地下鉄のクリスマス・キャロル

昔と違って教会離れが進んでいるらしいけど、やっぱりクリスチャン精神が根底にあるせいかチャリティ活動に熱心なイギリス人。特にクリスマス・シーズンになると、そんな慈善活動が更に盛んになります。

信仰のせいだけじゃなく、ディケンズの「クリスマス・キャロル」でクリスマスの亡霊にたしなめられて改心し、慈善に目覚めた金貸しスクルージと同様に、自分の一年間を振り返って「みそぎ」をして魂を清めたい心情に駆られるのかもしれません。

普段でも、駅の改札でこんな募金活動をしている人達を見かける事は多いですよ~。

a0123372_6121986.jpg

ピンクの腰みの(?)がよく似合う男の子が、乳ガン患者救済のチャリティ団体のために募金活動していたり・・・・

a0123372_6132714.jpg

いつもはクールに装っている筈の青年が、ペンギンに扮して幼児を虐待から守るチャリティ団体のために頑張ってたり。

駅の構内でこのような活動をしているのはロンドン交通局から許可された団体のみだから、私はこういう人達には募金します。それに、募金もせずに写真を撮るなんて失礼な事はできません!

絶対に募金しないのは、ドア・ツー・ドアの人達ですねぇ。個人宅を訪問して募金してくれという人達は、登録証とか首から提げてても本物かどうか私には識別できないし。悲しいことに、慈善を装った詐欺というのも確かにあるから、、、。

先日ピカデリー・サーカス駅に行ったら、改札前にこんなグループが。

a0123372_6312330.jpg

20人くらいの若者たちがクリスマス・キャロルを唄いながら、通り過ぎる人々に募金を呼びかけていました。

a0123372_6332966.jpg

歌っていた聖歌もクリスマス気分満点だし、ささやかな募金をバケツに入れて私もちょっと心が清められた気がしました。

募金活動とは違うけど、ロンドンの地下鉄駅にはバスカー(大道ミュージシャン)専用のスポットもあります。

a0123372_640051.jpg

これはもう実力の差がまちまち。それに聴く人によって、好みの音楽かどうかも違います。ロンドンでは有名な日本人バスカー、土門さんも活躍しているんですよ♪

a0123372_6425187.jpg

いかすギターを爪弾くお姿を、私もこうやって何度かお見かけした事あります。お話するととても物静かで、優しいお人柄のギタリストさんです。

そうかと思えば・・・・先月はオペラ歌手の大スター☆キャサリン・ジェンキンスが、茶色いカツラとボロい服で変装してレスター・スクエア駅でバスカーとして熱唱したそうです。

a0123372_6482033.jpg

イヴニング・スタンダード紙の付録雑誌・ESマガジンの企画で、いつもの金髪グラマー美人のセレブ歌手としてではなく、無名のオペラ歌手として45分の熱唱ののち集まったお金は・・・たったの16ポンド!もちろん全額チャリティに寄付したんだって。^^(上の写真はこちらのサイトから拝借しました)

a0123372_6543668.jpg

先日ジェフリー・ミュージアムに行った帰りには、リバプール・ストリート駅で途中下車しました。この駅中にあるファーマシー「ブーツ」で、ちょっと買い物があったんです。

a0123372_6581065.jpg

それにリバプール・ストリート駅は、私にとって特別な駅!!!この国で初めてパートタイムの仕事をした時、ここが最寄り駅だったんだもの・・・。大きなターミナル駅だから、何処かへ行って途中でここで乗り換える機会があると、つい途中下車して思い出に浸ったりしちゃいます。

a0123372_7124129.jpg

18年くらい前、それとももう19年近いのかな・・・。駅を出てすぐの、このブロードゲイト・サークル周辺にイギリスで初めて働いた職場がありました。ここは真ん中が広場になっていて、夏はジャズ・バンドが演奏していたり、

a0123372_7153925.jpg

冬はこのように、スケート・リンクになったりするんです。小さなスケート場だけど、なかなか繁盛していますねぇ。

本来の目的「ブーツ」で買い物も済ませたし、そろそろ地下鉄で帰らなくちゃ。ってまた改札を抜けてセントラル線のプラットフォームへ向かう途中、味のある歌声が素敵なバスカーさんに足を止めました。

a0123372_7211323.jpg


「オズの魔法使い」の主題歌、「虹の彼方に」をブルージーで少し切ないアレンジにして歌ってました。サンタクロースの衣装だったけど、着崩し方がちょいワル風で映画「バッド・サンタ」みたい?笑

私の好きなスタイルの音楽だったので、もちろん小銭を差し上げたけど・・・実は彼だけじゃなく、

a0123372_72763.jpg

リズム担当の相棒たちが最高でした。猿はベース、毛むくじゃらマペットはドラム★ リズムに合わせてカクカク動く様子が、かなりウケてしまった!!!

a0123372_7321385.jpg

電車を待っている間、何気に壁のポスターを見たらフレディ様もサンタのお帽子を被ってらっしゃるし。

クリスマス・キャロルを歌う慈善グループだったり、素敵な音楽を聴かせてくれるバスカーさん達だったり・・・・ロンドンの駅は音楽がよく似合うなぁ。

募金やチップは小額で申し訳ないけど、そんなロンドン地下鉄のミュージシャン達に感謝!彼らにも素晴らしいクリスマスとなるよう、お祈りしています♪


★★★イギリスの日本人コミュニティ、皆さんが頑張って地震・津波被災地の支援イベント・募金活動をしています♪ 下記のリンクに、それら支援活動の告知板があります。オンライン・ジャーニー
英国ニュースダイジェスト
ジャパン・アップデート
私も出来るだけ参加してるので、偶然お会いしちゃうかも?!★★★


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2011-12-22 07:49 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(2)
Commented by Luca at 2011-12-23 05:41 x
ロンパラ様
こんばんは。先日から、なかなか行きにくいイーストロンドンのアート一群ご紹介ありがとうございます。ウォールアートといっても普通のアート以上のクリエイティビティで圧巻ですね。ちょっとだじゃれなうまのライトも笑ってしまいました。でも一番の第一は、Rock Youのポスターでサンタのハットをかぶってるところ!超かわいい!飛び上がってしまいした!!!よくぞ見つけてくださいました。
もう22日だというのに、年末年始の予定がフィックスできていないとんでもない異になっているのですが、ロンパラ様のブログを拝見してると、いつも平常心に戻って気持ちが落ち着きます。ありがとうございます!!
Commented by londepa at 2011-12-23 12:16
こんばんは~Lucaさん。師走はいつもの倍で忙しくしていらっしゃる事でしょうねぇ。また風邪でダウンしないよう頑張り過ぎないよう、ほどほどに・・・。

フレディ、Lucaさんもお好きなんですね?!嬉しい!!!他のメンバー達がまだまだ元気なのを見る度に、本当に惜しいと思います。あんなに凄い才能の人だったのに惜しまれてなりません・・・人間て生きててナンボのもんだ、と凡人ながら思ってしまいます。

東ロンドン、たまに行くと面白い所ですね~。また時間のある時に、ふらっと行ってみたいです!
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line