人気ブログランキング | 話題のタグを見る

黒人のヒースクリフ 新作「嵐が丘」

先日、会社帰りに無料紙イヴニング・スタンダードを暇つぶしに読んでいたら・・・今週金曜にUK公開の新作映画・「嵐が丘」で主演した若手女優さんのインタヴュー記事がありました。

その女優さんはカヤ・スコデラリオっていう人。父親がイギリス人で母親がブラジル人で、でも父親は彼女が1歳の時に出奔したから母親に育てられて色んな苦労して云々、、、という生い立ちなど個人的な内容だったんだけど。それはともかく、

黒人のヒースクリフ 新作「嵐が丘」_a0123372_7575716.jpg

この新作、「嵐が丘」はヴェネツィア映画祭で「最優秀撮影賞」もとった話題作らしいのですが・・・ヒースクリフが黒人という設定だって事も、割と注目されてるようです。

へ~そうなのかぁ~、って色々と見てみたら本当でした。こちらは、少年少女時代のヒースクリフとキャシー。↓↓↓

黒人のヒースクリフ 新作「嵐が丘」_a0123372_884590.jpg

アンドレア・アーノルドという女性監督の作品。古典ともいえるエミリー・ブロンテの有名な小説を、新しい観点で描いた「嵐が丘」って印象ですねー。

黒人のヒースクリフ 新作「嵐が丘」_a0123372_8181262.jpg

ちょっと良さそう・・・見たいかも?!ちなみに、この映画で大人になってからのキャシーとヒースクリフの画像には良いのがなかったのですが、ヴェネツィア映画祭に出たときの写真を見つけました。

黒人のヒースクリフ 新作「嵐が丘」_a0123372_8204829.jpg

真ん中が監督、その監督の両脇が成人後のキャシーとヒースクリフを演じた2人。いちばん端っこ両側は、少年少女を演じた子たちだと思う・・・何かあっという間に映画の時より成長してますが、ティーンエイジャーなんてそんなもんだよね。

こういうのは女性同士か1人で観に行ったほうが、その世界にどっぷり浸れて良い気がする・・・Aちゃんが帰ってきたら、エサで釣って一緒に行こうかなぁ~。笑

そういえばブロンテ姉妹中、両横綱のもう一人シャーロット・ブロンテ作「ジェーン・エア」も、新作映画は女性監督でしたっけ。キャリー・フクナガという日系アメリカ人監督みたいですね。

黒人のヒースクリフ 新作「嵐が丘」_a0123372_8305095.jpg

ジェーンを演じたのはミア・ワシコウスカ、ロチェスター卿はマイケル・ファスベンダー。それに、この前タンタンの声やってたジェイミー・ベルも出てるそうで・・・。

黒人のヒースクリフ 新作「嵐が丘」_a0123372_8314899.jpg

この「ジェーン・エア」はUK公開が9月だったから、来春くらいにはDVDも出るんじゃないかな?英国では大体、劇場公開から半年前後でDVD発売ってのが目安らしいから。

ブロンテ姉妹の代表的な小説2編を、両方とも女性監督が撮ったというのが・・・黒人青年のヒースクリフと同じくらい、気になっちゃいませんか?!出来れば、セットで両方とも観たいなーと思ってます♪


★★★イギリスの日本人コミュニティ、皆さんが頑張って地震・津波被災地の支援イベント・募金活動をしています♪ 下記のリンクに、それら支援活動の告知板があります。オンライン・ジャーニー
英国ニュースダイジェスト
ジャパン・アップデート
私も出来るだけ参加してるので、偶然お会いしちゃうかも?!★★★


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2011-11-11 08:51 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(2)
Commented by Luca at 2011-11-12 14:23 x
ロンパラ様
先日は名前を入れるのを失念してしまいたいへん失礼申し上げました。失態お許しください!!!今日の記事は見逃せませんでした!!というのも、私が、英国に強くひかれるようになったのは、嵐が丘がの影響だったからです。当然、プロポーズも、ヨークシャームーアの荒れ地で・・・という今考えると恥ずかしい注文をしたものです。でもそれほどに、荒涼とした地でも、想像力を絶やさなかった、ブロンテ姉妹らをすごいと思ったし、当時としては極めてセンセーショナルな恋愛関係を書いたのもたいへんな事だと感動ばかりしていました。しかし、ヒースクリフが黒人の方ですか?驚きですんね。私は、ラルフ・フィンズのファンなので新しい映画をみたときタッチの違いにどのように感じるか今から楽しみです。でも、ヒースクリフが、キャサリンが亡くなってもなお、狂おしいほどに思い続けてくれるのならそれでいいですが(結局そういう憧れ!?)またまたいい事を教えてくださりありがとうございました。今週末は、カーディフ行きで早起きでした。真っ暗!!ロンパラ様、いつもありがとうございます。
Commented by londepa at 2011-11-13 07:21
Lucaさん、週末はカーディフなんですね。一度そこを素通りした事あるんだけど、ウェールズ語って不思議ですよねぇー。道路標識に判読不可能の地名がいっぱいで。。。

嵐が丘ファンでいらっしゃったのですか~。私はウォザリング・ハイツといえば、真っ先にケイト・ブッシュの「いっちゃってる」歌を思い出してしまいます。でも、この映画は観てみたいなーと思ってるんですよねぇ。

・・・で、ヨークシャー・ムーアの風吹きすさぶ荒地でプロポーズさせたのですか、マジで?!Lucaさん凄いです、それ。
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line