夢を掘り当てた男★シュリーマンの家に入りました


最初にその前を通りかかったのは、まだアテネに到着してから数日後という頃でしたが・・・それ以来、X君も私も「次回あの周辺に行ったら絶対、中に入ろうね!」と固く誓い合った(?)場所。


a0123372_04290325.jpg

はいっここはトロイア遺跡発掘で有名なドイツ人考古学者、ハインリッヒ・シュリーマンが住んでいた家!今ではアテネ貨幣博物館(Numismatic Museum, Athens)になってますよ~~。
\(^o^)/


a0123372_04361645.jpg

入場料の大人1人につき6ユーロ(2018年1月現在)を払って、いざ中へ!!!


a0123372_04410577.jpg

ここはシュリーマンが2度目の妻であるギリシャ女性と家庭を築き、子供たちと一緒に住んだ家。

ちなみに最初の奥さんはロシア女性で、考古学に情熱を傾ける前の彼は商人として財を成したのですが、その中にはクリミア戦争でのロシアへの武器密輸なんかも。
(◎_◎;)


a0123372_04511155.jpg

とまぁ、そんな彼自身の資金もフル活用して、、、遂にトロイア遺跡を発掘!この部屋には、彼が発見した貨幣の一部も展示されています。


a0123372_05012578.jpg

その他に展示されている貨幣のほとんどは、他の収集家や所蔵者たちからの寄贈や貸与。もちろんギリシャを中心にビザンチン帝国やローマ帝国などヨーロッパが中心ですが、日本の小判(19世紀のもの)も数枚ありましたよ♪


a0123372_04571216.jpg

というメインの貨幣コレクション展示に負けず劣らず、シュリーマン一家が住んでた頃のままオリジナル☆という内装が、めっちゃ見応えありました~~。


a0123372_05050529.jpg
a0123372_05061038.jpg

もちろん最小限のメンテ修繕などは必須でしょうが、デザイン的にはシュリーマンが住んでた時のまま。


a0123372_05082680.jpg

床に数多く残るモザイクも、


a0123372_05102982.jpg

彼の名前をギリシャ語表記にしたイニシャルが施された壁も、当時のままなんだそうです。

とはいえ今は博物館ですから、シュリーマン一家が使っていた生活家具(ベッドやテーブル・椅子など)はありません。


a0123372_05260876.jpg

a0123372_05115408.jpg

でも備え付けの調度品、たとえば彫刻が施された大理石の暖炉なんかは残っています。


a0123372_05211651.jpg

また生活のための家具ではなく、仕事・研究のためコイン収納用特注キャビネットなどは、幾つもありました!


a0123372_05275317.jpg

考古学や貨幣史に興味のある人には、もちろんお勧め。でも1800年代後半に建てられた素敵なお屋敷ウォッチングとしても、十分楽しめる博物館なのでした!
(●^o^●)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






第2回プラチナブロガーコンテスト

旅行・お出かけ部門に応募してみました♪

by londepa | 2018-01-16 05:39 | X君のアテネ実家にて | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line