カテゴリ:音楽・映画・本・アートetc.( 312 )


やっぱり渡辺謙さんは凄かった!ミュージカル「王様と私」ロンドン公演


ブロードウェイで大成功を収めたという渡辺謙&ケリー・オハラ主演のミュージカル「王様と私」、先日やっと観てきました~~♪


a0123372_21225281.jpg

昔テレビの洋画劇場でユル・ブリナー主演の映画版を観て以来、ずっと好きな作品♡ その王様役を、日本が誇るハリウッドスター渡辺謙さんが演じるんだもの!!!
(≧∇≦)


a0123372_21262761.jpg

それにブロードウェイ公演とは違って、今回ロンドン・ウェストエンドでは大沢たかおさんも出演。王様に忠実に使える首相という、とても出番の多い役どころを演じてました。


a0123372_21304541.jpg

会場のロンドン・パラディアムは、1910年に建てられた由緒ある劇場。グレードⅡの歴史的建造物にも指定されてるんですよ♪


a0123372_21352216.jpg
a0123372_21354206.jpg

私はもちろん料金お安めの席を選びましたけど(笑)開演前に見下ろしたらオーケストラ・ボックスや、憧れのセレブ席☆彡ともいうべきボックス・シートもよーく見えました!

さて肝心の舞台のほうですが、観終わった感想は「やっぱし渡辺謙さん凄いわ~~」というもの。

まぁ歌唱力はちょっとアレなんですけど、堂々とした演技と圧倒的な存在感で十分補って余りある感じ。前半にはコミカルな演技も多く、イギリス人の観客を湧かせていました。

それに唄のほうは、イギリス人家庭教師アンナを演じたケリー・オハラさんの素晴らしい歌唱を堪能しましたし、その他の出演者らによる音楽・ダンスの方が多いくらい。(大沢さんの役柄は唄うシーンなし)


a0123372_21442462.jpg

さすがアメリカでトニー賞を幾つも受賞した舞台!って素直に感動しました。ミュージカル好きならば是非、この夏ロンドンで鑑賞しておきたい作品だと思います。

あっ、そうそう。「ミュージカル好きならば」で思い出したんですが、、、

実はX君、ミュージカルとオペラが嫌いなんですよ!タモリさんもミュージカル嫌いで有名だから、こういうのって男性に多いのかな?

で鬼のいぬ間に、ならぬミュージカル嫌いのいぬ間に、ちゃっかりしっかり観劇してきた私。
( ̄∇ ̄)ハッハッハ

このロンドン公演、9月29日までの予定です。料金などの詳細も含めて↓こちらでもご紹介してみましたよー♪


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-08-14 00:28 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

火事騒動で、あの名曲が生まれました♪


先日のブログ記事で、レマン湖ってディープ・パープルが「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を作曲するきっかけになった場所らしい・・・と書いてから気になってたので、もうちょっと詳細を探しましたよ♪


a0123372_22350065.jpg

まず最初にジュネーヴはフランス語の街なので、日本では現地式にレマン湖と呼ばれてます。でも英語圏やドイツ語圏だとジュネーヴ湖、だから歌詞の中でもそう。

そして大っき~い湖なんでジュネーヴの他にも幾つかの街に面してて、この曲の背景になっているのはモントルーです。

・・・って、あいにく私たちはモントルーまで足を運べなかったから、写真はすべてジュネーヴで撮ったものなんですけどね。
(m´・ω・`)m ゴメン…


a0123372_22570060.jpg

とにかく「スモーク・オン・ザ・ウォーター」、1971年に彼らがアルバム制作のため滞在したモントルーで、火事騒動に巻き込まれて大変だったさー!という曲なのでした。

本来ならば原語の歌詞、そしてその和訳という順番がスジ通ってるんだろうけど、、、何しろコチラの和訳が素晴らしくカッコよかったので、↓ぜひぜひ。

♪♪♪♪♪

俺たちはモントルーに行った
ジュネーヴ湖畔のさ
機材車をつれてレコードつくりに行ったんだ
ほとんどテンパってた
フランク・ザッパ&マザーズが
いっとういい場所で演ってた
けど、どっかのバカタレが火炎銃を撃って
あたりを火の海にしちまったんだ
煙が湖を覆う
炎は空を焦がす
煙が湖を覆う

奴らはカジノを焼き落とした
すげえ音でそいつが崩れ落ちる中
ファンキー・クラウドの連中が右往左往しながら
ガキどもを引きずり出した
騒ぎがだいたい収まったところで
俺たちゃ別の場所を探さなきゃならなくなった
でもスイスの時計は進むのが早いんだ
もう時間切れって感じだったな
煙が湖を覆う
炎は空を焦がす
煙が湖を覆う

しまいにゃグランド・ホテルに落ち延びた
からっぽで身も凍えるような場所
でも一緒に来たローリング・ストーンズの機材車が外にある
仕事をしなきゃならねえんだ
うらぶれた明かりとわびしい古いベッド少々ってな環境だけど
なんとかサイコーの場所に仕立ててやった
んな体験をしちまったら
これから何があっても
きっと、きっと忘れやしねーだろーな
煙が湖を覆う
炎は空を焦がす
煙が湖を覆う

♪♪♪♪♪

ねっ?カッコいいうえに分かり易い名訳ですよね!!!上記、こちらのリンクにあるヤフー知恵袋さんのベストアンサーでした♪


原語の歌詞は色んなウェブサイトで見れるんですが、例えば↓これ。



こっちにはトリビアとして背景の詳細なんかも出てて、そこには火事の写真も転載されてました。


a0123372_20274762.jpg

おおおーっ!これがロックの名曲に歌われた、湖上の煙なんですねぇ。。。

なーんて話はディープ・パープルの大ファン(または博識な人)なら、とっくの昔から知ってらあ!って事かもしれないけど、私は今まで知りませんでした。


a0123372_20305874.jpg

だから今後は、このレマン湖の写真を見るたびに・・・あの独特なギター・リフが聴こえてきちゃう気がするのです!!!
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-08-04 03:12 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

展示がリアル★スィンドンの鉄道博物館「STEAM」


私とX君が住んでる仮称ペンギン村には、小さな商店街があるっちゃあるけど、何でもかんでも揃う!というレベルじゃありません。

特に銀行なんて、ロイズとTSBの2行だけ。どちらも私たちのメインバンクじゃないから、オンラインじゃ出来ない事(たとえば小切手を入金するとか)があれば、ちょっとドライヴしてもっと大きな街に行きます。

そこで一番近くにある「大きな街」が、スィンドン。日本車メーカーH技研の大きな工場があるんでその関連企業も含め、在英邦人ならば聞き覚えある地名だなーって人が多いかも?

でも街って大きくなればなるほど、駐車料金がネックになるんですよねぇ。。。


a0123372_21282217.jpg

そこで私たちは1年前に、この「スティーム」という鉄博の年間会員になったんですよ。

会員特典のひとつが、隣接するアウトレットセンターの駐車料金がタダになること。その駐車場からスィンドン繁華街までは、徒歩5分くらい。


a0123372_21332165.jpg

これが年間会員証。でも2人とも同時に去年の8月中旬に入会したから、そろそろ更新しなくちゃねー。という時期になって、ハタと気付いた!!!

車は1台なんだから、2人で会員になる必要ないじゃん。笑

という訳で私のメンバーシップは2週間後に切れたら更新せず、X君だけする予定。


a0123372_21365892.jpg

そこで先日、会員証が切れる前にもう一度だけ!と入ってみましたよ~、鉄ちゃん鉄子の聖地♪ 

何しろ、ここはイギリス最大規模といわれた鉄道列車工場の跡地ですから。製造機械はもちろん、事務機器などほぼアンティーク家具というモノまで当時のオリジナル。


a0123372_21441477.jpg

それを随所に設置された映像モニターや、写真などの資料とともに・・・。


a0123372_21443588.jpg


蝋人形も駆使して、当時の制作現場を再現してるんですよ!木製の車両作りは、もろ大工仕事。


a0123372_21465866.jpg

a0123372_21484619.jpg

真鍮製の、ドアの取っ手いろいろを収納してた戸棚。アンティーク家具ファンなら垂涎?!


a0123372_21513297.jpg
a0123372_21515232.jpg

肝心かなめの鉄鋼部門は、危険が一杯な職場だったようです。


a0123372_21530235.jpg

しかも1日12時間労働(だから食事休憩は2回)だったり、週6日勤務で日曜日しか休めなかったり、有休だって設備メンテのために1年のうち10日だけ工場が閉まる期間だけだったり、、、

今のイギリス労働環境とは全然、違う!逆にいえば、それだけブラックな労働だったからこそ、19世紀後期~20世紀初頭のイギリス産業黄金期があったんだなーと。


a0123372_21584006.jpg

戦時中には女性工員もたくさん働いてました。


a0123372_22071756.jpg

パーツにこびりついた機械油や煤(スス)を毎日掃除するのも、マニュアルな肉体労働。


a0123372_22102944.jpg

そして私のお気に入りは、こちら!


a0123372_22113618.jpg

この階段を下りて、列車のお腹を見上げるコーナーです♪


a0123372_22124329.jpg

このアングルで列車を見れるのは、アクション映画の主人公くらい。貴重な体験ですよねー。笑


a0123372_22145066.jpg
a0123372_22150891.jpg

あとは貨物列車の積み荷が控えてたり、昔の駅舎が再現されていたり・・・蒸気機関車が活躍していた時代の、レトロな空気が漂います。


a0123372_22173362.jpg

ヴィクトリア女王の専用車両は、窓ガラスの模様が乙女ちっくで可愛いし♡


a0123372_22183959.jpg
a0123372_22190056.jpg

食堂車輛のバー風景を見ると、当時こんな列車の旅ができたのは富裕層だけってのが明瞭だったり・・・。色んな事を考えさせてくれて、鉄オタじゃなくても充実感あります。


a0123372_22232093.jpg

こういう製造業の歴史がある街だからこそ、H技研だけじゃなくミニ(ミスタービーンの車として有名w)の大工場があったりするのも納得。


a0123372_22265279.jpg

キッズコーナーには人気者トーマスもいるから・・・数年後にマゴ君を連れてきて、一緒に遊べる日が楽しみですー♪
(●^o^●)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;







by londepa | 2018-08-03 05:11 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

ガン専門病院に貢献するチャリティ・アート☆彡


先日Fちゃんと一緒に行った世界遺産の街バースでは、街角のあちこちでフクロウのオブジェを見かけました。


a0123372_19482349.jpg

色んなアートなペイントを施されてて、カラフルで可愛い♡ 足元にはアーティストの名前や作品タイトル、それに製作費をまかなったスポンサー企業・団体名などが明記されています。


a0123372_19535657.jpg

たとえばロイヤル・クレッセントにあったのは、


a0123372_19543085.jpg
a0123372_19544676.jpg

フクロウの名前は「エミリー」、作者はヴェラ・カービンさん。そしてスポンサーは、ノーランド・カレッジでした。


a0123372_19574354.jpg

趣向もいろいろ。この子は首から札をさげてて、「私のハートに触って願い事してね!」と書いてあったので、ちゃんと私もやりましたー♡


a0123372_20005738.jpg
a0123372_20011501.jpg

こちらは地球のエネルギーがテーマらしく、ソーラーパネルつき。
(・∀・)


a0123372_20025041.jpg

ヴィクトリア・アート・ギャラリーの入口にも、地元の幼稚園児や保育士さんらの作品が♪


a0123372_20044339.jpg

この企画は「ミネルヴァズ・アウルズ・オヴ・バース 2018:Minerva's Owls of Bath 2018」といって、今夏バースの街頭で見ることが出来ます。


a0123372_20051187.jpg

その後は10月中旬にチャリティ・オークションで売却し、その収益金のうち70%が来年着工予定のガン専門病院(Royal United Hospital Cancer Centre)の建設費補助に寄付されるそうです。


a0123372_20115963.jpg

残りの30%も、地元チャリティ団体3つに10%ずつ、等分される予定です。


a0123372_20132981.jpg

ただのオチャラけたフクロウ達じゃ~ないんですね♪

そんな意図そっちのけで「キャー可愛い!」「あ、こっちも面白い!」って駈け寄っちゃった私に、冷めた視線を送っていたX君でしたが、、、


a0123372_20145503.jpg

このフクロウに会った途端、そのX君も大興奮!!!!爆

体中に「ローマ人帰れ:ROMANI ITE DOMUM」と落書き風に書かれたフクロウの名は・・・何と、ブライアン!モンティ・パイソンの映画「ライフ・オヴ・ブライアン」の1シーンをパロってるのです。


a0123372_20211426.jpg

モンティ・パイソン大好きな彼は、このブライアン君を大いに気に入ってました。

フクロウたちは全部で82体もあるんだって。私たちが見たのは、せいぜい10~15くらいだったかな?

9月10日までバースの街中にいるので、夏休みに行かれる方は見てみてね!詳細は下記リンクでどうぞ~~♡
(≧∇≦)


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2018-07-23 00:29 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(2)

X君がサンダル買ってくれた~(^O^)/


先日はX君が「いくつか買いたいモノがある」というので、一緒に近所のショッピングセンターに行きました。

まず最初に、目的の品物(ジョギング向きの靴とか、半パンとかw)を試着しながら何点か購入。特に靴は履いてみないとねー。

ひと通り必要なモノが揃ったあとは、もっぱらブラブラ冷やかしです。
(・∀・)


a0123372_19204194.jpg

そのうちの1軒が、このプラモ専用ホーンビー社のショップ。


a0123372_19213981.jpg

お子様に喜ばれそうな機関車トーマスから、戦闘オタク向け?の戦車などなど、何でも揃ってます~~。


a0123372_19242221.jpg

X君は飛行機オタクなので、「これ↑が先週ウチの上空を飛んでたやつだよ!」とか得意気に解説してくれます。笑 

そういえば確かにデカい軍用機が飛んでたっけ、、、たぶん航空ショーか何かのイベントに行く途中か、帰る途中なんだろうね~と話してたのを思い出しました。


a0123372_19293280.jpg

でも、こっちは私が目ざとく見つけた!!!日本のナカジマ。

と言うのも先日スピルバーグ監督の「太陽の帝国」を観てたら、主人公の飛行機好きな少年(当時12歳のクリスチャン・ベール)が、頭上を飛んでる飛行機を指差して「ナ~カジ~マ!」と叫んでて。

その時「あのナカジマは現在スバルの車を作ってる会社だよ」とX君に説明して、ジモティとしての責任を果たした私です!
( ー`дー´)キリッ


そのあと、Ⅹ君が以前買った商品で返品したいのがあると言うので、「TKマックス」にも寄りました。


a0123372_19394734.jpg

彼がカウンターで返品&返金してもらうのを待ってる間に、私はこんなサンダルを見つけちゃったんですよ。超ツボ★もろ好み~~サイズもぴったり~~。

でも無駄遣いしたくないし、どうしようかなぁ、、、と悩んでいたら、戻って来たX君が「そんなに気に入ったなら買うべき!つか買ってやるから」と。やたっ!!

でも何故だか、このサンダルどことなーく何かに似ている気がする。何だっけ?


a0123372_19472441.png

と思ったら、これ!!!!イギリスの子供向けSF長寿ドラマ番組「ドクター・フー」に出てくる、レトロな悪役ロボットでしたー★


a0123372_19505367.jpg

そんなロボットの件は、さて置いておくとしても。。。うっかり年増ヘビメタ女にならないよう、コーデ要注意サンダルかもしれません~!爆
( ̄∇ ̄;)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-07-05 02:51 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

虹とガッツ石松


或る日のディナーに、X君がレモン風味のチキンを焼きました。鶏の骨付き腿肉と手羽元を、レモン果汁と塩コショウして3~4時間ほど漬け込んでから、中火のオーヴンへ!


a0123372_18452562.jpg

これは30分ほど焼いた状態。もうちょっと焼かなくちゃ!ってオーヴンに戻される前の色合いです。丸ごとニンニクも入ってて香ばしい匂い~~。


a0123372_18481307.jpg

同時に付け合わせのポテトにも、レモン果汁たっぷり入れて焼いてます♪


a0123372_18494587.jpg

それとサラダには、先日X君の長女ちゃんが手土産にくれた、家庭菜園のオーガニック新鮮レタス♡


a0123372_18510787.jpg

おお~っ、こんがり美味しそうな焼き上がりですよねっ!
(〃艸〃)ムフッ


a0123372_18531768.jpg

いっただっきまーす♪ うん、レモンとニンニクがばっちり効いてて美味しい!!!

なのにX君、「これにはポテトよりレモン・ライスの方が相性よかったかも?」とか言ってました。やっぱりお料理上手な人ってのは、この求道精神が違うんだわねぇ。。。


a0123372_18584032.jpg

その日は早めのディナーだったので、食後に3時間近くの大作映画★スピルバーグ監督の「太陽の帝国」を観ちゃいましたよ!

主役の少年を演じたクリスチャン・ベール、若ーーい。当時12歳くらいらしいから当然ね。長じてバットマン始め大物俳優に成長したのも納得の演技力でした。


a0123372_19040175.jpg

ストーリーの背景は第二次世界大戦時。上海のイギリス租界で暮らしてた富裕家庭のイギリス人少年が、日本軍の侵略によって捕虜収容所に入れられてしまいます。

そんな苦境の中で成長していく少年の様子がメインで、よく欧米映画が描く日本軍の残虐非道さはアピールされてないため、日本人が観ても後味がそんなに悪くない。

それに伊武雅刀の「ナガタ軍曹」はもちろん素晴らしかったし、何より日本軍の上海侵略初期に出てくるガッツ石松の存在感が印象的でした!


a0123372_19150930.jpg

その日は夕方にわか雨が降ってたので、ふと2階の窓から隣家の裏庭を見下ろしたら・・・隣家の飼い猫くんが、チョコンと雨宿りしてて可愛かったニャ~~。


a0123372_19164916.jpg

そして約3時間の映画を観終わるころには、雨が上がってキレイな虹!!!特別なイベントはなかったけど、なんとなーく素敵な宵でした♡
(#^.^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-06-10 01:47 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

ハリポタのロケ地:魔法使いが集うパブは、眼鏡屋さん★彡


歯医者さんの予約が午後2時半だったので、それまで色んな所に行ってみよう!と思った日の続き。スカイガーデンを出たあとは、すぐ近くにあるレデンホール・マーケットに寄りました。


a0123372_17401252.jpg

実はここ20年以上も昔に、ロンドンで初めて会社勤めしたオフィスの近所。時々ランチタイムなどに来た場所です。懐かしい~~♡


a0123372_17480509.jpg

テナントになってる店舗は色々と変わるけど、基本このヴィクトリア時代のマーケット全体は変わらない雰囲気を醸してます。


a0123372_17483620.jpg

こんな見た目なので、さぞや老舗の高級店ばっかり並んでそう!?だけど、


a0123372_17494539.jpg

よく見るとお手軽チェーン店「ピッツァ・エクスプレス」なんかも。笑 他にもパブとか雑貨屋とか、割と庶民的なお店も少なくないんですよ。

そして、このレデンホール・マーケットのアーケード場外にある小道ブルズヘッド・パッセージに入っていくと・・・。


a0123372_17561275.jpg

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」で魔法使いが集うパブ「漏れ鍋(Leaky Cauldron)」として撮影されたお店があります。


a0123372_17584321.jpg

なんと眼鏡屋さん!!!お店の人に訊いたところ、このドアがパブの入口として撮影されたんだそうです。


a0123372_17520783.jpg

アーケード内にも周辺にもレストラン、カフェ、パブが沢山あったけど、まだ午前11時半くらい。お昼まで開店しないお店も多い感じです。

まだまだ歯医者さんの予約までに、3時間もあったので・・・次はシティを離れて、もうちょっと違う所に行ってみます~~♪
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-05-25 01:54 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

ミック・ジャガーの衣装も見れる☆セルフリッジズ百貨店のポップアップ・ショップ


オックスフォード・ストリートへ買い物に行った、前回記事の続き~~♡

幾つか予定していた物を買って、ハウス・オヴ・フレイザー百貨店のカフェでお茶して、それからマーブル・アーチに向かって歩き始めたんですけど、、、


a0123372_19281468.jpg

途中で通りかかったセルフリッジズ百貨店は、いつもウィンドウ・ディスプレイが秀逸でアートな感じがお洒落なので有名ですし☆彡


a0123372_19322398.jpg
a0123372_19324670.jpg

この日も、そんなウィンドウを見てみたところ・・・。


a0123372_19273974.jpg

こ、この特徴あるベロ・マークは!!!!
Σ(・ω・ノ)ノ!

ベロと言ったらストーンズっしょ、ザ・ローリング・ストーンズ♪でも何、何、ナニゴト~~?


a0123372_19364353.jpg

と思わずチェックしたら、もうすぐ始まるツアーに先駆けた期間限定ポップアップ・ショップなのでした。だからツアー名の「ノー・フィルター」をあしらった品も多い。

一番若いロン・ウッドですら70歳になったし最年長チャーリー・ワッツは76歳、という超のつくお達者バンド。UKのみじゃなく欧州ツアーしちゃうんだから凄すぎ。

健康長寿を願う者にとっては、もう生き神様レベル?あやかりたいあやかりたい。
(-人-)ナムナム



a0123372_19402033.jpg

グッズ販売だけじゃなく、ミック・ジャガーが実際に着ていた衣裳の展示が良かったです。


a0123372_19514688.jpg

残念ながらオリジナルにつき、これらケースにウヤウヤしく飾ってあるのは売りものじゃありません。笑


a0123372_19532965.jpg

こっちの真っ赤なオストリッチ・ロングコートなんかは、


a0123372_19542518.jpg

それを着てたミックの写真だけじゃなく、ステージの映像つき!!!


a0123372_19552101.jpg

ミック以外のメンバーに関しては、衣装の展示はないけれど。


a0123372_19561899.jpg
a0123372_19563724.jpg

代わりにサイン入り楽器がありました。係の人に訊いたところ、どれも実際に彼らが使ったものばかり♪

もちろん割とフツーに衣類や小物など、色んなグッズを販売してますよ。


a0123372_19580873.jpg

イングランド・チームのマークと合体して、スポーツファンとストーンズファンを兼任する人向けのTシャツなんてユニークなのも。


a0123372_20032265.jpg

特製ジンを飲むならば、ベロのマークがエッチングされた美し~いグラスも欠かせない!?

ストーンズの大ファンならば見逃せないし、そういう人へのプレゼントにも喜ばれそう。3週間だけの限定期間(6月3日まで)ですよ~~♪
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-05-19 01:10 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

バースの美術館「ヴィクトリア・アート・ギャラリー」


以前より何度かバースに来ているものの、何故かいつも時間切れで入れなかった場所。でも今回は入ることが出来て嬉しかった~♪のが、ここ。


a0123372_01295413.jpg

それが「ヴィクトリア・アート・ギャラリー」です。もちろんイギリスで殆んどの公営ミュージアムが無料なのに倣って、こちらも常設展示ならば入場無料。


a0123372_01362690.jpg

その名を冠するヴィクトリア女王様、どどーん!!!の建物は、彼女の即位60周年を祝って1897年に建てられたそうです。


a0123372_01380949.jpg

そんな建物そのものも魅力。↑天井の一部にあった12星座のレリーフとか、ちょっと素敵でしょ?



a0123372_01434923.jpg

絵画のほうは、17世紀から現代までのイギリス人アーティストの作品が中心だけど、、、


a0123372_01451225.jpg

中にはパウル・クレーなんかも♡ A4サイズくらいで小さいながら、彼ならではの作品という感じ。


a0123372_01510486.jpg

これは屏風。説明には「ファイアー・スクリーン」と書いてあったから、本来は暖炉の前に置くための屏風なのかな?

ウィリアム・モリスが先導したアーツ&クラフト運動で活躍した、ジョージ・フランプトンという作家が1895年に製作したそうです。


a0123372_01544355.jpg

上部に貼ってあるキラキラのは、たぶん貝の裏ですよね??すごい手が込んでる~~。


a0123372_01432148.jpg

地元またはバースに所縁のある美術コレクターからの寄贈品を中心に約1500点の絵画・彫刻・陶磁器・ガラス製品など。小規模だけど、アットホームな雰囲気が良かった!

バース観光の際に、もし時間に余裕があれば立ち寄ってみてね♪
(*^_^*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-04-13 02:04 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)

「サザビーズ」のプレヴュー展示で見た風刺漫画


先般、X君の甥っ子夫婦が来ていた時には、ロンドンで彼の娘たち(=甥っ子くんの従妹たち)と合流してランチしました。

そのランチした店などについては、もう↓コッチで紹介しちゃったので割愛しますけど~。



その後はイトコ同士3人プラス甥っ子の嫁さん、という若者グループとお別れして・・・。


a0123372_22095660.jpg

ランチしたのがボンド・ストリート周辺だったので、オークション・ハウス「サザビーズ」のギャラリーに寄ってみました♪

というのも、X君はまだ入った事ないと言ってたので。オークション前の一般展示品ばかりだから、その時によって全く違う傾向の作品が並んでるのが面白いんですよ。


a0123372_22135709.jpg

この時は別のコーナーでアボリジニ・アートも特集していたけど、作家かつ政治家ジェフリー・アーチャー氏が蒐集していた風刺漫画コレクションが見ものでした!


a0123372_22181783.jpg

この作風、見覚えないですか?!「あーあのイラストレーターね♪」って言える人も、いるんじゃないかな??


a0123372_22194885.jpg

もっとヒントを。帽子、ウサギ、懐中時計、女王さま、少女、お茶会。
(・∀・)


a0123372_22213881.jpg

はい、この作家はジョン・テニエル・・・「不思議の国のアリス」挿絵で、つとに有名ですよね!風刺画で人気を博し、当時の社会風刺漫画雑誌「パンチ」で大活躍していたそうです。


a0123372_22270738.jpg

一方こちらは、ロナルド・サール。日本では猫のイラストの方が有名だと思います。こんなやつ。
↓↓↓


a0123372_22291232.jpg

(上の画像は、おヨソから拝借しました。)


a0123372_22305205.jpg

猫イラストの印象が強いので、ニクソン大統領や群衆の陰にもこっそり猫がいないかなぁって探しちゃいましたけど、、、いなかったです。
(=^・^=)


a0123372_22330542.jpg

もっと現代の作家では、このピーター・ブルックスさんのが面白かった!!!爆 Brexit投票結果で「しまった!」という顔のキャメロン元首相もいましたが、


a0123372_22354557.jpg

彼の作品で私が一番ウケたのは、こちら!「引退?サー・アレックスじゃあるまいし」って超お達者ぶりを発揮する女王様~~~。

ちなみにサー・アレックスとは、長年マンUの監督を務めてた人。彼の引退報道があった頃の作品なんでしょう。

もちろん各々オークションで売られる作品なので、作家名や作品名などの他に予想落札価格も表記されてます。この元気な女王様には、£800~£1200と書かれていました。

お値段つきなのが美術館と違って、それもまた興味深く楽しめるギャラリーなのでした♪
(^o^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-04-02 22:43 | 音楽・映画・本・アートetc. | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line