人気ブログランキング |

バイリンガル子育て、いや孫育て


さっきまで歩いてた地面が実は建物の屋根になっててビックリした所の正式名称は、スタヴロス・ニャルホス財団文化センター(Stavros Niarchos Foundation Culture Centre)といいます。

昨日の記事でその名前を書くの忘れちゃって、もし見に行きたい人がいたらググれないじゃんねーって、後で気付きました。
(m´・ω・`)m ゴメン…


a0123372_20052648.jpg

こちらはオペラハウス。その晩は何もやってなかったようで、関係者しかいなくて静か。でもチケット売り場とか窓口は開いてたので、中を覗いてみました。


a0123372_20090002.jpg

a0123372_20072012.jpg

オルフェウスやトスカを上演するんだね~♪


a0123372_20092534.jpg

肝心のトイレも美しかった!!!


a0123372_20101232.jpg

中庭の広場には、既に1月7日だったのにクリスマスツリーが☆彡 その前日にはX君ちも片付けてたけど、、、これ日曜日だったから、もしかしたら週末いっぱい飾ってたのかな?


a0123372_20131558.jpg

つーかサンタまでいるしっ!爆


a0123372_20142131.jpg

サンタさんに会ったのは、この図書館の中でした。


a0123372_20150871.jpg

a0123372_20152644.jpg

日曜日の夕方6時を過ぎてたから一般貸出しは終了してたようだけど、沢山の人がいました。主に学生風の若い子たちが、殆どのテーブルを使ってましたよ。


a0123372_20215904.jpg

前述したサンタさんの登場に喜んで、バシバシ写真を撮ってたら・・・「あなたにも風船あげましょう。さあ遠慮しないで好きな色とって!」と言われたので「えっ?でも~」と戸惑いつつ。


a0123372_20263302.jpg

タダでくれると言われると、つい貰ってしまう自分の卑しさ。。。
(-_-;)


a0123372_20295505.jpg

こちらのスペースでピアノ演奏を聴きながら寛いだり、同じフロアにあったカフェで食事したり、日曜の夜でも賑わっていました。


a0123372_20335252.jpg

ところで先ほどのサンタさん&美人アシスタントに会ったのは、この子供図書館スペースの前。もう閉まってたから誰も子供いないし、絵本や玩具も片付けられてましたが。


a0123372_20360503.jpg

ゴロゴロ出来る広いスペースもあって、すごく快適そう。こんな子供図書館が近くにあったら、毎日でもマゴ君と通いたくなっちゃう♡


a0123372_20383164.jpg

自分でも扱える布の本は、もっぱら食べる専門だけど。笑 

ほぼ新生児の頃からベッドタイムには必ず絵本の読み聞かせをしてるAちゃん&JS君なので、私が子守りの時も何か読んであげるとちゃんと頁に集中するんですよ。


a0123372_20425145.jpg

英語のは彼のパパママに任せて、私は日本語担当!!!Fちゃんがクリスマスに贈ってくれたこの2冊を読むと、真剣に絵を見ながら聞いててくれます。

Aちゃん&E君はそれぞれ7歳・6歳までは日本に住んでて、幼稚園はインターナショナルで小学校は渋谷のブリティッシュ・スクールに行ってたものの、近所の子たちと遊んで日本のテレビ番組を観て育ちました。

だからイギリス来てからも、日本語の維持はそんなに難しくなかったんです。まさに三つ子の魂百まで!

じゃあマゴ君はどうだろう??というと、かなり努力しないと日本語環境ってないですよねー。必然的に私が、その責任を全面的に担っている感じ?!

彼に語りかける時は日本語を意識してるとはいえ、それだけで第2言語が身につくとは思えません。成長につれて読み書きも必要だし、、、ううっ責任重大すぎ。

バイリンガル孫育て、道のり長そうです~。
(;^ω^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






第2回プラチナブロガーコンテスト

旅行・お出かけ(&海外生活)部門に応募してみました♪




by londepa | 2018-02-03 00:00 | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line