ギリシャおうちごはんレシピ・5「レンズ豆のスープ」


全般的にお肉料理が多いものの、その合間にはヴェジタリアン気分になるX君。特にハイカロリーなご馳走続きの年末年始が過ぎると、その頻度が増してきます。

という事で前回の「インゲンのシチュー」に続いて、今日は「レンズ豆のスープ」ですよ♪ こちらもヴェジタリアンだけでなくヴィーガン(完全菜食主義:乳製品や卵もナシ)対応。


a0123372_20241186.jpg

ちょうど最近はヴィーガニュアリー(Vegan + January = Veganuary)という「1月だけでもヴィーガンやってみよう」という風潮があるイギリス。私たちは毎食続けるつもりは毛頭ないものの、ちょっと身体に優しいカンジはします。
(#^.^#)


a0123372_20262581.jpg

このスープに使うレンズ豆は、やや緑色がかったタイプの「グリーン・レンティルズ:Green Lentils」または茶色っぽい「ブラウン・レンティルズ:Brown Lentils」。

オレンジ色や黄色っぽいのは少し違う食感なので、このスープには向かない!というのがX君のコダワリです。
( `ー´)ノ


a0123372_20295936.jpg

じゃあ作り方、いってみましょー♪


《レンズ豆のスープ》

【材料・4人分】
乾燥レンズ豆:250g
玉ネギ:中1個
ニンニク:2片か3片
人参:中2本
セロリ:1~2本
乾燥ベイリーフ:2枚
オリーヴオイル:大匙2
トマトピューレ:大匙1
赤ワイン酢:適宜
塩コショウ:適宜

【作り方】

①玉ネギは粗みじん切り、ニンニクはみじん切り、人参は輪切り、セロリは大きめの小口切りにする。


a0123372_20491968.jpg

②乾燥レンズ豆は目の細かいザルにあけて水洗いしてから、ヒタヒタの水加減で5分ほど茹でる。茹で上がったら再びザルで水気を切り、鍋に戻してお湯1リットルを足す。

③レンズ豆の鍋に①とベイリーフを加えて煮立てる。トマトピューレもお湯少々で溶いてから追加。

④オリーヴオイルと塩コショウ少々を加えたら蓋をし、弱火で30分~40分。時々かき混ぜ、水分が足りないようであれば少し足す。


a0123372_21005817.jpg

⑤最後に再び味見しつつ塩コショウして完成。食べる直前、各自のスープ皿によそってから赤ワイン酢を少々振りかけると味に深みが増してGood!


a0123372_21012930.jpg

ちなみにX君の実家では、このスープとパンの時にはピクルスやオリーヴなども添えるんだそうです。


a0123372_01304542.jpg

レンズ豆スープそのものは優しい、円やかな味。それに塩気や酸味のある副菜を添えると、更にスープの旨味が引き立つという事で・・・。


a0123372_01355141.jpg

時にはピクルスに加えて、アンチョビも!なんとな~く汁物にご飯、そして漬物やイカの塩辛が並んだ、日本の食卓に似てる食べ方ですよね。

レンズ豆は小粒だから、他の乾燥豆のように水に浸して半日や一昼夜おく、などの準備がないのも手軽。

美味しい滋味スープ、ぜひ召し上がれ~♡
!(^^)!

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;










by londepa | 2019-01-10 01:44 | X君のギリシャおうちごはんレシピ♪ | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line