人気ブログランキング |

ファンタスティックな映画「ライフ・オヴ・パイ」

お正月!イギリスでも元旦だけは祝日です。クリスマス・デイからしつこく長引いてた風邪もやっと治まってきたので、今日は例年どおりお雑煮を作ることが出来ましたー。

a0123372_1055248.jpg

おつゆは醤油ベースで、昆布と干し椎茸がたっぷり入ってます。それに長ネギみたいなリーク、人参、鶏肉、海老、ホウレン草。ついでに今回は、まだ風邪が治ってないAちゃんのために生姜も追加した!

お餅はサトウの切り餅つきたてシングルパック。Aちゃんと私は2個ずつ、JS君は今年も3個でした。去年初めてお雑煮(というかお餅そのもの)を食べたのに、問題なく平らげてるJS君です。でも箸だと食べれなくって、フォークとスプーン使ってるけどね。笑 まあ、残さず完食しているから合格です。

お雑煮の他は、なーーーんにも一切お正月らしい事をしない我が家。昨晩の大晦日は友人宅のニューイヤー・カウントダウン・パーティーに行ってて、午前様で帰って来たAちゃんとJS君は今日も一日家にいるって言うんで、私はハロウの映画館へ!

クリスマス休暇の間に観たかったのに、風邪で延期していた映画があったのです・・・。それは、

a0123372_10205451.jpg

「ライフ・オヴ・パイ」!!!!

日本語のタイトルでは副題に、「トラと漂流した227日」ってのもくっ付いてます。キャッチコピーでは、「なぜ少年は、生きることができたのか」・・・。でも実話じゃなくてフィクションなので、こんなまるで漂流生存サバイバル指南みたいにも受け取れるコピーってどうかな。

インドでホテルや動物園を経営していた一家がカナダへの移住を決意して、動物たちと一緒に大型客船で新天地へ向かう途上、大嵐に見舞われて船は沈没。少年パイは数匹の動物と共に救命ボートで大海原へ・・・。最終的には、ベンガル虎とパイだけになっちゃうの。

そんな状況で生き延びたこと自体、まずあり得ないんだけど、、、でも寓話だから。生命の尊さ、自然(宇宙、ユニバース)の驚異、神、について観る者が考えるためのメタファーなんです。だから荒唐無稽なストーリーなのに、無理なく心に染み入ってくるんですね。

a0123372_1037739.jpg

漂流中は当然ながら、海々々空々々・・・とパイと虎・・・そして海々空々、の繰り返し。なのに全然飽きなくて、その幻想的な映像美にウットリ見とれてしまいました。

光るクラゲが星のように一面を照らす海や、クジラの神々しさに息を呑んだかと思うと、もうこれで餓死か?と絶望してるタイミングで飛び魚の大群がやってきてビチビチビチビチビチビチとボートに降ってきたり、パイと虎がオシッコで縄張り争いしたり。笑

原作となったヤン・マーテルの小説は読んでないけど、小説のファンだった人の方が映画版を観るのは怖いかもしれないですよねー。だって本を読んで自分の中で想像した映像と違う部分があったり、ハリウッド映画の商業臭さを感じちゃうかもしれないし・・・。

だから私は小説と比較できないんですけど、アン・リー監督は原作を読んでない私みたいな人にもよく分る、とてもまとまりの良い作品にしてくれたと思います。

ただ一つ「あれれ・・・」だったのは、終盤に出てくる日本人2人(でも役者さん達はきっと非日本人だと思う)。沈没した客船の製造会社から派遣された事故の調査員という役柄でしたけどね、あのシーンを冗漫に感じたのは、私が日本人だからかしらん。。。

ちなみに気高い虎の名前は、リチャード・パーカー。映画の公式HPに出ていた、その名前の由来がとっても興味深いですよ。こんな人間みたいな名前を虎につけたのも、原作者マーテル氏による寓意なんですねぇ。

「何があっても希望を捨てちゃいかん!希望を胸に、人生という大海原へ漕ぎ出して行こ~~」という気持ちになる映画ですので、新春第一弾に相応しい良質な作品だったと思います。日本でも1月25日公開!

(あ、あと私は2Dバージョンの上映を選びました。2時間の映画だと、3Dは途中で疲れてきちゃうんですー。。。)

a0123372_11302599.jpg

ハロウの映画館では、次回に使える割引券ももらいました♪ 

先日ふれた「テッド」も「ライフ・オヴ・パイ」も日本での公開はこれからだけど、イギリスではミュージカル映画「レ・ミゼラブル」が日本より遅くて1月11日から。だから、この割引券で絶対に観るつもり!!!

ミュージカル版はウエストエンドの舞台で、映画はミュージカルじゃなくて原作により忠実っぽい1998年制作のを観たことあるの(詳しくはこちらの過去ログで)。そっちはジャン・バルジャン役リアム・ニーソンと刑事ジャベール役ジェフリー・ラッシュが熱演。

新作のミュージカル映画では、テナルディエ夫妻のサーシャ・バロン・コーヘンとヘレナ・ボーナム・カーターの怪優ぶりが楽しみ~。わくわく♪

さーてと。1月2日からは平常に戻るイギリス、とはいってもクリスマス前後も大晦日も仕事だった私には、元々あんまりホリデイだった感じしません。

しかもその間は平日でもバス&地下鉄が週末スケジュールの運行だったので、朝も夕方も通勤時間がいつもより長くかかって不便でしたー。T_T だから明日から通常運行に戻って、かえって嬉しい!

a0123372_11481632.jpg

↑今週末までアテネで帰省中のX君から、ニューイヤーのお祝いメールに添付してあった写真。

お料理上手なお母さんが作ったケーキかな?アイフォンで加工してあるらしい・・・でもケーキのサイズがよく分らないから、何だかドラ焼きみたいに見えちゃうんですけどー。^^


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪

by londepa | 2013-01-02 12:06 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(4)
Commented by 雛菊ママ at 2013-01-02 14:04 x
londepa様。

新年明けましておめでとうございます。

広島市から雛菊とマリアとAineが明けましておめでとうです。

広島市はものすごく寒くて晴れいたかと思うとすぐに雪の雲が空を覆ってしまうって感じです。

londepa様の今年の活躍 楽しみにしていますね。

そして私はほぼ毎日こちらに訪問してイギリスの様子を楽しく拝見したいと思っております。

今年もキャスキッドみたいなアリスみたいな薔薇とか女王とか色々色々お願い致します。

Commented by shidekubo at 2013-01-02 23:09 x
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

笑われるかもしれないけどこのお正月休みに
イギリスに来てから初めて 地元のシネマで映画を見ました。
3Dっていうのも初体験で、何だか目がまわっちゃいました。
ろんぱらさんの見た映画とは違っていたのですが、
せっかく3Dメガネを買ったので、機会があったら
紹介している映画、見てみたいと思います。
Commented by londepa at 2013-01-03 05:07
雛菊ママさん、新年おめでとうございます!広島、そんなに寒いのですか・・・?ロンドンはここ2週間くらい日中は12度前後で、珍しく過ごしやすいクリスマス&お正月でした。なのに風邪は蔓延しています。変なの~。。。

今年も雛菊ちゃん達と一緒に、楽しく健やかに毎日をお過ごしくださいね~♪

Commented by londepa at 2013-01-03 05:13
shidekuboさん、明けましておめでとうございますー♪ 今年も可愛らしい小鳥やリス達のマネージャー業に邁進してくださいね。

「ライフ・オヴ・パイ」、すんごく良かったですよー。でも鳥はあんまり出てきませんでした。あ、冒頭のフラミンゴは印象的だったわ。

虎は何度も「ぐわーっ!」ってパイに向かって飛び出してくるので、そういう場面は3Dだとド迫力だと思います。あとクジラのシーンとかも。うううー、、やっぱ私ももう一度、今度は3Dで観たくなってきました!笑
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line