長生きで多作のヘンリーさん


ホテルに戻って荷物を引き取るまでに、まだちょっと時間の余裕があったFちゃんと私。それじゃ最後にもういっちょ、ジュネーヴ観光しちゃおうかな!


a0123372_00125117.jpg

というノリで相変わらずの炎天下ニモマケズ、坂道ニモマケズ、オロオロ歩いてたら着きましたよーー♪


a0123372_00210255.jpg

屋根の上に並んだ玉ネギみたいな形が特徴的な、ロシア正教の教会です!以前ブルガリアに行った時もそうだったけど、神妙なんだけど歌うように読経を唱える、独特なスタイルの礼拝をやってました。


a0123372_00241815.jpg

信者さんらの神聖な礼拝中だったので、中に入らずドアから覗いてみただけ。礼拝中でも入っちゃいけない事なさそうですが、やや入りづらい雰囲気はあるって感じ?
(;´・ω・)

あと信者の女性は教会に入る前に、手持ちのスカーフをバッグから出して、サッと手慣れた仕草で頭に被ってから入るのが印象的でした。若い女性でもそう。(子供は例外)

この作法はブルガリアでは気付かなかったし、後日イギリスに戻ってから「同じく正教会の国ギリシャじゃどうなの?」ってX君に訊いたら、「ギリシャでは殆どやってないなー」と言ってました。

ロシア正教の習慣なのかな?そういえば入れ子人形のマトリョーシカちゃん達も、スカーフ被ってる子が多いよね♡


a0123372_00344556.jpg

正式名は「聖なる十字架大聖堂」らしいです。これは教会の裏側。

でも中は撮影禁止なので、こちらの宗教関連ウェブサイトから画像をお借りしてみましたよ~~。
↓↓↓


a0123372_00354406.jpg

あーそうそう、こんな感じ!入口の扉から中をチョロっと覗いた時、こういう美しい祭壇が見えました。


a0123372_05440063.jpg

こっちの画像は教会建立150周年記念の特別な儀式の模様だから、ちょっと違うけど、、、聖職者さんたちの僧衣とかは、基本こういうの。
(*^_^*)

さてと、ジュネーヴを発つ前に何やら有難そう~な教会を2つも拝観しちゃったしね!そろそろマジでホテルで荷物を引き取って、ベルン行きの電車に乗りましょうか。。。


a0123372_05513328.jpg

ホテルへ戻る道すがら、こんな立派な建物も通り過ぎましたよ。どっからどう見ても絶対、タダモンじゃありませんよねー。


a0123372_06023350.jpg

なんか小ぶりのルーヴル美術館みたいな風情?フランス語圏の街だもん、そこら辺りを模範にするのも全然アリみたいな気がしちゃう。


a0123372_06095513.jpg

というフィーリングだけ(笑)で怪しい戯言を云う私とは正反対で、生真面目なFちゃんがチェック入れたら、やっぱ「ジュネーヴ美術・歴史博物館」でした。

でももう、この博物館に入るほどの時間はナシ。

つーかイギリスと違って有料なんで、ちょっとだけ見てみる?というのは勿体ない気がしちゃう。どうせ入るなら沢山の展示品を見ないと、、、と思うから、短時間だと敬遠しがちなんですよねぇ。
(;・∀・)


a0123372_06221940.jpg

で再びホテルに戻ろうと歩き始めた時。博物館の前にイギリス人彫刻家ヘンリー・ムーアの作品があるのを見て、つい立ち止まっちゃった。

彼の作品って「箱根彫刻の森美術館」や「MOA美術館」「東京都庭園美術館」などなど日本各地にもあるから、馴染みあるアーティストの1人ですよねー。もちろんヨーロッパやアメリカにも沢山の作品があって、ものすごい多作。

1898年にヨークシャー州キャッスルフォードで生まれたヘンリーさんは、炭鉱に従事する父親をもつ家庭で8人の子供のうち7人目。

父親はのちに鉱山技師になったほどの努力家で、そんな苦労人の親に育てられた彼は・・・自分が美大生だった頃に奨学金など公的援助が大きな支えだった事を、生涯かけて社会に還元した人なんですよ~~。

彼の作品はやがて世界に認められて、商業的にも大成功。豊かな財力を得てからも質素な生活を好んで、資産の多くは彼の死後「ヘンリー・ムーア財団」の基金として若い世代への美術教育・普及を支援してるんです!

1986年に他界した彼は、享年88歳。長寿国といわれる現代日本だって四捨五入しても男性81歳、女性87歳なんだから、当時のイギリスではすごく長生きした人。かなり晩年まで精力的に制作活動してたから、多作なのも納得です♪

あれ?、、、スイスのジュネーヴ紀行なのに、イギリス関連ネタだとつい長々と書いちゃいましたぁ~~。
(m´・ω・`)m ゴメン…


a0123372_07274865.jpg

とにかく今度こそ、ジュネーヴ中央駅からベルン行きの電車に乗り込みますのでっ!


a0123372_07315116.jpg

午前中にいっぱい写真を撮りまくったので、電車の待ち時間にすかさずスタバでアイフォン充電しつつ。。。笑

スイスの首都だってのに印象の薄さと言ったら、オーストラリアのキャンベル並み?!と勝手に思い込んでる私が、実際にそこで見たものは・・・ムフフ♪

続きはお楽しみでーす。
(^◇^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-08-10 07:45 | スイスのジュネーヴ&ベルン旅行 | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line