国際女性デー★ロンドン塔の女性衛兵モイラ・キャメロンさん


いつも大勢の観光客で賑わうロンドン塔だけど、前回は平日の午後3時半すぎに行ったので空いてました。今まで行列に恐れをなして敬遠してた宝物館も、スイスイ入れちゃったし!


a0123372_01241157.jpg

宝物館の内部はフォト禁止につき、その入口隣にいらした衛兵さんを~♪ 冬季だから、見慣れた赤い制服の上にグレーのロングコート着てます。


a0123372_01273516.jpg
a0123372_01291904.jpg

ロンドン塔のメインとなる建物ホワイト・タワーの近くには、こんな凄い大砲がありました。

大砲の本体は1607年に現在のオランダにあたる地方で造られてからマルタ島へ、その後1800年ごろイギリスに来たようです。そして見事なほどゴテゴテやり過ぎ装飾の台は、1827年にケント州ダートフォードで制作。

マルタからやって来た大砲、という経緯をふまえて・・・白い狛犬?ドラゴン??みたいに見えるのは、なんとマルチーズ犬なんですよ!!!
Σ(・ω・ノ)ノ!

マルチーズ、もしかしたら当時はイギリスにあんまり普及してなくて絵とか見ながら作ったのかな?笑


a0123372_01351342.jpg

きっと200年前には、カッコイイ傑作だったのでしょうねー。


a0123372_01385033.jpg

やがて閉館30分前くらいになって、衛兵さん達が閉める準備や見回りを始めました。こちらの衛兵さんは、先ほどの2人とは違う制服を着ていますよね。

それは彼らがロンドン塔に住み込みでお勤めするヨーマン・ウォーダーズ(通称ビーフィーター)という特別な衛兵だから。

原則的に22年以上イギリスの軍隊に所属して良い勤務記録をもつ兵隊のみに応募資格がある、という名誉ある職務なんだそうです。


a0123372_01485398.jpg
ジンの「ビーフィーター」ラベルにもなっているから、お酒飲みには有名な存在ですね!
(・∀・)


a0123372_01522767.jpg

ロンドン塔のお土産ショップでも、彼らに扮したテディベアなど人気商品になっていました。


a0123372_01525002.jpg

そんなロンドン塔の顔、名誉あるヨーマン・ウォーダーズですが・・・約10年前に、初めて女性がその職務に就いたんですよ☆彡

その当時は大きなニュースとして取り上げられたので、私も通勤途中の新聞記事で読んだのを憶えてます。


a0123372_01555237.jpg

そしたら今回は、そのモイラ・キャメロンさんにも会えました~~♡ 左側でマント着てる人です。お写真を撮らせてもらいながらお話したら、

「最近もう1人の女性ヨーマンが入ったから、今はガールズ・トークが出来るの。イェーイ!」と明るく笑ってて。

このお仕事に就いた当初は一部の男性同僚からのイジメがあった事も一時期は報道されていたし、やはり精神的に強靭だからこそ、22年以上の軍隊生活を経て今のポジションにいるんだなあ~と思いました。


a0123372_02100955.jpg

ここから見えるタワーブリッジは、いつも見事な光景。来るたびに小さな驚きや面白い発見があって、何度でも行きたくなるロンドン塔なのです♪
(^o^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2018-03-09 02:17 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line