カズオ・イシグロ原作映画「日の名残り」に使われた、ダーラム・パークへ!


今年の春からペンギン村でX君と同居生活を始めて、まず最初にした事のひとつが景観保護団体ナショナル・トラストの年間会員になった事。

毎週、丸2日間(プラス移動日)はマゴシッターという任務があるものの、今のところセミリタイア生活・・・なんて聞こえが良いけど、無職のプータローとも言える!爆

ならばタップリ時間があるのを利用して、色んな所へウォーキングがてら出掛けよう~~♪

という私たちみたいな者にとって、ナショナル・トラストの施設&駐車料金が無料になる年間会員制度は、とても便利なのです。


a0123372_21464875.jpg

そこで先日は、グロスター州にあるダーラム・パーク(Dyrham Park)に行ってきましたよ。ここ、以前からX君が「絶対行かなくては!」と言ってた所。

その理由は彼の好きな映画「日の名残り」で、主人公の執事(アンソニー・ホプキンス)が仕えるお屋敷として使われたから。主にこの外観が使われ、屋内のシーンは別のマナーハウスで撮影されたそうです。


a0123372_21562858.jpg

建設されたのは1700年頃という、バロック様式のマナーハウス。素敵にハンサムな外観は、映画で使われたのも納得ね~♡って頷いていたら、、、


a0123372_23295316.jpg

館の端っこに、奇抜なデザインに刈り込まれた木がっ!!!わー何これ?
Σ(・ω・ノ)ノ!

そもそも一体、誰に似せたつもりなのか全く不明~~。せっかくの素敵なマナーハウスにお笑い要素を添える、イキな計らいなんだろうか!?


a0123372_23413445.jpg

と夢中で写真を撮ってたら、その後ろでX君に撮られてましたけど。。。笑

不思議なトピアリーは、さておいて。

ここは敷地も274エーカー(約111ヘクタール)ほどあって200頭ほどのファロー鹿も住んでるというから、ウォーキングも楽しみ~~♪

でも、まずはマナーハウスに入ってみます。


a0123372_23432506.jpg

マナーハウス入口に向かう途中には、ナショナル・トラストのいすゞトラックが停まってました。他のナショナル・トラストでも三菱など日本車をよく見かけます。信頼されてるのねー♡
(*'ω'*)


a0123372_03105687.jpg

この館は1692年以降に建てられたもの。それ以前にあった屋敷の初代所有者はヘンリー8世に仕えてた人で、1511年には君主から所有権を認められたんだって。


a0123372_03204208.jpg

長い歴史のあるマナーハウスだけあって、調度品は貴重なアンティークが一杯。


a0123372_03231280.jpg

バロック音楽に欠かせないハープシコードもあるし、


a0123372_03243892.jpg

当時は内装のリッチ度を示すバロメーターでもあった、壁一面を覆うタペストリーが何枚も掛けられています。


a0123372_03264916.jpg

後の所有者ファミリーはオランダとも縁が深かったようで、古伊万里ならぬ古デルフト焼きやフランドル派などのオランダ絵画も一杯!


a0123372_05134577.jpg

今でいうインテリア小物? 家具・調度品も、かなりのコレクションでしたが、、、


a0123372_05150434.jpg

中には現代だったら即ご法度!!!なアイテムも、あるんですよ。


a0123372_05180353.jpg

奴隷を所有することも富の象徴だった時代は、今からたった200年前までの事なんだなあぁ・・・。

「世が世なら」という言葉があるけれど、もし200年以上昔だったら東洋から来た得体のしれない女(私)が、こんな所をウロウロ歩き回ってる筈ありません。

「日の名残り」で執事スティーヴンスを中心に描かれたのは、1920年代~1950年代。さすがに奴隷などは廃止されて久しかったとはいえ、主従関係に厳然としたギャップがあった時代ですよね。


a0123372_05230844.jpg

そんな過去の栄華を懐かしむ人々もいれば、「いやー現代に生まれてきて良かったじゃんマジで!」と心から喜ぶ、私のような平民もいる。

そんな事を考えながら、更にダーラム・パークを見て回るのでした~~。
(^O^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2018-10-13 02:40 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(2)
Commented by T子 at 2018-10-13 09:46 x
わあ~、「日の名残り」ですね!
カズオ・イシグロの小説の中でも一番好きで、映画も私の中の上位3つぐらいに入る印象的な映画です。

もう20年ほど前になりますが、4週間ほど勉強した語学学校が終わりDevonへ行った時、Kentonという小さな村を一人でウォーキングしていました。ちょっとお腹が空いたので、何か…と思っていると、マナー・ハウスの入り口にティー・ルームの看板(?)がありました。
入ってみると、何と!「ここで’日の名残り’の撮影をした」というピンナップが…。
室内や、アンソニー・ホプキンスのお父さんがお盆を持って躓く、あの庭の撮影などが行われた場所だったのです。偶然、貴重な体験ができました。それ以来、「日の名残り」と言うと他人事とは思えないのです(笑)
Commented by londepa at 2018-10-16 01:25
T子さん、それは忘れられない思い出ですね~~♡あの素敵なお庭シーンは、デヴォン州ケントンにあるお屋敷なのですか。X君に教えてあげたら、ちょっと遠いけれど行きたいって言いだすかも?笑
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line