人気ブログランキング |

昇龍ぐでたまコラボ&牡蠣フライ弁当


昨日は元同僚とランチ、それと夜には別の友達グループとディナーって2つの約束してました。そこで昼間ソーホーにいたんだけど、こんなモノも見ちゃったんですよ!


a0123372_16330988.jpg


昇龍オックスフォードストリート店に、吸血鬼ぐでたま!!!



a0123372_16373079.jpg

ついでに中も見ちゃいましたよー。ランチタイムで大盛況の中、壁にもぐでたまが一杯★


a0123372_16463908.jpg

カウンターの上にも、巨大なゾンビぐでたまが、、、


a0123372_16501336.jpg


この昇龍オックスフォード店、10月いっぱいと11月3日までハロウィンぐでたまコラボ開催中なのですよ~。で、店中ぐでたま状態に♪



a0123372_16555359.jpg

a0123372_16561870.jpg

どれも可愛いハロウィン仮装になってて、すごく可愛いーー♡ とくに元同僚嬢が「わーあれウケる!」って指さしたのは、


a0123372_17075321.jpg


「しょうゆくれなきゃイタズラするよ」と脅すぐでたま。トリック・オア・ソイソース!?



a0123372_17114893.jpg

開催期間中は、特別セットメニューもあるみたい。でも実は私たち、別の店でランチ食べたばっかり。もうお腹一杯で、ラーメンは無理でしたけど。笑

じゃあランチは何処で?というと。


a0123372_17164885.jpg


イート・トーキョーでした!元同僚嬢はよく来てるみたいだけど、私は超久しぶり・・・2年くらいかなぁ。まずはウーロンハイで乾杯しましたよ~~。


a0123372_17193917.jpg

私は念願の牡蠣フライ弁当、彼女はトンカツ弁当。どっちも美味しくてボリュームあって安い!牡蠣フライ弁当8.50ポンドだもの、ロンドン繁華街では破格のお値段。ホントありがたいわー。

ご飯とサラダ、揚げ出し豆腐、サーモン細巻き、牡蠣フライ。


a0123372_17224176.jpg

メインの牡蠣フライは5個。それと写ってないけど、お味噌汁も付いてきます。

元同僚嬢と会うのは1年ぶりくらい。お互いの近況を中心に、喋る喋る食べる飲む喋る・・・で、あっという間に時間が経ちました。その後も彼女がフリーだというので、一緒に大英博物館をお散歩。そしてカフェでコーヒー飲みながら、またお喋り三昧!笑

大英博物館では今回、イラスト展や日本関連の展示を見てみたんですよ。そちらもイロイロと面白かったから、またいつかご紹介しますねー♡
(●^o^●)

*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;











# by londepa | 2019-10-20 03:33 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

「ものほんラーメン」で明太子クリームまぜ麺を食べてみた!


イングランド銀行ミュージアムのあとは、お腹が空いたのでお1人様ランチ。どうせシティにいるならば、そっから遠くない所にしよう・・・と思って。


a0123372_01525516.jpg


ちょっと前に日系コミュニティ誌の広告を見て気になった、「ものほんラーメン」というお店に初挑戦してみました~。



a0123372_01551213.jpg


最寄り駅のオールドストリートから、歩いて3分くらい。久々に午後ずっと晴れてたわぁ・・・歯科医にドタキャンされても大して凹まず立ち直直りが早かったのは、この天気に助けられてたのねーきっと♡



a0123372_01592342.jpg


着いた着いた。午後1時ちょっと過ぎでまだまだお昼どき真っ最中!というかんじで混み合ってたけど、お1人様なので難なくカウンターに座れましたよ。
(*^^)v

お店のウェブサイトはこちら。↓



a0123372_02012973.jpg



お酢、ラー油、すり胡麻などが並んでて、基本の「き」はバッチリ。期待が高まりますね~~。



a0123372_02041209.jpg



どうも他の人のブログやインスタ見たところ、油そばや台湾まぜそばが好評みたい。隣にいた中国人らしき女の子(←ケータイの会話が聞こえたので判定)が食べてたのも、多分そのどっちか。とても美味しそうだったので大いに惹かれたけど、、、


a0123372_02063734.jpg


私が日系誌の広告で見て、これ食べてみたーーい♡と思ったのは明太子クリームまぜ麺だったから、初志貫徹しました!

ブレない私、自分で自分を褒めてあげたいです。
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪


a0123372_02092254.jpg


それじゃー胡麻をたっぷりかけて、いただきまああっす!!!わあーい明太子だー旨い旨い。メンマ、なめ茸、ネギ、海苔もどっさり。半熟卵もイイかんじ♪というのが、最初の感想。



a0123372_02121769.jpg


特に自家製の太麺が、もっちもっちーで絶品でした!お世辞は抜きで、ここの麺は美味しかったー。

・・・でも食べ進むうちに、塩気が強すぎる気がしてきました。明太子も辛いというよりショッパイ方が強い。更にどっさりのメンマとなめ茸が、やっぱり塩分多めです。

明太子はメインフィーチャーだからともかく、メンマとなめ茸はこの半分にして、チャーシュー1枚とかに替えてくれると嬉しいなぁ。。。というのが、食後の感想でした。


a0123372_02181674.jpg


お店の雰囲気やスタッフさんは感じ良かったし、何よりモチモチの太麺が美味しかったしー。次回ここを再訪する事があったら、今度こそ油そばか台湾まぜそばを食べてみよう!

と固く心に決めて、お店を後にしました~~。
( ^)o(^ )


*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;











# by londepa | 2019-10-19 07:06 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

歯医者ドタキャン★でイングランド銀行へ


火曜日にはウィンブルドンの歯医者さんアポがあったので、またもや一路ロンドンへ向かっていたのですが、、、途中で歯科医の事務員さんから携帯に電話があり、なんとなんとドタキャンされました!
Σ( ̄□ ̄|||)

理由は「必要なパーツが納品されなかったから」ですとー。この日は歯科矯正の最終仕上げとして私がチョイスした、金属製リテイナーを装着してもらう予定だったのです。

今までインヴィザラインという透明プラスチックカバーみたいな装具で数カ月やってきたんだけど、仕上げを完璧に揃えるためラストに短期間ながら金属リテイナーをする事にしました。しない選択もあったけど、ここまで来たのなら仕上げもパーフェクト(?)にって。

そのリテイナーが予約当日の朝までには納品される筈だったのに、サプライヤーの事情で1日遅れになったと説明&お詫びされました。サプライヤーのせいだし、歯科医の事務員さんに怒るわけにもいかず。仕方ないよねぇ~~。

でも私が乗ったナショナル・エクスプレスは、やがてロンドン到着。帰りは午後3時ヴィクトリア発の切符を買ってあるし、もうこの際「オラ腹くくっただー」!爆 とはいえ、どこ行くべ?

と悩んだ末、久しぶりにバンク周辺へ行ってみましたよ♪



a0123372_23254264.jpg

a0123372_23294546.jpg


イングランド銀行を中心とした金融街、ナットウェスト銀行など金融関連の本社がゴロゴロ。



a0123372_23313441.jpg


日本のD証券さんもいますよ、お疲れ様どえーす♪ そして結局、私が歯医者の代わりに向かった場所は・・・。



a0123372_23342087.jpg


イングランド銀行ミュージアムでした。↑こっち側は正面玄関だから私は入れませんが(当たり前。笑)、あの右端を曲がって行くと博物館の入口があるの。



a0123372_23372114.jpg


ここには以前も来た事あるから、2回目。



a0123372_23414669.jpg


ざっくり一巡してみたところ、展示内容は前回とほとんど同じでした。初期のお札は手書きで今はボロボロ、こんな状態でもよく残ってたねーと感心するほど。



a0123372_23433985.jpg


この前は気が付かなかったけど、今回は何気にこのお皿がお気に入りですー♪まるで現代のヘタウマ絵みたいでしょ?!まさか、まさかコレが貴重なアンティーク品だとは思わないですよね。。。



a0123372_23452577.jpg


でも1695年製!ヘタウマに描かれた漫画キャラみたいなのは、ウィリアム3世王ですよん☆彡


a0123372_23475033.jpg


純金の「金の延べ棒を持ってみよう」コーナーも健在。あそこに立つと、頭上にある4面のスクリーンには四方から監視カメラがとらえた自分の姿が見える!!!という、ファンタスティックな体験つき。
(;・∀・)



a0123372_23511335.jpg



正確を期すれば金99.79パーセントらしいけど、何しろ約13キロ!あの穴から手を突っ込んで、触ったり持ち上げてみたり出来ます。私は今回もトライしてみたものの、やっぱり片手じゃ持ち上げられませんでした~~。

このイングランド銀行ミュージアムは、平日のみ開館(午前10時から午後5時まで)。小規模ながら入場無料だし、ちょっと時間が余ったら行ってみると面白いですよ!
\(^o^)/

追記:ここんとこ1週間ほどBBCテレビを観てなかったので、今日いきなり番組表ウェブサイトで気がついた、、、日英合作ドラマ「義理/恥」、今夜(10月17日)9時からスタートですって。



8回連続の長丁場で、窪塚さんとか日本の俳優さんたちの活躍が楽しみ!今日は夕飯後の片づけをチャッチャと済ませて、テレビの前にGOです~~♪


*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;










# by londepa | 2019-10-18 01:35 | お散歩てくてく | Comments(1)

新しい20ポンド札は来年2月から!裏は画家のターナーさん


既に発行されてる5ポンド札と10ポンド札に続いて、いよいよ次は20ポンド札がポリマー製で生まれ変わります。2020年2月から流通するそうですよ♪


a0123372_21085165.jpg


工期とか納期とかイロイロ遅れがちなイギリスですが(笑)今までの5ポンド&10ポンド札も予定通りに発行されてきたから、かなりノッピキならない事情がない限り(現女王様から王位が変わったとか)スケジュールは変わらないんじゃないかな。

と、いう訳で新20ポンド紙幣。あれっ?ポリマー製で俗称プラスチック札とか言われてるから、紙幣という表現で良いんだろうか??まあ日本語ではお札は紙幣ですもんね。英語だとバンクノート(Banknote)、銀行が発行した札。

お札の表はもちろんエリザベス2世女王様だけど、裏にフィーチャーされるのは・・・。



a0123372_21103191.jpg


画家のウィリアム・ターナーに決定しました~~!、、、って、あらら?ターナーさん若くてイケメンだったんですねぇ。

映画「ターナー・光に愛を求めて(原題:Mr Turner)」を観た方だったら、私と同じ感想を抱くんじゃないかしら。笑 中年から晩年のターナーさんを演じたのは、役柄のためにでっぷり太ったティモシー・スポールだったもの。
(;・∀・)


a0123372_21180567.jpg


こちらが元の絵、所有しているテート美術館のウェブサイトより拝借しました。1799年に描いた自画像だから、彼は24歳ですよ!若々しい青年だったのも当然ねー♡

そして20ポンド札になった彼のバックには、代表作のひとつでトラファルガー海戦でも活躍した船テメレール号を描いた、The Fighting Temeraire, tugged to her last Berth to be broken up (解体のため錨泊地に向かうテメレール号)。

また彼の胸元に印刷されるサインは、彼が所蔵する作品群すべてを国家に寄贈すると記した遺書にあったサインを使用。さらにその下に記されたLight is therefore colour(光は、しかして色彩であります)という言葉は、1818年に彼がロイヤル・アカデミーで行った講義からの名言とされています。

という事で、来年2月からはターナーさんの20ポンド札に出会えるんですね!ちょっと楽しみ♪

でもお札の裏側にフィーチャーされるのって、どんな風に決まるのか?というと、まずイングランド銀行が候補者をリストアップしてから民間投票を募り、そこで最後に残った数名からイングランド銀行のお偉いさん方が最終決定するそうです。

今回は最初に590人の候補者リストがあった中、民間投票で残ったのはターナーの他にジョサイア・ウェッジウッド、チャーリー・チャップリン、バーバラ・ヘプワース、ウィリアム・ホガース。この5人の中から私が選ぶならば、チャップリンとか最高だと思うけど・・・見たかったなぁ、山高帽にチョビ髭のチャップリン20ポンド札。
( ´艸`)

ところで5ポンド、10ポンド、20ポンド札と来たら・・・最後に残るのは50ポンド札ですよね!実はもう発行年と、誰が裏側にフィーチャーされるかも決まってるんです。それをイングランド銀行が発表した時は、ちょっと意外だったけど。

この人ですよ~~。


a0123372_21471419.jpg

アラン・チューリング!!!!!第2次世界大戦中にドイツの暗号解読した功績で知られる、数学者・論理学者・コンピューター科学者。

チューリングつーたら、もう真っ先に思い浮かぶのは、やっぱり映画。ベネディクト・カンバーバッチが彼を演じた「イミテーション・ゲーム」ですよね?!最後には同性愛を告発されて痛ましい晩年を過ごしたという、今では信じられない非業な最期を遂げた人。

この50ポンド札は再来年の2021年とのことで、まだ何月かまでは公表されてません。とりあえずは、ターナーさんの20ポンド札!お会いできるのを楽しみにしましょう~~♡
(((o(*゚▽゚*)o)))


*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;









# by londepa | 2019-10-16 23:12 | 耳より★イギリス暮らし情報 | Comments(0)

クィーンズ・ハウスの古伊万里コレクション


過去に何度もグリニッジには行ってるんだけど、いつも何となく旧王立海軍大学(とくにペインテッドホール!)の周辺を見ているうちに終わっちゃうんです。そのあとも時間があれば、天文台のある丘の上から街を見下ろして・・・そこで夕方=博物館など軒並みタイムアウト、という具合。

そこで今回の私たちは戦略変更!笑 あえて海軍大学には向かわず、最初っから4つの博物館に集中してみたわけです♪



a0123372_20003034.jpg


まず最初にカティサーク号、そして海事博物館に行って・・・3つ目に訪れたのが、このクィーンズ・ハウス。



a0123372_20034373.jpg


そこから眺めた、今回スキップした旧王立海軍大学の姿。真っ二つに分かれているので、その向こうには新金融街カナリー・ウォーフの高層ビル群が見えます。

そういえばこの日も、曇り時々にわか雨って不安定な天気、、、ちょこっと見える青空の下に、分厚~い雨雲が迫ってますねぇ。
(;^ω^)


a0123372_20112056.jpg

a0123372_20115200.jpg


クィーンズ・ハウス、思ってたのよりずっと広く感じました。外から見た時はやや小さめな建物に見えたんだけど・・・周囲が広々とした敷地だから、比較対象する建物がなかったせいかな?




a0123372_20151293.jpg


それに各部屋に美術品(おもに絵画)が一杯で、ひと部屋ずつ見てたら予定の時間オーバーしそうになったので、急ぎ足になってしまいました。

何しろ私たち「今度こそは天文台にも入りたい!」と決意してましたから・・・その為には天文台が閉館する午後5時よりも、少なくとも30分前には入らないと~~。


a0123372_20211285.jpg


1636年に建てられてから約200年間は王室の居城だっただけあり、絵画は肖像画が主流。その質・量ともに見応えバッチリでした!



a0123372_20235909.jpg


中でもやっぱりエリザベス1世と、彼女のパパさんヘンリー8世の肖像画は、圧倒的な存在感。絵画のクォリティだけでなく、モデルのキャラ立ちが他の追随を許さないことハンパなく・・・。

かと思いきや、別室には大きなガラスケースに見事な古伊万里コレクションが☆彡



a0123372_20280163.jpg

a0123372_20291601.jpg

このツル柄セットは、推定17世紀後半~18世紀前半と解説されてました。グリニッジに来て日本のアンティーク陶器に出会うとは思っていなかったので、ちょっと感慨深かったです。

さて、残るは旧王立天文台。今までいーっつも時間切れで入館できなかった私たちにとって、いわば最後の牙城かラスボスか!?そこでX君がとった意外な行動とは(笑)・・・についても、また後日お届けしたいと思いますー♪
(●^o^●)

*********************

日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;










# by londepa | 2019-10-16 02:36 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line