ウィンブルドンのインプラント歯医者さん


そもそも以前から、他の歯医者さん(去年の高歯科医院とか)からもインプラントを勧められていた私。

でも料金それなりにかかるし、旧居から新居への引越しなどひと騒動が控えてたので、後回しにしてたんですよ。そういった事が落着いてきたから、そろそろ始めようか!と。

またX君との同居をきっかけに、通常の歯医者さんも彼と同じ診療所に替えました。そのほうが定期メンテナンスなど2人一緒に行けて便利そうでしょ?

場所がサリー州キングストンからニューモルデンの間にあって遠いのが少々面倒だけど、それはX君の元勤務先や昔々住んでた所からは通える場所だったので。

彼いわく「信頼できる腕のいい歯医者は遠くても通う価値がある!」との事。そこまで長年にわたって全幅の信頼をしてきた所なら、じゃあ私もお任せしようかと~。笑

そこで初めてM先生に全体を診てもらったのが、4月半ばでした。

自覚してたけど上の歯は、ほぼ壊滅状態。子供2人の産後ひどくなった時に大々的にブリッジやら差し歯やら色んな事したのは、かれこれ30年以上も昔、、、観念してた通り、上顎は全面的にブリッジインプラント決定!

下の歯は残存率が高くて、特に悪い奥歯を3本ほど抜いた他は今後も使えそうな状態。奥歯を抜いた分スペースできたので、歯並びを矯正してもらいます。


a0123372_20181341.jpg

という経緯で、M先生に紹介されたインプラント専門医がD先生です。両方とも今のところ先生方の同意を得てないので、フルネームとか詳細記述は避けますけども~。

D先生はインプラント分野のキャリアが長く、ロンドン大学の歯科学生にも教えてるそうです。なんだか安心できそう?


a0123372_20275781.jpg

D先生の方は、ウィンブルドン駅からこういう住宅街を10分ほど歩けば到着です。


a0123372_20294199.jpg

D先生の所で再び念入りに診てもらって、治療プラン完成!!!そこで既に上顎の型などを取ったり、インプラント手術のビッグ・デイに備えて準備中です。

予算はインプラントだけじゃなく矯正にも同意したので、2万ポンドちょっと。これで10年20年と快適に過ごせるんだったら、その価値はあると期待してるんですけどね。

それに私の場合はアゴの骨はしっかり使えるから、そのままインプラント用のネジを入れられるので、手術自体はシンプルらしい。

X君はインプラント数は私よりずっと少なかったけど、そこの骨が少し脆かったそうで、骨移植をしてからのインプラント装着となりました。移植するのは牛骨!だから骨移植後の治癒期間が必要だったため、全プロセスが終わるまでに1年近くかかったかな?でも他の治療がなかったから費用は1万ポンド程度でした。

かたや私はインプラント土台完了が1日の手術で済み、その後は仮のインプラントを数か月ほど装着。その間に下の歯並びの矯正をして、それが5カ月か6カ月間・・・。

上顎に仮のじゃなく最終形のインプラントを入れるのは、その矯正期間が終わってからになります。歯並び矯正によって、噛み合わせが変わっちゃうので。笑


a0123372_20300530.jpg

上の歯ビッグ・デイは6月14日。ちょうど爽やかな夏なので、せいぜい通院に乗じてお出かけタイムを楽しもうと思います~~♪
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-05-29 01:33 | ヘルス&ビューティー | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line