すっごく庶民的でヤバうま!炭焼き豚ロース専門のお店


朝はともかく、お昼や夕食はお肉がメインの食生活だったアテネでの3週間。

でも大抵のメニューはX君が作ってくれた事のある料理だったり、ロンドンのギリシャ料理レストランで食べた事があったから「ええーっ?何これ初めて食べた!」という驚きは殆どありませんでした。


a0123372_07565626.jpg

そんな中でも、この店だけは結構なインパクトがありました!!!お店の名前は「テリース:O Telis Mprizoles」という、超々庶民的な食堂です。


a0123372_08030264.jpg

場所も、かーなーり下町っぽいエリアにあります。


a0123372_08044017.jpg

最初の写真は、あの茶色い幌の中に入ってから撮ったもの。こうして道端から見ると、何のお店だか全然分からないですよねー。笑


a0123372_08064406.jpg

でも店先まで近寄ると、炭火焼きで豚ロースの薄切りをジュージュー焼く香ばしい匂いが・・・。その右側でステンレスのプレートごと温められてるのは、ポークに次いでNo.2人気の温サラダ。


a0123372_08095401.jpg

店内は、あくまでも安普請の食堂って雰囲気です。紙のテーブルクロスがガサガサと音を立てるテーブルに着くと同時に、人数分のナイフ&フォークと一緒にバゲットに近いパンが。

安い早い旨いの食堂なので、注文した物もどんどん出てきますよ!


a0123372_08150874.jpg

こちら先ほど肉の隣で温められていた温サラダ。トマト、フェッタチーズ、ハラペーニョなどが醸す旨味がパンにめちゃくちゃ合って、最高の前菜になるんです♪


a0123372_08190459.jpg

そして1人前が6切れ★の薄切りポーク、その下にはフライドポテト。

はい、繰り返し言いますよー。上の画像は1人前です!爆 この時はX君の弟夫婦と4人だったので、これが4皿ドスドスと置かれました~~。


a0123372_08145138.jpg

ポークと相性の良い、キャベツ&キャロットのサラダも頼みました。

なんとギリシャの丸いキャベツ、日本のキャベツよりもシャキシャキ軽くて生食に最適!キャベツとレタスの中間くらいの、軽ーい歯ざわりで食べ易いの。X君のパパママ宅や別のお宅でも、このキャベツ・サラダが出てくると嬉しかったです。
(≧∇≦)


a0123372_08273271.jpg

こんがり炭火で焼かれた豚ロースは、タップリかけられたオレガノが良い匂い。その上からレモンをギューーっと絞って・・・いただきま~す♪

すごくジューシーで美味!!!お肉、というか豚肉が好きな人には是非おススメです。

つーか、この豚肉ディッシュひと筋のお店なんで「今日はビーフかチキンを食べたいなぁ」とか思ったら決して入らないように~。そんな選択肢ないからね。
(・∀・)


a0123372_08410236.jpg

私たちはギリシャのビール「アルファ」を飲みました。軽めの白ワインでも合いそうだけど、ホントに庶民的な食堂なんでワインの種類には限度があります。


a0123372_08475526.jpg

ウェブサイトもフェイスブックも見つからないので、リンクの代わりに店名やアドレスを下記に記載しておきます。

O Telis Mprizoles
86 Evripidou, Koumoundourou Square, Athens 105 53
Tel: +30 21 0324 2775

電話番号も一応、書いといたけど、、、多分ギリシャ語じゃないと意思の疎通が難しいかも。そんなハードルも、旅グルメの醍醐味!?というツワモノ来たれ~~♪
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





旅行・お出かけ部門に応募してみました♪

第2回プラチナブロガーコンテスト




by londepa | 2018-01-17 09:08 | X君のアテネ実家にて | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line