日本 vs.ギリシャ、どっちの焼き鳥が美味しい?!


X君がアテネで小・中・高と同じ学校に通った親友、ジョンさん。その彼が結婚後に移り住んだマラソンにやって来ました!


a0123372_04371110.jpg

ギリシャではX君の実家だけじゃなく、多分どの家庭も似たようなモノだと思うけど、、、ジョンさん宅もご多聞に漏れず、クリスマス・イヴから元日までは親戚&友人の出入りで超忙しかったみたい。


a0123372_04422812.jpg

そこで到着した夜は、時間もない事だしねぇ~というノリで、近所の炭焼きスヴラキ屋さんでテイクアウェイを買ってきて夕飯にしました!

お肉はポーク、ラム、チキンから選べたので・・・。


a0123372_04485388.jpg

私はチキンを頼んだところ、これが何とまぁ~見た目だけは日本の焼き鳥そっくり★ 炭火焼きで鶏肉を焼くんだから、当然とはいえ。
(・∀・)

でも似ている度は、70%くらいかな?

そこで日本の焼き鳥とは違う点を挙げてみると、

1)1本の串に刺さってる肉の量が、約2倍。切り身の大きさも数も違うし、なにしろ串の長さが違うので当然ですね~。笑

2)味付けにタレという選択肢はなく、塩コショウのみ(オレガノも微かに香ってた気がします)。食べる直前に、レモンをたっぷり絞りかけます。

3)付け合わせはヨーグルト&キュウリのツァツィキ、サラダ、ピタパン、フライドポテト等。七味唐辛子やご飯モノはありません。

すごく美味しくて満足したけど、やっぱり日本の焼き鳥とは色んな意味で違う美味しさなんですよ!そこで私ロンドンに戻ってきてから、その違いをX君にも実感してもらいたくて。


a0123372_05103826.jpg

先週は数日、彼が旧宅に泊まりに来てたので、、、ハマースミスの「土佐」に連れてってみました♪
ヽ(^。^)ノ

定番のタレで、焼き鳥とシソ巻き。あとレモン塩のはアスパラ巻き。

両方ともX君には好評でモリモリ食べてたから、日本の焼き鳥の実力を思い知ったに違いありません(厳密に言うとシソ巻き&アスパラ巻きは豚肉使用ですがw)。


a0123372_05152891.jpg

ついでにシーフードも!と生のお魚が食べれない彼のために、火の通った牡蠣フライとソフトシェル・クラブの唐揚げ。


a0123372_05263004.jpg

よーく考えてみたら牡蠣フライはともかく、ソフトシェル・クラブは日本ぽくなかったかも?でも中に卵が一杯で美味しかったから、X君は大満足♡
!(^^)!


a0123372_05255911.jpg

意外だったのは、こちらの土佐サラダ。「ドレッシングが奇妙な匂い、、、」とクンクン嗅いでいたので2人で何が原因だろう??と考えあぐねた末、大根おろしが原因だと分かりました!

大根、それもナマの大根はギリシャというかヨーロッパの料理には従来なかった食材・味覚なんですねー。あとシソ巻きのシソ(紫蘇)も初めて食べたハーブだと驚きつつ、気に入ってた様子。

大根もシソも、日本人として子供の頃から慣れ親しんできた私には、言われてみて改めて気付くレベルの事実です。
(´・ω・)



a0123372_05365042.jpg

「土佐」で飲んだキリン一番搾りの生、美味しかったぁー♡


a0123372_05382050.jpg

暑い国ギリシャのビール「アルファ」や「ミトス」「フィックス」も、のど越しサッパリ系★なのは、日本と共通しているな~~と思いました!!!
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






第2回プラチナブロガーコンテスト

旅行・お出かけ(&海外生活)部門に応募してみました♪



by londepa | 2018-01-23 05:54 | X君のアテネ実家にて | Comments(0)
line

お気楽OLのロンドン生活


by londepa
line