カテゴリ:音楽・映画・本・アートetc.( 305 )


ミック・ジャガーの衣装も見れる☆セルフリッジズ百貨店のポップアップ・ショップ


オックスフォード・ストリートへ買い物に行った、前回記事の続き~~♡

幾つか予定していた物を買って、ハウス・オヴ・フレイザー百貨店のカフェでお茶して、それからマーブル・アーチに向かって歩き始めたんですけど、、、


a0123372_19281468.jpg

途中で通りかかったセルフリッジズ百貨店は、いつもウィンドウ・ディスプレイが秀逸でアートな感じがお洒落なので有名ですし☆彡


a0123372_19322398.jpg
a0123372_19324670.jpg

この日も、そんなウィンドウを見てみたところ・・・。


a0123372_19273974.jpg

こ、この特徴あるベロ・マークは!!!!
Σ(・ω・ノ)ノ!

ベロと言ったらストーンズっしょ、ザ・ローリング・ストーンズ♪でも何、何、ナニゴト~~?


a0123372_19364353.jpg

と思わずチェックしたら、もうすぐ始まるツアーに先駆けた期間限定ポップアップ・ショップなのでした。だからツアー名の「ノー・フィルター」をあしらった品も多い。

一番若いロン・ウッドですら70歳になったし最年長チャーリー・ワッツは76歳、という超のつくお達者バンド。UKのみじゃなく欧州ツアーしちゃうんだから凄すぎ。

健康長寿を願う者にとっては、もう生き神様レベル?あやかりたいあやかりたい。
(-人-)ナムナム



a0123372_19402033.jpg

グッズ販売だけじゃなく、ミック・ジャガーが実際に着ていた衣裳の展示が良かったです。


a0123372_19514688.jpg

残念ながらオリジナルにつき、これらケースにウヤウヤしく飾ってあるのは売りものじゃありません。笑


a0123372_19532965.jpg

こっちの真っ赤なオストリッチ・ロングコートなんかは、


a0123372_19542518.jpg

それを着てたミックの写真だけじゃなく、ステージの映像つき!!!


a0123372_19552101.jpg

ミック以外のメンバーに関しては、衣装の展示はないけれど。


a0123372_19561899.jpg
a0123372_19563724.jpg

代わりにサイン入り楽器がありました。係の人に訊いたところ、どれも実際に彼らが使ったものばかり♪

もちろん割とフツーに衣類や小物など、色んなグッズを販売してますよ。


a0123372_19580873.jpg

イングランド・チームのマークと合体して、スポーツファンとストーンズファンを兼任する人向けのTシャツなんてユニークなのも。


a0123372_20032265.jpg

特製ジンを飲むならば、ベロのマークがエッチングされた美し~いグラスも欠かせない!?

ストーンズの大ファンならば見逃せないし、そういう人へのプレゼントにも喜ばれそう。3週間だけの限定期間(6月3日まで)ですよ~~♪
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-05-19 01:10 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

バースの美術館「ヴィクトリア・アート・ギャラリー」


以前より何度かバースに来ているものの、何故かいつも時間切れで入れなかった場所。でも今回は入ることが出来て嬉しかった~♪のが、ここ。


a0123372_01295413.jpg

それが「ヴィクトリア・アート・ギャラリー」です。もちろんイギリスで殆んどの公営ミュージアムが無料なのに倣って、こちらも常設展示ならば入場無料。


a0123372_01362690.jpg

その名を冠するヴィクトリア女王様、どどーん!!!の建物は、彼女の即位60周年を祝って1897年に建てられたそうです。


a0123372_01380949.jpg

そんな建物そのものも魅力。↑天井の一部にあった12星座のレリーフとか、ちょっと素敵でしょ?



a0123372_01434923.jpg

絵画のほうは、17世紀から現代までのイギリス人アーティストの作品が中心だけど、、、


a0123372_01451225.jpg

中にはパウル・クレーなんかも♡ A4サイズくらいで小さいながら、彼ならではの作品という感じ。


a0123372_01510486.jpg

これは屏風。説明には「ファイアー・スクリーン」と書いてあったから、本来は暖炉の前に置くための屏風なのかな?

ウィリアム・モリスが先導したアーツ&クラフト運動で活躍した、ジョージ・フランプトンという作家が1895年に製作したそうです。


a0123372_01544355.jpg

上部に貼ってあるキラキラのは、たぶん貝の裏ですよね??すごい手が込んでる~~。


a0123372_01432148.jpg

地元またはバースに所縁のある美術コレクターからの寄贈品を中心に約1500点の絵画・彫刻・陶磁器・ガラス製品など。小規模だけど、アットホームな雰囲気が良かった!

バース観光の際に、もし時間に余裕があれば立ち寄ってみてね♪
(*^_^*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-04-13 02:04 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

「サザビーズ」のプレヴュー展示で見た風刺漫画


先般、X君の甥っ子夫婦が来ていた時には、ロンドンで彼の娘たち(=甥っ子くんの従妹たち)と合流してランチしました。

そのランチした店などについては、もう↓コッチで紹介しちゃったので割愛しますけど~。



その後はイトコ同士3人プラス甥っ子の嫁さん、という若者グループとお別れして・・・。


a0123372_22095660.jpg

ランチしたのがボンド・ストリート周辺だったので、オークション・ハウス「サザビーズ」のギャラリーに寄ってみました♪

というのも、X君はまだ入った事ないと言ってたので。オークション前の一般展示品ばかりだから、その時によって全く違う傾向の作品が並んでるのが面白いんですよ。


a0123372_22135709.jpg

この時は別のコーナーでアボリジニ・アートも特集していたけど、作家かつ政治家ジェフリー・アーチャー氏が蒐集していた風刺漫画コレクションが見ものでした!


a0123372_22181783.jpg

この作風、見覚えないですか?!「あーあのイラストレーターね♪」って言える人も、いるんじゃないかな??


a0123372_22194885.jpg

もっとヒントを。帽子、ウサギ、懐中時計、女王さま、少女、お茶会。
(・∀・)


a0123372_22213881.jpg

はい、この作家はジョン・テニエル・・・「不思議の国のアリス」挿絵で、つとに有名ですよね!風刺画で人気を博し、当時の社会風刺漫画雑誌「パンチ」で大活躍していたそうです。


a0123372_22270738.jpg

一方こちらは、ロナルド・サール。日本では猫のイラストの方が有名だと思います。こんなやつ。
↓↓↓


a0123372_22291232.jpg

(上の画像は、おヨソから拝借しました。)


a0123372_22305205.jpg

猫イラストの印象が強いので、ニクソン大統領や群衆の陰にもこっそり猫がいないかなぁって探しちゃいましたけど、、、いなかったです。
(=^・^=)


a0123372_22330542.jpg

もっと現代の作家では、このピーター・ブルックスさんのが面白かった!!!爆 Brexit投票結果で「しまった!」という顔のキャメロン元首相もいましたが、


a0123372_22354557.jpg

彼の作品で私が一番ウケたのは、こちら!「引退?サー・アレックスじゃあるまいし」って超お達者ぶりを発揮する女王様~~~。

ちなみにサー・アレックスとは、長年マンUの監督を務めてた人。彼の引退報道があった頃の作品なんでしょう。

もちろん各々オークションで売られる作品なので、作家名や作品名などの他に予想落札価格も表記されてます。この元気な女王様には、£800~£1200と書かれていました。

お値段つきなのが美術館と違って、それもまた興味深く楽しめるギャラリーなのでした♪
(^o^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-04-02 22:43 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

3月21日まで開催中「My Generation in Carnaby」


先日「無印良品」での買い物にかこつけて、ルンルン軽やか~な足取りでカーナビー・ストリートへ出かけたのですが・・・もうひとつの理由はコレ。
↓↓↓


a0123372_21341729.jpg

3月14日に公開された映画「マイ・ジェネレーション」とタイアップして、現在カーナビー・ストリート3番地で開催中のミニ・エキジビション♪

俳優マイケル・ケインを語り手として紡がれた、1960年代カルチャーを振り返るドキュメンタリー映画なんだそうです。まだ映画は観てないけど、この無料展示は3月21日までの限定期間なので逃すまじ!と。笑


a0123372_21441112.jpg

会場となった3番地は、ちょっと前まで「アメリカン・アパレル」という衣料ブランドの店があった場所。今のところ各種イベント会場として活用されてます。


a0123372_21464458.jpg
a0123372_21471751.jpg

もちろんドキュメンタリー映画の中心的な役割をつとめたマイケル・ケインの写真や、彼を一躍大スターにした名画の数々のオリジナル・ポスターもあります。


a0123372_21493826.jpg

でも1960年代に台頭した若者文化がテーマなので、当時のスターやミュージシャンなども一杯。


a0123372_21521170.jpg

ツィギー、マリアンヌ・フェイスフル、ジョーン・コリンズ・・・。


a0123372_21531623.jpg

1960年代といえば、音楽シーンにも画期的なムーヴメントが次々に生まれた時期。


a0123372_21565501.jpg
a0123372_22005192.jpg

ジミ・ヘンドリクスやローリング・ストーンズなどが若者の支持を得ると同時に、それより古い世代の眉をひそめさせました。


a0123372_22012881.jpg

・・・って、じゃあコレは何の写真?!!
Σ(・ω・ノ)ノ!


a0123372_22024870.jpg

1965年10月、ビートルズへのMBEという位の叙勲が行われたバッキンガム宮殿に押しかけたファンの喧噪状態でした。。。


a0123372_22165419.jpg

ちなみにMBEというのはMember of the British Empireの略で、和訳では大英帝国五等勲爵士。(余談ながら真田広之サンも2002年にもらってます、シェイクスピア劇への貢献を評価されたとか☆彡)


a0123372_22173791.jpg

ファッションやアートも、大きな変革を遂げた60年代。カーナビーストリートでデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた「ミニスカートの女王」マリー・クワント、従来のヘアスタイリングの常識を覆したヴィダル・サッスーン・・・。


a0123372_22212685.jpg
a0123372_22222215.jpg

ちょっとだけ、当時の息吹を感じられたような気がしました。


a0123372_22245196.jpg

展示品の数などは多くないし小規模なエキジビションだけど、オックスフォード・サーカスやリバティ百貨店などに行く用事があれば、立ち寄ってみると面白いですよ♡
(*´ω`*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-03-16 22:39 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

「ママ銀行へ感謝を込めて・・・」


先日ランチにラーメンを食べに行った日は、最寄りのトテナムコート・ロード駅から地下鉄に乗って帰りました。


a0123372_02333872.jpg

お巡りさんも乗ってて安心安全、イェーイ!?あっ乗らずに巡回だけかな。笑


a0123372_02325194.jpg

まだ夕方のラッシュアワーが始まる前だったから人混みもなく、余裕のよっちゃんです♪ もちろん電車の座席も、らくらくゲット~~。


a0123372_02392534.jpg

やれドッコイショ、と座ったら・・・何故か隣のシートに本が。誰かウッカリこの本を置いたまま、下車しちゃったんだろうねー。


a0123372_02413284.jpg

推理小説のペーパーバックで、ビニールのカバーがかかってます。おしなべてイギリス人は自分の本にカバーかけたりしないから、多分これ図書館のじゃないかな。。。


a0123372_02431941.jpg

案の定、扉のページには図書館カードらしきステッカーが。しかもウェールズにある図書館みたいです。
(*_*)

途中まで読んでた人も、この本も、はるばるウェールズからロンドンに来て電車で離ればなれになっちゃうなんて気の毒、、、その後、電車を降りた時に駅員さんに渡したけど、あの本は無事にウェールズへ戻れたかしら??


a0123372_02492247.jpg

図書館といえば、先日X君とウェンブリー・スタジアムへ行った時その近くにある図書館にも寄ったんですよ。


a0123372_02512608.jpg

X君はクルマ関係の雑誌をぱらぱら見てたから、私も雑誌コーナーへ。そこで目に留まった今月発売中の「Q」マガジン、なかなか良い感じでした。


a0123372_02525695.jpg

フォト特集号という事で、新旧ミュージシャンの名場面を撮り続けたフォトグラファー達が紹介されていました。


a0123372_02551965.jpg

私自身は、図書館で本を借りる習慣がありません。読むの遅いし気まぐれ読みだから、いつ返却できるか心配!という理由で。笑

だから推理小説のペーパーバック古本をチャリティ・ショップで買うほうが、ずっと気楽なんです♪


a0123372_02595765.jpg

先日そんな本のうちの1冊を読み始めたら、またもや扉ページに何か・・・でも図書館カードじゃなくて手書きの字!


a0123372_03014932.jpg

「ママ銀行のスタッフ一同へ。長年に渡る素晴らしいカスタマーサービスに感謝します。ずっと愛顧している顧客より!!!」

ママ銀行、つまりお母さんへの感謝のプレゼントだったのですねー。ハッピーバースデイともメリークリスマスとも書いてないから、母の日に贈ったのかな?

イギリスの母の日はキリスト教暦と連動しているので毎年その日付が変わるんだけど、今年は3月11日。つまり今週末なんですよ。

推理小説好きと思われるこのお母さん、今年はどんなプレゼントをもらうのかな?
(#^.^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-03-11 04:52 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

X君と一緒に、ロンドン下町レイトンストーンへ!


最近はX君が旧宅に泊まりに来てる時は、後々になってから「うう~っあの時に行っとけば良かった!」という後悔が残らないよう、なるべく色んな所へ連れ回すように努めてます。


a0123372_08135730.jpg

先日はそんな場所のひとつ、レイトンストーンに行ってきましたよ!!!


a0123372_08163566.jpg

何しろ、ここはX君が敬愛する映画監督アルフレッド・ヒッチコックが生まれ育った町。地下鉄セントラル線駅の壁には、彼とその作品にまつわるモザイク画が並んでいるのです♪

予想どおりX君は、「あーこれは『裏窓』!あれは『北北西に進路を取れ』だね!!」と喜んでましたし・・・。


a0123372_08162196.jpg

2年ほど前にも来た私は、前回は気付かなかった事・・・たとえば「間違われた男」のヘンリー・フォンダを見てジェーン・フォンダってお父さんと瓜二つだったのねー★とか、ちょっと細部も見てたんです。


a0123372_08311895.jpg

それに、このヒッチコック幼い頃の様子が印象的で・・・彼の父ウィリアムが営んでいた八百屋の前。一家はその2階に住んでました。

それって一体どこ?!と説明書きのプレートを読んだら、「ハイ・ロード517番地」との事。じゃあ、どうせここまで来たんだし見に行ってみよう~~♪


a0123372_08374076.jpg

って歩き出したら、思ったよりも遠かったかな。笑 地下鉄じゃなくてオーバーグラウンドのレイトンストーン駅よりも、もう少し先。

517番地って事は、ここら辺の筈なんだけど、、、な・ないっ!517を含む幾つかの番地が、神隠しみたいにスッポリ抜けてるんですけどーー。
Σ(・ω・ノ)ノ!


a0123372_08420061.jpg

代わりに、その何番地分かはガソリン・スタンドになっていました。ウィリアム・ヒッチコック達が店をたたんだ後には、その周辺と共に敷地が売られちゃったんでしょうね。

そんな八百屋の息子アルフレッドが、後世に名を遺すセレブ映画監督になるなんて、まだ誰も予想していなかった頃かもしれません。

もし残ってたら、今頃は「ヒッチコック博物館」とか地元のドル箱になってたかも・・・なのに取り壊されて、味もそっけもないガソリン・スタンド。何たる誤算~~!
(>_<)


a0123372_08585837.jpg

と焦った(?)地方行政区の資金によって、その隣に残ってる建物にはヒッチコックの代表作「鳥」をイメージしたアートが施されてます。


a0123372_09081347.jpg

建物の外壁だけじゃなく、その前の歩道にも!!!



a0123372_09095280.jpg

この絵の何処かには、ヒッチコックの似顔絵も隠されてるんだそうですよー。この時は見つけられなかったけど、又いつか探しに行けるかな?!笑

ところで地下鉄の方のレイトンストーン駅には、地元アーティストによるものと思われるヒッチコック監督の肖像画があって、、、その絵も「鳥」がフィーチャーされてます。


a0123372_09134255.jpg

そんな絵を理解してるのか、どうか、、、めっちゃ鳩の溜まり場になってる上に、鳩のフンまみれ★

鳥の大群が人々を殺戮する異常事態を描いたスリラー映画の成功によって、すっかり悪役にされちゃった彼らの腹いせ?!のようにも思えて、なんだか象徴的な光景でしたー。
(;・∀・)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2018-02-21 09:35 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

V&A美術館カフェの「グリーン・ルーム」


V&Aの略称で親しまれてる、ヴィクトリア&アルバート美術館。展示品の質・量ともに凄まじいだけでなく、美し~いカフェも人気ですよね♪


a0123372_04284955.jpg

セルフサービス方式だから、カウンターで食べ物やドリンクを受取ったらお会計して、自分で席まで運ぶのですが。


a0123372_04392464.jpg

その際に使うトレーにあしらわれた数種類のデザインはどれも、同館が所有するウィリアム・モリス作品のもの。


a0123372_04434623.jpg

そして、こちらが彼の展示ルームです。右手にある大きなのはカーペット。


a0123372_04455649.jpg

家具用の布地や壁紙のデザインで有名だけど、このタペストリーのように一点ものの作品も大小いろいろ。


a0123372_04502335.jpg
a0123372_04504619.jpg

ステンドグラスの作品も多く手掛けているし、


a0123372_04544150.jpg

こちらのキャビネットには、直筆でペイントしてます。


a0123372_04552944.jpg

モリスのデザインでも最も有名な「イチゴ泥棒」は、1883年製の家財用布地。


a0123372_04583580.jpg

そして上の画像は左がモリスのデザイン画で、右にあるのが商品として完成した壁紙。他にもこの展示室では、彼がデザインしたタイルや書籍なども見る事ができます。


a0123372_05025741.jpg

そういえばカフェにはトレーだけでなく、彼が内装全体をデザインした部屋もあるんですよ!それは前出の、大きな部屋じゃなくて、、、


a0123372_05052326.jpg

隣接する部屋のひとつで「グリーン・ルーム」と愛称されているコチラです。壁も天井もステンドグラスも照明器具も、ウィリアム・モリス自身が手掛けました。

史上最強ヴィクトリア女王様の名を冠するイギリスきっての美術館で、部屋ひとつ丸ごとインテリアを任されちゃうなんてねー。いかに厚い信望を得ていたか!ってのが分かります。

こっちの部屋は小さいので、空席を見つける事が難しい日も多いんだけど・・・平日の日中とか狙って、じっくりウィリアム・モリスに浸ってお茶してみたいですよね?!
(#^^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






第2回プラチナブロガーコンテスト

旅行・お出かけ(&海外生活)部門に応募してみました♪



by londepa | 2018-02-06 05:38 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

東京や大阪よりずーっと安いから、ロンドンで観なきゃ損・損♪


おはこんばんにちはっ!今週も月火の孫シッター任務、月曜シフトを無事に終えて明日に備える市井のオババことロンパラどぇーす♡

ふと日付を見たら、なんと早や1月も終わりそう。
Σ(・ω・ノ)ノ!

2月は中旬にX君が又もや実家のイロイロでギリシャに行く予定だし、私は私で旧居の売却手続きが大詰めだわ、なんだかんだとスケジュール調整に追われています。

そんな状況でも、既に予定に入れちゃった重要案件は、極力そのままキープしたいですよね!


a0123372_05435469.jpg

特に2月は、バービカン・シアターでの舞台劇「プルートゥ」のチケットを買ったばかり!めっちゃ楽しみにしてるから、何を置いても観に行かなくちゃ~~♪



それに今日、改めて渋谷Bunkamuraシアター・コクーンで今月28日まで上演されてた同舞台の料金を見ていたら、、、

6,000円(本日現在レート・約£39)~11,000円(同・約£71)という、ロンドン公演チケット(£16~£35)の2倍くらいでビックリ★

じゃあ欧州ツアー後の3月に予定されてる、大阪・森の宮ピロティホールはどーよ??とチェックしたら、こちらは更に高くて11,500円だって。。。

海外公演は文化庁国際芸術交流支援事業が助成しているから、そこら辺が大きな理由なんでしょうね~~。


a0123372_06065111.jpg

たった今バービカン・シアターのウェブサイトを再確認したけど、まだ残席あるみたい。

私のお目当ては断然、柄本明サンや吹越満サンのベテラン俳優。でも人気絶頂の土屋太鳳ちゃんや森山未來くんもナマで観られちゃうし!

ロンドンの後は2月15日~2月17日にオランダ・レーワルデン公演、2月22日~24日にベルギー・アントワープ公演と続いて、それから3月の大阪。

というヨーロッパ3都市での「プルートゥ」。在住者にはモチロンのこと、この時期たまたま旅行・出張で来てる人にも、超お勧め♡ですよー。
(*´▽`*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






第2回プラチナブロガーコンテスト

旅行・お出かけ(&海外生活)部門に応募してみました♪



by londepa | 2018-01-30 06:39 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

チケット買った~♪土屋太鳳ちゃんも出るらしい「プルートゥ」ロンドン公演


先週から昨日までは、ほぼ旧宅およびAちゃんち周辺で過ごしてました。X君もロンドンで所用があったので、木曜日から日曜日は泊まりに来てたし・・・。


a0123372_02344969.jpg

X君が帰った後も、日曜の午後はAちゃんファミリー&JS君ママも交えてパブランチしたり、何だかんだと外出してましたよ。


a0123372_02372859.jpg
a0123372_02375554.jpg

ご近所パブでは、2月のラグビー・トーナメント「シックス・ネーションズ」への準備万端でした!笑


a0123372_02394890.jpg

一方X君のほうはロンドンで用事があったのは木曜と金曜だけだったので、土曜日は一緒に映画を観に行きました。

「何を観ようか~?」って相談してた時、私としては超々好きなタイプの映画「グレイテスト・ショーマン」は、残念ながらX君の苦手なミュージカル仕立て。
(-_-メ)


a0123372_02411205.jpg

で結局、その次に観てみたかった「ザ・ポスト(邦題:ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書、、、って邦題長すぎ!爆)」に決定~~。

何たってやっぱしメリル・ストリープとトム・ハンクス主演、スティーヴン・スピルバーグ監督!!!と3大ビッグネームが揃ってるんだから、そりゃもう文句ナシに完成度高い!見応えバッチリで大満足です♪

11月にAちゃんと観た「オリエント急行殺人事件」も良かったし、久しぶりに映画館で新作を観ると感動しますよねぇ♡

そこで、もっと何か良さげなエンタメはないかしらん??と探したところ、


a0123372_02524503.jpg

「英国ニュースダイジェスト」でこんなイベント情報記事を見て、ガゼン注目!!!
(◎_◎)

浦沢直樹の漫画を原作とした演劇「プルートゥ」の、ロンドン公演ですよー。出演者は森山未來、柄本明、土屋太鳳、吹越満・・・うん、かなり良さそう!な予感がします。

ロンドン公演は2月8日(木)から2月11日(日)までの4日間、場所はお馴染みバービカン・センターです。チケットは£16.00~£35.00とお手頃だったので、1枚買っちゃいました~~。

どうせ月火は孫シッターでロンドンにいるのは確実なんで、前日の日曜日マチネー。ちょっとワクワク、嬉しいお楽しみなのです♡
(^o^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






第2回プラチナブロガーコンテスト

旅行・お出かけ(&海外生活)部門に応募してみました♪



by londepa | 2018-01-25 03:08 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(2)

AちゃんとXマス・コンサート&X君の次女ちゃん誕生日ランチ


先日Aちゃんと一緒に、バロック音楽のコンサートへ行きました。ちょうどJS君が家にいた週だったので子守りしてくれたから、母娘おデート的な?
(#^.^#)


a0123372_05012295.jpg

寒ーーっい日の午後だったから、完全装備で出掛けましたよ♡


a0123372_05033653.jpg

「アドヴェントのバロック音楽」って題されたコンサートです。

アドヴェントというのはキリストの降誕を待ちわびる期間で、日本語だと待降節とか降臨節ってゆーんですと。今ウィキペディア読んだから間違いないです多分!爆

つまり「クリスマスが待ち遠しいなぁ~」という期間がアドヴェント。アドヴェント・カレンダーで毎日チョコを食べるだけじゃないって事なのねぇ。


a0123372_05184066.jpg
a0123372_05190152.jpg

コンサートが催された場所は、マゴ君とAちゃんが洗礼を受けた近所の教会です。


a0123372_05122207.jpg

昔ながらの古ーい教会で、小さなパイプオルガンもあるの。

バロック音楽つぅたら、やっぱアレでしょ。「タラリ~鼻から牛~乳~~」の替え歌(By 嘉門達夫師匠)で有名な、バッハの「トッカータとフーガニ短調」!!!

そうかそうか、今日はパイプオルガンをたっぷり聴くのかぁ~。楽しみだわん。
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪


a0123372_05291485.jpg

と思ったら鍵盤楽器はハープシコードでした。それとバロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ、トラヴェルソ(フルートの原型らしい古楽器)、バロック・チェロ。あとソプラノ歌手とテナー歌手。


a0123372_05341940.jpg

まず牧師さんが和やかなトークと演奏者の紹介をして・・・だんだん薄暗くなる教会でキャンドル・ライトのみが仄かに照らす中、ヘンデルのメサイアやバッハのカンタータ等を聴かせてもらいました。

のっけから「リジョ~イス、リジョ~~~イス!」のリフレインで、すっかり精神高揚♪お祭り気分、もといキリスト様バースデイを待ちわびる気分に浸りましたよ。

コンサートに来てたのは、信者さんを中心に30名くらい。家族的な雰囲気が、とても良かったです♡


a0123372_05460401.jpg

家族といえば、その少し前にはX君の次女Lちゃんの誕生日ランチに同席しましたよ。場所はピカデリーの「ブラッセリー・ゼデル」。

集まったのは長女Pちゃん、バースデイガールLちゃん、その婚約者くん、X君と私。そうそうLちゃんは数か月前、お医者さん仲間の彼氏と婚約したんです!

と言っても2人とも、あと1年はジュニア・ドクターとしてNHS勤務しないといけないから、結婚式は再来年くらいかな??彼氏くんは心臓外科医を目指してるから、キャリア優先なのも当然ですよね♪


a0123372_05513091.jpg

とまぁ、ひとしきり近況交換をしつつの次女ちゃん誕生日。彼女とPちゃんは2人とも、ブイヤベースを選びました!すごく美味しそう。


a0123372_06053282.jpg

かたや男性陣2人は、揃ってガッツリとシュークルートを注文してましたよ★

男同士の肉食ファイトって感じでしょうか、、、年齢が半分の青年と競ってどーするX君、というより目に入れても痛くない娘をくれてやる親父の意地でしょうか~~。
(´;ω;`)ウッ…

なーんて内心ウヒヒと揶揄してる私は、じゃあ何を食べたかって。


a0123372_06173073.jpg

これこれー。


a0123372_06192684.jpg

ニジマスのグリル、アーモンド&ケイパー添え。マスオ君お久しぶり~、相変わらず精悍な歯並びがス・テ・キ♡ ひょっとしてブルガリア旅行以来かも?


a0123372_06281702.jpg

という冗談はさておき、食後のデザートです。これはX君とLちゃんが頼んでたタルト・タタン。写真ないけど婚約者くんはプチシュークリーム・タワーみたいなプロフィタロール。

X君もお嬢さん達もスィーツ大好き、もちろんLちゃん彼氏も。どんだけ好きかっつーとデザート逃したくなくて皆、前菜すっ飛ばしてメイン頼んでたくらい好き。笑

そんな中、私もなんとなくデザート頼む感じになっちゃって。コーヒーとミニ・デザートのセット「カフェ・グルマン」なら大丈夫かと・・・。


a0123372_06370782.jpg

ちょっとちょっとコレ、どこがミニなのー?!という。笑 まぁ周囲のご協力を得て、そんなに食べ残さずに済みましたけど。あ、ヘーゼルナッツのタルトは旨かったです。


a0123372_06403817.jpg

その2週間ほど前には、オーロラ見にアイスランドへ週末旅行していた次女ちゃん&彼氏くん。そっからの小さなお土産にこんなクリスマス飾りをもらって、溶けそうな笑顔のX君。

5人分のランチを支払って、この小さな玩具を愛おしそう~に持ち帰っていましたよ。
( *´艸`)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2017-12-04 06:47 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line