の体高がこれくらいだった。
③ジム達が毎日おしっこかけてた、大好きスポット。

でも、①はなんかなー。その目線の高さだからって、ジムやタイコの亡霊が「わおん、ボクらのだ~♪」と読むわけじゃなく、かといって他の後世の犬たちがコレを読んで「ほほ~、自分もこれくらい讃えられるようにがんばろう!」と思うわけないし。②か③だと思うんですけど、どうでしょうか?

とにかく今は美術館に犬連れでは入れません、たとえ中庭でも。でも、ハトはいます。
a0123372_8345657.jpg
美術館の出入り口に近い彫刻スペースは館内の通路みたいなものなので、観光客が写真を撮っていても誰も注意しに来ないみたい。それとも日曜で来館者が多く、館員多忙につきチェック甘し…という事かもしれません。平日はもっとヒマで注意しに来るかも。
a0123372_8372540.jpg

a0123372_8375995.jpg
↑の写真をAちゃんに見せて、「ドメスティックバイオレンスだよね~」と言ったら、「でもこれ、下の人も男じゃん!」って。れれれ~、ほんとだ。じゃあもっとアブナイ感じなんでしょうか。立ってる方がサムソン、下にいる青年の名前は忘れました。
a0123372_8382135.jpg
そうそう、V&Aはショップがすごーく充実しているんです~★ ここに来るたび、展示品を見るのと同じくらいの時間をショップで費やしてしまいます。
a0123372_8414310.jpg
a0123372_8421265.jpg
ここらへんは、もうクリスマスの装飾用グッズが沢山…。
a0123372_8431455.jpg
懐かしい・・・紙でできた切り抜きタイプの着せ替え人形。クラシックな服装がステキだね。
a0123372_8434995.jpg
ウィリアム・モリスは、壁紙など多数のデザインが蒐集・展示されています。数あるV&Aオリジナルグッズの中でも、定番人気を誇っています。
a0123372_849038.jpg
一人でこういう所に来ると、際限なく時間を過ごしてしまうからコワイ。。。久々にX君同行なしの日曜午後、ジムやタイコに劣らぬ名犬(?)リリーちゃんがお散歩タイムを待ってるはずだから、もう帰りましょう。

# by londepa | 2009-09-22 08:53 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line