人気ブログランキング | 話題のタグを見る

英国ヨークで、日本の浮世絵展!


昨日ヨークに行ったのは、そこの美術館で開催中の浮世絵展を観るためでした。感想を先にいうとコンパクトに上手くまとめられた内容で、行って良かった!


英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_20020177.jpg

ヨーク・アートギャラリーでの展覧会タイトルは「Pictures of the Floating World - Japanese Ukiyo-e Prints」。

公式ウェブサイトはこちら。

美術館は昨日のクマとおばさん写真(爆)でも想像できると思うけど、建物のサイズはそれほど大きくありません。でも1882年にオープンして以来、ヨークの美術ファンを楽しませている名所です。

浮世絵展をやっているのは、2階(イギリス式に言えばファーストフロア)の一部。



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_20135918.jpg


中に入ってすぐの壁には、本展の主旨が記されたパネル。



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_20191136.jpg


江戸時代に発達したこの芸術スタイルが「浮世絵」と名付けられた由来や、江戸庶民の生活文化を反映したものである事。鎖国が終わった1850年代に西洋へもたらされ、欧米アーティストに多大な影響を与えた事、など。

それはジャボニズムという美術トレンドとなり、アールヌーヴォーというムーヴメントをも引き起こした、という概要です。



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_20381504.jpg


有名なところではゴッホやモネ、セザンヌらが浮世絵に触発された構図や題材で、いくつもの名画を描いていますよね。こちらでも↑歌川房種の絵の隣に・・・。



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_20405305.jpg


米国出身でおもにロンドンで活動した画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラーが描きかけたものを弟子グリーヴズが仕上げた、風景画が並べられています。

「ホイッスラーが初めて浮世絵に出会ったのは、ロンドンブリッジの中華料理店。彼は広重の構図や色彩を追求し・・・」などの創作背景も興味深い。
(#^.^#)



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_20582046.jpg


またホイッスラーと同じくチェルシーに住んでいた画家ポール・メイトランドの風景画は、木の上部がちょん切れている不思議な構図で・・・。



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_21014460.jpg


そこに並べられているのは、葛飾北斎による挿絵!

という感じで、解説を読めばもちろんですが、パッと見比べただけでも「ほほぉ~」って納得しやすい展示なんです。



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_21075820.jpg


まぁ別にそういう事を考えず、浮世絵を鑑賞するだけでも充分楽しいけどね♪



英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_21113887.jpg


英国ヨークで、日本の浮世絵展!_a0123372_21130233.jpg


このヨーク・アートギャラリーでの浮世絵展は、今年の11月まで開催予定。

常設展示と同じくこれも無料なので、ヨークにお立ち寄りの際にはオススメです~♪
\(^o^)/


*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!

↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村









by londepa | 2022-08-07 01:18 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line