エンジェルのインテリア雑貨屋・バトラー

アダム・クーパーの公演前に、エンジェルの駅周辺で少し時間つぶし。地下鉄ノーザンラインを普段まったく使わない地域に住んでいるため、このエンジェルやオールド・ストリートとは本当に無縁に過ごしています。だから興味深くてうろうろ…中でも気に入ったのは、ここバトラー。
a0123372_6115348.jpg
a0123372_612378.jpg
一人用の日差しよけカノピーは、イギリスではにわか雨にも活躍しそう(^^)…素敵な植木鉢カバーを衝動買いしそうになったけど、これからシアターだし荷物は増やしたくない。。。
a0123372_6164056.jpg
丼サイズのカップ&ソーサー型も、プラント用です。これで窓辺にハーブを育てたらカワイイな~!その向こうに見える「首だけ鹿」、「首だけトラ」は、最初の写真左上のように壁掛け用。シャレがきいてますなぁ。
a0123372_6221579.jpg
a0123372_6225860.jpg

キッチン用品コーナーは、いくつかのテーマ別にテーブルセッティング。サンゴ礁を模したキャンドルスタンド、欲しい。
a0123372_629281.jpg
地中海料理のテーブルセッティング・・・のバックに、うっかりインパクト大のお客さんを写してしまい、テーマのぼやけた写真に(爆)!!でもよく見ればパバロッティ似なんで、結果オーライかも?
a0123372_6293641.jpg
更に!!!お子様インテリアグッズ売り場では大いにモンダイのある商品を発見。↓
a0123372_6312589.jpg
普通の英国人はドラエもんを知らないから、これが変だって気付かないでしょう、、、きっとバイヤーさんは、「えーと、犬にウサギに・・・中国の青いサル?インドの青い象みたいなぁ?」くらいに思ったんじゃないかなー。

最近こんな雑誌買って・・・特にタイムアウト。10年以上ロンドンに住んでいながら、考えてみれば一度もノッテイングヒル・カーニバルに行った事ない。今週末なんだけど、やっぱり一度は見てみたいな~。祝日の31日は天気が良いって予報に出ていたし、行くっきゃないでしょうか?!
a0123372_6383599.jpg
それにしても、今年は大きなコンサートには行かずに終わりそうです。スノーパトロールが11月23日~25日にロイヤル・アルバート・ホールで演るけど、チケット£22.50~£76。安い席はステージを上から見下ろしてて超つまらないし、高い席は・・・高い。10月にマドリード、11月にライプチヒへ旅行するので、節約しなくちゃ~。という訳で、今年の音楽はフリーイベント中心なんです(笑)!!

★~おまけのニュース速報~★
今、アブソルートRADIO(もとヴァージンRADIO)聴いてたら、「数時間前にリアムがオアシス脱退宣言した」って。もうこれ以上ノエルと一緒にやっていけない!と公式離脱したそうですよ。でもラジオDJ達のコメントが可笑しくて・・・「きっと何年か休業後にまた、大々的にリユナイテッドして稼ぐんだろうね~。」 そういえば今年の大物リユナイテッド、ブラーのコンサートは大成功だったし、、、かなり的を得た予想かと。

# by londepa | 2009-08-29 07:01 | かわいい~♪ | Comments(0)

寿司ひろ夏季休業中。。。

「毎月一度は、ここで定期会議(?)をやろうねええ~っ」と、ラムちゃんと先月合意したばかりの、イーリングコモン寿司ひろ。何と今、9月下旬まで「夏季休業」なんだそうです。ショック~。それに9月下旬までって、、、秋じゃん?昨日の午後に行った美容院もその近所なので、寿司ひろの前を通りましたよ。こんな建物に入ってるお店です。
a0123372_5594813.jpg
このお店に来る時はいつも、「寿司!寿司!おーすーしーいぃぃー♪」と舞い上がり視野狭窄になっているので、お店のドアしか目に入ってませんでした。が、こう改めて見るとけっこう風情のある建物の中に入っているのに、初めて気付きます。

横のほうに年号らしきモノが見えるので、近づいてみます…
a0123372_611366.jpg
1905年築、エドワード朝の建物。といってもイギリスでは、この程度だと驚くほど古いとか、重要文化財指定というほどじゃないのですが。こういう古めのビルを見るとつくづく、「地震のない国だよな~」と感心します。こんなレンガ造りの建物なんて、日本だったら自殺行為でしょう!

美容院のあとは、サドラーズ・ウエルズ・シアターのあるエンジェル駅まで行き、ショー開演までに一時間ほどあったので腹ごしらえを…。何しろ会社を1時過ぎに出てからランチ抜きだし、ちゃんと食べとかなくちゃ!で、一人で簡単に、でもシッカリ食べれる大衆食堂みたいな店がいいなあ。。。と思ったら、中華バフェ(ビュッフェ)発見~☆
a0123372_6321261.jpg
a0123372_6402657.jpg
海老のから揚げ、ビーフ、北京ダック、野菜と麺。ダックの下敷きになっているけど、白菜炒めも美味しかったです。タイガービールをぐいっと飲みたかったんですが、ワイン一杯で自制しました。ショーの途中でお手洗いに立つのだけは、避けたいですもん…。

# by londepa | 2009-08-28 06:49 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

踊る方のアダム

午後は半日有休もらって、先日更新申請したパスポートを引き取りに、また大使館へ。もちろん、それだけじゃもったいない!3ヶ月ぶりに美容院へ行って、夕方はダンス専門の劇場・サドラーズ・ウエルズ・シアターへ。愛読の無料紙メトロで半額オファーしてた、アダム・クーパーのShall We Dance?を観てきました。今日は同行者ナシだけど、「おひとり様」もたまには良いもんですね~!
a0123372_7543219.jpg
チケット窓口のスタッフも割といいセンいってます。でも、この写真を見てしみじみ思う…「イギリス男子にとって、髪は長~い友だちじゃない」。ジュード・ロウやウィリアム王子が良い例、弟のハリーも顔がお父さん似だから時間のモンダイ。
a0123372_7564572.jpg
a0123372_757512.jpg
半額といっても£25、プログラムやTシャツなどは買わず、じっとガマンの子。右奥にあるバーでは、
a0123372_7593315.jpg
大好きだったBBCコメディAbsolutely Fabulousでジョアンナ・ラムリー演じたパッツィ似の女性がワインを。カウンターでは別のお客さんが頼んだシャンパンの栓をポン!と開ける音もします・・・お洒落だわぁ。
a0123372_82357.jpg
おつまみに売ってる、ティレルのクリスプス(ぽてち)。英国人の大好きフレーバー、ソルト&ビネガーが早くも売り切れてます、、、実はロンデパでも、クリスプスで一番人気あるのはこのフレーバー。湖池屋でもカルビーでもやってないお味ですからね~。そうこうしていたら7時半、開演時間です!生アダムを見なくちゃ。劇場内の撮影は禁止、ウエブ画像を取り込むのも著作権侵害だから、ウエブ画面を私のラップトップごと撮影、という荒業でご紹介しましょう!こういうの観てきたんですう~♪席も舞台から7列目のど真ん中で、バッチグー!
a0123372_8115320.jpg
サウスパシフィック、王様と私、オクラホマ!など映画音楽に多大な貢献をしたリチャード・ロジャースの名曲の数々を、生オーケストラとアダム率いるダンサー達がレビュー形式に踊りまくる趣向です。見応えのある、楽しいステージでしたよ。

でもアダムといえば、強烈な印象は映画「リトル・ダンサー(原題ビリー・エリオット)」の最後のシーンで大人になったビリーが舞台で踊る場面!親友のおかまっぽい少年が、「立派なオカマ」に成長し、客席で涙ぐんで見守るシーンに凄く感動しました~。そもそも彼、私はTVで部分的にしか見てないけど、気鋭振付師マシュー・ボーンの男性ダンサーだけで演る「白鳥の湖」で主役を演じたのが、脚光を浴びるきっかけでしたよねー。あれから10年くらい経ってる?

いつもながら私の記憶がアイマイなのでグーグルで確かめようと思ったら、出演したコメディ映画とか出てくるの。ええええ?変だな~。。。。で、よく見たら検索キーワードにアダム・サンドラーと打ち込んでましたよ(爆)!!!

そういえばサドラーズ・ウエルズのウエブサイトで見れる、「LEGO人形で再現した、ダンスの名場面集」が傑作です。www.sadlerswells.comで、Great Moments in Danceへ。お奨めはやっぱり、No.2 Matthew Bourne's Swan Lakeです・・・面白い~&可愛い~。

帰りの電車で久々にウエンブリー・スタジアムを眺めながら思い出した、火曜のフーリガン事件。東ロンドンの地元宿敵同士、ウエストハムとミルウォール…ウエストハムがプレミアムでミルウォールが(確か)ファーストとDivisionが違うため、2005年4月を最後にこの2チームが対戦する試合がなかったそうで・・・で、4年ぶりに決戦だあ!と燃え過ぎて加熱した結果が、あの惨状。「過去30年で一番悪質なフーリガニズム」と言われています。死者が出なかったのが不幸中の幸いデス。。。

# by londepa | 2009-08-27 08:49 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(2)

運河のフォーク・アート

運河の船カナルボート、別名は細長いからナロウ・ボート。その多くにクラシックな色合いで装飾的なペイントが施されていました。カナルボート・ペインティングとかカナル・フォークアートと呼ばれるペイントの手法です。これは、そんな手塗りの可愛らしい小物を売っているボート(店)の屋根に並んでました。
a0123372_6304959.jpg
特にこの、実用ではきっと使わない古式ゆかしい秤が欲しかったな~。
a0123372_6312298.jpg
川沿いのパブ前で2艘、二人の女性が制作しつつお店番しつつ子守りもしていました。このボートは、彼女達の家でもあるようです。
a0123372_6411696.jpg
a0123372_644333.jpg
今ある運河ボートの原型になる船が作られたのは18世紀だけど、その装飾であるカナルボート・ペインティングは19世紀半ばから発展し始めたんだって。鮮やかな彩色なのに、懐かしいような気持ちになる、素朴lな模様…。
a0123372_659432.jpg
でも、一番の売れ筋商品はコレ!「カモのえさ」一袋50ペンス。だって、この少年のような子が沢山いるんだもの。
a0123372_731744.jpg
カモどころか、大きなハクチョウたち。しかも羽根がまだ茶色っぽいのは子供の証拠、なのに親並みにデカイ…という事は人間でいえば、
親の2倍3倍はヘーキで大メシを食らう、恐るべき中高生並みの食欲だ!
少年、この一袋が終わった後すぐにお店に引き返し、あと二袋追加購入しました(^^)。

そんな一部始終を見ていたのはこのパブ、The Anchorという直球勝負な店名です。
a0123372_7101426.jpg
a0123372_7104171.jpg
運河のお散歩&小学校レベルの社会科見学のあとは、大人に戻って冷えたサイダー!X君は運転なのでコーラで我慢してます…ごめんね~、サイダーすっごく美味しいよ~。

これは散歩中にもっと奥の上流にあった、本格的な水門。さすがに手動じゃ無理でしょう。
a0123372_7154117.jpg
a0123372_7161557.jpg
1884年製造らしい…その向こうに見える家は、
a0123372_719539.jpg
昔は水門番が住んでいた家でした。

橋の階段でへばっていたパグちゃん、、、けっきょく抱っこされてました!
a0123372_725585.jpg

今日、会社のお昼休みにユーチューブで見てたPut-Pocketingは愉快でした~。Talk Talkという電話会社が「ウチの電話は安くてお得。お金を返してもらってるくらいお得!」という宣伝でやってるプロモーションです。スリ(Pick-Pockets)の反対で、10ポンド札や20ポンド札を、ロンドンの繁華街で通行人が気付かないうちにポケットやバッグにこっそり入れちゃうの。20人強の実行チームは全員、更生した「もとスリ」なんです!メンバーの一人が言うには、「過去に色んな人から盗んだのを、色んな人に返したみたいで充実感あります」、、、被害者に直接お返ししてないから、それは少し違うと思うけど、、、でも気持ちは分かる感じ。

押尾容疑者も酒井容疑者も、更生して青少年への反ドラッグ教育にご奉仕してください!きっと株が上がるよ。

# by londepa | 2009-08-26 07:40 | かわいい~♪ | Comments(0)

自由研究。「うんがのしくみ」1ねん2くみ ろんぱらまさこ

「きょうもあつくなりそうだね、まこちゃん」と、えっくすくんがゆいました。
「だからきょうわ、うえいがわにいってうんがぼおとをみにいこうか」
「ええー、うんがってなにい?」
「ほんとにおおばかだなあ、まこちゃんわ。じゃあぼくがおしえてあげるよ」
「わあーい。いってみよう!」
「よおーし、やってみよう!」
、、、この調子で続けると私も読んでくれる人もツライので、やめときましょう。
a0123372_617487.jpg
またこんなに天気の良い、暑いくらいの週末になりました。日曜のお散歩は、また涼感漂う川辺へ・・・今回はテムズの支流、ウエイ川です。そういえば、出かける前に何度か母国ギリシャに電話してたX君。今、大規模な山火事で大変なことになってるマラソンの町には親友が、アテネには両親と兄夫婦がいるので・・・でも皆、無事だってわかって安心していました。それで、お散歩へGO!
a0123372_628131.jpg
a0123372_6305199.jpg
水上生活っぽい個人のボートもあれば、行楽用にレンタルできるボートもあります。オックスフォードや色々な上流の方から、テムズ下流に向かって数日~1週間などかけて川下りを楽しむ人たち。もちろん中は、寝泊りできるキャビンになっています。子供達の夏休みも残り少ないけど、これなら素敵な思い出になるでしょうね~。
a0123372_636551.jpg
↑…川で洗濯したのかな?
a0123372_6422848.jpg
遊歩道をはさんで川の反対側は、会費の高いメンバーズ・オンリーのゴルフ場。ゆ~が~。
a0123372_6472876.jpg
ゆったり、ゆっくり流れる穏やかな川、歩く速度とあまり大差のないカナル・ボート。見ている私たちにも、そのユル~イ「川時間」がうつってきそうです。
a0123372_657736.jpg
さて運河。パナマ運河のミニチュア版だよ、と親切にX君が解説してくれます。その様子はほとんど、冒頭のような調子です・・・う、運河くらいわかってらい!・・・たぶん大体は。あ、もうすぐボートが運河の堰で止まります。LOCKというのは、日本語だと堰でよいのでしょうか。そのロックを開けないとボートが通りません。さて、ここではどーするのでしょう?
a0123372_722285.jpg
①まず、水門を開けて、水をじゃばじゃばじゃばーっと流します。上段と下段の水面が平行になったら、
a0123372_7243210.jpg
②せ~の!とゲートを開けて・・・
a0123372_7263039.jpg
③めでたくボート通過!白髪のおじさんが、力一杯ロープを引いてボートを先導。ギックリ腰にならないようにね!・・・と、ここまですべて手動。ボートに乗ってる人々が、自分達でやります。
a0123372_7371177.jpg
今日、これを実際に見て思ったこと=仕組みは理科だが、全体的には何となく社会科。どちらも私の苦手分野なので、X君のエラソ~な解説ももっともなのでした、、、とほほ。ちなみに自慢じゃないが、算数はもっと苦手だぞ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「おきらくごくらくロンパラの輪っ!」
これを↓クリックしてくださると、輪が広まるみたい…♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

# by londepa | 2009-08-25 08:04 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line