各賞に輝く新作映画「The Favourite:女王陛下のお気に入り」


火曜日は寒かったけど青空が気持ちよくて、普段の私たちなら「これは絶好のお散歩日和~~」とホイホイ歩き回ってるところでしたが、、、


a0123372_01515259.jpg

その衝動を、ぐぐっと堪えて!真っ昼間だっつーのに薄暗い映画館に来たのには、それなりの理由があるんです。

それというのも、その前日には米国で開催されたゴールデン・グローブ賞で、もっと以前にはヴェネツィア国際映画祭などでも、女優賞を獲得したオリヴィア・コールマン主演の新作映画「女王陛下のお気に入り」。

監督は前衛的で時にはシュール過ぎて不条理世界?!みたいな作品で有名な、ヨルゴス・ランティモス。そう、名前でピンと来る人も多いでしょうが、ギリシャ人なんです。

だからX君は俄然、観ておきたい!

私も彼の監督作品は「ロブスター」だけ観た事あるから、きっと並大抵の歴史モノ映画じゃないとは覚悟して臨みましたよー。
(・∀・)


a0123372_02115379.jpg

a0123372_02160035.jpg

フツーに娯楽もの、例えばエミリー・ブラント主演の「メリー・ポピンズ」なんかも楽しめそうだし、もう少しマゴ君が成長したら「ドラゴンボール」も一緒に観たいかも♪


a0123372_02171765.jpg

でも「女王陛下のお気に入り」、やっぱり奇妙で凄い映画でしたよ!

ダークなコメディ風味たっぷり、ロンドン宮廷生活のバカバカしい側面も描きつつ・・・ストーリーの要は、アン女王の寵愛と権力をめぐる女2人(レイチェル・ワイズとエマ・ストーンが演じてます)。


a0123372_02213450.jpg

病気がちで頼りないアン女王を、オリヴィア・コールマンが悲哀と滑稽こもごもに演じ切ってます。確かに女優賞に相応しい怪演!それとエマ・ストーンの悪女ぶりが壮絶です。

レズビアン的なシーンも多いし、強烈なFワードもあるしで、イギリスでは15歳以上のレイティング。日本では2月15日に封切り予定です。


a0123372_20374147.jpg

可笑しくて、やがて哀しいアン女王と側近たちの物語。史実を交えてはいるものの、ただの歴史モノじゃない!

観終わった後も「あれは一体・・・?」としばらく考えてしまう、ランティモス監督独特なアクのある世界にドップリ浸った2時間でしたよ~~♪
(^O^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;









by londepa | 2019-01-11 09:22 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(2)
Commented by Momo at 2019-01-12 23:49 x
[女王陛下のお気に入り」見てみたいです! 
英国は、王室の方々を描いた映画、多いですね。しかも、時々、強烈なこともあったりして。。。
レンズ豆のスープ、美味しそうでした!
やっぱり冬はあったかいものが恋しくなりますね(*'▽')
Commented by londepa at 2019-01-14 02:44
Momoさんこんにちは!この映画は万人向けじゃないと思いますが、まあ確かに各賞を獲っただけの事はあるインパクトでしたよ。
レンズ豆のスープは優しい味。日本でも作れる材料だと思うので、いつか作ってみてね♪
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line