人気ブログランキング | 話題のタグを見る

縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂


ヴィクトリア駅近のシェイクシャックで、やや残念なホットドッグを食べた私。

あとはコーチ(長距離バス)の発車時刻までお散歩して、そのうち疲れたらカフェで読書しよう!って段取りです♪



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_20434199.jpg


お散歩コースは、ウェストミンスター大聖堂(Westminster Cathedral)に決めてありました。縞々が目立つので、すぐ分かる!笑

似た名前のウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)は英国国教会かつ王室御用達だけど、こちらはローマン・カソリック。イングランドとウェールズのカソリック教会を統括してます。



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_20501712.jpg


新ビザンチン様式の外観もさながら、とにかく中がめっちゃ広い!なんと3000席もあるんだって。



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_20560079.jpg


でも意外に新しい建物で、建設は1885年に始まり1903年に完成。こんな大きい建物なのに鉄鋼の支柱を使わず、ほぼほぼ煉瓦のみで造られてる点もユニークなんだそうです。



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_20563269.jpg

縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_20565785.jpg


私はここに来ると、いつも天井と壁のモザイク画ばっかり見ちゃいます。口をアングリ開けて「ほぇ~」とか「うひゃあ」とか言いながら・・・。


縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_21022121.jpg


設計者ジョン・フランシス・ベントレーは内部の完成前に他界。彼によるモザイク画デザインが殆ど残されていなかったため、その後を引き継いだデザイナーや出資者たちの意図が強く反映されてます。

それぞれの小部屋に分かれてるチャペルが、テーマ別に特色あるのですが・・・。



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_21032886.jpg

これなんか特に、クセ強くない!?

「聖人ジョージと殉教者たちのチャペル」と名付けられてます。制作はトム・フィリップスという現代作家で、2016年に完成。通りで斬新なわけだ!



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_21115774.jpg


よーく見ると、天井にある炎のような形の中には、人名が書いてあるんですよ。ジョン・ロイドとか、オーガスティン・ウェブスターとか・・・。

これら40名の名前は、ヘンリー8世が始めた宗教改革のために殉教したカソリック信者のもの。
Σ( ̄ロ ̄lll)



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_21171349.jpg


一方こちらの「ホーリー・ソウル・チャペル」は、設計者ベントレーのデザインが最もよく表現されてるって言われてます。キラキラ眩い!



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_22051099.jpg


そろそろ天井を仰ぎすぎて首が疲れてくる頃合いに、おいとま。



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_22091021.jpg


縞々でキラキラのウェストミンスター大聖堂、ヴィクトリア駅周辺でブラ散歩したい時におすすめ。



縞々でキラキラ☆彡ウェストミンスター大聖堂_a0123372_22122044.jpg

7月末までは、聖堂前の広場にジュビリー関連コーギーちゃんもいますよ~~♪
カワ(・∀・)イイ!!


*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!

↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村












by londepa | 2022-06-25 00:28 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line