ハクチョウを食べない本当の理由は・・・。

ずーっとブダペスト&ウィーンの旅行紀ばかりアップしてたら、ここ1ヶ月の身近な写真が溜まっちゃいました。特に、例年より暖かかった9月の後半~10月初旬!インディアン・サマーだ~♪ って英国中が浮き足立って行楽にいそしんでました。

だから私も、旅行から帰ってきた週の土日は・・・久しぶりに来たX君ちで、寝坊せずに午前10時半に起床!(あっ、それでも一般的には寝坊してますか?私の場合、週末の大寝坊は午後2時過ぎもザラなんで。。。)

さーて、張り切ってお散歩お散歩!今日も天気はOKかな?ってチェックするため2階の窓から外を見たら、

a0123372_6533141.jpg

X君ちの前に、こんなクルマが路上駐車してました。寝起きの寝ぼけ眼にも、クルマにいっぱい点々と何かが付いてるのが分ります・・・。

よーく見たら、一つ一つがバラやカーネーションなどの花でした。更に後でX君のクルマ(←上の写真では見えないけど、その右側にあった)に乗り込む時に近くで見たら、一輪ずつセロテープで留めてあったんですよ☆

どうも、この近所のアジア系ファミリーで結婚か婚約を祝うハウス・パーティーがあったみたい。手作り感が溢れてて、リッチじゃないけど幸福なカップルになりそうですよねぇ。

a0123372_752783.jpg

その日は、10~15分のドライブで行けるオスタリー公園でお散歩する事に。ナショナル・トラスト所有の公園としては、X君ちから最も近い場所にあって便利なんです。

a0123372_782835.jpg

ザブザブと池に飛び込む、水遊び大好きわんこに付き合っている人達がいたり・・・・

a0123372_7125474.jpg

ゆる~い雰囲気で釣りを楽しむカップルがいたり。9月後半のイギリスとは思えない陽気を、皆が楽しんでいました。

a0123372_7194326.jpg

あ、ハクチョウ。イギリスでは女王様が全てのハクチョウを所有しているのは有名ですよね?

でもイギリスって、昔はハクチョウを食べてた歴史があるんですよー。チューダー朝のエリザベス1世くらいまでは、食卓にのぼってたんだって!!!でもイングランドの全てのハクチョウは王室が所有すると制定されて以後はハクチョウ捕獲は犯罪行為となりました。

でもね、私は思うんですけど・・・

そもそも、ハクチョウって不味そうだ。

カモメもペンギンも不味そうですよねぇ。大抵の水鳥って冷たい水に耐えられるように、皮下脂肪がハンパじゃないと思うし・・・。カモが例外なのは、小さいから脂肪層もそのぶん他の水鳥よりも薄いからじゃないかな?あ、アヒルも少し食用にされてるっけ。

もしハクチョウが美味だったら、いくら法律で禁止されてても絶対に密猟者がいると思うんです。でも、だ~れもそんな事しない・・・それは皆が法律遵守している善良な国民だからではなく、ただ不味いからじゃないでしょうか。

a0123372_7523232.jpg

・・・・そんな私の想像を立証してくれるような証言を、「ガーディアン」の質問箱で見つけました!

シェフィールド在住クリス・ヤングさん曰く、

「私の父親は昔ハクチョウを食べたそうだ。電線に飛び込んで死んだハクチョウを、パブのシェフだった友人が拾ってきたらしい。プロのシェフが料理したにも関わらず、肉は硬いし脂っこいし、とても食べれたシロモノじゃなかったと言っていた・・・(後略)」

ああ、そうね~。脂ぎってるだけじゃなく、筋肉質で硬そうってのも言えてる気がする。。。だから、ハクチョウを食べない理由は女王様が所有しているからってだけじゃなく、単に誰も食べたくないんだと思うんですよ!

じゃあチューダー朝の人達って、どんな料理法で食べたのかしらん。下茹でなどで脂を抜いてから、シチューみたいにじ~っくり煮込んだとか?同じ質問箱で、別の回答者が「ハンプトン・コート・パレスの『ロイヤル・チューダー・キッチンズ』という料理本に色々なレシピが載っている」って言ってます。しぇ~~っ。

チューダー朝っていえば、何といってもヘンリー8世ですが。。。

a0123372_4505061.jpg

この人だったらハクチョウの丸焼きをモリモリ食べてても、そんなに違和感がない気がする強烈キャラ★ですよね!?

色んな動物がいる中で、今も人間がフツーに常食しているお肉って、考えてみればほんの数種かもしれません。きっと特に味が良い+飼い易かったから食用にされてきたんでしょうねぇ。

a0123372_8102230.jpg

あら、牛と目が合っちゃった。いやいや、別に・・・君をこれから食べようと思って見てる訳じゃないから!何気に散歩してるだけだからマジで!!

a0123372_819221.jpg

馬も少しは食用になってるけど、何しろ乗馬や労働力としての働きぶりが抜きん出てるよねー。今でも機械のエンジンで馬力(ホースパワー)という単位が使われてるくらいだもの。ところで、この飼育係さんのピンクのゴム長が可愛い♪

a0123372_8231517.jpg

オスタリー公園の牧場では、乗馬体験レッスンもやってるみたいです。初めてなのか、少年は緊張気味。がんばれ~!

a0123372_82638.jpg

「ブヒヒ~ン!おいしい干草だよ。羨ましいだろう~?あ・げ・な・い・よーん」と言ってるような、得意顔の馬。。。

a0123372_8323166.jpg

公園の一角にある18世紀のマナーハウスは一般公開されてて、私達も去年の春に入りました(その時の様子は、こちらの過去ログにて・・・)。当時の家具や絵画も沢山あって、見応えありましたよ~。

a0123372_849467.jpg

元は厩舎だった建物。今はナショナルトラスト・ショップ、カフェ、インフォメーションセンターになっています。ショップに入ってみたけど、今回も買い物しないで帰ってきちゃった・・・。散歩中って、どうもポケットのカメラ以上の荷物は持ちたくなくってねー。

a0123372_851568.jpg

でも、これは次回行ったら買ってみようかなぁ・・・・蜂蜜と蜜ロウの石鹸。なんか良さそうな予感がする。すごくする。

a0123372_8544635.jpg

肉、じゃなかった動物をいっぱい見たお散歩の後は、X君ちに戻ってお昼ごはん。私がハクチョウを見ながら考えていたことを見透かしたわけじゃないと思うけど、その日のX君が作ったのは肉なしメニューでした。笑

アボカドとモツァレラ・チーズとトマトのサラダ。生バジルとレモン果汁とオリーヴオイルが、たっぷりかかってます。それにパンとワインで、イタリア農家のランチ風?

今はすっかり寒くなっちゃったけど・・・小春日和ののほほん散歩、明日はウィンザー編をお届けしますね♪

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



by londepa | 2011-10-20 09:20 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line