人気ブログランキング |

黒いウェッジウッド★マンチェスター・アートギャラリー(続編)


マンチェスター初日の夕方に行って、閉館時間を気にしつつ駆け足で見てきたアートギャラリー。美術館好きなFちゃんにも見てもらいたかったから、翌々日にはホテルを出る前に再訪してきましたよ!



a0123372_20061134.jpg


サイズ的には大き過ぎないので、全館を回っても時間・体力ともに余裕シャクシャクなのも良いですよねー♪

そういえば昨日の記事中に、このギャラリーのリンク貼ってませんでした。すみません!改めてコチラ~~。





a0123372_20104394.jpg


展示方法もなかなかユニークなんですよ。キュレーターさんにとっては意味があるんだと思うけど、分かってない私には意外な組み合わせ。




a0123372_20114476.jpg

a0123372_20125168.jpg


バンクシーさんも、こんな感じで並んでたり・・・。
(*´ω`*)



a0123372_20141881.jpg


大好きな現代アーティスト、グレイソン・ペリーの壺もあった!!!
\(^o^)/



a0123372_20152990.jpg


でも焼き物系でいったら、こちらが興味深かったです。



a0123372_20162040.jpg


このケースの中にあるのは、全てウェッジウッドなんですよ。



a0123372_20170935.jpg


この花瓶は1780年頃のもの。ジョサイア・ウェッジウッドさんは古代ギリシャの焼き物コレクションも持ってたそうで、それに倣ったデザインなんです。黒玄武岩にエナメルで絵付けしてあります。



a0123372_20193970.jpg

こちらのオイルランプは1790年、やはり玄武岩でできています。



a0123372_20203092.jpg


こちらも先ほどの花瓶と同じく1780年代のもの。でも、この青と白のジャスパーウェアこそが、今ではウェッジウッドの定番ですよね!

でもでも、真にインパクトのあった焼き物は・・・こっちのミントン社製の壺に決定~~。
↓↓↓


a0123372_04143182.jpg


ギリシャ神話で神様から火を盗んで人間に与えたプロメテウス君、罰として肝臓をワシに食べられてます。しかもその肝臓は次々に再生するようにされたので、ずっと食べられ続けてるっつう、、、(あとで英雄ヘラクレスさんに救われますがw)

その両脇にはローマ人との戦争に負けたガリア人が捕虜となって鎖に繋がれてるしー。1875年~1878年という比較的近代のもので、ドラマチックを狙ったそうだけど、かなり倒錯趣味というか。
(;・∀・)



a0123372_20242002.jpg


このギャラリーはマンチェスターの中心地といえる、セントピーターズ広場から歩いて2分くらい。ジョン・ライランズ図書館やマンチェスター国立フットボール博物館も徒歩圏内です。

マンチェスターにお寄りの際には、ぜひぜひ♪
(≧▽≦)


*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;









by londepa | 2019-09-11 04:24 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line