高級ブランド「バーバリー」併設カフェでお茶を♪


昨日は「下町ロンドン日記」のねこなすさん(←クリックすると彼女のブログにリンクします) と逢瀬!お喋りメインだけどランチしたりお茶したり、楽しかったわー。

特にお茶したカフェが、ちょっと印象的だったんですよ。


a0123372_20473761.jpg

それは英国の高級ブランド「バーバリー」本店にあるカフェ。


a0123372_20483908.jpg

お店の正面はリージェント・ストリートに面していて、そこからだとブティックしか見えないんだけど・・・。


a0123372_20495219.jpg

その角にあるVigo Streetに入っていくと、このカフェが併設されてるんです。


a0123372_20512591.jpg
a0123372_20521898.jpg

中に入ると、見た目も麗しいケーキが並んでいたり、バーバリーのコートなどを着た熊の縫いぐるみキーホルダーが天井から吊り下げられてたり。


a0123372_20551337.jpg
a0123372_20554270.jpg

この熊キーホルダー、きっと私が着てるユニクロのコートより高いと思う!爆


a0123372_20583271.jpg

ここはバーバリー創業者の名前をとって「トーマスのカフェ」と名付けられてて、メニューやお皿に「トーマシズ:Thomas's」って刻印されてます。

で、肝心のカフェ・メニューなんですけど。


a0123372_21034044.jpg

飲み物、私たちは2人ともカプチーノ。運ばれてきた時にはちょっと冷めてたものの、味は普通に美味しかったです。

でも私がここに来たかった理由は、某ガイド書で「英国の伝統オーヴン『アーガ』で焼いた、と説明書きの付いたスコーンは格別」と読んだから。

そう聞いたら、ダンゼン期待しちゃいますよね!
(^O^)/


a0123372_21053936.jpg

ランチは軽くスナック程度にとどめていた私たち、そのスコーンを注文してみました♡ 小ぶりのスコーン2つ(プレーンとフルーツのが1つずつ)に、クロッテッド・クリームと苺ジャムの定番セット。


a0123372_21132009.jpg

見た感じは、すごーく美味しそうだったんですが、、、


a0123372_21140117.jpg

実際に食べてみたら、なんだか風味が乏しくて感激するほど美味しくなかったの。もちろんマズイわけじゃないけど、今まで食べた事のある絶品スコーンほどじゃない・・・というのが、私たち2人の正直な感想でした。

料金のほうはカプチーノ1杯£4.00、スコーン2個セット£7.00、それぞれサービス料12.5%を加算。場所柄を考慮したら、良心的といえるかも。


a0123372_21302915.jpg

お店を出る時、他のメニューも見てみました。ハム&チーズのホットサンド£9から、ロブスター半身&チップス£32など予算に合わせて色々。生ガキやキャヴィアにシャンパン、という高級路線も☆彡

すぐ隣にスタバがあるけど、この落着いた雰囲気とオシャレな空間でゆっくり寛げるのは快適でした。リージェント・ストリートでお茶したくなった時に、憶えておきたいカフェです!
(#^.^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-01-12 02:46 | 美食+B級ぐるめ | Comments(2)
Commented by ぱぁこ at 2019-01-12 10:04 x
私がイギリスで感動したスコーンは”みゅう”というツアーで付いていた、もう覚えていないどこかのお屋敷?建物で食べたスコーンでした。もう16年前になってしまう。もしかしたら、そんな由緒あるスコーンではなかったのかもしれないけれど、とても美味しかったんです。あの感動はもう得られないのかなーと思いますが、スコーンの情報ありがたいです!
そして、昨日の記事の”女王陛下のお気に入り”観に行きたいです♬どうにか、観に行こうと思っています!
Commented by londepa at 2019-01-14 02:41
ぱぁこさん美味しいスコーンに巡り合えたツアー、忘れられないですよね♪すごく美味しいのを食べちゃうと、普通のスコーンにガッカリしちゃう事も、、、特に今回のように「格別」なんて読んじゃったから期待が大き過ぎたんですよ~。
映画のほうは、かなり好みの分かれる作品だと思います。観終わってからも「?」の残る、独特な作品でした!
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line