自由研究。「うんがのしくみ」1ねん2くみ ろんぱらまさこ

「きょうもあつくなりそうだね、まこちゃん」と、えっくすくんがゆいました。
「だからきょうわ、うえいがわにいってうんがぼおとをみにいこうか」
「ええー、うんがってなにい?」
「ほんとにおおばかだなあ、まこちゃんわ。じゃあぼくがおしえてあげるよ」
「わあーい。いってみよう!」
「よおーし、やってみよう!」
、、、この調子で続けると私も読んでくれる人もツライので、やめときましょう。
a0123372_617487.jpg
またこんなに天気の良い、暑いくらいの週末になりました。日曜のお散歩は、また涼感漂う川辺へ・・・今回はテムズの支流、ウエイ川です。そういえば、出かける前に何度か母国ギリシャに電話してたX君。今、大規模な山火事で大変なことになってるマラソンの町には親友が、アテネには両親と兄夫婦がいるので・・・でも皆、無事だってわかって安心していました。それで、お散歩へGO!
a0123372_628131.jpg
a0123372_6305199.jpg
水上生活っぽい個人のボートもあれば、行楽用にレンタルできるボートもあります。オックスフォードや色々な上流の方から、テムズ下流に向かって数日~1週間などかけて川下りを楽しむ人たち。もちろん中は、寝泊りできるキャビンになっています。子供達の夏休みも残り少ないけど、これなら素敵な思い出になるでしょうね~。
a0123372_636551.jpg
↑…川で洗濯したのかな?
a0123372_6422848.jpg
遊歩道をはさんで川の反対側は、会費の高いメンバーズ・オンリーのゴルフ場。ゆ~が~。
a0123372_6472876.jpg
ゆったり、ゆっくり流れる穏やかな川、歩く速度とあまり大差のないカナル・ボート。見ている私たちにも、そのユル~イ「川時間」がうつってきそうです。
a0123372_657736.jpg
さて運河。パナマ運河のミニチュア版だよ、と親切にX君が解説してくれます。その様子はほとんど、冒頭のような調子です・・・う、運河くらいわかってらい!・・・たぶん大体は。あ、もうすぐボートが運河の堰で止まります。LOCKというのは、日本語だと堰でよいのでしょうか。そのロックを開けないとボートが通りません。さて、ここではどーするのでしょう?
a0123372_722285.jpg
①まず、水門を開けて、水をじゃばじゃばじゃばーっと流します。上段と下段の水面が平行になったら、
a0123372_7243210.jpg
②せ~の!とゲートを開けて・・・
a0123372_7263039.jpg
③めでたくボート通過!白髪のおじさんが、力一杯ロープを引いてボートを先導。ギックリ腰にならないようにね!・・・と、ここまですべて手動。ボートに乗ってる人々が、自分達でやります。
a0123372_7371177.jpg
今日、これを実際に見て思ったこと=仕組みは理科だが、全体的には何となく社会科。どちらも私の苦手分野なので、X君のエラソ~な解説ももっともなのでした、、、とほほ。ちなみに自慢じゃないが、算数はもっと苦手だぞ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「おきらくごくらくロンパラの輪っ!」
これを↓クリックしてくださると、輪が広まるみたい…♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

# by londepa | 2009-08-25 08:04 | お散歩てくてく | Comments(0)

パブのライブ♪ 飲んだり聴いたり踊ったり。

今週末はヴァージン・メディア主催の野外音楽Vフェスティバル。先月のグラストンベリーも3日間のうち1回にわか雨が降っただけだけど、Vフェスティバルは2日間とも快晴・気温も日中27℃くらいで天気に恵まれてます。会社の同僚M嬢も行った筈なので、明日の話を聞くのが楽しみ。私は今、ラジオでそのライブを聴きながらこれ書いてます。レイザーライトとかスノーパトロールとか。オアシスがドタキャンしたので、トリはスノーパトロールが演りました。OASISドタキャンの原因はまだ公表されてないけど、また兄弟ゲンカじゃないか?と想像してます・・・真相はいかに?
a0123372_613298.jpg
これは、今日の午後お散歩に行ったウエズリーの駐車場に泊まってた、カッチョイイ車。私は車種とか全然わかんないので、「カワイイ車」「ボロい車」「カッチョイイ車」くらいの区別しか出来ません。とにかく、保険料が高そうなクルマだな~。ちなみに、まだら迷彩柄に見えるのは木漏れ日のせいです。

土曜はX君ちの夕ご飯を早めに食べて、Vフェスティバルには及ばないけどパブでブルースバンドを聴きに行くことに。夕飯のメインは、「なんちゃってパエリア風まぜご飯」。
a0123372_635153.jpg
具を炒めた中に、別に茹でておいたライスを混ぜ込みます。
a0123372_6513417.jpg
副菜は、先々週も作ってくれたアボカド・モツァレラチーズ・トマトのサラダ。なぜ続いているかというと、バジルが元気よく育っているからです。でもサンドライド・トマトを忘れて、食べる直前に入れてました(笑)。

食後ひと休みしてから、車で30分ほどのお目当てのパブへ…。
a0123372_644860.jpg
a0123372_6443770.jpg
一見ふつ~の地味なパブ。隣のファンクション・ルームがライブの部屋です。
a0123372_6454843.jpg
バンドの名前は、ブルース・パトロール。ギターのトニーとボーカルのアンディ、ベースの名前は忘れました。アンディさんの歌唱力が抜群、聞き惚れてしまう美声の持ち主。
a0123372_6555126.jpg
お客さんも大ノリで、おじいちゃんが踊りだし・・・
a0123372_6574499.jpg
他の人たちもレッツ・ダーンス!
a0123372_715010.jpg
a0123372_741176.jpg・・・を激写(?)していたら、「写真なんか撮ってないで、アナタも踊りなさ~い!」と引っ張り込まれてしまいました。ワインの酔いも手伝って、その場に馴染みまくる私。。。

野外でのライブ音楽も、こんな小さなパブでの酔っ払い和気あいあいライブも、どっちも楽しいね~!

# by londepa | 2009-08-24 07:19 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

サイバラ画伯の直筆サイン本!

東京にいる姉が、高田馬場で催された西原理恵子センセイのサイン会で、ゲットしてくれました。感激~!もうすぐ送ってくれるから、家宝にいたします。も~、額に入れて飾りたいくらいです。
a0123372_2329048.jpg
整理券を持った100人のファンに、一人一人お話してコメントつけて描いてくれたんだって。姉夫婦もファンなのに、「ロンドンの妹のために…」と言って私宛てに書いてもらったそうです。りえぞう先生の心がこもったコメントつきイラストが嬉し~~~。姉夫婦の寛大なご配慮にも、もちろん大々感謝です!

「恨ミシュラン」や「ぼくんち」読んで以来、「心の師匠」と仰いで10数年。。。これからも他の追随を許さない存在でい続けると思います。でもそろそろ深酒は謹んで、体を労わってほしいなぁ。可愛いお子さん達のために元気で長生きを、私らファンのために長い作家生活を、心からお祈りしています。
そして、ゆくゆくは「毎日バアさん」を。
姉達はそのあと、高田馬場駅前「とん久」でロースかつ定食へ行ったらしい。あああ~美味しいんだよね、あそこ~~。今年の春に一時帰国したとき、2週間の滞在で3回ランチで食べました。衣さっくり、お肉じゅわ~、甘い香りの春キャベツおかわり・・・。また来年も日本に帰省できるよう、がんばらなくちゃ。とん久、待っててね!!!

# by londepa | 2009-08-22 23:57 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

今、楽しみにしている映画は

X君と初めて映画に行った時・・・「キミの好きなの選んでいいよ」と言われたので、思い切り好みの路線でベン・スティラーの「トロピック・サンダー」観に行って彼を唖然とさせて以来、一緒に映画に行くときは私に選ばせてくれません。一体アレのどこが悪いのかしらん。。。禿ヅラのイヤミな中年プロデューサーを演じたトム・クルーズが大爆笑で良かった~。なのにXは、社会派シリアスものや推理サスペンスものが好きなので、全っ然趣味が違う!

今すごく楽しみにしてるのは、ガイ・リッチー監督「シャーロック・ホームズ」。ロバート・ダウニーJr.がホームズでジュード・ロウがワトソン君。面白そうだねー。数日前も追加カット撮影をカムデンでやっていたらしいけど、本当に年内に完成するのかな~…早く見たーいっ。

あと完成は来年らしいけど、ティム・バートンの「不思議の国のアリス」、ジョニー・デップのMad Hatterが殆ど主役の扱い。イッちゃってるスチール写真見ただけで期待がふくらみますねぇ!公開されたら「アリス」旋風が予想されるので、ロンデパのKate Garey『ウサギ穴に落ちちゃった』バッグも今が買い時ですよ~きっと(笑)!!!

さてセントジェームズ・パークではリスに食べてもらえなかったパン、この子達には大好評でした。
a0123372_639878.jpg
カモの子供たちと、右端がお母さん・・・あ、違う子が混ざってるカモ。
a0123372_6503424.jpg

水鳥が大勢いて、ここでは普段より存在感がないハトだけど、一角にはちゃんと群れてました。お洒落な木陰のカフェ近くにて・・・テリア君がハトを追いかけたくて、ムズムズしている様子(^^)。
a0123372_711926.jpg
a0123372_655849.jpg
ペリカン島もあります。でも肉食だからパンには興味ないし、近くに来てくれません。去年リージェンツ・パークのペリカンが鳩を丸呑みしていた衝撃の写真報道を見て以来、「ペリカン=ワニ」という気がして、ちょっと苦手になったし。
a0123372_6592831.jpg
一回ダメになりそうに折れたけど、脅威の生命力で地面に向って葉を伸ばし続けている木。公園のガーデナーさん達のケアもばっちり。一見すると「可哀想な木…」 ところがどっこい、ど根性ガエル顔負けのタフな奴なのでした。私たちも見習いましょう~!

# by londepa | 2009-08-22 07:16 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

St. James's Parkの人気者は…

ビッグベンなどの官庁街ウエストミンスターとバッキンガム宮殿の間にある、セント・ジェームス・パーク。場所柄すごーく広大な公園ではないので、1時間あれば十分楽しめます。ウエストミンスター側入り口近くの掘っ立て小屋風の建物も可愛い。
a0123372_7334550.jpg
名物は、愛嬌あるリス。
a0123372_7324516.jpg
すごく観光客をナメているので、えーと、とてもフレンドリーなので、人間から手渡しで食べ物もらいます。この人からはピーナツもらってました。
a0123372_7363675.jpg
私もやりたい!でもパンしか持ってない・・・ま、試しに差し出してみました。
「パンだけど、食べてみる?」
a0123372_7433057.jpg

いきなりガブリ寄りをくらいます。
a0123372_746449.jpg
近すぎ。でも別にひっかいたり噛み付いたりしないからご安心ください。日光の猿のような窃盗・傷害行為はなく安全です。しかしこの角度で見て思ったけど、ディズニーのスティッチはリスがモデルかも…目元や指なんか似てません?

子供達に囲まれても動じず、平然とナッツを食べてて太っ腹。
a0123372_7561111.jpg
a0123372_822297.jpg
でも普通のリスと同じで、木の上は一番安心できる所みたいです。
a0123372_861611.jpg
ところで、私がちぎってあげたパンは結局食べてくれなかったんですよー。匂いをふんふん嗅いで、「やっぱナッツの方がいいや」って。

しばらく歩いたし、そろそろ公園を出ようかなーと出口に向いかけた時、ベンチでリス用のピーナツ売ってるお爺さんを発見。一袋50ペンスだよ~、と時々小声で言っているけど…あの~、思いっきり万引きされてませんか?
a0123372_8125130.jpg
と思ったら、サクラのリスだったみたいです。だってこのリスが芝生の方に行ったらお爺さんが、「スージー、戻ってきなさい」と呼び戻してたんだもの。。。

こちらは普通に新聞を読んでたおじさん。だけどリスが近寄ったら、ごく慣れた仕草でポケットからピーナツ出してました。毎日ここで新聞とリスの両方を楽しんでいるかんじ。
a0123372_8205684.jpg
私の庭でも時々リスを見かけるけど、この公園のリスほど人間慣れしていないから、こんなに接近できません。次回ここに来る時は、あのお爺さんからピーナツ買ってからリスに会いに行こうっと。

# by londepa | 2009-08-21 08:32 | わんこ・動物 | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line