Flower Power♪

ガーデニングらしき事なんて、たま~に渋々と芝刈りして伸びすぎた枝木をテキトーに切る以外は何もやらなくなって久しい私でございます。少なくとも過去7~8年は、そんな調子。

a0123372_632640.jpg

だから、このフーシャは最低でも8歳。もしかしたら9歳いってるかな?両隣にある青と白のプランターには、何が植わってていつ枯れ果てたのかすら憶えてないほど放置されてます。><

なのに一番奥のド根性フーシャだけは、毎年イキイキ春から秋までずーーーっと花を咲かせ続けてくれるんです。しかも気のせいか、年々少しずつ大きくなってる・・・いずれは木になるつもりなんだろうか?

更に、最初は全体的にピンク~紫ピンク系の花を咲かせてたのですが、

a0123372_6413888.jpg

最近は真ん中が青っぽいのも加わって、一本で2種の花を咲かせるようになりました 大抵の品種ってのは色んな掛け合わせらしいから、大きく育って枝分かれするにつれて「原種A」「原種B」とかの遺伝子が分かれてきちゃったのかなぁ??

1年のうちマジで半年くらい咲き続けてくれるので、ズボラな私にとっては超ありがた~い貴重な庭の彩りです♪ でも、もう10月・・・そろそろ初霜も近いんじゃないかしら。

a0123372_653720.jpg

なのに、まだ頑張って蕾を開かせようとしてるし!!!とはいえ何度か霜が降りる頃には、まだ沢山ついてる蕾も一緒に霜枯れしちゃうんですけどね~。

それにしても、こーゆーのを目の当りにすると「植物の生命力ってスゲーや」って感嘆せずにはいられません。綺麗な花にはトゲがあるとは限らないけど、すんごいパワーがあるんじゃない?

a0123372_7001.jpg

そして先日は、オーガニックなファーマーズ・マーケットで毎週末お買い物している同僚女史から、エディブル・フラワーを1パックお土産に頂きました。

色とりどりで美しい花たち・・・でも、どーやって食べるのん?自慢じゃないけど私、黄色い小菊の花の天ぷらとか菜っ葉の先にちょ~っとだけ開きかけた蕾のついた菜の花のお浸しくらいしか、花の料理なんて思いつかないのよ!

広義でいうとアーティチョークも朝鮮アザミの蕾だろうしフキノトウだって似たような意味で花なんだろうけど、、、あと和菓子には桜の塩漬け、洋菓子にもスミレやバラの砂糖漬けなんかもあるけど、、、でもやっぱ花瓶なんかに飾って似合いそうな花ってね、自分じゃ調理しないもの。

洒落たレストランなんかで、お料理のトッピングになってるのは何度か食べてるけども・・・「しおれちゃうから、今日中に食べて下さいね♪」という1パックもの花、一体どーすれば。汗 

a0123372_7245781.jpg

良いアイディアが思い浮かばず、花⇒ミツバチ⇒蜂蜜なら合うのかな?って連想で。蜂蜜&ヨーグルトに思いっきり全部ぶち込んでみましたー。

では、食べてみます。

・・・サラダ野菜くらいの食感かな。あ、でも紫色のは苦いいい!(涙)うう~~ん・・・他の調理法ならば良かったのかしら??

とはいえ、コレは意外においしかった。↓↓↓

a0123372_733017.jpg

エディブル・フラワーの下に敷いてあった、この葉っぱ。食用花のパックに入ってるんだから、コレも食べられるんちゃう?と思って齧ってみたら・・・。

ものすごーく美味!少しだけピリっとしてて、まるでカイワレ大根かラディッシュの葉っぱみたいな味 この葉っぱ10枚は、いつもの和風キャベツ・サラダに混ぜて・・・いと美味しゅう頂きました!

後で同僚さんに聞いたら、食用ゼラニュームの葉っぱなんだって。そのゼラニュームも先ほどの花の中に入っていて、オレンジ色のがそうらしいんだけど・・・オレンジ色のや黄色の花があったから、どんな味か全く憶えてないんですー。笑 

んで、結論。

a0123372_7293040.jpg

花を食べるのは、牛や羊や馬や鹿などに任せておきたいと思います!!!!

だから普段の生活では、花って観賞用がメインかな?って気がするけど・・・あの甘ぁ~い香りも特徴ですよね。大昔から、香水やアロマエッセンスなどに活用されてきたんだもの♪

a0123372_871866.jpg

おおーっと出ました、私の十八番?!女性誌の付録コ~ナ~~☆ 

「マリー・クレールUK版」11月号は、ロクシタンのシアバター入りハンドクリームです。£3.90の雑誌に£8.00の商品が付いてくるんだから、も~買わなきゃ女の恥っしょ?!(別にそこまで言うこたないか。。。)

a0123372_8112691.jpg

ハンドクリームは4種類から選べて、オリジナルの他に期間限定バージョンのバイオレット、ジャスミン、ローズがありました。

限定お花バージョンのは、キャップの形もお花なんですよ~。

a0123372_8191073.jpg

マリー・クレールもロクシタンも、フランス発祥だけど・・・このキャップは、UKブランドのマリー・クワントみたいじゃない?

花咲く女子には、フラワー・パワーが必要なんですよね!^^


*********************


本日も読んで頂いてありがとうございました。
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

「わぁ、沢山の方が読んでくれているんだ…」
って実感してとても嬉しく、私の元気の素になってます♪


逸品グルメや贈り物グルメをお取り寄せできる食に特化したショッピングサイト!ぐるなび食市場

by londepa | 2013-10-09 08:35 | ヘルス&ビューティー | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line