カテゴリ:美食+B級ぐるめ( 788 )


亡霊が出るというパブでランチ(古井戸つき★)


昨日のウォーキングは長時間だったので、パブで軽いランチしてから車に戻る事にしました。

いつもはカフェでお茶するくらいで、家に帰ってからランチする我々にしては珍しい・・・というのには理由があって。


a0123372_22004007.jpg

エイヴベリーにあるこの「ザ・レッドライオン」、人気のあるパブなので通りかかる度に混んでるのを横目で見てたから!

なのに昨日は空いてるように見えたので、じゃあ試しに入ってみようか?と。


a0123372_22042596.jpg

1802年にはライセンス取得したとう古いパブで、現在ではグリーン・キングという醸造会社の系列になってます。


a0123372_22082250.jpg

中は広くて、幾つもの部屋に分かれてます。木曜日の午後2時半という時間帯のせいか、お客さんが少なく静かで寛げました~~♪


a0123372_22103353.jpg

夜はサーロイン・ステーキを焼くぞぉぉ!とX君が張り切ってたので(笑)、ランチは軽めにしたいところ。私はチキン・パテ、彼はナッチョスを食べました。


a0123372_22131029.jpg

そして私はギネス、X君はグリーン・キングのIPAを、それぞれハーフパイントずつ。

ところで、このテーブルちょっと変わってるように見えるでしょう?まるで潜水艦の丸窓のような。私たちも最初は何故こういうテーブルなのか、分からなかったんだけど・・・。


a0123372_22160701.jpg


1600年頃に掘られた古井戸。しかも「少なくとも1人の不運な村人が永眠する場所」なんて書いてあるんですけど~。
Σ(・ω・ノ)ノ!

うっかり井戸に落ちたり(落とされたり?)したのでしょうか、、、更にそんな曰くつきの古井戸を埋めず、そのままパブのインテリアに活用してるって話。


a0123372_22221038.jpg

深さ86フィート(約26メートル)はあるそうだから、もちろん底は見えません。つーか植物や蜘蛛の巣しか見えなくて、覗き込んでも怖さは感じないです。

だから私たちも、ほほぅ~と半ば感心(?)しながら、この古井戸テーブルでフツーに飲食しちゃいましたよ。
(・∀・)


a0123372_01472508.jpg

わざわざ見に行く人がいないとも限らないので、この古井戸テーブルの位置を赤丸で囲っておきました!もし、いつかエイヴベリーに行く機会があったらド~ゾ~~。


a0123372_01495229.jpg

暖炉跡には、こんな看板も。「ここは少なくとも5人というか5種類の亡霊が出る」って噂のあるパブなんですと。

(そういえば古井戸テーブルにも「少なくとも1人の村人が永眠する・・・」とあったし、少なくともが色々あるパブなんですよ)

いわく幽霊馬車がパブ前に停まったのを見た人がいる、とかパブのスタッフが馬の蹄音を聞いたとか、なかなか時代がかった亡霊みたいです。雰囲気ある!?

もともと私は霊感ゼロだから霊のほうもヤル気が萎えたのか、このパブから自宅に誰も連れて来た感じはしません。ましてや馬車の音も聞こえないし、まぁひと安心です。


a0123372_02041100.jpg

冒頭にあるパブの写真もそうですが、茅葺き屋根の家々も多くてフォトジェニックなエイヴベリー。好天ならばもちろん、アウトドア・ウォーキングに最適。

でも天気が芳しくなければ、マナーハウスや博物館も楽しめるから・・・やっぱり今後も通っちゃうと思います~~♪
\(^o^)/


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-02-16 02:14 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

チーズに合う、甘いデザート・ワイン☆彡


食後のデザートにチーズとスィート・ワインという組み合わせを嗜むこともある、と初めて知ったのは、、、いつだったろう?と考えてみたら、かれこれ30年よりも前。元夫かつ亡夫と付合い始めた頃でした。
(・∀・)


a0123372_22362398.jpg


X君もこの組み合わせが大好きです。でも彼の場合は食後のデザートとしてよりも、簡単なランチ代わりにチーズとクラッカーで済ませちゃおうか?!という方が多い感じ。

もともとディナーはガッツリ系の私たち。その食後にチーズ&ワインまで・・・というのは、クリスマスなど特別なディナー以外には、さすがの我々にも多すぎるんですよ。笑


a0123372_22424869.jpg

チーズとクラッカーと一緒に脇役として添えるのは、ブドウなどの果物ってのもよくあるけれど、我が家は大抵チャツネやピクルス。先日Aちゃんからもらった手作りオニオン・チャツネは美味しかったなぁ~~。上の画像、左側にあるやつね。

じゃあ右側にあるジャムっぽいのは?


a0123372_01314357.jpg

というと、フォートナム&メイソンのクィンス(和名セイヨウカリンまたはマルメロ)。チーズ用とハッキリ明記されてますよね!


a0123372_01352391.jpg

裏側のラベルには「クィンスと砂糖のペースト」とあって、材料はクィンス、精製されてないサトウキビ糖、濃縮レモン果汁。

やっぱりジャムとどう違うんだろ?と思いながらも、クラッカーにチーズを載せて、さらにこのクィンス・ペーストやチャツネなどを薬味としてチョコンと添えると、味に深みが増して美味~~♡


a0123372_01493926.jpg

一方チーズの方は、そんじょそこらのスーパーですら数十種類のチーズを売ってるので選び放題!私たちがよく買うのはチェダー、スティルトン、マンチェゴなど。


a0123372_01413368.jpg

そしてチーズのお供、スィート・ワイン。こちらはウェイトローズの自社製品になってたソーテルヌ、日本では「貴腐ワイン」とも呼ばれてますよね。甘美にしてちょっと複雑な香り、とても洒落たフランス産デザート・ワインです。

あとイギリスでは、ポルトガル産のポート・ワインも人気だけど・・・。


a0123372_01543654.jpg

X君はやっぱり、ギリシャ贔屓!笑 この時はマヴロダフネ・ド・パトラスという、パトラス地方のデザート赤ワイン。白のミュスカ・ド・パトラスと並んで、この地域の名産です。

あとイギリスで比較的カンタンに入手できるギリシャ産スィート・ワインというと、サントリーニ島のヴィンサント。なので我が家では、これらパトラス産とサントリーニ産をヘビロテしてる感じかな?

軽食代わりにチーズをつまんで、小さなグラス(ぐい呑みサイズの容量)で1杯だけ・・・と思いつつ、美味しいからお代わりしちゃう事もよくあるのが難点といえば難点。笑

たまに嗜むとちょっぴりデカダンな幸福気分に浸れる、チーズ&スィート・ワイン。大人にだけ許された、お楽しみのひとつですよね!
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-02-13 02:25 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

もうすぐバレンタインですね~♪(≧▽≦)


歯医者さんの用事だけの為に、わざわざペンギン村からロンドンへ行くなんて、、、時間と交通費がもったいない!最近は格安コーチ(中長距離バス)利用で電車よりは安いとはいえ、一石二鳥を狙いたいところ。笑


a0123372_00354570.jpg

そこで歯医者さんアポが午後だったから、午前中にはイーリングコモンの日系美容室「カミユイ」に予約入れておきましたよ~~。

いつものカット&カラーだけど、前回は日本帰省の直前。3か月以上も経ってて、そろそろお願いしなくちゃと思ってたので好都合です。
(#^.^#)

染髪材には頭皮が痒くならないようヘナを使ってもらっているので、それにかかる時間はちょっと長い。でもその分、思いっきり日本の雑誌を読みまくれるのが嬉しいんですよ!

ヘナ塗りたくって温風お釜で浸透させてる間、一心不乱に読むのは主に「女性自身」。「オレンジページ」や「クロワッサン」も置いてあるんだけど、バラエティ番組みたいに楽しめる女性週刊誌は美容室ならではの娯楽だと思ってます♪


a0123372_21305690.jpg

あっこの顔ヨガ先生は、昨日ふれた「クロワッサン」1月25日号でも取り上げられてた人だ。ほうれい線や瞼のタルミ予防に効果的らしいから、これもやってみよう・・・って、また1つノルマが増えた~笑。


a0123372_21353632.jpg

レジ横に並んだ無料配布の情報紙といっしょに、これもあったので1冊もらってきました!


a0123372_21373005.jpg

私はモニター無料視聴だから送ってもらえないけど、本契約すれば毎月こういう番組表が送られてくるんですねぇ。(そういえばスタントンハウス・ホテルでも受付デスクにあった)

もちろん番組表はJSTVウェブサイトで確認できるので不自由してませんが、こういう印刷物は見やすくて大好き!


a0123372_21405219.jpg

さっそく観たいの発見!!!「テルマエ・ロマエⅡ」2月23日放映、しかも英語字幕つき★これはX君と一緒に楽しめそう~♪


a0123372_21440433.jpg

またヴィクトリアからコーチに乗って帰路につく前、カフェでお休憩しましたよ。歯医者さんの後だから気兼ねなく、お菓子もいっちゃう。笑


a0123372_21460838.jpg

最近はバレンタイン・ムードのお店が多くて、この「ル・パン・コティディアン」も然り。

つーか、これ見て「あっそうだ!X君にあげるカードと包装紙も買わなくっちゃ」と思い出したので、実は助かりました。。。
(;・∀・)

前回1人でロンドン来た時にプレゼントのチョコとTシャツは買って、私専用のワードローブ奥に隠してあるんです。でもラッピングまだしてなかった!


a0123372_21520016.jpg

大きなハート形のビスケット2枚にラズベリージャムがサンドされたビスケットは、サクサクでバターリッチ。ほろ苦いコーヒーと相性が良くて、いと旨し♡

美容室も歯医者さんも終わって、うっかり忘れそうになってた(爆)バレンタイン関連の買物もして・・・ロンドンでの1日、フル活用しました!
°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°


*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-02-11 22:43 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

スーパー「リドル」のギリシャ物産ウィークで買出し!


先日X君の代わりに、ミートボールのタネをコネコネこねくり回してあげました。

材料は牛挽き肉、玉ねぎ、パン粉、パセリ、塩コショウ・・・とまぁ日本でも他の国でもミートボールやハンバーグなど挽き肉料理って、材料そんなに違わない。世界共通、挽き肉料理!笑


a0123372_21440341.jpg

でも何故、私がX君の代わりにコネコネしてたか?というと、、、なーんと彼、生理的にダメなんです!

ぐちゃぐちゃした感触の生肉に手を突っ込むなんて、しかもそれをにっちゃりにっちゃりかき回すなんて、想像しただけでキモくて無理。
(T_T)

でも母親直伝のミートボール、レシピはあるから久しぶりに食べてみたいんだけどね~。と言うので、そんなら私に任せて!と。むしろ私あの粘土や泥団子で遊ぶような感触、癒されて大好きだもの♡


a0123372_21545096.jpg

こねるだけじゃなく、彼が生肉に触らず済むよう、丸めるのもやっといたんですが・・・「大きさと形がマチマチだね」と呆れ顔。それはそれ、アバウトな私に正確さを求める方が無理ってもんでしょう~。
( `ー´)ノ


a0123372_22042666.jpg

あとはフライパンに多めのオリーヴオイルひいて、揚げ焼き♪


a0123372_22074891.jpg
a0123372_22091288.jpg

その間にX君がギリシャ風チャーハンと、ツァツィキを作りました。ギリシャ料理に欠かせないヨーグルトベースの万能ディップ、ツァツィキの作り方は↓こちら~。


a0123372_22123013.jpg

更にレモンも添えて、美味しい嬉しいミートボール・ディナーになりましたよ♪ 

私「今度はピーマンの肉詰めも作りたいなぁ」
X君「えっ、日本でもやる?ギリシャじゃポピュラーな料理だけど」

ホント挽き肉料理って世界共通~。
!(^^)!


a0123372_22202221.jpg

そんな我々の食事情ですが、昨日はドイツ系スーパー「リドル:Lidl」でギリシャ物産ウィークやってるので行ってきました。

エクストラヴァージン・オリーヴオイル、漬物になってる方のオリーヴは缶入りカラマタ産や普通のグリーンオリーヴ瓶詰め両方、蜂蜜などなどX君にとっては欠かせないギリシャ産食品を大量に買い込んで・・・。

これでしばらく安心だ!とご満悦。分かる分かる、私も日本食スーパーで大安売りやってる時に味わう満足感と、まったく同じ~~。
(´∀`*)ウフフ

トロリーいっぱいの戦利品とともに、さて車に戻ろうと思ったら。


a0123372_22344020.jpg

なんだか微妙にレトロな車が、隣に駐車してました★ 何これーと思ってよく見たら、トヨタMR2で多分80年代のモデルかな?


a0123372_22371305.jpg

なんか雰囲気的に、米TVドラマ「マイアミ・ヴァイス」とか思い出しちゃった。もちろんドン・ジョンソンはトヨタ車じゃなかったと思うけど(笑)時代の空気が。

それから家に帰って、買い溜めしたギリシャ食料品をざっくり収納して、さてお茶にしようか!?お茶菓子は、買ったばかりのハルヴァを開けましたよ。


a0123372_22425470.jpg

古代メソポタミア起源のお菓子らしいから、アラブ諸国からトルコやウィグルなど広範に食べられてるハルヴァ。これはギリシャ版のうち胡麻ベースかつアーモンド入りのもの。


a0123372_22561502.jpg

このリドル自社ブランドのは、甘さ控えめで美味しいんです。くどい甘さのお菓子が苦手な私でも、2切れくらいペロリと食べちゃう♪

バターを使ってないハルヴァは、四旬節(レント)の間によく食べるお菓子らしい。私たちも3月初旬に10日ほどアテネ行くから、その間に訪ねる親戚友人宅でたっぷりハルヴァを振舞われるんじゃないかな?

買出し成果にホクホク上機嫌のX君はもちろん、私も珍しい日本車に出会えて感動したし・・・ちょっと嬉しい1日でした~~☆彡
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-02-08 23:35 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

ハイナニーズ料理って何だろう?と思ったら


去年の3月まで、イギリスに来てから25年以上ずーーっと住んでたのはロンドン西部でした。

自宅から近い日本食スーパーや日本食レストランといえば、大昔(笑)なら「ヤオハン」があったコリンデール。最近では「ナチュラル・ナチュラル」「アタリヤ」「きらく」のあるイーリング・コモンが便利だったんですよ。

同じ通りには長年お願いしてる日本人美容師さんも営業してるし、買い物や美容院のついでにランチなーんて事もしょっちゅう♪でした。
(^o^)丿


a0123372_22482798.jpg

これは日本に帰省する数日前だったから、去年の10月初旬あたり。美容院の予約までに時間があったのをコレ幸いと、「アタリヤ」でお昼にしたんです。


a0123372_01504826.jpg

この時は「本日のスペシャル」だった、サーモン&ハマチ丼にしました!お味噌汁つきで£10、ランチタイムは本当にお得なんです。


a0123372_01525802.jpg

厚切りのハマチとサーモンが、惜しげもなく盛り盛りになってて・・・感激の美味しさでした~~。
(´;ω;`)ウゥゥ

この日は美容院の予約があったし、まだAちゃんファミリーもロンドン住まいで会えたり泊まったりしたけど、、、彼女たちがヨークシャーに引越したから、今後は以前ほど頻繁に行けないのがちょっと残念。

というわけで、最近ちゃんとした日本食とご無沙汰気味。隣町にある日系企業経営のホテルに行けば、それなりに日本食の食べれるレストランがあるものの、しょっちゅうドライブして外食なんて無理だし~。

そこで残る選択肢は、自分で料理するしかない!でもX君はコンニャクや海藻や生のお刺身や納豆(どころか豆腐までNG)などなど、純和食だと食べれないもの多いんです。

まあ、そういった食材はペンギン村のスーパーじゃ買えない品のほうが多いから、需要と供給がバランス取れてる?

でも私は、とくにお刺身やお寿司・・・時々すっごく食べたい!なのに近所のスーパーじゃ買えない。笑 多分せいぜい「ウェイトローズ」の鮮魚カウンターで、前日くらいにお願いしとけば生食可能なサーモン程度なら買えるかな~という程度です。


a0123372_02124490.jpg

という「ウェイトローズ」では先日、オリエンタル食材コーナーで見つけた調味料「Hainanese Paste」を使った鶏肉レシピ、というのを興味津々で試してみたんですよ!

でもハイナニーズって何なの?と思ったら、中国の海南省または海南島のことなんだって。中国最南端だからマレーシアやシンガポールにも共通点が多い料理なんだそうです。

確かにレモングラスやガーリックなどが効いてて、東南アジアっぽい味。なかなか美味しかったので、またリピしようと思ってます♪


a0123372_02122586.jpg

こちらは酢豚、ケールのチリ&ガーリック炒め、玄米ご飯。あと私がよく作る(そしてX君が食べれるw)のは海老チリとか焼きそば、ラーメン。時々はトンカツ、餃子もあるけれど・・・。


a0123372_02251599.jpg

何たって最強メニューは、ビーフカレーですよ!!!

もうカレーならば大鍋一杯ドーンと作っても、翌日にはなくなっちゃう。上のはヨーグルトと偶然あった高菜漬けをトッピングしてあるけど、なくても全然オッケーです。

材料は近所で揃うし(S&Bゴールデンカレーも「ウェイトローズ」で買える!)、作るのは簡単だし、X君は大喜びで食べるし、カレーライス万歳~~。

お刺身やお寿司とは縁遠くなった分、これからもハイナニーズ料理のように新しい分野を開拓しなくては。。。という今日この頃なのです♪
(●^o^●)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-01-31 03:11 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

X君は始末料理もパねぇ!という件


私の腕前がアレなもんですから、X君のお料理上手には本当に助かっています。しかも男の料理にありがち(?)な、素材のムダ遣いなんか一切なし!

更にスーパーで賞味期限が今日または明日まで、なんていう理由で半額になってたりしたら、もちろん優先的にGETです♪


a0123372_01195464.jpg

先日もそういう半額見切り品のガモン(ハムの一種)の塊を、1㎏£4で買ってきて焼きましたよ~。


a0123372_01235767.jpg

初日はオーソドックスに焼きたてのを切って、付け合わせ野菜と食べて・・・でも半分以上は残っちゃう。

すると2回目は薄切り少々でお昼のサンドウィッチ、3回目も少し使ってラーメンの具。それでも3分の1くらい残ったものを、4回目は鍋一杯のスープにしました!


a0123372_01271265.jpg

野菜はタマネギ、セロリ、人参、ケール。それと豆類や麦を入れて、角切りハムと一緒に煮込んだスープ。ううううう~旨っ♪

しかもスープは大鍋に一杯作ったので、夕食2回分になっちゃいました。つまり1㎏£4の塊肉が5回分の食事になったわけで、、、コスパも最高!


a0123372_01320529.jpg

また別の日は、スーパーの肉売り場で「本日のお買い得」になってた牛肉ブリスケットの部位を。


a0123372_01333267.jpg

まずはキャセロールで2時間以上かけて、じーっくり柔らかく煮込んで。


a0123372_01344060.jpg
a0123372_01350941.jpg

ガモンの時と同じく、最初はそのまま切り分けて、付け合わせ野菜と一緒にいただきまーす!お肉と一緒に煮込んだ人参やセロリとは別に、茹でたブロッコリーとジャガイモも♡

これ一昨日だったので、お肉はまたもや半分以上残って冷蔵庫にしまってあります。炒めものに使ってもいいし、カレーの具にも出来るし・・・1度で何度もオイシイ、X君の始末料理なのです!
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-01-24 02:33 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

お洒落パブでドリンク&軽食☆彡


先日、「下町ロンドン日記」のねこなすさん(←クリックすると彼女のブログにリンクします!) と会った時・・・いわゆるフツーのお昼どきは過ぎてたものの、お腹が空いてた私。


a0123372_21221946.jpg

「行ってみたいパブがあるの~♪」と彼女を誘って、オシャレなパブに行ってみたんですよ!


a0123372_21234705.jpg

ランガム・ホテルの地階にある、「ザ・ウィグモア」という名前のパブでした。これもバーバリー本店併設カフェと同じく某ガイド書で読んで、いつか行ってみたいなーと思ってた所。


a0123372_21300316.jpg

そして結論から申しますと、こちらは全体的にアタリ!な印象でした。場所だけでなく、サービスや食べ物のクォリティも良い感じ。


a0123372_21313056.jpg

私は白ワインをグラスで、ねこなすさんはビールをハーフパイントで、乾杯~~。昼間だったから、あとはスティル・ウォーターの大ボトル1本。


a0123372_21355577.jpg

メインはヘビーそうだったため、スナックと書かれている言わばおつまみ的なスモール・ディッシュを3品ほど注文して、2人で分けてみました。


a0123372_21334610.jpg

真ん中上から時計回りにハムのコロッケ、小さなクランペットに蟹肉と海苔をトッピングしたもの、そして見た目インパクト強烈なのはスコッチ・エッグ。笑


a0123372_21394745.jpg

マサラ(カレー)スパイスが効いてて、ダール(豆カレー)も添えてあります。私は事前に「コリアンダーが苦手なので除く事できますか?」と訊いたところ、コリアンダーのトッピング無しで出してくれました♪
(#^.^#)


a0123372_21460650.jpg

パリパリに揚がった衣の中には、ソーセージミートに包まれたウズラの卵。豆カレーをソースとして混ぜながら、とても美味しくいただきましたー。

軽食をおつまみにしながら、ゆっくり飲んで喋って・・・さて、お会計。

普通のパブは飲み物や食事をオーダーする時にカウンターで支払うのが一般的だけど、ここのように着席スタイルのガストロ・パブだと、テーブルで会計する所もあります。


a0123372_21490047.jpg

こちらがお勘定。既に12.5%のサービス料込みになっていたので、任意のチップ(Optional Gratuity)は追加せず、合計£32.06をお支払いしました。

これを2人でワリカンしたから、この居心地よさを考慮したらコスパ良いな~と感じました。おつまみスナックだけにして、メインの食事をしなかったせいもあるでしょうけどね!


a0123372_21574830.jpg

お昼のピークタイムをとっくに過ぎてたから、お客さんが少なくて静か。ワイワイ活況なのも都会的で良いんだろうけど、私はこうしてホワ~ンとゆっくり和める方が好き。 

再びこの素敵なパブに行く機会があったら、やっぱり又こういう午後を選びたいと思います♡
(*´▽`*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-01-23 01:07 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

美味しいスコーンは一期一会?


昨日お散歩していた公園は、日系企業が運営している「スタントンハウス・ホテル」のすぐ近く。なので公園をぐるっと歩き回った後は、そこでお茶してみましたよ。


a0123372_22245261.jpg
a0123372_22205152.jpg

所々に日本語の案内がありますが、ホテル内では受付やレストラン、ティールームなど殆どの接客スタッフさんは現地の方々、つまり非日本人。でも受付で「日本人の方お願いします~」と言えば、きっと日本人スタッフの方を呼んできてくれそうです。


a0123372_22260948.jpg

サンルーフが明るいティールームは、イギリス人というか現地のお客さんでほぼ満席。アフタヌーンティーしてるテーブルもありました。もっと暖かい季節ならば、こちらのテラス席も人気ありそう♪


a0123372_22293887.jpg

ティールームに空いたテーブルがなかったので、レストランの方へ。そこでも同じメニューが頼めるんです。小腹が空いてた私たち、お茶とスコーンを注文!

正確にはX君はティーポットの紅茶(イングリッシュ・ブレックファースト)、私はアメリカーノのコーヒー。そしてスコーンは2個セット£3.95を、1個ずつ食べてみたんですけど。

そしたら奥さん、このスコーンが大当たり!!!
\(^o^)/


a0123372_22324143.jpg

外側がカリっ、1口かじった瞬間はサクっ、咀嚼するとホロっ。私にとってのスコーン美味しい三原則「カリ・サク・ホロっ」を見事にクリアしていたのです~~。

しかも田舎プライスで安い。笑 これはリピ確実だわ!

とはいえ考えてみると、こういう焼き菓子ってタイミングも重要ファクターなんでしょうねぇ。焼き上がってから時間が経ち過ぎてたりしたら、温め直しても美味しさが再現されないかもしれない、、、

だから前回ロンドンの「バーバリー」併設カフェで食べて残念な感想だったスコーンも、もし私と友人がそのカフェに行く時間が違ってたら、もっと美味しく感じたのかもしれないです。
(;´・ω・)

逆に言えばこの「スタントンハウス・ホテル」を次回再訪した時、またスコーンを注文して同じ美味しさとは限らないような?その時キッチンで用意したスタッフさんの要領とか、色んな条件に左右されるような気がします。


a0123372_22462277.jpg

お茶した後は、ホテルの庭も見てみました。冬枯れの今でもそれなりに整っているので、きっと春夏は美しいイングリッシュ・ガーデンなのでしょう。


a0123372_22483770.jpg

一角にはクリスマス・ローズが。白い花のと、淡いピンクの花の2種類が、可憐な姿を見せてくれていました♡


a0123372_22511361.jpg
a0123372_22514021.jpg

ホテルに隣接する聖レオナルド教会は、14世紀からあるんだそうです。でも日曜ミサはお昼で終了していて、私たちが行った午後は鍵が掛かってました・・・残念。

またいつか、今度は日曜日の午前中に来てみよう!そして次回もスコーンが美味しいかどうか、やっぱり食べてみたいと思うのです♪
(#^.^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;









by londepa | 2019-01-22 02:10 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)

高級ブランド「バーバリー」併設カフェでお茶を♪


昨日は「下町ロンドン日記」のねこなすさん(←クリックすると彼女のブログにリンクします) と逢瀬!お喋りメインだけどランチしたりお茶したり、楽しかったわー。

特にお茶したカフェが、ちょっと印象的だったんですよ。


a0123372_20473761.jpg

それは英国の高級ブランド「バーバリー」本店にあるカフェ。


a0123372_20483908.jpg

お店の正面はリージェント・ストリートに面していて、そこからだとブティックしか見えないんだけど・・・。


a0123372_20495219.jpg

その角にあるVigo Streetに入っていくと、このカフェが併設されてるんです。


a0123372_20512591.jpg
a0123372_20521898.jpg

中に入ると、見た目も麗しいケーキが並んでいたり、バーバリーのコートなどを着た熊の縫いぐるみキーホルダーが天井から吊り下げられてたり。


a0123372_20551337.jpg
a0123372_20554270.jpg

この熊キーホルダー、きっと私が着てるユニクロのコートより高いと思う!爆


a0123372_20583271.jpg

ここはバーバリー創業者の名前をとって「トーマスのカフェ」と名付けられてて、メニューやお皿に「トーマシズ:Thomas's」って刻印されてます。

で、肝心のカフェ・メニューなんですけど。


a0123372_21034044.jpg

飲み物、私たちは2人ともカプチーノ。運ばれてきた時にはちょっと冷めてたものの、味は普通に美味しかったです。

でも私がここに来たかった理由は、某ガイド書で「英国の伝統オーヴン『アーガ』で焼いた、と説明書きの付いたスコーンは格別」と読んだから。

そう聞いたら、ダンゼン期待しちゃいますよね!
(^O^)/


a0123372_21053936.jpg

ランチは軽くスナック程度にとどめていた私たち、そのスコーンを注文してみました♡ 小ぶりのスコーン2つ(プレーンとフルーツのが1つずつ)に、クロッテッド・クリームと苺ジャムの定番セット。


a0123372_21132009.jpg

見た感じは、すごーく美味しそうだったんですが、、、


a0123372_21140117.jpg

実際に食べてみたら、なんだか風味が乏しくて感激するほど美味しくなかったの。もちろんマズイわけじゃないけど、今まで食べた事のある絶品スコーンほどじゃない・・・というのが、私たち2人の正直な感想でした。

料金のほうはカプチーノ1杯£4.00、スコーン2個セット£7.00、それぞれサービス料12.5%を加算。場所柄を考慮したら、良心的といえるかも。


a0123372_21302915.jpg

お店を出る時、他のメニューも見てみました。ハム&チーズのホットサンド£9から、ロブスター半身&チップス£32など予算に合わせて色々。生ガキやキャヴィアにシャンパン、という高級路線も☆彡

すぐ隣にスタバがあるけど、この落着いた雰囲気とオシャレな空間でゆっくり寛げるのは快適でした。リージェント・ストリートでお茶したくなった時に、憶えておきたいカフェです!
(#^.^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2019-01-12 02:46 | 美食+B級ぐるめ | Comments(2)

新年を祝ってシャンパンで乾杯☆彡


ブログにおうちご飯の写真をアップする時は、9割以上の確率でX君が料理したものです。

私も時々はナンチャッテ和食または中華を作るものの、
①見た目がかなり残念
②自分で作るとテンパってて写真どころじゃない

という理由により、殆ど写真が残らない!爆 というのもあります。が、最大の理由はなんてったって、彼が料理する事のほうが圧倒的に多いからで。。。

手の込んだ立派な料理だけじゃなく、残り物で旨いもんをササっとこしらえちゃうX君。


a0123372_06372474.jpg

先日のディナーは、スーパーで安売りしてたんで大量に買い込んだアスパラガス消費のため、前菜にアスパラガスのオムレツ。


a0123372_06404709.jpg

出来たてにパルメザン・チーズを削りかけて、いただきました!


a0123372_06430799.jpg

その日は午後のうちに、チョリソーとジャガイモのスープを煮込んでおいたので、パン少々と一緒にメイン。お鍋一杯のスープは、翌日のランチ分にもなりましたよ♪

こうして大抵はお肉や魚を食べてる私たちですが、X君はたまにヴェジタリアン気分になる事があります。そういう時に作るのは、豆のスープやインゲンのシチュー。


a0123372_06460529.jpg

これはラナービーンズ(Runner Beans)のシチュー。和名はベニバナインゲン、または花豆。日本だと豆だけ食用にする場合が殆ど。でもヨーロッパでは、早生の柔らかいサヤごと食べるんですよ。


a0123372_06545839.jpg

スープやシチューの時には、なくてはならないパンも用意して・・・。


a0123372_06520489.jpg

ラナービーンズの他にはタマネギ、トマト、人参、ジャガイモなど。これ超おいしいから、近日レシピ付きで改めてご紹介しますね~!
\(^o^)/


a0123372_06563025.jpg

元日にはシャンパンを開けよう!!!と意気込んでたX君。シャンパンと相性の良いお魚をって事で、サーモンを焼きましたよ。
>゜))))彡



a0123372_06592561.jpg
a0123372_06595243.jpg

付け合わせ野菜はアスパラガス、セロリ、ジャガイモ、ホウレン草。そこにオランデーズ・ソースとレモンもたっぷり添えて。じゃあ、いただきまーす♪

の前に、乾杯しなくちゃね!

(ちょっと脱線しますが。クィーンのフレディ様が歌ってた「キラー・クィーン」を初めて聞いたのは、高校生の頃。その時はモエ・エ・シャンドンがシャンパンの銘柄である事すら知らなかった私・・・ましてや飲むなんて~★)


a0123372_07030410.jpg

冷えたシャンパンで、新年の慶びを祝いました。ハッピーニューイヤー!乾杯!!!

今年も皆が健康で、素敵な1年を過ごせますように☆彡
(*´▽`*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;







by londepa | 2019-01-04 01:24 | 美食+B級ぐるめ | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line