カテゴリ:お散歩てくてく( 513 )


白い馬を眺めながらピクニック♪


以前ウィルトシャー州には石灰質の丘陵が多いため、白い馬の地上絵が7つほどあるって書きました。オックスフォード州アフィントンには紀元前からある白い馬が有名だけど、こっちのはそれほど古くないみたい。

畑の中に突如として現れる幾何学模様のようなクロップサークルもウィルトシャー発祥だし、きっとそういうのが好きな土地柄なんでしょう。
(・∀・)


a0123372_18310567.jpg

でも前回行った馬は近くへ行くとよく見えなかったので、今度は同州のウェストベリーにあるのに行ってみました!


a0123372_18380331.jpg

この子はウィルトシャーの中では一番古いらしく、一説では878年に或る戦いの戦勝記念に作られたとも言われてるものの、確証ないみたい。


a0123372_18395556.jpg

俯瞰で見るとこんな絵。近くには鉄器時代の濠もあるし、まあ結構そういう歴史ある場所みたいです。


a0123372_18421235.jpg

それでは、お待ちかね!?近くまで行ってみまーす♪


a0123372_18431413.jpg

近代以降は何度も修復してるので、こうして石の縁取りも施されてます。


a0123372_18452811.jpg

馬の頭上あたりには、こんなフック状の物があって・・・何これ?


a0123372_18464089.jpg

この急斜面をクライミングする人達が、ロープをつなげる所かな?イギリスのカントリーサイドって、結構そういうスポーツ的レジャーが盛んだもんねぇ。

と思ったけど、多分これは清掃などメンテナンスの人が使うんだと思います。風雨で泥かぶって汚れたり、たまには不良(笑)が落書きしたりも、あるでしょうし。

( ー`дー´)夜露死苦とか、▲▲見参!とか?あ~ちょっと違うか。


a0123372_18514987.jpg

とにかくクライミングとは縁遠い私たちは、まったり丘陵ウォーキング。時々は晴れ間も見えたけど、曇りがちなのが少し残念だったなぁ。つまりイギリスらしい天気って事か。笑


a0123372_18542467.jpg

まずは持参のサンドウィッチで腹ごしらえしてから、下の集落まで歩いて降りる事にしました!


a0123372_18555390.jpg

ハム&チーズのクロワッサン・サンド。白い馬のハンサムな横顔を眺めながら、美味しくいただきました♡


a0123372_18531864.jpg

丘の上では羊が放牧されてました。春に生まれた子供たちは大きくなったとはいえ、まだまだお母さんにピッタリくっ付いてるのが可愛い。


a0123372_18595576.jpg

この辺りには、白い点々が一杯。パッと見、綿みたい?


a0123372_19002124.jpg

でも実は綿じゃなく、ウール100%の純毛ですよー。


a0123372_19010620.jpg

春か初夏には、ここで毛刈りされたんだね!


a0123372_19034543.jpg

林の中を通り抜けてる時、木々の間に馬のシルエットが動いてるのを見ました!わー、羊だけじゃなく馬も放牧されてるのかな。


a0123372_19052706.jpg

あっ、いたいた!!!あっちの子はほぼ8割方、白い馬ですねー。


a0123372_19064099.jpg

こっちの子は、さっきの子とネガポジ。笑 

それにしても体毛は黒がメインなのに、タテガミが真っ白なんて超お洒落じゃな~い?ブラックジャックやXジャパン顔負け、ヴィジュアル系お馬さん。

両方とも足が短くてそれほど大柄じゃなかったから、ポニーのような品種かも。


a0123372_19082471.jpg

白い馬の丘陵をノンビリ歩き回って、可愛い動物たちにも会えました。

もっと気持ちよーく晴れてる日に、また行ってみたいです♪
(*'ω'*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2018-09-17 01:08 | お散歩てくてく | Comments(0)

Sannai Maruyama, Jomon site(縄文時代の三内丸山遺跡)


巨石群やマナーハウスを楽しんだエイヴベリーには、こんな見事な茅葺き屋根の大きな納屋もあって・・・。


a0123372_06515070.jpg

でも今は納屋としてじゃなく、この周辺の遺跡を中心とした考古学博物館になってます。


a0123372_06533340.jpg

私たちも中に入って、見学する事にしました!ここ博物館といっても実物は少なく、パネルやスクリーンを活用した展示方法。

それでも今しがた見てきたてホヤホヤの巨石群を中心に、紀元前2600年ほどの古代イギリスに想いを馳せるんだから、やっぱり「へえぇ~~」って感じです♪

まあ元からちゃんと世界史とか古代史の知識がアタマの中にある人にとっては、超ビギナー向けでチャンチャラ可笑しい程度なんだろうけど。
(;・∀・)


a0123372_07005864.jpg

たとえば超シンプルながら、上から順に

黄色:ヨーロッパ全般
黄緑:エイヴベリー
青:アメリカ大陸
オレンジ:アフリカ
緑:アジア
水色:オセアニア

って色分けされた年表なんかは、結構よく見せてると思いました。


a0123372_07073690.jpg
a0123372_07082399.jpg

おおおおーっ!古代史の日本代表は、縄文時代(紀元前3500~2000年)の三内丸山遺跡ですよ!青森県ばんざーい☆彡

そんな展示を見ているうちに、博物館のすぐ外でイギリス民謡みたいな音楽が聴こえてきました。


a0123372_07172792.jpg

何、何、ナニゴト?!って外に出ていたら、偶然にもその日はモーリス・ダンスのお披露目イベントやってて。


a0123372_07201187.jpg

ものすごーーく牧歌的な、イギリス版フォークダンスという感じのモーリス・ダンス愛好会の方々が踊ってました。


a0123372_07212439.jpg

軽快なリズムの音楽は、なかなか好きな音色~♪


a0123372_07222762.jpg
a0123372_07233461.jpg

ダンスの方はハンカチ(だか手ぬぐいだかティータオルだかw)や木の棒など、色んな小道具も駆使して「たりらりら~~ん♡」と和やかに踊ってるのが、見ていてホンワカ気分になっちゃう不思議な魅力です。


a0123372_07265190.jpg

たらららら~ん、カチっ(互いの棒を叩く音)、ちゃららら~ん、カチカチっ♪

あくまでも、の~~んびり穏やかな音楽と踊り・・・古代とは言わないけど「古き良きイギリスの田舎」の一面を垣間見ましたよ!!!爆


a0123372_07323891.jpg
a0123372_07333573.jpg

癒しのモーリス・ダンスを鑑賞した後は、さらに1時間ほどウォーキング。

自然の中に溶け込んだ、古代文明の名残りを慈しみながら・・・ゆったり悠久気分に浸れて、楽しい午後でした♡
(#^.^#)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;




by londepa | 2018-09-13 23:59 | お散歩てくてく | Comments(0)

@yaさん&ねこなすちゃんとパブで放談!!!


今日の午後は、やんごとない用事があってコヴェント・ガーデンへ行きました!いつも月火は9時~5時フルタイム孫シッターなんだけど、今日はやんごとないので半ドン。笑


a0123372_06374679.jpg

その用事ってのは午後2時から。でも初めて行く場所だしね~、方向音痴を発揮して遅刻しないよう早めに出掛けたら、40分くらい前に着いちゃった!


a0123372_06431827.jpg

9月といっても、まだ観光ハイシーズン?つーか真冬でも人気スポットですもんね。月曜日の真っ昼間なのに、結構な賑わいでした。


a0123372_06465341.jpg

マーケット周辺をぐるっと歩いてるうちに、そろそろ集合場所へ行く時間。

そこでは或るレッスンを体験するという日本人向けの催しに、参加させてもらったんですよ!その詳細については、追い追いちゃんとご紹介する予定~~。

もちろんレッスンそのものは充実した内容で、予想以上に面白くて満足したのですが・・・。


a0123372_06571266.jpg

終わった後に、かねてから再会を期していた@yaさんも交えて、ブロ友3人でパブへ行けたのが今日いちばん嬉しかった事!!!

念のため、↓改めてリンクつけときますね~。



a0123372_07092601.jpg

ねこなすさんとは6年前から割と頻繁に会ってるけど、@yaさんは実は2回目。でも約2年前に初めて会った時、あー好みのタイプの人柄っぽい!と予感してたんですよ。

だから今日、3人でタップリ色々と「ここだけの話」が出来て、ホント良かったですー。ウンウンそうそう、うちも同じだよ!って頷いたり爆笑したり、あっという間のお喋りタイムでした。


a0123372_07182401.jpg

ギネスのパイントが普段よりも美味しく感じられたのは、きっと楽しく白熱した放談のせい。

また一緒にこんな時間を過ごせるよう、これからもガンバロー♪と思いました!
(●^o^●)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-09-11 07:31 | お散歩てくてく | Comments(0)

ツェッペリン号にも乗ったイケメン考古学者★アレクサンダーさん


こちら考古学者のアレクサンダー・ケイラー(1889-1955)っていう人。なかなか男前ですよね♪


a0123372_20234984.jpg

いきなり何故そんな人が?つーと、彼は20世紀前半にエイヴベリー遺跡の発掘に尽力して、まさにこの巨石群周辺を世に知らしめた立役者なんです!


a0123372_20292299.jpg

資産家の息子だったから、遺跡に隣接したこのマナーハウスごと買い上げて、研究に没頭しました。というわけで、この部屋はアレクサンダーさんが住んでた頃を再現したもの。


a0123372_20312665.jpg

前回の記事でも書いたとおり、この築500年マナーハウスの内部は、時代考証しながら再現したもの。だからデスクにある小物なんかも、もちろんヴィンテージ品には違いないとは言え、彼が実際に使ってた物じゃないんです。


a0123372_20314800.jpg

たとえば上の画像右側にある、旧式のストロボ。

「わーどうやって使うんだろ?」ってX君と話してると、近くにいるボランティアの方がひょいっと手に取って「これこれをこうして・・・」と説明しながら、私たちにも持たせてくれちゃう。
(*'ω'*)


a0123372_20385705.jpg

それにしても、こんな家屋敷を丸ごと買って、更に仕事もせず考古学なんて道楽(笑)に没頭できるなんて、、、どんな資産家だったの?!って思いますよねー。

その答えが、こちら。
↓↓↓


a0123372_20403554.jpg

って牛のほうじゃなく、左側に写ってるマーマレードのジャーですよ!そこには「ジェイムズ・ケイラー&サンズ」という社名が書かれてます。

これは1797年にスコットランドのダンディーで創業し、英国中で売れまくったマーマレード会社。今でもマーマレードをたっぷり使った「ダンディー・ケーキ」というレシピがあるのは、ご存知の人も多いでしょう。


a0123372_20501115.jpg

とまぁ、そんな家の御曹司だったアレクサンダーさん。戦前には、かの有名な飛行船ツェッペリン号にも乗って、友人に「良い眺めだったよ~~♪」とか自慢してます。


a0123372_20573964.jpg

さて。そろそろ休憩を兼ねてお茶したい感じだったので、マナーハウス内にあるティールームに行ってみました。


a0123372_21005562.jpg
a0123372_20593769.jpg

ヴィクトリア・スポンジ・ケーキとか、キャッロト・ケーキなど、お馴染みの英国的スィーツが並んでます♡

そこでX君はフルーツ・スコーン、私はチーズ・スコーンを1個ずつ頼んでみたところ、


a0123372_21021785.jpg

そんな地味かつ少なめオーダーなのに、わざわざ3段トレーで出てきて可愛いったら!


a0123372_21032439.jpg

美味しいチーズ・スコーンは大ぶりで、これと紅茶で十分お腹が満足しました!


a0123372_21094547.jpg

素敵なティールームでお茶したので、ますます好きになったエイヴベリー・マナーハウスです♪

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-09-05 02:08 | お散歩てくてく | Comments(0)

エイヴベリーの遊べるマナーハウス


ストーンヘンジよりも古い巨石群のあるエイヴベリーには、築500年のマナーハウスもあります。でも前回Fちゃんと一緒に来たのは夕方で、あいにく閉館時間だったんですよ。。。
(>_<)


a0123372_01075695.jpg

とは言えペンギン村からちょっとドライヴすれば着いちゃうので、再びX君と2人で行ってみました!


a0123372_01161433.jpg
a0123372_01134525.jpg

過去500年の間に住んでいた貴族や富裕層ファミリーの生活様式になぞらえて、色んな時代の部屋が再現されてます。しかも、このマナーハウスの面白い点は・・・。


a0123372_01195028.jpg

ベッドに寝そべってみたり、テーブルに着席したりなんて序の口!ボランティアの方々に勧められて、色んな部屋で遊んじゃいました♪


a0123372_01222561.jpg

というのには、理由があって。これら内装や家具・小物は、マナーハウスに昔からあったものじゃないんです。


a0123372_01314785.jpg

というのも最後に住んでたファミリーから、現所有者である景観保護団体ナショナル・トラストの手に渡るまでの間に、すっかり荒れ果てていた状態で・・・。


a0123372_01232062.jpg

それをBBCテレビが「ザ・マナー・リボーン」というドキュメンタリー番組のプロジェクトとして、歴史学者の考証などを元に再現したんだそうですよ。


a0123372_01284157.jpg

だから、この絵なんかも昔の絵画や資料から「こんな絵が飾ってあったらしい」というのを、現代画家に描かせたもの。


a0123372_01352703.jpg
a0123372_01355482.jpg

スヌーカー(イギリス版ビリヤード)台で遊ぶのなんて、もちろん全然オッケー!


a0123372_01372401.jpg

この電話機は、さすがに繋がってなかったものの、、、


a0123372_01405194.jpg

「このレコードプレーヤーは使えるんですか?」とボランティアさんに尋ねたら、古いレコードをかけてくれました~~。
°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°


a0123372_01430094.jpg

観音開きのドアを開けると、スピーカー♪


a0123372_01421824.jpg

バリバリと雑音いっぱいで古めかしい音だったけど、ノスタルジックな雰囲気を味わいました♡


a0123372_01450442.jpg

色んなものを実際に触ったり、テーブルに着席してみたり、遊びながら昔の生活様式を体験できるのが、とても楽しいマナーハウス。

こういう場所にはよく、時代がかった衣装を着てみるコーナーがあるのも定番ですが、、、珍しく、X君もノリノリ?!


a0123372_01490614.jpg

サングラスかけたままだったので、「すごく怪しい!どっか小国の独裁者みたいに見えるよー」と言ったら、ムフフと更にご満悦。笑

という感じで、大人でも遊べるエイヴベリーのマナーハウス。次回は素敵なティールームをご紹介しますね~~。
\(^o^)/

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;



<script language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3057729&pid=885380635"></script><noscript><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3057729&pid=885380635" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3057729&pid=885380635" border="0"></a></noscript>


by londepa | 2018-09-04 01:55 | お散歩てくてく | Comments(0)

現オーナーは三井不動産、旧BBCセンター


西ロンドンにある巨大ショッピングセンター「ウェストフィールド」に、ジャパンセンター社が「Ichiba」という新店舗をオープンしたらしいので、行ってみる事にしました。

この「ウェストフィールド」に行く時、私は大抵シェファーズ・ブッシュ駅で降りるんだけど、、、この「Ichiba」って、ホワイト・シティ駅や隣接するウッドレーン駅のほうが近い位置。

そこで久々に、ホワイト・シティ駅で降りてみたんですよ。


a0123372_00490522.jpg

ロンドン交通局の駅は数年前から切符売り場を無人化したので、かつて駅員さんがいた窓口にはこんな風に昔のポスターのレプリカや、その駅にまつわるトリビアなどが掲示されてます。


a0123372_00482096.jpg

これは1928年のポスター複製。1908年に建設されたホワイト・シティ・スタジアムという競技場で、グレイハウンドのドッグ・レースが盛んだった頃のもの。


a0123372_00531356.jpg

ウッドレーン駅からもすぐ近くにあった、そのスタジアムって??というと、1985年に閉鎖してるんですが・・・。


a0123372_00591682.jpg

その跡地も含めて、長い間ここはイギリスの国営放送局BBCの本拠地だったんですよ。でも経費のかかるロンドン、やがてBBCは大部分をマンチェスターに移転。このBBCセンターは、予算立て直しのために売却されました。


a0123372_01033026.jpg

それで現在のオーナーは、三井不動産。イギリスのデヴェロッパー、スタンホープ社との共同事業という形とはいえ、大家は三井さんですよ。


a0123372_01074869.jpg

再開発された旧BBCセンターはホテルやオフィス、分譲住宅などを含む都市型コンプレックス。


a0123372_01070232.jpg

まだBBCスタジオの一部などは同所に残っているけど、今やテナントさんの立場です。


a0123372_01104965.jpg
a0123372_01120123.jpg

コンプレックス全体の名称は「ホワイト・シティ・プレイス」。でもBBCだけでなくチャンネル4やチャンネル5などの放送局もテナントになったので、一部は「テレヴィジョン・センター」と名付けられてます。


a0123372_05134437.jpg

「分譲住宅はコチラ」というサイン、矢印の先には・・・。


a0123372_05163963.jpg

高級フラット(日本ならば億ション的な?)が。


a0123372_05210355.jpg

そんなホワイト・シティの変遷に思いを馳せつつ、お目当ての「ウェストフィールド」に着いたのですが・・・ふと、その左側に見えたのがグレンフェル・タワー。

無残に焼け焦げた高層ビルの残骸は、白い幌で覆われています。


a0123372_05272440.jpg

去年の6月に70数名もの死者を出してしまった公営住宅の高層フラットについては、日本でも大きく報道されていたと思います。

修繕不可能なので解体される予定ですが、その被害者たちを援護する運動は今も続いています。そのシンボルが、あの緑色のハートなのです。

先ほど見かけたホワイト・シティの億ションとの対比が、なんとも皮肉で悲しい光景ですが・・・目を背けてはいけない、ロンドンの一面でもあります。

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-08-22 02:37 | お散歩てくてく | Comments(0)

いつ行っても楽しいね!リバティ百貨店☆彡


昨日の記事で書いたミュージカル「王様と私」を上演してるパラディアム劇場は、オックスフォード・サーカス駅から徒歩1分。

そして劇場からは、リバティ百貨店もすぐ近くにあるので・・・舞台の開演までに40分ほど時間が余ってたから、そちらにも寄っちゃいました♪


a0123372_19295716.jpg

私は建物フェチ気味なので、このリバティなんか隅々のディテールを見るのが大好きなんですよ!
(#^.^#)


a0123372_19352583.jpg

吹き抜けの天井を見上げるアングルは、いつ見てもクラシックな造りが素敵。

とはいえ、この店舗は1924年に建てられたもの。中世からある建物も珍しくないイギリスでは、たった築90数年なんて新しい部類なんですよねぇ。。。


a0123372_19391890.jpg

なのに、この手仕事ぶりって!!!やっぱり末期といえども大英帝国まだ隆盛だったし、コスパよりもクォリティ重視だった頃なんだろなーとか。


a0123372_23434948.jpg

路面続きでお花屋さんがある所には、重厚なドアに幾つかの紋章があしらわれてるのですが、「このお茶目にベロ出した牛3頭の家紋って何家なのよ?!」ってのが気になったり。
(・∀・)


a0123372_23491173.jpg

商品はというと、色んなラグジュアリーかつハイセンスなブランドの商品が揃っていますが、、、


a0123372_23493689.jpg
a0123372_23560129.jpg

どうしても所謂リバティ柄などと呼ばれている、花模様やペイズリー柄を多用した、ここの自社商品が目立ちます♡

ブラブラしてる内に、もうすぐミュージカル開演という時刻になってきました。じゃあ劇場に戻ろうかな!


a0123372_23563822.jpg

と、化粧品のカウンターが並ぶエリアを通り抜けて、外へ出る途中。


a0123372_00000602.jpg

化粧品カウンターの椅子にも、リバティ・プリントの布地が張られてるのに気が付きました。


a0123372_00030273.jpg

ただの老舗高級デパートじゃなくて、こういう自社の個性へのこだわりよう&アピールの上手さが、抜きん出てるんですよね。

たまに立ち寄ると、やっぱり楽しいリバティなのでした♪
(((o(*゚▽゚*)o)))

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;






by londepa | 2018-08-15 01:46 | お散歩てくてく | Comments(0)

「銀座から世界へ」\(^o^)/


先日行った「銀座おのでら」ロンドン店の入口には、こんな書が掲げてありました。


a0123372_19502209.jpg

インパクトでかっ!!!!

しかも既にニューヨーク、ハワイ、ロスアンジェルス、香港、上海、パリ・・・と展開してるんだから大言壮語じゃなく、もう実現してますよ♪

ともかく、そこを出てからまだ時間があった私とねこなすさん。どっかカフェでお喋りの続きでも~って歩き始めました。


a0123372_20004571.jpg

途中で、可愛らしいディスプレイにつられて「キャス・キッドソン」に入っちゃいました。


a0123372_20015340.jpg

特に買いたいモノがなくても、つい見ちゃう。笑


a0123372_20030396.jpg

セルフィー御用達インスタ映えまくりのコーナーもあって、さすが観光客を誘き寄せるのが上手いわね~~と言いつつ、、、


a0123372_20055960.jpg

シッカリやってますけど自分!!!爆 

女性のマネキンに頭部がないのが少し怖いけど、キャスさんの愛犬ビリーくん人形が可愛くて♡つい~~。


a0123372_01095318.jpg

ってオフザケは置いといて、どのカフェに入る?と話してたら、キャスの相向かいにある王立美術院の前庭にでっかい赤丸があるのが気になって・・・そういえば、ここにもカフェがあるよね!と。


a0123372_01194105.jpg

今は、毎年恒例のサマー・エキジビション開催中です。今年の同展キュレーターは知性派の人気アーティスト、グレイソン・ペリー氏。


a0123372_01295117.jpg

そのせいか平日なのに大盛況で、館内カフェも激混み。まったり静かにお喋りしたかった私たちは、アッサリ辞退しましたー。
(;・∀・)


a0123372_01334779.jpg

サマー・エキジビションは特別展なのでチケットを買わないと、このショップから先に進めません。そこでザックリ商品を見渡してから、また外に出てカフェ探しを続けたのですが、、、


a0123372_01401881.jpg

ペリー氏が自ら女装してオルター・エゴ(別人格)に扮する「クレア」という名前のキャラが、ブローチとネックレスになってて惹かれたわぁ♪ 

でも値段を見たら£50と書いてあったので、速攻諦めましたけどね!笑

そうして結局、夕方にはカナリーウォーフで無料野外コンサートに行きたかった私に付き合って、ねこなすさんも一緒にカナリーウォーフ駅へ。そこでようやく、静かなカフェを見つけて腰を下ろしたという次第。

コンサートの様子は↓こちらに詳細をアップしたので、ご興味のある方は見てみてね~♪
(*´ω`*)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;





by londepa | 2018-08-11 02:01 | お散歩てくてく | Comments(0)

初めて食べた!衝撃のバース・バンズ(@@;


Fちゃんと一緒に行ったバース。そろそろお腹が空いてきたので、どこかで何か食べようね!という時間になりました。


a0123372_00124110.jpg

でも夜は夜で、X君がまたご馳走をこしらえる予定だから(笑)、軽いものにしなくちゃ。。。


a0123372_00134745.jpg

そこで前回X君と2人で来たとき、サンドウィッチが美味しかったお店へ。

でもあいにく混んでる日で、サンドウィッチ頼んだら時間がかかるよ~とお店の人に言われちゃって。


a0123372_00153363.jpg

そこで当店の名物と謳われている、バース・バンズなるものを注文してみたんですよ!ここの伝統製法で作ってるというので、以前から興味あったの。

丸くて大きくて、見るからに甘味系のパン。上にはカランツらしきドライフルーツと、粒々した砂糖がかかってます。


a0123372_20221568.jpg

ふわふわのプレーンなパンの中にも、何か入ってる・・・最初は柔らかいもの(求肥みたいな?笑)に見えたんだけど。

なんと小さな氷砂糖!!!噛むと「ガリッ」とした歯ごたえ~。
Σ(・ω・ノ)ノ!

昔からの製法イコール素朴というか、いずれにしても驚きました。


a0123372_20291538.jpg

お茶してから、またバース散策。


a0123372_20304861.jpg

そういえばバース寺院の塔に登るツアー、予約時間までに30分ほどあったので「ヴィクトリア・アート・ギャラリー」も、サクッと見てきました!


a0123372_20321627.jpg
a0123372_20323375.jpg

↑この衝立、どことなーく日本の襖を思い出しちゃう。19世紀末に始まったアーツ&クラフツ運動の作家によるものだし、リバティ百貨店みたいにオリエンタル趣味も取り入れてたんじゃないかなぁ。。。


a0123372_20354220.jpg

こっちの18世紀~19世紀のロイヤル・ウースター陶器だって、無知な私なんかは誰かに「こちら有田焼でございますのよ~♪」って言われたら信じちゃう。
(;・∀・)


a0123372_20391461.jpg
a0123372_20410494.jpg

現代作家の焼き物もあった!前回ここ来た時は気が付かなかったけど、グレイソン・ペリー氏の作品。

グレイソン・ペリーってこの人。(画像はザ・ガーディアンからお借りしました)


a0123372_20430484.jpg

社会格差とか性格差などをテーマに取り上げる事が多く、みずからもアートな女装をしたりします。TVで何度か喋ってるのを見たけど、ものすごーいインテリ。

小規模な美術館だけど、彼の作品もあるなんて少し見直しちゃった!(って偉そう?いったい何様のつもり~~。笑)


a0123372_21110258.jpg

この日もイギリスにしては真夏日!暑かったけれど、この後もバース散策が続きますよ~~♪
(^o^)

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;







by londepa | 2018-07-22 01:08 | お散歩てくてく | Comments(0)

疲れたけど眺め最高~♪バース寺院の塔に登りました


我が家での、Fちゃん滞在3日目は・・・その前日よりももう少しドライヴして、古都バースへ行きました!


a0123372_22101562.jpg

と言ってもFちゃん、バースは以前にも来た事あるのです。だからローマ浴場跡は経験済みにつきパス★


a0123372_22115390.jpg

でもバース寺院は入った事ないというので、今回まず最初にここ。とりわけヤコブの階段をえっちらおっちら1段ずつ上ってて「その羽根は何のため?!」な天使たちには、超ウケてましたー。笑


a0123372_22144889.jpg

中もお見事なんだけど、主祭壇のあたりは大がかりな工事中。見た目もアレだし、トンテンカンと騒がしいのが少し残念だったなぁ。


a0123372_22170743.jpg

しかし、落胆するに及ばず~~。あの塔に登るツアーに申し込んでみましたよ♪ 大人ひとり£8、スタッフの方に先導されて説明を聞きながら・・・。


a0123372_22202723.jpg

古くて狭ぁーい、212段の石段を上ります!!!


a0123372_22223730.jpg

途中で屋根の上なんかも歩いちゃう。笑 それから鐘楼のお部屋とか、大時計の裏側とか、なかなかハードコアなもん見ちゃうんですぜ旦那。


a0123372_22260309.jpg

やがて、遂に登頂~~!!!!!


a0123372_22272116.jpg

いやー結構キツかった!けど、そのぶん達成感もありますね。良かった良かったと健闘を讃えあって♡


a0123372_22300347.jpg

しばらく景色を楽しんだあとは、、、


a0123372_22320649.jpg

また危なっかしい石段を、こわごわ降りるっていう。。。「通りゃんせ」と違って、行きも帰りもヨイヨイじゃないのよ~。

ガイド付きツアーの所要時間は、小一時間くらい。でもガイドなしじゃマジ危険なので、自由行動で登ることは出来ません。チャレンジする場合には、歩きやすくて安全な靴を履いてくように!


a0123372_22304820.jpg

バースの街中を360℃見渡せて、やっぱり良い体験でした。お勧め~~♪

*********************

本日も読んで頂いてありがとうございました!
↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;








by londepa | 2018-07-21 02:06 | お散歩てくてく | Comments(0)
line

お気楽ごくらく♪ロンドン&カントリーサイド半々の暮らしぶりを綴ります。


by londepa
line